管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
時は来たれり
2013年05月11日 (土) | 編集 |
それでは今週の出走馬です。
今、自宅の周りはシトシトと雨が降っています。
これではダートもまだ良馬場でしょうけれど、1Rの頃には丁度良い具合に仕上がると見たw


土曜東京1Rジンジャーミスト 内田博 ◎

叩き二戦目、相手弱化、左回り、雨予報。
この条件なら負ける気がしねぇ!
って言うか、負けちゃいけないレースになってしまったと思います。

馬の特徴やら適性云々に関してはこれまでも何度か触れているので割愛しますが、考えられうるほぼ最高の形でレースに臨む事ができます。
全ての舞台は整った。あとは勝つだけだ!

あ、ちなみに僕は欠席です。
ここ二週間ワガママしたのと来月のツアーに向けて、今週はフル出勤させられることになりました。
京王杯のインプレスW(地味に人気してるけど怒)や夏木立賞のアポロカーネルなど、馬券で狙ってみたい穴馬ティックな連中が揃ってて一日中ヒッキーになって競馬見たかったんですけどね^^;
天気も微妙だしこういう時ほど目を離しちゃいけないんですけどね、本当は。

まぁ、それでもやれる事は全部やって勝負するつもりです。
今後一ヶ月の馬券の成績で本家なのかG1なのか、一本釣りなのか複数攻めなのか、選べる選択肢が変わってくるので、とにかく毎週ホンキです笑。


※追記


. .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: ::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . ::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ

レース後、ガチでこんなんなりましたw


自分なりに分析した結果、
1、コメント通り揉まれると良くない
2、距離が短い
3、そもそも能力が高くない(ジンジャーパンチの繁殖能力も含めて)

過去にも何度か触れてきましたが、この馬の配合はスピード持続力に特化したものです。
ですから、多少強引に乗っても最後までしぶとく食い下がった前走の走りこそ、彼女の本質そのものではないかと。
今回も最後まで止まっては居ませんが、上位勢とはスピードと切れ味で見劣りました。
ここは能力でねじ伏せて欲しかった。というのが本音でしたので。
とりあえず、初めから関東オークス云々言える様な次元ではなかったな、と色々突きつけられた一戦でしたね。

しかしこの馬、血統も配合も馬体も距離が伸びてマイナスに作用するとは思えません。
次は距離延長で、かつ持続力を活かせるレース選択をして欲しいですね。

……が、よく見たら番組がないのですねー^^;
うーむ、困った。
まぁ、ウチパクが乗ってくれるならもう一度同じ条件使ってみるのもアリかな





スポンサーサイト
一変
2013年04月23日 (火) | 編集 |
土曜の未勝利戦に出走したジンジャーミストは4着。
しかし4着と言っても内容自体は非常に濃く、過去二戦とは比較にならない程パフォーマンスが向上しました。

スタートで出足がつかず、前半後方から。初ダートという点も大きかったと思われます。過去二戦を見るにセンスはありそうなので、今度は大丈夫でしょう。
そして中盤からまくるように一気に先団へ取り付きます。早仕掛けの分、最後は流石に余力が無くなってしまいましたね。
それでも流石にスピード持続力に特化した配合だけあって、最後までしぶとく踏ん張っていました。
切れは足りないけれど、持久力は合格点を与えて良さそうです。

念願のダート戦という事もあり、圧勝まで期待していたのですが、現状そこまでの力は持ち合わせてはいないようです。
そこはバーナーディニとジンジャーパンチ。今後の成長を見込める配合なので、長い目で見ていくつもりです。
ダート戦なら勝ち上がりを見込める内容でしたし、個人的には近いうちにやってくれるとも思っています。

何度も言ってきましたが、バーナーディニの産駒は総じて『典型的なダート馬』の造りはしていないのです。
その上走りに軽さを感じさせたり、硬さがない為か、新馬戦は大抵芝を走らされて惨敗する。そんなケースが散見されます。
なんとも調教師泣かせの種馬ではありますが、そろそろ皆気付いても良い頃合ですよね。

ジンジャーミストも適性は一目瞭然ですから、今後はブレることなくベストのレース選択を続けて欲しいと思います。




みんなダートで
2012年11月20日 (火) | 編集 |
今週一杯どうやら仕事の繁忙期。それもピークのようです。
よって時間の確保が難しいので、三頭の見解と皆様へのお返事はもう暫くお待ちください。
これらは時間のある時にきちんと書きたいと思っています。

悲喜交々の週末でしたが、10月3週目を経験しているせいか、ショックはそこまで大きいものではなかったんです。
あまり嬉しくない慣れですけど…^^;
復帰後の事などは一先ず置いておいて、先ずはクリティカルヒットの無事と早い回復を祈りたいと思います。
ブロードはもう一回使ってから放牧希望。全日本二歳優駿も登録だけしてみてはどうか?
一勝馬でも出られる年があるようですしね。
クロムレックは友人曰くストローハットにフットワークが似ているそうです。この辺も含めて後日改めて書かせて頂きます。


それでは、ジンジャーミストだけお先に。
別にこの子だけ適当に済ませるつもりはないんですが^^;

先週は良い所無しの10着。
勝ち馬からは一秒差で、決して展開が厳しかった訳でもないので、これは言い逃れできない状況ですね。
今後成長するにしても、芝では底が見えてしまったと思います。
同じ芝でも1400の方がまだ条件としてもマシだったでしょう。
この子は間違っても33秒台の上がりを使うことなど出来ないと、再認識しました。

東京マイルでもダートなら違う走りができると思うので、馬場を変えて改めて期待します。
ブロード、クロムと同様にキャロ11産はダート馬として上を目指せるメンバーを中心に集めたつもりですし。
どちらかというと平坦向きでしょうから、中山も疑問なんですが、雨降って脚抜きが良くなればよりチャンスは広がるかもしれないですね。

正直、この世代の牝馬勢は競走馬としてより繁殖用として大きな期待を寄せているのですが、それにしたってある程度結果を残さないと産駒も回ってきませんからね。
その為にも、まずはしっかり自分のフィールドを見つける所から始めなければなりません。

少なくともダートなら一勝もできずに終わるなんて事は無いはずなので、叩いた次はベスト条件でしっかり力を出し切らせてやりたいものです。




何気にハイレベルだったようで…
2012年11月16日 (金) | 編集 |
今週はまたも四頭出し。
良い駒が揃っているので二つ位は勝ちたいところです。

東京の2レースにはジンジャーミスト。
9月の中山以来の実戦となります。

このレースで一番の強敵はミラクルアスクと見ていました。強い相手と戦ってきましたし、府中の未勝利マイル戦であれば、切れ味も必要。そうなるとディープ産駒は強い。
しかし、明日は天気が下り坂で、降り出しのタイミングと量によっては例の如く内伸び馬場へと変貌しているでしょう。
そうなると人気の差し馬と外枠は厳しくなりますし、他が苦にする分、ジンジャーにとってはチャンスですね。

ジンジャーの新馬戦は何気にハイレベルでした。
ピロポは中山向き減量料騎手も嵌った感がありますが、決して弱い馬ではありません。

その他アンバードリームは二戦目で連対。
マイネリッカはダービーフィズやインプロヴァイズと小差。
リュウツバメに至っては大穴開けて勝っちゃいましたし。
エメラルコヨーテはすぐ勝ちあがれる馬ですし、ジーニマジックも近いうち再び好走可能な馬と見ています。アルテミスで人気落とした分、配当が美味しくなるかもしれませんね。

そんな粒揃いのレースを走ったという経験は、後々に必ず活かされてくるものです。
強い馬が一頭だけ居るレースより、全員が勝つつもりで勝負に挑むレースの方が必然的に質が高まります。
(いわゆるヤラズのないガチバトルですから)
その中でそこそこ強い馬が揃っているのが理想的です。
馬券を買う際の穴馬発掘作業として、それに該当するレースを良く探したりもするんですよ。
(ローカル戦だと特に美味しいです)


なので、当初はとっととダート使えよコンチクショーとか思ってたのですが、今では△位は打ってみる価値があるのではないかと。どこまで通用するのかもう一度見てみたい。そんな気持ちもあります。

ジンジャーの血統構成を見るに、平坦コースのスピード持続力勝負が理想と僕は考えています。
冒頭で述べたように東京マイルは切れ味重視となりがちなのでサンデー系の切れ味には敵わないでしょうけれど、一応3着までは期待してみたいですね。





今から現地へ
2012年09月17日 (月) | 編集 |
明日はジンジャーミストのデビュー戦。
軽い動きを見せてますし、一般的なダート馬と比べて馬格も足りませんから、まず芝からという方針は予想通りでした。
先に芝の適性をつかんでおき、砂の浅い東京戦にそなえるつもりなのでしょう。

しかし正直なところ、今回は勝利を期待していません。
調教も軽い上、動き自体良化途上のようですからね。
馬の資質と芝適性次第。後はこの枠順に恵まれてどこまで?という感じですね。
最後の直線でオルフェーヴルみたいな競馬ができれば良いのですが。

調教でも良さは感じられるんですが、まだ競争馬の身体になってないというか、体力が追い付いてないと言うか…。
今回は能力の片鱗を見せてくれれば、自分としては満足ですね。
今後の為にもちゃんと競馬に参加してレースを学び、その上で無事戻ってきてくれれば、と思っています。


キャロのドラフトが終了し、舞台は第二局面のシルクへ。
今年は本家を見送った事が吉と出ました。
心置きなく行きたい馬に突っ込めますね(*´∇`*)

名前は伏せておきますが、二頭が確定。一頭が内定。
そして候補が三頭で、様子見が四頭。
一番気に入った馬はかなり自信があります。
会員優先枠で埋まる馬じゃないと思うけれど、キャロに馴れてしまったため、万が一に備えておきましょう。という事です。

あれだけ言ってたディナシーは……保留で笑。