管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12年度注目馬…キンカメ産駒
2012年02月10日 (金) | 編集 |
少し間隔が空きましたが、また11年産の注目馬を紹介していきます。
今回はキンカメ産駒です。


フサイチパンドラの11
これは何も今年に限った話ではないのですが、この配合はどこかで『大物』が出ると思います。
11かもしれないし12かもしれない。或いはそのまた次かもしれない。
でもいつか必ず凄いのが出ると信じています。
4分の3同血統のトゥザグローリーもそうでした。
今思えばヴィク産駒の中でただ一頭飛び抜けていた。他にもキンカメの子はいるがグローリーだけが別格。有り難い事に解りやすく走るキンカメの特徴を持っていたので、イメージも掴み易いです。
あの時は躊躇してしまったが、今度は30万だろうと150万だろうと、来たら必ず行きます。
パンドラの最高傑作に出資する事が僕の一つの目標であり、最高傑作はキンカメ産駒の中から出ると思っています。
ちなみにグローリーは母11歳時の産駒。パンドラの11は8歳時の産駒。
むぅ、タイミング的にはまだ慌てるような時間じゃあない。…かな(・∀・;)?

ファインセラ11
母の忘れ形見。できればキャロットの一般枠で取りたい。その為には15万円以上の値を付けて貰うことと、アロ&ラロが秋まで頑張り過ぎないこと笑。
うーむ…ジレンマ。
ファインセラについては僕よりずっと詳しい友人がいるので、カタログが来たら色々教えて貰おうと思います。
でもそんな事をするまでもなく子出しが抜群なんですよね。ファインセラという繁殖は。
ただ、兄達同様クラシック向けではないでしょうし、ダービーや皐月が欲しい方はどうかご遠慮頂きたいですねー。

トールポピーの11
とにかく母の馬体が大好きだったんですよ。
ああいう背タレは本来好みが分かれると思うのですが、そんな事はお構いなしに人気するよなぁ…。何せクラブの看板牝馬ですしね。
母優先のエグさも痛感しましたし、自分が出資できる可能性は低そうですけど、それでも僕にとっては初恋の相手。
今年に限らず、どこかで縁があればと思っています。

ホリデイオンアイスの11
昨年に引き続き今年も期待してます。
良い加減クラブに回してくれないかなー…なんて思ってる訳ですが。値段も手頃でオーナーズ行っちゃうのよねぇ。
今年はカーリングの子供がいないので一見チャンスですが、ムーンレディ、デアリングハート、アルティマトゥーレ、アグネスショコラとクラブお馴染みの血統が他にも多数揃ってますから、やっぱり望み薄でしょうか。
一頭位お手頃価格の募集馬がクラブにいたって良いと思うんだけどねぇ~。
キンカメ×サンデーは誰もが狙ってます。バレてます。
だからキンカメ×ダンスorスペ。これなら僕でもチャンスがある。

なので、少し話は変わりますがブエナ×キンカメは絶対に成功すると思っています。


最後に話は変わりますが、先日友人と会うため吉〇寺に立ち寄ったのですが、駅近くにこんな看板がありまして、思わず立ち止まってしまった。


120119_194340.jpg


(これは、ばぬし……!?)

いやいやいや、横を見ると普通に『(駐)車禁止』と続いてるんですけどね笑。
一文字ずつの間隔が無駄に大きくて、近くで見ると錯覚してしまうという仕組み。
全く、新しい競馬施設でも出来るのかと思ったじゃないかッ!!


あぁ、僕は色々飢えてんだな…と、深く実感w




スポンサーサイト
良い出会いがありますように。
2012年01月02日 (月) | 編集 |
アロヒラニが休養。アースガルドは暫く時間が掛かりそうですし、クリティカルは半信半疑。
順調なのはヒール一頭だけですから、春は大分ヒマする事になりそうです。
11年産の事を考えていた方がずっと楽しそう…。

ってな訳で、今年も注目の一歳馬を何頭か取り上げてみたいと思います。
中でもディープインパクト、マンハッタンカフェ、キングカメハメハの子供達に注目しています。


レディオブヴェニスの11

母はアメリカのG2でコイウタやキストゥヘヴンを倒した馬。
と言えば伝わり易いでしょうか?
G1勝ちこそないものの、シンハリーズ辺りよりはずっと強かったと思います。
もの凄い切れを持った馬でした。
近親にニシノコンサフォスがいます。
社台の会報に載っていたので、多分回って来るでしょう。


フォーシンズの11

キャロットに来たら最優先で書きます笑。
フェリスタスと10で馬体のイメージは掴めてますからね。
測尺さえまともなら、例え抽選でも狙ってみたい一頭です。


ムーンライトダンスの11

血統的にフォーシンズと被るので一緒に募集される事はないのでは…?と見てます。
この繁殖はディープがベストだと思っています(だから10をスルーしたのです)。
ここまでの産駒はどれも体質的な弱さがあるようなので造りには要注目です。


クイックリトルミスの11

血統的なイメージとしてはダコールを想像しています。
トモの薄さや非力さをカバーするにはこういう血統を持って来るのが手っ取り早い気がします。
その上でディープならではの長所を保っていることが条件なんですけどね。
パワフルな良血狙いならキンカメを狙えば済む話ですから。


次はマンカフェ産駒。
タンタスエルテの早期流産があまりにも残念です。
パララサルーも10も素晴らしい出来でしたからねぇ。
お金と実績があれば両方買ってたかもしれません。

その代わりといってはなんですが、

ストールンハートの11

タンタスエルテと4分の3同配合。狙うなら人気が出る前に。
初子ですからサイズが気になりますが、身体面で高評価となれば一気に最有力候補です。
流行りはドイツだけど南米も良いと思いますよ僕は。


スモークンフローリックの11

セレクトセールは欠場。理由は知りませんが、そういう馬は翌年のクラブ募集に回されることが多い。
上のゴーストザッパー産駒がオーナーズなので同様かもしれませんが、これも前々から注目している繁殖です。
ワイルドフラッパーのデビューもそろそろでしょうか?
派手に決められると困るので、程々にお願いします笑。


キャッシュインクルーデッドの11

ストールンが一発型なら、こちらはハイアベレージ型か。
上の二頭を見ても、きっと良いトモをしている筈です。
一番上のタキオンは少し足元への負担が大きそうでしたが、二番目のディープは改善されてました。
三番目はどうか?
出来れば次男と同じ芝タイプに出て欲しいと願っています。
09を見た時からマンカフェを付けて欲しいと思ってましたし、母はタンタスやヴェニスと並んで白老の大注目繁殖です。
一方的な片想い続行中。
それだけに出資できたら溺愛する自信がありますよ笑。


次回はキンカメを紹介します。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。