管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
お疲れ様でした
2011年10月05日 (水) | 編集 |
期待馬ファステストスターの引退が決まりました。

僕の言いたい事は同じ出資者のYOSHIさんが10月2日にご自身のブログ(いつかきっと)で全て代弁して下さったのですが…。
このままでは到底腹の虫が収まりそうにないので、少し被ってしまいますが、僕も少しだけ言わせて貰いますね。
醜いのは承知の上で、です。


以下、公式のコメント。

久々の競馬でしたが、気のいいタイプですし、スピードもあるのでいい位置で競馬は出来ました。砂を被ったり、馬群の中でも我慢して走れていましたよ。ただ、右手前と左手前だと走りが違うんですよね…。骨折した左前脚が気になるんだと思います。しっかりと痛みを取ってあげる時間さえあれば勝ち上がれるだけの力はあったと思うのですが…」(石橋脩騎手)

「金曜の様子を見ても馬具には頼る必要はないだろうと思いましたし、実際にレースでも内枠でしたが普通に付いて回っていましたからね。素質だけの話しであれば、未勝利で終わるような馬ではなかったと思います。それだけに初戦で骨折してしまったことは、この馬にとって本当に運がなかったことだと思います。なんとか今回はレースへ出走させられるだけの態勢に持ってくることは出来ましたが、さらにこの先、使い続けることは難しいですし、馬を苦しめてしまうだけになると思います。思うように出走させられず、勝利も掴むことが出来なくて申し訳ございません」(堀師)

骨折休養明けのレースでも先行できるだけのスピードを見せたように、能力は感じさせてくれました。しかしながら、使い続けることは難しいことや、未勝利戦が終了となったことから堀宣行調教師と協議を行った結果、現役続行を断念して競走馬登録を抹消することとなりました。


全く以て意味不明。
キャロットさん、全っ然筋が通ってないですよ。
今更何言ってやがりますか?
じゃあなんの為に現役続行させたのよ。
なんの為の新制度よ。
未勝利戦に間に合わせる必要が一体何処にあったと言うのか?

そもそもですね、完調どころか完治すらしてない状態でレース使うって、どんだけ勝負舐めてるんですか。
馬にも人にも対戦相手にも、全てに対して失礼極まりないよ。

このような事態を引き起こしてしまったのは、ファステストスター自身の体質の弱さによる部分が何より大きかったと思っています。
だけど、今回の問題は全く別の話。
結果報われなくても仕方ないんですよ。そういう事だってある。そういう事の方が多い(多分)。

クラブサービス面において、僕はキャロットを非常に高く評価しています。
企業としての努力も見上げたものだと感心してます。
だけど一番大切なものがすっぽり抜け落ちてるんですよ。
我々出資者が望む一番のサービスとは何か?
商売上手なのも良いけど、もっと根本的な部分で競馬を学んで今一度考えて下さいよ。

あなた方は僕達と違って、彼等に干渉できるだろうよ。
僕らの代表でしょうよ。
それなのに何やってんだよ。

これで何度目ですか?
同じ事を何度も繰り返して、馬に恨みでもあるの?
敬意のひとカケラでもちゃんと持って接してんの?

限定未勝利戦なんかに固執して誰が喜ぶというのか。
あんな状態で走らされた愛馬の姿を見て、関わった人達がどう感じるか、想像するまでもないだろうに。

少なくとも僕は、走る気のない馬や勝てる見込みのないレースを見たって嬉しくもなんともありません。嬉しいどころか、不愉快です。
それは例えダービーや有馬記念でも同じ事なんだよ。
僕ら出資者だって馬鹿じゃないんだから。
一口なんてやってる時点でそれなりに競馬を知ってる連中なんですから、不毛なアリバイ工作もそろそろ止めにしませんか?

同じく春に骨折した社台のマスクトヒーローは限定未勝利になど見向きもせず、登録抹消後、地方で二連勝して美浦に帰ってきます。
何故そんな至極当然の選択ができないのか、僕には全くもって理解できませんね(ダートを理由にするなら尚のこと今回の出走は意味不明)。

同じレースを走ったもう一頭の星は命を落としてしまいました。
それに比べたら、ファステストスターはまだマシなのかもしれません。
極めて簡単な選択肢を一つ選ぶだけで良かったのに。
僅かでも馬優先の心があれば防げた事故かもしれないのに…。
ああいうのを見せられると最後には哀しみしか残らない。
フレアスター、心からご冥福をお祈りします。

ファステストスターに言えるのは、ごめんなさい。
何も力になれなくてごめん。
期待してあげられなくてごめん。
本当にごめんね。

最後なのに、こんな事しか言えない。
最後くらい、見届けてあげたかった。
もっとたくさん、近くで応援してあげたかったです。

これからの生活が少しでも幸多いものであるよう、心から願っています。



スポンサーサイト
悪足掻きしようぜ
2011年04月02日 (土) | 編集 |
2日の阪神競馬では後方を追走。直線では外へ持ち出して前を追うも伸びは案外で16着。

「返し馬では掛かるくらいの走りをしていたのですが、いざレースでは追走で精一杯でした。まだ体がうまく使えなくて、伸びきって走っています。もう少し距離を延ばしてタメが作れるようにしてあげれば、もっと走れるはずです。それに、関東馬はみんな同じ条件とはいえ、初戦で輸送があったりしましたからそのあたりも少なからず影響はあったと思います」(内田騎手)

「予定が1週延びたけど体調は維持できていたし、雰囲気は悪くなかったと思います。前が引っ張って時計が速かったせいもあるとは思いますが、この距離は短すぎた印象ですね。まだ体がしっかりとしていなくて、ジョッキーが言っているようにダラーっとした格好で走っていましたね。徐々に体はしっかりしてくるでしょうし、こんなに走れない馬ではないと思っていますから、放牧先でもしっかりと乗り込んでもらいたいと思います」(堀師)

予定していたレースが除外となり1週延びましたがデビューすることができました。レース内容は決していいものではありませんでしたが、これから徐々に変わってくるでしょう。現在の開催スケジュールではすぐに出走することが難しいことからいったん放牧に出る予定です。いつ使えるか今のところわかりませんが、ローカル開催を含めて検討を行います。



この着順=ファステストスターの持つ全能力とはどうしても思えないんですよ。
ただやはり、早い追い切りを消化できない身体である以上、実戦を走り切るだけの息を作るのは難しいという事なんでしょうね。
同じデビュー戦組でもエポワスは早い時計を出せていましたし、スピログラフも一杯に追い切った本数が多かったですよね。

走る気がない。
体質が弱い。
能力が無い。

一言で片付けるのは簡単なことです。
でも、それで諦めたらその先はもうありませんよね。
足りないのであれば、どうやって補っていくか、如何にして勝たせるか。
それを全力で考えていかなくてはなりません。
例えどんなに力が足りなくても、途中で投げ出す事を僕は一番嫌います。
馬も人も、足掻けるだけ足掻いてから諦めてくれ。

「放牧先でもしっかりと乗り込んでもらいたいと思います」

どうやら師は覚悟を決めたようなので、僕も覚悟を決めたいと思います。
いま僕にできるのは諦めないことです。それだけです。
馬にも人にも失礼のないように。

一息入れたら、しっかりと負荷をかけてもらいましょう。




最速の星デビュー
2011年04月01日 (金) | 編集 |
友達の家で猫と戯れていたら帰るのが遅くなってしまったw
明日はキャロット08産の一番馬ファステストスターがデビューします。
先週のディオルーチェに続いて二週連続ですね。
有り難いことです。
でも、僕の体がもちません^^;
馬も人も満身創痍です笑。

30日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒6-39秒3-13秒8)。
「先週は残念ながら除外となってしまいましたが、幸いにもコンディションが落ちることはありません。ただ、延び延びになるのは肉体的にも精神的にも堪えますから何とか早いうちに使ってあげたいというのが本音ですよね。先週の時点で態勢は整っていましたから今朝の追い切りは半マイル重点にしてゴール板を過ぎた1ハロンまで伸ばす内容です。時計的には55-40程度でそれほど目立たないかもしれませんが、感触は悪くありません。あとは先週のように除外にならないかどうかだけ。いくら非当選除外になったからといって除外権が発生するわけではありませんから、今週もまずは無事に出走できるかどうかが大きなポイントになります。出走できればいい勝負になると思っていますよ」(堀師)


僕も今週は期待しています。
ディオルーチェはそもそも勝つ気がなかったのでしょう。
しかし、体質に難のあるファステストスターは一戦一戦が勝負。
今回も、そしてこれからも、使えるレースは全て勝つつもりで挑んでくると思います。

メンバーも他17頭のうち10頭がデビュー戦です。
過半数を同条件の馬で占めてますから、これは恵まれたと考えるべきでしょうね。
昨日ライバルも徹底的に調査しました。
デビュー組で強そうなのも限られてますし、その馬も見たところ決め手に欠けるタイプのようです。
こちらも、そして相手も、阪神1400mへの適性と展開がカギとなりそうですね。

ファステストスターの力を出し切れば、好勝負になるはずですよ。




ゆっくりしていこうね!!!
2010年10月30日 (土) | 編集 |
ファステストスターがまたもやUターンするハメになってしまいました。
元々、体質の弱さは覚悟していましたし、この程度の事は想定の範囲内。
ここまで来たら万全の状態でデビューさせてあげて欲しいです。

出来れば東京開催中には…と思っていましたが、それも『朝日杯出走』の可能性があってこその話。マジポケやブラウンW、Aサガスといった面々が主役を張るメンバー構成なら、一勝馬でも十分勝機があります。
拘っていたとすればその点のみ。
朝日杯への出走が絶望的となった時点で、僕としてはもうデビュー時期はいつでも構わない。
この馬なら体勢が整えば出たとこ勝負になると信じてますから、そんなに焦りというのもありません。

去年のドラフト。本来なら人気のあったヒールゼアハーツを第一で書くべきでした。
それでも僕はこの馬を第一で書きました。
この馬だけは、絶対落とすわけにはいかない。
何が何でも取りにいく。全力で取りに行く…。
今思えば、相当入れ込んでましたねぇ。

でも、そうさせてくれるだけの馬だと、やっぱり今でも思ってますんで、大きな期待を持って見守っていきたいですね。
急がば回れ、です。


そうそう、ファステストスターの情報を集めていたらUMAJINさんにこんな記事が!

『これは大物/ファステストスター』
母が日本に輸入されてから最初の産駒で兄姉に活躍馬はいないが、母の姉には豪州チャンピオンスプリンターのイスカがいる良血(中略)。

嬉しい事言ってくれるじゃないの。

堀師「先週、ゲート試験を合格しましたが、これは大物ですよ。ウチにいるオープン馬にも負けず劣らずの素質を秘めています(中略)」

いっそのことキンシャサ目指してみる?

堀師「体調を見ながらの調整になりますが、来年のクラシックにはしっかり乗せますよ。注目していて下さい」

それはらめぇえええええ!!


ま、一度使えばわかってくれるでしょう(^^;)




ファステスト☆入厩キター!!
2010年10月07日 (木) | 編集 |
10/6 
6日にNF空港を出発し、山元トレセンを経由して8日に美浦トレセンへ入厩する予定です。


おぉう、なんかいつの間にか更新されてる━━(゚∀゚)━━!!

三度目の正直ですよ。今度こそ頼みますよ!
あくまでも全てが順調に運べばですけど、これなら東京開催中にはデビューできるかもしれませんね。
勝てば朝日杯にも抽選で出られるかも?
今年はまだ大物らしい大物が出てきてないし、一勝馬も強ければチャンスがありそうです。
むしろヤバそうなのはラジオNIKEEIの方か…。

とりあえず被りたくないのはラロメリア、レッドジョーカー、セバストス。この辺か。
関西馬はわざわざ遠征しては来ないだろうと思いますが、中には例外もいるから一応ね。
ま、この時期の新馬戦はどこのレースを使っても大抵一頭くらいは変なのが混ざってますから、ここなら楽チン…って事にはまずならないんですよね。
ホント、傍から見れば化け物みたいのがゴロゴロしてますからね。

とにかくディオルーチェとだけは被って欲しくないのですが、ルーチェはもうしばらく時間を要するだろうとの事なので、今の調子だとデビューは早くても12月になるでしょうね。
朝日杯にはどうやっても間に合わないので、あせらずじっくりと態勢を整えてもらいましょう。

社台より先にキャロットの大物候補がデビュー。
マイルは微妙も、1400ならいきなりでも結構期待できると思ってますよ!