管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気分が優れず…
2010年12月24日 (金) | 編集 |
我が生涯最高の日から早5年。
あの日以来、ロクな聖夜を過ごしてません。
せめて先週、リフトザウイングスが勝っててくれりゃあね…。

あぁ、ゲーリック…。
ハーツの産駒を狙うなら、予め喉は覚悟しておけって事ですね…。
良くわかりました。

そしてラストフレンズ…。今日悲報を知りました。
本当泣きたくなりますね。
一年で色んなものを失って、絶望して、最後にトドメまで刺してくれやがりまし
たか。

全く…今年は散々な事ばかりだった気がします。
終わり良ければ全て良し。ってのは全くその通りで、その逆も然りですよね。

正直、明日は中山まで行く気がしません。
昔は泊まりがけで行ったりもしたんだけど…。
今年はもうどうでも良いや。
明日気力が残っていれば予想だけ書いてみるかもしれません。

年明けたら即厄払いに行ってきます。



追記:近いうち社台とサンデーもちょこっと紹介します。

84009_00054065.jpg

こーゆーのとか、


84176_00053008.jpg

あと、こんなのとか良いですよね。


サンタさん、どうか僕に強い馬をプレゼントして下さい。
そして何より病気や命に関わる怪我だけは本当勘弁して頂きたい。
それだけはマジでお願いしますよ。




スポンサーサイト
めっちゃ混んでました…
2010年11月30日 (火) | 編集 |
今年最後の東京開催なので今週も行ってきましたが、JCはちょっと後味の悪い結果になってしまいましたね。
こういう時って会員さんはどういう気持ちになるのでしょう…。
降着になってしまったブエナ陣営は勿論ですが、繰り上がりで勝ったキングダムの出資者さん方もきっと素直に喜べないでしょうね。
今回の一件に僕なんぞがアレコレ言う事はありませんが(もっと酷い斜行だって何度も見てきたので)、スミヨン騎手にはせめて鞭を持ち替える位はして欲しかったですね。

さて、今週も注目馬が何頭か出ていたので少し触れていきたいと思います。

まずは土曜の7レースからラヴィアンクレール。
スタートは今ひとつも、その後ダッシュを利かせて中段に。
しかしこの馬、周りを気にする所があるみたいですね。徐々に位置取りを下げ、ほぼ最後方にまでさがってしまいました。外からスムーズなら、次はあっさりかもしれません。
あそこから直線で三着まで追い込んでくるのですから、やはり走る馬です。
芝では残念でしたが、ダートならもっと上のクラスでも通用するでしょう。
欲を言えばもっと馬格が欲しい馬なので、脚抜きの良い馬場でどれだけ走るのか、一度見ておきたいですね。

この子は買おうと思えば買えた子ですからね。
そういう馬が活躍してくれると勇気付けられます。

日曜のルイーザシアター。
こちらは見せ場なしの9着でした。僕も大損しました。
上がりが34秒5ですから、この馬の見所が皆無だったわけではありませんが、まだまだ体が追いついていないのでしょう。
中山の2200M辺りで巻き返しを図りたいとの事ですが、多分それでも短いと思いますね。
菊花賞に間に合えば面白そうですが、長い目で見て行きたい。現時点では、そう言う他なさそうです。
しかしこの血統で何故こんなステイヤー体型の馬が出てきたのでしょうか^^;

最後に京都のシルヴァースプーン。これまた好馬体の持ち主です。
最後は交わされましたが、なかなか良い根性を持ってますね。
手応えはこっちのが全然良かったのですが…。勝った馬も強かったという事でしょう。
実はこの馬、すごく欲しかったんですよ。
09も良い出来だなー、と思ってたんですがオーナーズの馬なので手の出しようがありませんでしたが。
10はハーツ産駒とのことですから、なんとしてもクラブのほうに来てもらいたいものです。


次回はまた他クラブの馬を見ていきたいと思います。
特に広尾さんの馬がなかなか良さそうですね。



我らがハリボテエレジー
2010年11月29日 (月) | 編集 |
ここ二、三日頭痛に悩まされています。
大分よくなってきましたが、更新やお返事が少々滞ってしまいました。
申し訳ありませんです。
今回は生存報告兼ねて、昨日の戦利品の紹介を。


101127_202642.jpg


知る人ぞ知る名馬ハリボテエレジーのフィギュア。
僕はああいうノリ大好きです。

しかし、公式が病気とは良く言ったものですね。
というかJRAがあんな方向でやらかしてくれるようになった事自体、少々驚きです。
時代の流れを感じるなぁ…。

JRA、いいぞもっとやれ。



続きはまた夜にでも。





土曜競馬の感想
2010年11月25日 (木) | 編集 |
先週土曜日は朝早くから競馬場に行ってきました。
この日は目当ての馬が沢山いましたからね。直接この目で見ておきたかったのです。
(ちなみに日曜はレースも見ないで遊んでました笑)

まずは3レースのデュアルスウォード。
今まで見たデュランダル産駒の中でも間違いなく三本の指に入る逸材と見ていた馬。
ここは完勝でした。
翌日の未勝利戦で先着を許したケイアイヘルメスがちぎって優勝した事からも、新馬戦の相手も相当強かったのでしょう。
ディオルーチェがこの先勝ち進んだ場合には、必ず大きな舞台でぶつかる相手と見ているからこそ、チェックを入れていたのですが、やはりポテンシャルの高さをまざまざと見せ付けられる形となりました。
デビュー戦に続きダート戦を使ってきましたが、本質は芝向きだと思うんですよね。
東京マイルが合いそうなのもまた不気味です。

続いては京都でユニバーサルバンク。
デビュー戦こそ勝ち馬にまんまと逃げ切られ二着でしたが、今日は後ろに並ばれてから突き放すという、なかなか味のある競馬を見せてくれました。
楽勝でしたが、まだ余裕がありますね。
目指す路線はクラシックでしょうから、ウチのと被る事はなさそうかな。

しかし、こういう馬が100万で買えるんですもんねー…。
来年から補償がなくなるみたいだし、僕はあえて高馬にいこうと思うんですけどね。
少しは倍率も下がると思うんだけど、関西・サンデーの牡馬では流石に厳しいかな^^;
なんにせよ、良い馬でしたね。

そして奥多摩Sと福島記念の三連複を続けて的中させ、財布の中が潤った所でいよいよ東スポ杯。
このレースは馬券を一切買わず、見ることに専念しました。

一番の注目はリフトザウイングスでした。
二着に終わりましたが、ようやく走れる身体に絞ってきましたね。広いコースの中距離路線ならまだまだ強くなりそうです。父同様、奥が深そうですね。
しかしこの馬は募集時にはそれほど気にかけていなかったのですが、この日パドックを見て考えを改めましたよ。
やっぱり手元の資料だけで知った気になってはダメなのだと痛感させられました。
カタログやDVDとは、伝わってくる雰囲気からして違いましたね。
と言うか、橋口さんの所に行くと決まっていた時点で、その年の一番馬と見るべきだったのかもしれません。

後はアッパーイーストとフェイトフルウォー。
アッパーは幼さ全開の新馬戦と比べれば、レースぶりもまだマシでしたね。
しかし、間隔が開いた所為もあってか、仕上がりはやや余裕残しの印象でした。なにより戸田師が来年以降を見据えて大事に使っていきたいのでしょうね。
その上で、現状でどこまでやれるのかを見極めるための一戦だったのでしょうが、勝ち馬とは現状少し力量差があるように感じました。
ま、今後どうなるかはわかりませんけどね。

フェイトフルウォーは扱いが難しい馬。との話で、実際その通りのようですが、ステゴ産駒ならそれで良し。何も悲観することはありません。
もうね、キチ○イとかD○Nとかヤク○とかボロクソに言われる事の多い子供達ですが、ナカヤマフェスタの例を出して挙げるに及ばず、そういう馬の方が絶対に走りますからね。
自分としては良馬場でまさかここまで走れるとは思ってなかったんで、少々驚きましたが…。
まぁなんにせよ、この先の見通しは明るいですね。良い馬です。

最後にダコール。
この馬ちょっとヤバいかも…。レース後ぞくり、としましたよ。
あの位置からあそこまで伸びて来ますか…。
ケイトゥーやラクリマも潜在的には着順よりずっと強い馬だと感じたのですが、ダコールは全く底が見えなくてちょっと気持ちが悪いですね。
正直、マイルCには出てきて欲しくない相手です笑。

まぁなんて言うか、結局ディオルーチェがマイルCに出走した時の事ばかり考えてますねw
サトノオーやらラトルスネークやら不気味な馬も出てきましたが、先ずは自分のが一勝挙げる所からですね。
明後日ゲート試験を受けるそうですが、ここから頓挫することなく、デビューまでこぎつけてもらいたいものです。
パワータイプとのコメントを頂きましたが、サンカルロがダートで全然だったので、やっぱり芝デビューかな^^?


追記:マイルCSはダノンヨーヨーが一番人気で二着ですか。
何を書いてもタラレバの話にしかならないので、このレースについてはノーコメントで。
もうね、字面を見るだけで胸がチクチクして痛いんですよ。更新が少し遅れたのも実はこれが理由だったり。
予め解っていた事ですが、やはり簡単に立ち直れるものではありませんね。




注目二歳馬をピックアップ
2010年11月18日 (木) | 編集 |
ディオルーチェのデビューも近づいてきましたが、08産の社台・サンデーは他にも魅力的な逸材が沢山揃っています。
今年、本家の募集を見送ったのは、比較対象となった彼らの出来があまりに素晴らしかった事と無関係ではありません。
08は募集時には見向きもしなかったような馬でもバンバン勝ち上がってますしね。
本当に凄いです。

今日はデビューを間近に控える馬の中から、特に見所のありそうな逸材をピックアップしてみます。
出てきた際は馬券の買い目に入れておくことをオススメしますよ。




ヴァーゲンザイル(ネオユニ×クイーンソネット)

83010_00050960.jpg

ワイドサファイアの半弟。
一つ下の全弟も良いがこれも良い。
入厩は九月の半ば頃でしたが、ゲート練習をこなしながらじっくりと調整を重ねてきた。
今は坂路を15-15を切るくらいのペースで二本乗られており、息を造っている段階。
距離は中距離前後がベストな気もしますが、新馬戦ならマイルに出てきても十分対応できるはず。
順調なら中山デビューだと思いますが、コースも合う筈ですから、いきなりから狙ってみたいですね。


マスクトヒーロー(ハーツ×ビハインドザマスク)

83020_00052407.jpg

これも去年Aランク評価を付けた馬ですね。
なんとこの馬、一次では埋まらなかったんですよ。
もし僕がもっとお金持ちなら絶対買ってましたよ。ここの厩舎はNGなんですが、それでも欲しかったですね。
本当なら10月デビューの予定だったのですが、膝関節に炎症が出たためにデビュー延期。
人気が出なかったのは、少し負荷が掛かり易い造りをしていた為かもしれません。もっと危ない馬は他にいっぱい居るんですけどね。
一頓挫あった分、いきなり万全とはいかないでしょうが、その不利も能力でカバーしてもらいたいですね。
もしこの馬が走らなければ、ビハインドザマスクから大物が出る事はもうないと思ってます。

年内デビューが目標とのことなので、ルーチェとは距離で分けてもらえませんかねぇ。
同門なんだしマイルCまでは戦わなくたって良いでしょ笑?


マレオット(スニッツェル×ラフィンムード)

83167_00051002.jpg

五回阪神でデビュー予定。
短距離限定でしょうが、素質は兄ラヴィンライフより上と見ています。
芝でやれるかどうかは走ってみないとわかりませんが、ダートなら確実でしょう。
ラヴィアンクレールのパターンも想像できるので、芝で大敗しても条件が変わるまでは追いかけた方が得ですよ。
あれだけ濃い血統にもかかわらず、ここまで体質的な弱さを見せていないのは強みですね。

追記:と書いていたら本日更新がありました。現時点では来月12日。阪神・ダート1400戦でデビューの予定だそうです。
ならいきなり勝負ですね。


ルイーザシアター(ハーツ×キューバリブレ)

83019.jpg

元々カタログに『父の代表馬の1頭になりうるほどのハイレベルな馬』と評価されるほどの馬だったのですが、当時は全くそんな風には見えなかったんですよね。
ですが、今月更新された写真を見てようやく納得。
素晴らしい馬体に成長したものです。まさかこうも変わってくるとは…。
ただ、この馬は一目でわかるステイヤー体型ですね。スラッとした細い首指しや胴長の体型。
トモに幅が出てきたのでそれなりのスピードも兼備していそうですが、本当は二千メートル以上あったほうが良いタイプなんでしょうね。
28日の新馬戦(芝2000)を鞍上ルメールで予定しています。それも期待の表れかもしれません。

ディオルーチェと同じ厩舎なので、是非ともクラシック戦線に乗ってもらいたい。
それなら、血迷ってルーチェをクラシックに使ったりする事もないでしょう。
加藤先生は信頼できる調教師ですが、フィフスペトルの一件があるので100%とは言えないんですよね。

ちなみに写真。
上・カタログ
下・最近

83019_00054044.jpg


あれが何故こうなる…!?

これなら100万でも欲しいわw
こういう馬を見学ツアーでちゃんと見ておきたかったですね。
そこそこ走る程度かもしれないけど、とんでもない大物に成長する可能性も感じさせますね。
少なくとも一勝もできない。というケースは全く想像できない馬です。

ディオルーチェの前に、彼らに一稼ぎさせて貰う予定です^^


あと京王杯のリアルインパクト。キャリア一戦の身で立派でしたね。
この子は未知のディープ産駒と言う事と、既に大物(ラヴァ兄)が出ている事から旨味を感じられない上、繁殖の劣化を恐れて候補とはいかなかったのですが、馬体は好みだったんですよね。
8月に一つ上のウィルパワーが二勝目を挙げたのを見て『こりゃ下も当たりだわ…』と後悔しましたが、時既に遅し。
丈夫そうな造りもGOOD。キャロットですけど、姉より頑丈だと思います。
この馬とペルレンケッテが走れば、ディープ産駒もなんのことはない。
難しく考えずに、今までと同じように教科書通り『走れる馬の造り』をしている馬を探せば良いのだ。
そう考えられるようになります。
ディープは動かして良い、なんて良く言われますけど、クラブのDVDじゃほんの数秒しか見れないから見極めが難しいんですよ^^;

好みだけで選ぶとなると、ダノンバラードやらレッドセインツやらを指名するのは困難になりますが、わざわざ苦手分野の、しかも高い馬に手を出す必要がなくなるので楽っちゃ楽ですね。
僕はディープに150万出すのなら、タキオンやハーツに行くでしょうから。
いずれにせよ、ディープ産はもっともっとサンプルが欲しいですね。




天皇賞の予想
2010年10月31日 (日) | 編集 |
たまには予想してみます。
明日の東京は雨の影響で不良、良くて重馬場のコンディションでしょうね。
JRAはウソツキですから、やや重と発表するかもしれませんが、真に受けてはいけませんよ。
G1開催の日は特にウソツキですから。

重馬場だと売り上げが落ちるとか思ってるんでしょうかね?
仮に数字がそうだとしても、それは雨の日に競馬場に行きたくない。って人が多いだけで、道悪だから馬券買わなくなる訳じゃないでしょうにねぇ。
僕みたく、むしろ重馬場だからこそ馬券を大量に買うって人だって沢山居るだろうに…。
何か問題があるって訳でもないんですが、あからさまな嘘をつかれるのはやはり気分が良くないんですよね。
去年のダービーデイなんて土砂降りの雨で馬場が田んぼみたくなってるのに、途中まで『やや重』で引っ張ってましたからね。


先週は二桁人気のビートブラックが本命でしたが、明日は固く行きます。
◎はブエナビスタ。
どの位置からでも競馬ができますし、道悪もマイナスにならないのは宝塚で立証済み。
東京の馬場は内から乾く。この枠は最高でしょう。
三着を外す事は考えづらいですね。

○はネヴァブション
この馬強くなってますよ。元々叩き良化型ですし、前走は距離も短かった。
外を回されずに上手く乗れば一発もあります。
個人的には有馬で本命打つ予定なので、ここは遠慮してくれた方が良いのか(^_^;)?

後はアポロン、シンゲン、アーネストリー、ホーネット。ここまでが連下。
三着にアリゼオ、コスモファントム、シロッコを抑え。
ペルーサは当日の気配と馬場状態も考慮して最終的な決断を下します。

しかし毎日王冠のシルポートってなんで直線で外に出したんでしょうね?
内を走らせた方が有利だって事を騎手は知らないんでしょうか??
本来なら抑えておきたい道悪巧者ですが、あんな騎乗を見せられた後では買う気も失せますね。


個人的な勝負レースとしては10レースのオリオンザドンペリ。
これも雨に強い子。オークスの日はゴチになりました。また宜しくお願い致しますm(_ _)m
穴なら秋天よりこっちの方が期待値は高そうです。三連単で幅広く狙ってみます。
高配当獲れたらムガメール考えますね。




気持ちは既に来年
2010年10月28日 (木) | 編集 |
冷静さを少し取り戻した所で、改めて先週の競馬を振り返ってみました。
特に菊花賞はまったく内容を覚えていない。当日は競馬場に居た筈なのに、誰が勝ったのかも全く覚えていない。
これは流石にやばすぎるだろ!とセルフツッコミが入ったのは一昨日の事です。

まず富士S。
僕はブレイク→ヨーヨー→ライコンorガルボの組み合わせを1000円買ってました。
ちなみに二着ライコン、三着ガルボの場合は500円買ってました(三着ヨーヨーでも同じ金額分購入)。
百円だけ買ったとしても、それぞれの配当は約200万と700万だったそうです。

ようやく立ち直って、またヘコんだわ笑!


続いて菊花賞。
買わない予定が、こちらも何故か馬券を買ってたらしい。昨日、お財布の中に馬券が入っていたのに気が付きました。
うむ、全く記憶がないですね。
僕の本命はどうやら12番のビートブラック。
買い方、三連単マルチで相手を七頭(レーヴ、オールディー、ヒルノ、トウカイ、ラピュタ、Sシチー、ゲシュタルト)。その後、ワイドで二頭追加した模様。

これで何故ハズしたし?!


ここはせめて当てておきなさいよ自分。
しかもこのハズし方。何気に凄いのか、或いはどうしようもなくアホなのか…。なんだか良く解らなくなってきましたw
しかし、本当に当日の記憶が無いんだよな~。
このとき僕は一体どれ程の負のオーラを発していた事やら…^^;

今週は台風が接近中らしいので、東京はまた道悪巧者と前に行く馬買っとけばOKっすかね?
先週受けたダメージが酷すぎるので、ここらでちょっとお小遣いを稼がないとです。

期待のユニバーサルバンクは雨なら『見』。
この馬自身がどうって言うより、アンバーシェード(ジェルミナル弟)の雨適性が半端なく高そうな予感…。
ここはレース振りだけに注目です。
萩Sのベルシャザールも一度良馬場での走りを見ておきたいんですけどね。

とりあえず、来年のNHKマイルCに出てきそうな可能性がある馬は徹底的にチェックさせて頂きますよ。
ファステストスターもしばらく時間が掛かりそうなので、僕の気持ちは既に来年に向けられてます。



臨時収入?
2010年10月25日 (月) | 編集 |
今日、馬専用口座からお金をおろした時に気付いたのですが、何故か5万円ほどお金が振り込まれていました。

Why?
何故だ??
何故なんだ???

キャロの振込みはまだ先のはず…。

で、思い当たる節を考えてみたら、一つありました。
帰宅後、JRAのHPでチェック。

やはりそうか。
ミレニアルドリームよ、勝っていたのか。。。
馬券だけ携帯で買って、あとは8R位まで府中の町をブラついてましたからねー。
全く気付きませんでした^^;

ダート馬の可能性も考えましたが、芝でも結構強かったですし、楽しみですね。
今回もご馳走様でした。
来月初旬に入厩予定の大物君も、この勢いに乗っかって欲しいところです。

でも何と言いますか、出資しない(&できない)で名前だけ挙げた馬だけ活躍するのが、僕のデフォのような気が最近してきました(^▽^;)
ここまでくると笑えてきたので、今回ちょっと触れてみました。

ルーチェ、頼む。
お前だけはマジで頼む。


※お次のターゲットはユニバーサルバンクといきましょうか。
この子は当初ランク外だったのですが、10月の更新で一気にAランク評価にまでのし上がりました。
本質は使いつつの馬かもしれませんが、相手次第ではいきなりでも好勝負になるでしょう。
これまでより自信度は若干落ちますが、馬券で高配当を狙うなら新馬戦のうちですからね。

新馬戦が買うレース。
天皇賞は見るレース。



雑記
2010年10月13日 (水) | 編集 |
セラヴィの落選でこれ以上落ちる所がないって所まで落ちました。
ここからはまた上って行くだけです。
とりあえずはブレイクの復帰戦、二歳勢の新馬戦を楽しみにして頑張って生きていこうと思います。
ああ、それとキャンセルはいつでも大歓迎なんでお気軽にどうぞ笑。

ディオルーチェも近日中に入厩予定との事で、順調ならJC当日のマイル戦でデビューですかね。
この日は有力騎手が東京に集結するだろうし、それに合わせて関西から強いのが回って来ないかと少し心配。
ゲーリックストームやらセバストスやらが回ってきたら…その時は流石にキレますw
まぁ、あちらにも1600と2000Mの番組が組まれてますから大丈夫だとは思いますが。
ラロメリアも中距離デビューでしょう。
新馬戦は確実に勝ってもらいたいですし、無駄に消耗しても困るので。。。

ブレイクの富士Sは出れたら出れたでリルダヴァルと戦うことになりますね。
ショウワモダンは不調のようですから、仮に出てきたとしても一番怖いのはリルダヴァルの方でしょう。
あと底が見えていないという点でダノンヨーヨー。
意欲的な調教を積んでいるセイクリッドバレー。
好スタートを切ったときのマルカシェンク。
この辺が当面のライバルという事になりますか。

とにかくリルダヴァルがやっかい。個人的にはアリゼオより強いと思ってます。
お兄様とアリゼオが回避して内心ガッツポーズしてましたが、一難去ってまた一難。
道は険しいですね。

あ、それと富士Sの日にはミレニアルドリーム(ウェルカムミレニアムの08)がデビューを予定してますね。
この馬もイチオシ。A級評価を付けた馬の一頭でした。候補でなかったのは父ロブロイが好きじゃなかったってだけです。今調子が良いみたいなので、いきなりから期待してみます。
三浦さんが上手く乗ってくれれば多分大丈夫のはず…。
菊花賞の見送りが確定したので、こっちでお小遣い稼ぎと行きたいところです。

それにしても、一押し二歳馬達はラヴィアンから先週のベルシャザールまで連勝で来てますから、この年は我ながら目の付け所は悪くなかったと思うのですよね。どれを買っていてもそれなりの夢が見れたはず。

これでルーチェだけ走らなかったら…その時は泣きます。
(最近ネガティブ思考がホント酷いw)




今週は傷心旅行
2010年10月09日 (土) | 編集 |
セラヴィ落選の傷を癒すために今日はこれから競馬場へ行って気分転換してきます。

皆さんの抽選結果を聞いていると、どうも一本釣りされた方の当選率が高いような…。
今の制度は最低でも一頭は出資できるように。ということで設けられたようなものですし、そういうのも少なからず影響するのでしょうか…?
ま、偶然でしょうが。

ちなみに1,5次は参戦しません。それで埋まってしまえば縁がなかったと諦めます。
とりあえず僕はムガメールとキューの二択に絞られました。
データはもう無理そう。パピヨンは事ある毎にセラヴィと比べてしまいそうで辛いだけな気がします。
キューはブレイクが富士SとマイルCを両方ぶっこ抜く。そんなキセキが起きてかつそれまで残っている事が条件ですから、現実的にはムガメール一択ということになりますかね。

もしキューの09がGⅠを勝ったとします。
でもその時僕が真っ先に思うのは、
(ブレイクだって素質は劣っていなかった筈なのに何故…!?)
今のままではこうなる事が目に見えているのです。そんな気持ちで出資するのでは09にも失礼ですからね。
勝った時には100%の喜びだけで良いのです。他はいりません。

あと個人的な印象なんですが、キューの09はレッドセインツと雰囲気が似てると思います。
あれぐらい走れば上出来でしょうか?
15万なら僕はもっと上の手応えが欲しいところですけどね。


本日の注目馬

東京3R
シャイニンロミオ…アッパーイーストに迫った脚は凄かった。中山が合っていた可能性もあるが、前回はおそらく八分仕上げ。状態は間違いなく上向いているはず。

グレイトフルレター…距離をこなせればここはチャンス。道悪ならきっと強いですよ。

京都5R
ベルシャザール…この馬もA評価付けたんですが、叩いてからがベターかもしれません。520~530前半で走れれば良いのですが、本来なら東京へ輸送する予定だっただけにどうか。
道悪は問題なさそうですが、今回はアッパーやラヴィアンほどの自信はないですね。
人気してますし、僕は馬券を買わずにレース振りだけチェックするつもりです。

今日は雨が降っているので予想が組み立てやすいですね。
勝負RはオクトーバーSなんですが、また大きな儲けが出れば、ムガメールも考えるとしましょうか。
個人的には二次まで残る馬だと思っているんですけどね…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。