管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬか喜びでした(´・ω・`)
2011年12月23日 (金) | 編集 |
「18日と翌週の土日休ませて下さい」

「無理を承知でお願いします!」

「大事な運動会なんです!!!」

「一生のお願いだーーー!!!!!」

こんな感じの勢いで一度は許可された感じだったのです。
それが予想以上に今週末の休み希望者が多く、片方だけでも出勤して欲しいとの緊急要請が今日ありました。

………。

わけがわからないよ。

だいたい休み取った奴等いつも週末頑張ってんぢゃねーか。
それがなんで今週に限って、どいつもこいつも土日に休み希望集中してるんだよ、ホント意味不明だよチキショーヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

(読めなかった…このティアの目を持ってしても…)

連中に無想転生お見舞いしてもいーっすか笑?

出走予定Aって書かれてたのに除外をくらったような…まさにそんな気分です。
11分の2の抽選で弾かれた彼とは違うのだよ。

片方に行けるだけでも有り難く思っておきますが、去年程ではないにしろ今年はあまり流れが良くないですね。
こういう時は大低何をやっても上手くいかずイラつく事が多いので、年明けまでなるべく大人しくしてようと思います。


まずはアロ。

水曜日の想定を見ても感じましたが、先週と比べて大分楽なメンバー構成だと思います。
問題は多頭数と距離。そして徐々に荒れてきた馬場ですね。
新馬戦のレベルがまだ不透明なので、判断が難しい部分もあります。
今回の条件と相手なら、敵がどうこうよりも自分との戦いでしょう。


続いてヒール。
ヴァーゲンとギュスターヴがいなくて助かりました。これなら絶対に勝てない相手もいませんし、54キロもまずまず恵まれたと思います。
前走でアポロにはリベンジできたので、今回はメダリストですね。
おそらくは、彼が一番厄介な相手ではないかと見ています。

アロもヒールもメンバー構成自体は先週より大分楽なので、なんとか良い形で一年を締めくくりたい所ですね。

ちょっとふて腐れてたので夜遅くになっちゃいました。
手短になってしまったので、レース後に改めてちゃんと書かせて頂きます。
明日朝早いので今日はもう寝る事にします。

※皆様へのお返事等はもう1~2日お時間を下さい。
すみませんです。



スポンサーサイト
頓挫組
2011年12月13日 (火) | 編集 |
時間が掛かりそうな2頭の近況報告です。
まずはクリティカルヒット。

周回ダートコースでダクを500mとハロン24~25秒のキャンター3500mを行っています。また、週2回は屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本を取り入れています。「運動を継続しても脚元をはじめ、どこかに不安を見せることはないですね。体の大きな馬ということからも、より慎重に脚元を確認しながらの調整ではありますが、状態はじわじわと右肩上がりに推移していますし、いい傾向にあるでしょう。馬体重は554キロです」(空港担当者)

ここまで来たら時間が掛かりそうってのは不安でも何でもないんです。
強ければ未勝利戦くらい何時でも勝てます。

怖いのは新馬戦に無理矢理間合わせようとして起きる人災です。
ファステストスターで身をもって体験してるので、絶対ないとは言い切れないのが恐い所です。
では何故新馬に使うのが嫌かって言うと、今のペースで3月の競馬に向かうには……

①大型馬が仕上がり途上のまま惨敗承知で使われる。
②骨折した馬が身体が硬くなる厳寒期にスパルタ調教を施される。

もうどちらかを受け入れるしかないのですよね。

戸田師なら大丈夫でしょうが、状況によっては①の可能性が出てくるかもしれません。
そこに関してはもう覚悟してます。
フォーム同様、半ば諦めてると言って良い。
ある程度走る事に前向きな馬であれば、デビュー戦は心身共にグッドコンディションである必要があります。
勝ち切る事が難しいのであれば、新馬戦を使うメリットなんて殆どないと思うんですけどね。

とりあえず今言える事は、無事に冬を乗り越えてほしい。
そして万全の状態でデビューしてほしい。
それだけです。


続いてアースガルド。

トレッドミル調整を行っています。「先週に続いてトレッドミルで体を動かしています。状態に関しては正直あまりいいとは言い切れず、歩様からトモの疲れが目立っているように感じます。前走の内容も良くありませんでしたし、立て直す期間をしっかりと設けてあげる必要があるかもしれません」(天栄担当者)

こちらは予想できた事ですね。
前にも言ったように、身体の根本を良くしないことには今後もずっと同じパターンを延々と繰り返すだろう、って事です。

山元でのトラブルで身体のバランスは一度ガタガタになったんでしょう。
そうなると、馬は自分で具合の悪い部分を庇おうとする。
結果、今度は反対側もおかしくなる→ごまかしごまかしケアしながらレースを使う→調子落ちた時にレースを使えばまた必要以上に負荷が掛かる→最初に戻る。無限ループ突入。メデタシメデタシ…。

だから、どちらにせよ暖かくなるまで待つしかないんですよね。この現状では手の打ちようがないですし。
完全復活は来年どころか、再来年になるような気がします。
その間に見切りをつけられないよう、最低限の働きは見せてもらわなきゃなんですけど。

アロとヒールは安心して見ていられそうなんですが、こちら二頭はしばらく試練の日々が続きそうですね。




てめーは俺を怒らせた
2011年10月21日 (金) | 編集 |
アースガルド……リフレッシュ放牧に出されました。
今の最優先事項は状態悪化を避けること。
ベストの状態で競馬に向かう事が困難というなら、これは正しい選択だと思います。
本馬が使い込めない理由は大きく分けて二つあると考えています。
一つは成長が遅く、今なお身体に緩さを残す状態であること。
二つ目は山元での不手際によるダメージが尾を引いている。バランスを崩してしまっただけでなく、未だに根本からのケアは出来ていない。
つまり後天的なものですね。

放牧先が天栄になったのはラッキーでした。
リニューアルしたばかりですから、常識で考えれば腕の良いスタッフを派遣に出す筈です。
2月の東京で、今度こそ勝利を収めて貰いたいですね。


アロヒラニ……ついに来ましたね。動画も更新されてましたが、ブレの少ない安定した走りを見せてくれています。
この馬は…というよりファインセラの血統は後躯の強化が課題です。
兄貴もそうですが、身体の成長が遅すぎて稽古で強い負荷をかけられないのですよね。
最近は継続して坂路トレーニングを積める様になりましたが、トレセンの坂路と時計の掛かるウッドコースをバリバリ走れるようになって初めて合格です。
それまでは兄貴と同様に軽い芝、東京と新潟で勝負することになるんでしょう。

オーバーワークは心身のバランスを乱す元ですから現状の方針には納得です。
しかし競走馬にはタイムリミットがありますから、調教師には本格化まで常にゆとりを持たせつつも、確実に勝てる条件をピンポイントで選択してゆく高度な読みと調教技術が要求されます。
未完成の状態でカツカツのローテを組むと成長の阻害に繋がる上、長期間の休養を余儀なくされるでしょうからね。
勝つにせよ負けるにせよ、使い方が重要ですよ。曖昧な姿勢ではダメです。
ゲート次第ですが、中山にずれ込むなら開幕週か二週目。
間に合わなければ合格後はリフレッシュに出して2月の東京まで待機しても良いと思います。
この馬に関しては乗り込める時間が長いほどプラスですので。


クリティカルヒット……こちらも動画が更新されてました。素晴らしい柔軟性。
肉質も相変わらず良い。
しかーし、フォームは悪いまま変化なしですね。
ったくいつも心臓に悪いっつーのよ(^ー^;)
確かに何でも矯正すれば良い、というものではありませんが、次やらかしたらその時点でアウトです。
ポッキリいかないよう祈るしかないですね。
フォームなんて出資前には解りませんし、これはほんとお手上げですよ。


ヴァルガリス……あ、ありのまま起こった事を話すぜ!
切れ味不足かと思ったら、いつの間にか津村で新潟を目指していた。
な…何を言っているのかわからねーと思うが、オレも何をされたのかわからなかった。
頭がどうにかなりそうだった。
騎手の進言とか馬場の悪化とかそんなチャチなもんじゃ断じてねえ!
もっと根本的な問題が何も解決されてねえ気がするぜ…。
(どうでも良いけど今年の二歳牝馬にスタープラチナって馬がいるw)

たぶん馬を応援する以外、何もする事のない一戦になるでしょうね。
違う出資馬とは言え、二度も激怒させてくれた騎手にアレコレ注文を付ける気はありません。
余計な事さえしないでくれればそれで十分です。
いっそ除外になるのが一番だったりしてね(・∀・ )



緊張してきたです
2011年10月09日 (日) | 編集 |
久しぶりの東京開催ってことで、本日早速行ってきました。
前や内しか伸びないって訳じゃないけど、終い一辺倒ではやはり厳しそうですね。
改修前の東京って結構外差や後方一気も決まってた記憶あるけど、最近はほとんど内有利の前有利なんですよね。
見ている方としては、昔の方が好きでしたねー。

今日は午前中に二万負けて、ほぼ全滅状態だった所に、メインレースで◎セレスハントが激走してくれました。
ありがとう。マジで助かった(^▽^;)
これでまた明日勝負できる(笑)!!←典型的なダメなヤツの例。

さて、まずはヴァルガリス。
かつてダメジャーが有馬で三着に来たように、中山の2500はマイラーでも対応できるコース。
しかし東京の2400はより適正が問われる舞台。
今回も好走できれば中長距離ランナーとしての資質。
見せ場がなければ単に中山巧者だということ。

ジローさんはこの子がキレないタイプであると理解しておられる。
加藤先生の考えは逆だったみたいですけど、今思えばフィフスの影を強く引きずっていたのではなかろうか?
実際レースを見ても、フィフスペトルの理想に近い乗り方をしていた気がするんですよね。
ハッキリさせる為にも、ある程度前の位置で競馬を進めたい所です。
なお、馬券はムカワタイガー狙いで笑。

そしてアースガルド。
ぐっは。よりによって大外かよ!!
ま、気性的な問題ですから、一年経って変化があるかもしれないし、今回は引っ張ってくれそうな馬もいるから大丈夫かもしれません。
それより、内で脚を溜めた馬とかハンデの軽い馬に足元すくわれる恐れがあるので、折り合いだけでなく、仕掛けどころや道中の駆け引きも重要になってきます。
でもヒロシは東京の乗り方を熟知してますし、二回目なので癖も掴んでくれているでしょう。

相手筆頭はやはりエチゴイチエ。
切れ味が怖いTジャガー。単騎のコンプリート。
穴では一番のルイーズ。僕が好きな小説のヒロインの名もルイズ…ってそれはどうでも良いのだけど笑。
こういう条件を変えてきた馬は不気味です。
マイネルの二頭も馬券には食い込んできそうなタイプか…。
ま、人気ほど楽な戦いにはならないでしょうね。


それはそうとテンションが上がってどうにも眠れないんですが…。
ネクタイもどれにしよ…。ズボンは?アクセは?当日の髪型は!?
ぬおーー決まらん!!
馬券の買い目よりずっと悩ましい問題だぜ…笑。



チャンス有り
2011年10月05日 (水) | 編集 |
帰宅して愚痴ってばかりも嫌なので、今週の展望に移ります。
出走を予定している愛馬が二頭。
僕って何故か二頭出しになる事が多い気がします。
しかも今回は7Rと8Rで連続です。

まずは芝2400Mに出走するヴァルガリス。

5日は美浦南Pコースで追い切りました(65秒9-51秒1-38秒0-13秒2)。
「予定どおり先週はポリトラックで動かして、今週の追い切りもポリトラックへ入れて行いました。全体的には66秒を切る時計でまずまずと言ったところですが、終いは少し時計を要しましたね。やはりビュッという脚を使うというよりジリジリと脚を使うタイプというのがこの一連の調教でわかりますし、持久力を求められるような展開が理想的ですね。そのあたりから東京の開幕週だとどうかという見方もありますが、本場開催の競馬でどれだけやれるかも見てみたいので、予定どおり東京の2400mを使いたいと思います。精神面はいい意味で変わらないので、前走と同じようにレース直前までメンコをつけて、レースでは外して臨もうかと考えています」(小野次師)
9日の東京競馬(3歳上500万下・芝2400m)に田辺騎手で出走を予定しています。


ジローさん、良く解ってるじゃないですか。
何故東京?と思われた方も多いでしょうが、その答えがこれ。
要は今後を占う為の力試し。って事でしょう。
相手も強化される見込みで勝ちの目は薄そうなんですが、ヴァルガリス自身も成長してるので、見せ場くらいは作って欲しいところです。
個人的にはこの後はまた休みを入れながら鍛え、12月の中山に備えるのがベストという気がしますね。


もう一頭のアースガルド。

「先週の追い切り後もこれと言った不安点はなく、順調に来ていますね。週末にもじっくり動かして肉体面の良さを確認できましたので、今朝はどれだけ動けるかを見るためにも少し負荷を強めて追い切りました。これまでは単走で行うことが比較的多かったのですが、今朝は単走です。予定では5ハロン68秒くらいだったのが、66秒ほど。ほぼ無理をしていない内容でこの時計を単走で楽に出せるのですから、やはり具合がいいのでしょうね。しかも、乗り役ではなくウチのスタッフが跨ってですからね。時間をかけさせてもらった分、じっくり乗り込んでくることができましたので、満足いく調整ができました。久々を一度使って上積みもあるでしょうし、前走よりいい走りをしてくれるのではないかなと思っています。前走はかなりキツイ状況の中で粘るわけですから、能力の高さは確かでしょう。相手関係もありますし、レースは生き物なので簡単に結果を出せるとは言いませんが、楽しみなのは間違いないですよ」(勢司師)

一叩き後も入念に乗り込まれ、確実に状態は良くなっています。
ここはチャンスではないでしょうか。
既に勝っているクラスですし、メンバーもそれほど強力ではなさそう。
三歳馬とのハンデ差は気になるものの、完調手前とは言え、ここで無様な走りを見せてほしくはありません。

この子はゼロから再スタートを切ったばかり。
ドラクエで例えるならこれからバラモス城乗り込みますよ…って時にデータが全部消えて、また最初からプレイしているみたいな感じ。
これまでに経験した知識や技術は残っているんだけど、肉体面はもう一度時間を掛けて造り直さなきゃならない。
今年中には去年と同じ位までは自分を取り戻して、来年にはそれを超えて欲しい。
もう少し時間は掛かると思いますが、勝ち負けだけの話をすれば、ここはチャンスですよ。
あとは良積ある内枠を引けるかどうかでしょう。

最近スーツ着てないので、せめてどちらかは口取り権を取りたいですね。
あ、いや、やっぱりアースガルドの方でお願いします笑。



復活に向けて
2011年09月17日 (土) | 編集 |
番外編の前に、出資馬達に触れておきたいと思います。
まずはアースガルド。ようやく帰ってきました。

この一年と二ヶ月間、言いたい事は山ほどあるんですが、汚い言葉ばかりになりそうですし、せっかく馬が戻ってきてくれたので敢えて触れないでおきます。
三回目をやらかしたらどうなるか解りませんけど、とりあえず馬と調教師の事は信頼しているので、気持ちを切り替えてここからの復活と飛躍に期待することにします。
心も折れていないようでしたし、復帰緒戦としてはあれで十分でしょう。

彼が休んでいる間にライバルたちは遥か遠くに行ってしまいました。
後ろを走っていた馬にもみんな追い抜かれてしまいました。
それでも、彼はターフに戻ってきた。
ブレイクの時とは違う。アースガルドには明日があるのだ。
ここから再スタートです。もう一度、追い抜いてやれば良い!


そして先程のヴァルガリス!
なんだよー、お前やれば出来るんじゃんよー!!
次も頑張れ!頑張れ頑張れ気持ちの問題だやればできる兄貴だって頑張ってるんだから(某庭球選手風に)!!
予想外の好走にテンション急上昇中です。

正直、スマンカッタと思っている。ほとんど期待してなかったよw
こんなに嬉しい四着は初めてですねぇ。
マイナス12キロも長距離仕様として丁度良かったのかな?
・中距離以上が合っている
・右回り、小回りが合っているor左回り、広いコースが合わない
・弱い部分が少しづつ改善されてきた

一つ目はまだわからない。今後の結果で少しずつ分析していけば良い。
二つめ以降は自分の中でも思い当たる節があって、今回の条件変わりは面白いかもしれないと思っていたのです。
少なくとも本質はステイヤーではない筈です。
しかし切れ味に欠ける本馬では府中や新潟のマイル~二千では通用しません。
デビュー戦で好走したのも中山ですし、じわじわと伸びるタイプですからね。

新馬戦以降、使ってきたのは不得手であろう東京と新潟ばかり。
阪神の時は震災の影響もあったし初の輸送。休み明け、道悪。理由はいくらでも付けられる。
夏以降は競争中止の、もっと言えば骨折の影響をずっと引きずっていたとも考えられる。
二度目のリフレッシュ休暇。今回は上手くいったのでしょう。
まだまだこれからの馬ですしね。
新しい可能性が見えただけでも、今日は大きな収穫でした。
次もこの調子で頑張ろう!



出資確定
2011年08月13日 (土) | 編集 |
晴れてグリーン会員になることが確定しました。
会員の皆様、ご一緒の方はこれから宜しくしますね!
社台やキャロットのように○がついた用紙が送られてくるわけでもなく、ただ請求書のみが送られてきたという…。
なんか不安ですけど、これは抽選に通ったって事でイイんだよね(・∀・)?

この後はキャロットの価格発表、そしてツアーとイベントが続きますが、今のところは好調です。
本当に欲しい馬を二頭獲得できたのですから、この時点で去年よりは上です。

グリーンは良い馬でも長く様子見できそうなのが有り難いですね。




来週が待ち遠しい
2011年08月05日 (金) | 編集 |
最近ちょっと心身の疲れが溜まっておりました。
軽い熱発もあったので休みを取って安静にしてました。
心の方は主にクリティカルヒットとアースガルドによるものなんですけどねw
あと先週の小倉記念。本命キタサンアミーゴ、対抗リクソンでありながら一着馬を買ってないとか、もうアホかと馬鹿かと。

その一方でヒールと期待の二歳馬アロヒラニは具合が良さそうです。
ヒールは念願の札幌遠征。来週の知床特別で復帰します。
二走前の内容はまだ半信半疑な部分もありましたが、前走は立派でした。
札幌ならヒールに不足している切れをカバーできますし、最近はスタートも良くなってますから好スタートを決めて持ち味をフルに活かして欲しいですね。
それに北海道なら藤田が乗ってくれるかも?
一息入れた後とは言え、ここは好戦を期待してます。

アロヒラニはどんどんシルエットが良くなってきましたね。去年の写真とはまるで別馬ですよ。
普段スルーされている方は是非確認してみて下さい^^
でも、この馬は写真映りが悪いだけで、ツアーではもっと良く見えたのですよ。
だから正確には、写真でもようやく実物と同じように見えてきた、と言うのが正解。
という事は、今実物を見れば更に良く見えるのかも?
見学ツアーの時に会えると嬉しいのですけどね~。
去年、兄貴は居たみたいですし。

キンカメの走る馬体というものについて、これまでにも何度か触れてきました。
アロヒラニはどんどんそこに近づきつつあります。デビュー前のゴールデンチケットに似てきたかもしれません。
ゴルチケとも4分の3同血ですが、向こうはボールドルーラー。こちらはニジンスキー。
どちらもキンカメと相性の良い血統で募集時の価格も同じですね。
兄よりは短い所向きで、その分少しパワーが増した感じでしょうか。
今では歩様も柔らかいですし、これは悪くない傾向だと思います。
デビューは二月の東京開催辺りと見てますが、兄よりは中山にも適性がありそうです。
いずれにしても楽しみですね。

当初はアースガルドやファステストスターへの期待が大きかったのですが、募集当時は半信半疑な所のあったヒールとアロヒラニが一番期待できそうな現状。
やっぱり競馬って難しいです。





キャロット馬近況…関東馬
2011年04月18日 (月) | 編集 |
昨年のキャロットは本当に逸材揃いだったなぁ…と更新される画像を見てつくづく思います。
ブレイクやフィフス、トゥザグローリー。あのレベルの馬が居るかは解りませんが、重賞ウィナーが五頭ぐらい出てもおかしくないのでは?


エネアド…ブレイクより強い馬になるとは思ってません。ですが、ブレイクより上の成績を残せるような気がしています。
ツアーに参加された方は写真より実物の方が良く見えた筈です。
でも、画像も良く見えるようになってきましたね。
これで440キロ台ってのは中身が詰まっている証拠でしょう。

アーカイブ…今募集時に戻れるのなら絶対買う。めっちゃ良いです。
しかしまぁ、こんな風に変わるものですか…。
場長さんの「この血統をこの価格で買えるのは今だけですよ!」って言葉に乗っとけば良かったw
今年もなんかの間違いで全弟キャロに来ないっすかね~。

レチャーダ…ディープ産駒は丈夫そうなのが良いですね。
牝馬の場合は目に見える馬体の良し悪しより、バネや軽さを重視したほうが良いのかも。
この馬は小さいけどバネを感じさせます。
インパクトゲームの丈夫verと言ったところか。

アルフレード…今年から一口始めた友人に勧めました。
脚さえもてば走れる要素満載の馬です。これで売り切れる前に周回コースに入ってくれれば多少は信用できるんですがね。
僕が買わないのは他にも血統構成などいくつか理由があるのですが、今残口がある中ではこの馬一択しかないと思っています。

リードホイッスル…動画でもやはり後ろの力感に欠けるところがありますね。乗り込んでいくうちに改善されるとは思いますが、今は前のほうが勝っている印象。
もとの評価が高い馬なんで今回は辛口で。

アロヒラニ…急がば回れ。

クラウドチェンバー…OPまで行けそうな馬体ですね。欲を言えばもっと首を使って走れると良いかなと思いますが。これはお買い得だったかもですね。
って言うか皆さん馬よりトレーナーが心配みたいですけど……僕もですw

エースドライバー…リーチ氏のキャンセル馬、みんな良くなってきましたね。
幅があるようには見えないと思いますけど、なかなか良いトモをしてますよ。
キレがありそうですね。

ゴシェナイト…馬体の各パーツは高く評価していました。すごく丈夫そうですし、成長次第では出資も検討していたのですが、トモがまだ弱いですね。
七月まで売れ残るでしょうから、時間を掛けてチェックできるのは良いですが…。
こういう時、動画サービスをありがたく感じますね。

サードシアター…動画を見て「ほぅ……」と思わず呟いてしまった。
これは特注馬に挙げておきます。
もっと見た目(馬体)にも力強さがあった方が好きなんですけど、造り自体は良かったですしね。
これも売れ残ると思ってましたが、少し惜しいことをしました。

ホーカーテンペスト…やはり良い馬です。どこが…って言うよりとにかく総合的にハイレベルに感じますね。

クリティカルヒット…僕はFF6と10が好きです。あとマニアックだけどバハムートラグーンね。
…って違うかw
なんか動画で変な脚さばきをしてると指摘されたので確認してみましたが、確かに明らかに変でした。
坂路入りしたばかりだからなのかもしれないですけど、クラブ側はそれには触れませんね。とりあえず次回の動画を待ちたいです。
馬体のほうはだいぶ父の産駒らしい造りになってきました。
暖かくなってどう変わるのか?本当に楽しみですね。


そうそう、マイラーズCで万馬券的中しました。
シルポート、クレバートウショウ、ライブコンサート、ロードバリオス、コスモセンサーの完全前残り馬単BOX。各百円ですから遊びの範疇ですが、馬単で12万付いてたのには驚きました。
これで心置きなくヒールとクレセントの馬券が買えるw



馬名決定!
2011年02月24日 (木) | 編集 |
キャロット09産の馬名が公式から発表されましたね。

僕の出資馬はアロヒラニとクリティカルヒットに決まりました。
どちらもFFとかに出てきそうな言葉ですな。
正直、去年の面々の方が気に入っていますが、この二つなら良い方でしょう。
そして何よりプレザントライフが欲しいw

それより残念なのは、自分がいつか付けたいと思っていた名前がやたら多く使われている事でした。
エンジェルフォール、ガレットデロア(クリームオンリーに使おうか迷っていた)。
フェリスタスもフェリキタスでストックしてましたが、これでもう使えんな…。

そして一番やられたのがセプタードアイル!
この名前、エメラルドアイルの子供に出資できたら絶対応募しようって、ずっ~と暖めておいたやつなんダケドナー(・ω・`; )
採用されなかった事より、セプタードアイルとエンジェルフォールを先に使われてしまった事がツライ。

あ、ちなみに僕が送った名前はマイエンフェルト(ハイジの舞台)でした。
多分この血統にしか使えないので、カミングアウトしちゃいます。
クリームオンリーのはまた別の機会に使えるかもしれんので秘密にしておきます。

他で気に入ったのは残口ある中ではサードシアター。それと地方のテイクザクラウン。
サードステージとリーチザクラウンぐらい走ってくれるなら買っても良いんですけどね笑。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。