管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺たちの戦いはこれからだ
2013年04月23日 (火) | 編集 |
日曜の未勝利戦で7着だったカドリーユの引退が発表されました。
レース翌日の歩様が悪かったのでレントゲン取ったらトウ骨をやってました。と、大体そんな感じのコメントです。
あの惨敗も要はこういう事だったのでしょうし、調教の段階からサインを出していたのかもしれませんね。

昨日は8時位に不貞寝しちゃいまして、おかげで今日は珍しく早起きをしてしまった訳ですけども、全っ然目覚めが良くなかったって言う…(=_=;)

一日経過して多少冷静に振り返ることが出来る様になりましたが、まずは理屈抜きに残念だという気持ち。
あとは勝たせてあげられなかった事で良い種馬を用意して貰えるのだろうか?という不安です。
この馬とディープの子が欲しくて出資したようなものですが、未勝利引退となるとノーザンファームに置いて貰えるのでしょうか?

そういった点も含めて一種の『賭け』だった訳ですけど、とりあえずその最初の賭けには負けたと言う事ですね。
こうなると、後はひたすら祈るだけです。

出資した時点でやがてこうなるであろう事は予想していましたし、覚悟していたのだから落ち込むってのも変な話かもしれないですけどね。
ただ、やっぱり競走馬である以上、一度は勝たせてあげたかった。
それだけの素質は十分に感じ取れていたので、そこだけはやはり残念です。

とにかく今は早く怪我を治して、良いお母さんになって強い子供達を産んで欲しいな、と。
傍から見れば気が遠くなるような話でしょうが、僕にとっては至って冷静で現実的な夢あふれる6年計画ですから。
彼女とディープインパクトの子供に出資する日を夢見つつ、次のステージで必ずや脚光を浴びる瞬間が来ると信じて、これからもカドリーユを全力で応援していきたいと、そう思っています。





スポンサーサイト
デビュー戦
2013年02月12日 (火) | 編集 |
先週の回顧第一号はカドリーユ。
日曜日のマイル戦に出走して7着でした。
脚も使えていましたし、ここまでのプロセスを思えば及第点でしょう。

共同通信杯のチョウサン然り(当然次も狙いますよ)、この日は外を回した馬が軒並み惨敗でした。
そんな中、スローの上がり勝負で大外ぶん回しての結果ですから、実際の着順より内容は良かったのではないでしょうか。
距離延長と、外差し馬場。
つまり新潟の外回りを使えば、前進必至!……だと思うの(´・ω・`)
優先を取れなかったのは残念ですが、やはり中山向きではなさそうですしね。
オークスが現実的に出走不可能となった今、勝ち上がりを狙う為にはいかに良い状態で適鞍に使えるかだと思います。

奥平先生も今の所はまともなコメントしてますし(お仲間さんの馬見てると油断できませんが^^;)、次走に向けての仕上げに期待したいですね。
ただ、上がりが速くなり過ぎるのはやはり合わないように感じるので、東京にしても新潟にしても使うタイミングだけは間違えないようにして貰いたいです。

最後にTeamカドリーユの皆様&先週ご一緒して下さった方々、楽しい時間をありがとうございました。日曜は途中退席となってしまいましたが、またご一緒できる機会があれば幸いです。


追記:同日行われた京都の新馬戦ではG1のシルヴァースカヤ産駒、ヴィルジニアが完勝。
彼女のポテンシャルが気になって調べてみたのですが、スカヤがどうこうよりサドラー×ミスプロ×ニジンスキーの黄金トライアングルが形成されるガリレオとの配合がマッチングしたのかもしれません。
よってマンカフェを付けるなら、スカヤ相手ではなくヴィルジニアの方がより面白そうですね。
ちょっと濃いかもですがキンカメでも一発がありそうか?

いずれにせよ、数年先の話となりそうですが笑。
ヴィルジニアは母としても注目したい牝馬ですね^^

他にもエスケンデリヤの弟でヘニーヒューズ産駒のゴドリー。
シルク10年産で1、2を争う大物感を漂わせていたシューヴルエールと、この新馬戦はなかなかレベルが高そうでした。
それを言うなら除外されたコメットシーカーもですが、勝ち負けだけを考えれば除外されたのは寧ろラッキーだったかもしれませんね。
シルクの大物候補と言えば、シルクユニバーサルの子も近々デビューとの事ですが…この時期になっても強そうな新馬たくさん居るんですね^^;
そういう連中は迷惑だから早く勝ち上がってください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。