管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
さげぽよ
2014年01月25日 (土) | 編集 |
明日は中京の最終レースにクロムレックが登場します。
今回も9割がた負けそうな状況下で一向にテンションが上がりませんが、馬に罪はありませんし、出資者として当然応援はするつもりです。

その懸念材料というのは、

・逃げ先行圧倒的優位の中京ダート
・他馬に包まれる展開
・(おそらく)一or二番人気

10%の勝機は、能力が抜けている+前に厳しい展開+実は揉まれ弱くない(過去の敗因は全て体調だった)。
これらが全て噛み合った場合の確率です。

人気になるほど包まれやすくなりますし、予想通りなら完全に二重苦ですよね。
そして、現状それらの不利を跳ね除けて勝つだけの力はまだ備わっていないと見てます。

今回は原因がハッキリすれば良いや、位に考えております。
まともな競馬をしてくれれば、少なくとも体調なのか揉まれ弱いのかだけは判明すると思うので。


しっかし戸田師は何故にこの血統に限ってトチ狂ったことばかりするんかなー?
フェノーメノやシビルウォーと同じ様に接してくれれば何の文句も無いと言うのに…不思議でなりません。
ミステリーですね。

こんな条件で勝てるなら上行っても即通用するわ(=_=;)


追記:結果は予想通りも、中身がどうあれ道中包まれずに競馬ができました。
最後差し返されたのが両サイドから挟まれた影響なのか、あれだけでは良くわかりません。
実質的には三着ですから舞台設定を考慮すれば悪くはないでしょう。
ダイエットと距離延長で巻き返せるはずだ。

レース前からこの番組には不満しかありませんでした。
この先生と付き合うとプロセスの段階でストレスが溜まります。

差し競馬覚えさせる事自体は全く反対しません。
しかし、勝てる見込みのある馬で勝負を捨てる行為には納得がいきません。
教育途中の馬を、それも人気必至の立場で、中京のダートを走らせる。
そんなに騎手に拘るなら戸崎でも確保して普段から乗せりゃ良いだろう。

教育と勝利の両立は決して不可能じゃないと思います。




スポンサーサイト
週末に向けて
2013年06月06日 (木) | 編集 |
6月5日(都内某飲食店)
この日はスシトレインで軽めの調整を行いました。
「週末に本番が控えているので、メリハリをつけるためにも敢えて安価のスシトレインで最終調整を行いました。お腹の状態は申し分なかったのですが、思うように箸が進んでくれませんでした。パサパサで乾燥しているシャリは元々不得手ですし、箸で軽く掴んだ際にいきなり砕け散ったのには流石に驚きましたね。加えて海水の味と生臭い香りがする薄っぺらいエビやヒラメにも少し気を取られているようでしたが、この辺りは本番でキッチリ修正できるものと見ています。最後の一皿では自分からグッとイカを噛んでいたのですが、その時の感触はまるでゴムのようでしたよ(笑)。これだけしっかり負荷を掛けておけば大丈夫でしょう。本番での変わり身に期待していますよ」(ティア)
9日の札幌寿司(薄野 鮨金・すすきのすしきん)に来店を予定しています。

ちなみに、一番美味しいと感じたのは『お茶』と『大学いも』でしたw


ツアーのため週末は更新が出来ないので、先に三浦特別に出走予定のクロムレックについて軽く触れておきます。

「(前略)前走後から提案をさせていただいていましたがユニコーンステークスへの連闘も視野に入れて調整してきて、今の落ち着きがあるならばそれも対応可能と思えますよ。まずは今週。いちばんいい結果ならばまず出ることができるでしょうし、それを期待して臨みます」

もう完全に連闘を視野に入れているようなコメントですね。
先生の事ですからメイチには仕上げていないでしょうし、大きな反動が出るとは思いませんが。
いずれにせよ、今週勝ち負けできないようならユニコーンに行ったとしても到底勝ち目はありません。
一番の強敵と見ていたサトノジョリーとヴィンテージイヤーが揃って除外対象で、比較的相手に恵まれたここは決めておきたいですね。
結局相手より自分との戦いになるのでしょうけど、特訓の成果を見せて欲しいと思います。

三歳ダート組の中でも上位の素質と見込んでおりますので、降級馬相手でも負けたくないというのが本音ですね。





おまけ
2013年03月03日 (日) | 編集 |
当日一緒に観戦していた同じクロム出資者の友人が最近写真にハマっているようです。
僕はカメラ技術ゼロなので代わりに上達して欲しいですね。
そしてオリジナルパネルとか作って欲しいです(・∀・)


何枚か貰ったうちの二つだけ公開します。

くろむ

こちらがパドックの様子。
原寸サイズのデータで見るといかにもダート馬っぽい感じの筋肉に見えるんですよね。


最後の直線。

れっく

ついコレ↓を思い出したのだがw

51.jpg

エジルとのツーショットがカッコイイですね(´▽`)
でも負けてたらそんな事言ってらんないよね笑。

最後に記念撮影。
僕も友人も急に髪型を気にし始める。
普段そういうの無頓着な癖に競馬場くる時だけすごい神経質になるという不思議w

14.jpg

今度は口取り獲ってスーツでキメたいですね(* ̄ー ̄*)

勝利の味は何度味わっても良いものです。




二連勝!!
2013年03月03日 (日) | 編集 |
昨日は寝オチしてしまったので改めてクロムレックのレース回顧です。
なんだかんだで砂では負け無し。この時点でダート無敗のまま二勝挙げたキャロ馬は他に居ませんから立派なもんです。
しかし実際の実力はと言うと、やはりまだまだ。大きく課題を残す内容でした。
もっと上の活躍を期待しているので、敢えて辛口になりますが…。

スタートして600M通過が33秒1。
1000M通過が57秒8というハイペースを掛かり気味に追走。
終いの1ハロンは13秒7を要しています。

例えばこれが古馬の準OP級あたりになると、最後の1ハロンを12秒台でまとめて1分10秒台の決着になりますから、もう一つ勝った時点で頭打ちとなりかねませんね。
トレーニングを重ねる分と、スマートの成長力を足せば条件クラスは卒業出来る筈ですが、それ以上を望むのであれば自分を抑える術を身に付けないと厳しい。

手応えの割に相手を突き放せなかったのは、エジルが予想以上に強かった事もありますが一番は自分が止まったからです。
1ハロン距離を短縮した分だけ息が保ちましたが、実質的には前走とやってる事がほぼ一緒なんですね。
とりあえず、ユニコーンSの抽選対象まではこぎつける事ができましたけれど、この状態で東京マイルは絶対ムリですわ…。

レースを見直してみると、スタートして10M付近で戸崎が一度手綱をしごいています。
すぐ下げたキクノブレインのように、手綱を動かさず下げる事はできないんでしょうかね?
スタートセンスは抜群も初速が特別速いわけではないので、上手く壁を作れないものだろうか。
僕としても壁を作った状態でどれだけ我慢が利くのかと、その場合どこまで脚を持続できるのかをちゃんと把握しておきたい。
新馬戦を除く全てのレースがほぼ同じようなレース運びなので、試しておく価値はある筈です。


ここからは個人的な推測なんですが、レースを使う度に気が激しくなってるのは昨秋からずっと厩舎で調整を続けているからではないでしょうか?
トレセンとはいわば戦場の前線基地であると、良く言いますよね。
それも賢くて理解力のある馬ほど周囲の空気には敏感で、レースが近いと察すると自分で闘志を高めてしまうもの。
振り返るとクロムレックには気を休める期間がなかったんですよね。

戸田師は良くそういった部分にも気をつけながら調整していきます。と公式コメントでも口にしますが、それでもブレイクランアウトやエネアドは競馬に行ってどうだったでしょうか?
そしてクロムレックも彼らと同じキューの一族です。

あの脚が壊れても前を交わそうとする強烈な闘争本能は簡単にコントロールできるものじゃないと思います。
使いようによっては競走馬として最大の長所ですが、間違えると自滅してしまう諸刃の剣。
人が跨った途端にスイッチが入るという性格も、裏を返せば賢すぎるが故ではないのか?
実際に一番折り合いが付いていたのは何も理解していなかったであろう新馬戦と、休養明けの東京マイル戦ではなかったか?
当面の課題はあの掛かり癖ですから、可能性があるのなら慎重にかつ色々試行錯誤して欲しく思います。

なんにせよ、頑張ってくれた人馬には感謝しています。
次の戦いに備えて一先ずはしっかり休んでください。
一生懸命すぎて毎回消耗も激しそうなので…。
今後も自分のペースで良いので、大舞台を賑わす強い馬に成長して貰いたいものです。




いいからネーミングだ!!
2013年03月01日 (金) | 編集 |
いや、別にスラダンネタ引っ張るつもりはないんですよ笑。
ただシルクの発表が遅いなーって。
キャロと併せてコメントしたいのでもう少しだけオレハマッテルゼ。

ひとつだけ言えるのは、出資馬の名前は全部気に入りましたよ、って事です。
命名者様には感謝していますよ。
特にファインセラとフォーシンズは自分が送ったのよりずっと良い響きです。
あとは実際に走ってくれれば言う事ないですね!

ちなみに、昨年度のネーミングNO1だと思っているのがクロムレック。
せっかく良い名前を貰ったのだから活躍して欲しいです。
(大抵名前なんてのは活躍すれば更に格好良く聞こえてくるもんですよね^^;)

さて、そのクロム君。どうやら一番人気に推されそうな雰囲気。
ここまで戸田師の迷走からリズムを乱しまくりでしたが、今はどうやら一周して全てが上手く運んでますね。
前回は大外枠で苦戦を強いられたものの、唯一の懸念材料だった砂を被る心配は皆無でしたので、勝つだけを考えたなら、ある意味最高の条件だった訳です。

そして今回は勝ち負けよりも内容を重視したいところ。
極端に言えば、勝ちを捨ててでも課題の克服を優先しなければならない。陣営にとってはそんな認識の一戦だと思います。
そうなると丁度真ん中の偶数番はベストと言えるでしょう。それも内外両方にそれなりに速そうな馬が揃ってますから、課題の難易度もそう高くない筈です。

またダート短距離~マイル戦において、僕は福永騎手より戸崎騎手を信用しています。
ユーイチは良くも悪くも90点の騎乗を連発するタイプ。
もっと言えば、人気を背負った時ほど安全運転になりがちですし、密集した馬群の中をこじ開けてくるような騎乗は不得手に映ります。
クロムレックに騎乗するにあたって、それは大きな弱点にもなり得る要素。

それならば、過去に騎乗した中で最も馬とコンタクトが取れていた地方出身の戸崎騎手の方が安心です。
これからは『関東の』騎手で、まだハッキリとこの路線のお手馬も確定していない状態ですから、まさに理想的な代役でしょう。

って言うか、僕としてはこのまま主戦になって欲しいんですよね^^;
ユーイチに不満があると言うより、関西騎手の都合に振り回されるのが嫌。
実際彼にはベストウォーリアという強いお手馬も居ますし、このまま勝ち進んでも本番で乗ってくれないのでは意味がありません。

戸崎騎手に気に入ってもらう為にも、内容+結果を求めたいです。
それが出来る力は備わっていると思います。
折り合い重視はごもっともなんですが、ユニコーンSに向けて早い内に二勝しておきたいってのも、出資者としての本音なんですよ。

ついでに言っておきますが、人気も含めて単勝馬券の購入だけは絶対オススメしません笑。


※明日の馬券的注目は下記の馬達。
中京開催に向けて少しでも増やしておきたい(・∀・)
実際に買うかどうかは人気次第ですが、今週は日曜より土曜の方が追いかけてる馬多くて困ります…。
シュピッツェは追ってる人多いんだろーなーとは思います。しかもオーナーズ組の大量票が入ってるっぽい^^;
大金突っ込む(稼ぎたい)のなら、せめてレース当日にすれば良いのに…。
ハッキリ言って自分で首絞めてるだけですよねー。会員の前日投票って。

中山3Rサイモンパルフェ
中山9Rタガノトネール
中山11Rセイクレットレーヴ&ツルマルレオン
阪神2Rトランザムスター
阪神12Rキタサンシンガー(期待薄)
小倉5Rファインスカイ
小倉8Rシュピッツェ
小倉9モンサンミーティア(期待薄)

中距離以上と違って短距離型の休み明けはさほど気にする必要がありませんからね。
それで人気落としてくれるなら寧ろ狙い目なのだぜ。



シアワセ☆ハイテンション↑↑
2013年02月14日 (木) | 編集 |
みなみけの話じゃないです。
戸田さん家のクロムさんです。

ついに念願の初勝利!
嬉しさよりも安堵の方が大きかったですけどね^^;
ご存知の通り、ダート替わりで完勝でした。

僕の個人的な予想では5馬身は千切れると見ていたし、それぐらいの勝ち方をしないとまた芝に戻される可能性が高いと危惧しておりました。
が、前半のラップはここ一年間の未勝利・新馬戦で最速タイだったとか。
時計も優秀で500万クラスでも好勝負になるものだったようで…。
付けた着差こそ二馬身半ですが、ダート適性を証明するには十分でしたね。

おかげ様で次もダート戦です。
これには僕もテンション急上昇。
良い流れキタコレ。
先生の頭の中に「ダートもある」とインプットできたのなら結果オーライです☆


しかしクロムレックに「切れ」が不足しているのは過去のレース振りからも明らか。
仮に予定通り5レースに出走していたら、やはり差されていた可能性が高いでしょう。

僕とて芝でも走れると思ってるんですよ。
ただ、走れる事と試合で勝てるかは別問題です。
今後、どちらで大成できるかと言えば間違いなくダートの方ではないでしょうか?

芝で勝機を見出だすには、昨年の皐月賞みたいな馬場か、雨が降った中京のファルコンSで外差しする、それくらいしか思い付かんのです。

もっとも、多くの出資者が考えているであろう課題をどうにかしない限り、馬場に関係なく上のクラスでは厳しくなりそう。
実際に馬体を見られた方は解ったと思いますが、本質は12、14の馬でもないですよね。
ダートなら二勝目を挙げる事自体はさほど難しくないでしょうが、大舞台で戦う為には、まず自分自身に勝たなくてはなりません。
少なくとも僕はこの馬に低次元の活躍は求めていませんから。
最低でも準OPですよ。

あとこれだけは絶対止めて欲しいってのが一つありまして。
それは折り合い習得の為に『わざと出遅れさせる』のだけは勘弁ってこと。
ブレイクを彷彿とさせるあのスタートセンスは競争馬として大きな武器です。短距離戦であれば特にアドバンテージとなる。
それをみすみす捨てるような真似だけは止めて欲しいんですよね。
ま、流石に心配し過ぎかな(^_^;)
期待が大きくなると、どうも悪い方の心配ばかりしてしまいますね。

そう言えば、なんでも一風変わったメンコを装備してたらしいのですが気付きませんでした(´▽`;)ゞ
僕は肉質とお尻ばっか見て「イケル…勝つる…グフフフ」とか言ってたと思う。
こーゆうのを「きもちわるい」って言うんだわ…(;´Д`)

相手が馬でなきゃ捕まってたわw


ナニハトモアレまた一頭、今後が楽しみになりました。
ティア厩舎も今年は巻き返していきますよ~。



路線変更希望
2012年12月09日 (日) | 編集 |
先程レースを確認しました。
クロムレックはまたしても人気を裏切り8着。
騎手は力みについて言及していますが、仮にそうだとしてもこの条件ではどのみち頭打ちになると思います。
体重が増えていたことも関係ありません。

未勝利戦程度の相手であれば、引っ掛かろうが太め残りであろうが、力でねじ伏せるくらいの競馬をしないとOPなんて到底無理な話です。
この馬は500万とか1000万を好走する程度ではとても満足できませんから、さっさと芝に見切りを付けてダートに路線変更してくれる事を激しく希望します。

しかしこれでは戸田師も気性を敗因に挙げてしまいそうですから、もう一度完璧な形で負ける必要があるかもしれませんね。かといって、開催後半の荒れ馬場では好走してしまいますから、どうせなら中一週で使って欲しいです。

とりあえず僕は、ダートを使うまでは一切期待しないことにします。
って、つい最近同じ事を言ってたような(苦笑)


気持ちを切り替えて阪神JFの予想をしてみます。
ここは荒れる要素が揃っており、抜けた馬もいない今年は予想が楽しい一戦。

本命はカラフルブロッサム。
前走を使われてグンと調子を上げている。新馬戦でヘミングウェイを下し、7分仕上げで世代最強牡馬の一角キズナからコンマ4秒差ならここでも。京都→阪神替わりのハーツ産駒。ストームバードとのニックス配合と一発の要素は揃っている。

コース適正と総合力を加味するとプリンセスジャックとコレクターアイテムが連軸。
前者はおそらく阪神・中山マイルがベスト。ジョッキーもこの人気と条件ならG1でも信用できる。
コレクターアイテムはキャラクター的にG1で2、3着のタイプだと思う。
良くも悪くも典型的なハーツ産駒という感じで、切れのある馬にやられてしまいそうなものの、自分の力は発揮する、みたいな。
パワーを要する阪神コースなら信頼度増すも、僕はこういう馬に本命は打ちたくないです。

能力ならアユサン。
前走通った位置取りを考えたらコレクターと同等以上の力がありそう。
しかし、こちらは東京→阪神替わりのディープ産駒で、丸山騎手は阪神での成績がかなり悪い。
大外一気で勝ち切るまではどうか?
ディープとは言え、猫配合なら大丈夫な気もするが…。
改修前の阪神なら切るタイプなのだが、改修後は『強い馬』が来やすくなってる為、嫌でも抑えるしかないんだよなぁ…。

単穴にはタガノミューチャン。
本来使われつつの浅見厩舎でニ連勝は能力の証。この馬も阪神替わりのハーツ産駒。
カラフルがヘミングウェイなら、こちらはレッドアリオン。
胴長、脚長の体型でそもそも京都1400や短距離に向いていない。
跳びも大きいだけに内枠はマイナスかもしれないが、ここまで人気がないのなら狙わない手はない。
ノビノビ走らせることが可能なら一発がある。

後は紐荒れ用に何頭か。
ペースが落ち着いた場合にはエイシンラトゥナとクロフネサプライズ。いずれもマイルはもつ筈。
差し展開の時は東サラの二頭が大穴中の大穴。

ローブティサージュはインプロヴァイズ共々、いかにも切れるウォーエン産駒って感じがする。
エルフィンSや東京のクイーンCとかで買いたい。
サンブルエミューズは騎手がちょっと^^;

一方、人気どころで切れずに困っているのがサウンドアリーナで、この馬も本質はローブ同様平坦向きだと思う。
しかし、前走の勝ち方を見るに馬が化けた可能性もある。なによりミルコが…。
エリザベスや秋天見てると、この人が乗るってだけで買うしかないって言うか…。
G1は外国人騎手を軸にして買えばそれだけで良いような気さえする。

やはりと言うべきか、阪神芝は見た感じパワー型、持久力型の好走が目立ちます。
昨日もショウリュウムーン等が好走し、フレールジャックやヒストリカルが人気で飛んでいる。
中山の買い方がそうであるように、阪神で穴を狙うなら京都で切れ負けした馬を買い、その逆を切る。
セオリー通りに攻めて、負けたら素直にゴメンナサイという事で、僕らしくハーツ産駒で勝負したいと思います!


ついでにカペラも。
◎タイセイシュヴァリエ…強い三歳。枠順ベスト
○タンジブルアセット…いつか穴を開けるタイプ。というか人気が落ちやすい馬。複勝向き。
▲シルクフォーチュン…ノリと手が合うと思う。このメンバーと枠順構成ならペースもそこそこ速くなる筈。

買い目◎○▲‐◎○▲-3,4,5,8,13,15


追記:カナロア&ホワフリ君、オメです!

さらに追記:保険で買ったセシリア流しのワイドが三万ついとる^^;
カペラ共々狙いどころは悪くなかったと思うのですが、こういう馬券を本線で綺麗に当てられない所が甘いですねorz

最後の方は9割方ウチの思惑通りだった。
あとほんの一押しだった所を秋山君にやられました。
私は彼らを阪神の不安要素と決め付けていた。
ウォー産駒は底力の足りない危険な人気馬、秋山はうだつが上がらない二流騎手として…。
だが彼らがレースを決めた。
敗因はこの私!ローブティサージュは最高の走りをした!!
(スラダンファンなのです笑)

てゆーかシルク始まったなw


……ウマドンナでもするか(´・ω・`)



初勝利に向けて
2012年12月07日 (金) | 編集 |
今週はクロムレックが出走予定なのですが、急遽仕事が入ってしまい行けそうにありません。
現地に向かわれる方、応援の程宜しくお願い致します。


クロムレック 日曜2R芝1600M 蛯名 ◎

この条件ですから、まずは枠順です。
内枠を引ければ勝率80%
真ん中で40%
外枠で10%
と言ったところでしょうか。
いかにライバルよりロスの無い競馬が出来るかにかかっていますね。

ここまでのレースを見るに、芝では力の要る馬場状態の方が向いていることは間違いありません。
と言うか、本質はダート馬なんでしょうけれど。
体調もあったにせよ、高速の新潟で惨敗。最終週、雨を含んでいた東京の二戦はそれなりの結果を出しました。パワーをが必要な中山のマイルは合うはずですが、まだ時計が早いでしょうし、晴れマーク続きの良馬場が不安といえば不安ですね。喉の懸念が前回で払拭されたので、その点は良かったと思いますが。

友人がストローハットに似ていると言っていましたが、本当に適性も同じような感じだと見ています。
能力があるので芝でも500万クラスまでは勝てるかもしれないけど、僕としては早い段階でダートを試して欲しいと思っています。

ちなみに前走の回顧ですが、外枠でなければ勝ってましたよね。
あの日はスタートしてからコーナーに入るまでずっと斜めに切れ込みながら走っていたんです。そのロスが最後の僅かな差に繋がってしまった。
ブレイク同様に頭が良く、レースセンスが高そうな馬です。スタートも良いんですよね。
そういった面も中山のマイル戦を走るにあたって心強い要素ですから、ホント今度こそは内枠引いて欲しいです。




まだまだだね
2012年06月11日 (月) | 編集 |
ターフの王子様…って訳にはいかなかったですね。
帰宅後すぐに不貞寝しちゃいました。期待してただけに結構ショックでした。
僕も久しぶりに新馬戦を勝ちたかったのですが、なかなか上手くいきませんな。

パドックの印象は贔屓目無しに良かったし、決して太目という訳でもありませんでした。
係員から止まれの合図が出るや否や、騎手より先に戸田師が先に駆け寄ってきて顔をなで始めたのにはウケましたが、今日はそのまま自分が乗らなかっただけヨシとしますかw

しかしこのレース、総じて馬のレベルが高かった。
新馬戦ってのは良かれ悪かれ色んな馬が集まるものです。
なのに今日は既に一勝している馬同士かのような、良い造りの馬ばかりでした。
その時点で、ポテンシャル分のアドバンテージはないな、現時点での仕上がりの差がそのまま勝敗に繋がるかもしれない。そう思いました。

レースを振り返ります。
最初のスタートが第一の収穫。
大きいのでどうかなと思ってたんですが、やはりこの一族はセンスが良い。
正直、好発を決めた時点で勝ったと思いましたよ。
しかし、その後位置を下げてしまった。

恐らくですが、エネアドの騎乗経験が仇となりましたね。
今後の事を考えて最悪の事態を避けようとしてくれたのでしょうが、今日の結果だけで言えば、あのまま好位に付けていれば、道中不利を受けず伸び伸びと走らせ、直線でも持続する脚をもっと有効に使えたはずです。
ベストの騎乗をしていれば勝っていたかもしれませんね。
パトロールビデオを見ていた友人の話によると、前のホワイトがかなりフラついていたそうですから。

更に言えば、もっと切れる脚を使えると踏んでたんでしょう。
実際ブレイク級の切れがあれば、あそこからでも絶対差してこられますから。
ああいうタイプの馬ではない。それが出来ないという事はわかりました。
やはりダイナフォーマーを挟んでいる分なのか、パワーと持続力に富んでますね。

同じスマート産駒でも、近いのはクリティカルヒットの方かもしれません。
まぁ、薄々そうなんだろうなとは思ってましたけども…。

勝利を期待していた分、凹んでしまいましたが、冷静になって振り返ったら悲観する内容ではないですね。
芝の大物ではないかもしれませんが、ダートならまだ化ける可能性がある。
それに大型馬で戸田厩舎。二戦目でガラリ一変も十分有り得ること。
下が硬い福島は極力走らせたくないんですが、もう一度使って、そこでも負けたらダート馬確定で良いと思います。

それに、カーリンもチャンネルも、そしておそらくそうであったろうブレイク然り、スマートストライクの産駒が完成するのは古馬になってから。基本的に晩成なのです。
その中でしっかり能力の片鱗を見せてくれたのは良かった。
キャロット三頭の中では一応最先着でしたし、やはり同じくダート向きであろうクリスエス二世にも先着しました。
まぁ、彼らも不利受けてましたから参考外ですが…。

いずれにせよ、使いつつ良くなっていくタイプで、将来的には良い所まで行けると思うんで、大事に育てて欲しいですね。芝に拘りすぎなければ、多分大丈夫。

とりあえず、いちょうSやマイルCの線は消えたっぽいなー。
妄想するにしても方向は別ですかな。
二歳のうちにどこかでダートも試して欲しいですね。

※という記事を昨日書いたのですが、何故か下書きモードになってました。
てな訳で、少し遅れての更新です。





ザメハザメハザメハ
2012年06月10日 (日) | 編集 |
緊張して眠れません。
目が覚めすぎてて困ってます。
約束あるし、早くから行きたいんだけどナー…。

クロムレック。
とても順調にきています。
調教内容も良く、キャロット効果と相まって無駄に人気しちゃってます。
一番人気はすごくいらない。一着が欲しいです。

今日はほぼ一日雨が降ってましたね。
そうそう、僕、是政駅周辺に転厩してきたんですよ笑。
なので、馬場状態の把握には自信があります。
当日は多分、上滑りはしないけど雨を含んで重たい馬場。

雨が降り続くと、東京は外が伸びます。
雨上がりの回復傾向にある状態だと、内が伸びます。
明日は後者で内枠が有利だけど、最終週ともなると、あからさまな内伸び馬場でもないと思います。
1800は基本内が有利ですが、総合的に見て条件には恵まれたのではないでしょうか。

だからこそ、相手がファインセラの子だろうと、クリスエス二世だろうと、ここは勝ちたい!
後の事を考えると、決して良いことばかりではありませんからね。

この子には特別な感情を抱いてる事もあって、ここで全部を語るのは到底できないのですが、一つ希望を口にするなら、どうか夢を見せて欲しい。
今はただ、信じるのみです。

牧場で会ってから約半年。
どんな風に成長したのかな…。
再会がとても楽しみですね。