管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
先週を振り返って
2015年03月05日 (木) | 編集 |
先週は小倉でキングスクルーザーが勝利。
これで三勝目。出資時のノルマを見事クリアしてくれました。

スーパー未勝利、降級前の激走。
そして今回の苦手条件克服と、勝つ時はいつも期待以上の走りを見せてくれます。
藤懸さんも完全に手の内に入れてますね。頼もしい位です。
ゴール後に彼が見せたガッツポーズは印象的でした。
この馬に関しては今後もずっと彼にお任せする方針で宜しいのではないでしょうか。

成績だけを見れば地味な存在ですが、キングスクルーザーは自分がこれまで出資した中で最も強く『成長』を実感させてくれる愛馬です。
これは見ていて本当に楽しい。
後は少しでも上を目指しながら元気に走って貰えれば、もう何も言う事はありません。

よし、もう一つ勝ったら豪華客船の旅に出掛けるとしよう(・∀・)


グランツは位置取りに尽きますね。
本当はもう一列前。勝ち馬の位置で競馬をしなければいけませんでした。
なんか最近丹内が上手くなってる気がするのは気のせいだろうか(^_^;)?

クロムレックは馬場が少し特殊過ぎたでしょうか。
ああいう状態になるとリバーソウルが強い事は予測できたのですが、欲を言えば後ろの二頭は抑えて欲しかったですね。
中身が違うとは言え、過去のレースでも残り100Mで失速するシーンが多いので1200を使ってみるのも一手かもしれません。


そして今週はエースの登場。来週もグランシルクの復帰戦と春の大舞台に向けて重要な一戦が続きます。
黄梅賞は一見小粒なメンバー構成も、エイブルボスが少し強いので馬場状態も含め来週の方が確実でしょう。
次負けたらマイルCはおろかNZTにも出られませんので、必勝態勢で臨む必要があります。

弥生賞は底の見えないシャイニングレイ以外には負けたくないですね。
皐月賞では更に強敵が加わってきますから、ここは悪くても連対を果たす位でないと本番も厳しいと見ています。








スポンサーサイト
こいつ…知ってやがる笑
2014年04月24日 (木) | 編集 |
先週はキングスクルーザーも勝利を挙げてくれました。
降級前のタイミングで500万を勝てたのは大きいです。
できれば1000万のペースを経験させてから降級したかったのですが、トレーナー曰く番組がないそうです。
(本当か?)
とは言え決まってしまったものは仕方ないですし、リフレッシュ後も頑張って欲しいですね。

しかし、この馬に関しては好走パターンが読めなくなってきましたよ。
パサパサ馬場が良いのか、自分のペースを守る必要があるのか?18ではなく17の距離がベストなのか?などなど。
福島17は割と捲りが決まりやすいので、彼のリズムとマッチングするのかもしれないし…。

ま、勝てば何でもいーけど(*´∇`*)

それにしても、以前の好走は相手に恵まれたかなーと疑い始めていた矢先に勝つとは…。
スーパー未勝利といい、この馬役者ですわ(・∀・;)
出資者が喜ぶタイミング知ってるんですかね笑?


それと、昨日40口の募集予定馬リストが届きました!
G1の方はとっくに内定してるので、だからこそ社台・サンデーで二頭目を選ぶのであれば、よりシビアに検討したいと思っています。
今後40口は配合と馬体。共に納得できる馬にのみ申し込みするつもりです。
なので、字面だけでだいぶ絞れております。
といっても、事前の注目馬がこぞって回って来たのでその中での取捨選択に頭を抱えることになりそうですよ今年は(/´△`\)


追記:何故かアルメーリヒやクーリドフレイズの子が本家で募集されとるんですが。
友人と二人でキレちまったぜ…。
看板級の牝馬にしか使えないなら母親優先権の意味なくね?

つか出来の良いときに限って回って来ないのが余計に腹立つんだが(*`Д´)ノ




これからも愛馬
2013年09月26日 (木) | 編集 |
前回記事に追記しました通り、先週はキングスクルーザーが見事スーパー未勝利でラストチャンスをモノにしてくれました。
4角を回る辺りからはもう絶叫で、何を叫んでいたかも良く覚えていません。
勝ったんだ、と実感が沸いて来たのはゴールしてから数秒経ってからで、気が付いたら笑いながら泣いてました。
多分、周囲の人からは頭のおかしな奴と思われた事でしょう笑。

シルク入会の為に選んだキングスクルーザー。当初から高望みはしておりませんでした。
彼に対しての希望は『最初の一頭に選んで良かったと思わせて欲しい』。
それだけです。
一時はもう勝利を諦めていた時期もありました。本当言うと別の馬にしておけば良かったと考えてしまった時期もありました。一瞬でもそう思った自分を恥ずかしく思っておりますし、本当に申し訳ない気持ちで一杯です。

でも今は彼で本当に良かったと思っています。
こんな感動を経験させてくれるなんて、なんと素晴らしい愛馬なのか。

出来なかった事が出来るようになって、どんどん成長していくのが見えて、確実に強くなったキングスクルーザー。
彼の成長をもう少し、できる事ならこの先も眺めていたい。いつしかそう願うようになりました。
その想いに彼は最高の形で応えてくれた。

本当にありがとう。よく頑張った。
そして、これからもよろしく。


追記:どうやら僕とシルクの相性は悪くないみたいです。少なくともキャロよりは確実に良好かと思われます。
明日からはツアーに向けて今月二回目のノースフライトをして来ます笑。
どうもネオユニ産駒が良く見えちゃって困ってるんですよね^^;




キングスクルーザーと今日の馬券検討
2012年12月16日 (日) | 編集 |
デビュー戦以来の出走となるキングスクルーザーがもうすぐ出走します。
今週は愛馬より馬券の検討に時間を割いてしまったこともあり、ライバル調査などは一切しておりません。
その為どんなレースになるのか皆目見当がつきませんが、新馬戦がそうであったように、ガッツある走りを見せてくれればと思います。

キングスに望むことは勝ち上がりと、ダートで長く楽しませてくれる事です。
言い方は悪いですが、あくまで優先権目当ての出資馬だった訳ですから、ブロードソード辺りと同様の活躍を期待するのは酷というもの。
何年か後に最初の一頭をキングスにしてよかったと、そう思わせてくれる存在に成長してくれれば、僕としてはそれで満足なのです。


実はシルクでもう一頭追加する予定です。
なんとか馬券の収入だけで出資したいと考えているので、今週は予想の方に力を入れていました。先週分の儲けが2万。昨日の愛知杯で約4万。
もう二万円ほど稼ぐことが出来れば目標達成です。…って答え言ってるようなもんだよねw

まぁ、今日外れても結局ポチると思いますけど、要は気分が大事ってことです笑。


では予想の方に。※随時追記していきます。

まずは中京の4R。芝1400Mの未勝利戦。
このコースと1200には傾向があって、開催進行による外差し馬場への移行が他のコースより躊躇だという事。更に前日、または一週前の競馬開催で雨が降ると、より進行速度が早まる特徴が見られます。
そうでなくても差しが決まりやすいです。
解り易く言えばターフェルやレッドオーヴァル。
少し強い馬なら突き抜けますし、最内の世界スプリント王が負けてサンカルロが外から差し込んでくる。これが新中京最終週の答えだと思います。

軸は5頭。
まずはケイアイアラシ。前走はオーヴァルの三着。
同じ騎手と同じコースを走ることが出来るのは強みで、前回も差し競馬で結果を出しているから強気構えてに乗ることができる。

次にトミケングランザ。
二戦目と三戦目は相手も強くレース振りも見所がある。
緒戦は不良馬場、前走はダートと度外視できる。

ハートブレイカーはアグネスキズナ以外のレベルが低かった懸念があるも、この馬自身は最後まで伸びていた。開催進行+前日の雨で持ち味を活かせる。ペースが上がるのも良い。
この血統はタフな条件でこそ。

ヤマノレオの前走は実質勝利に等しい内容。
ミストフェリーズに出資している方なら良くわかるはず。
騎手がヘグらなければ頭まである。出来る事なら中段後ろで構えていたいのだが…。
前走の敗戦が騎手の心理にどう働くがポイント。
(この人の性格知らないし、そこは考えないことにしました。馬の力を信用)

大外のリッシュレーヴが穴で一番美味しい。
ここ二戦まともな条件ではないし、中京はステゴに合っている。
新馬戦はコディーノの0、6差。二戦目も大きく負けておらず、人気落ちすぎの不当な評価。

以下、ヤマノと接戦の軽量ヒシパール、意外と乗れてる小鮫さんのプラチナテーラー、血統合いそうなローズダンサー、能力と適性高そうなパイナップルリリーと続く。特にパイナップルはレートを上げたい。

三頭目に素質高いと評判のエーシンザピーク。ハートランドと新馬戦で対戦したが、この馬も京都の軽い芝は向いていなかった。
ファインスカイは先行したら危険な人気馬だが、本質的に差しの方が向いているような気がする。
これまでと戦法を変えてきて、早めに外へ持ち出すことに成功した場合、馬券内も考えられる。

荒れる事と外差しで決まることを前提にした予想。
当たれば高配当必至なので点数増えるのは覚悟で手広く。

結果→ちくしょーーー!!!三、四着が逆なら40マソ付いたのにorz
軸五頭の三連複BOXは一点あたり五百円で買ってたのですが、3万と40万じゃえらい違いだぜ…。
予想が完璧に出来ただけに、悔しい。

追記1:中京11R
サトノティアラ、モンテフジサン→3,5,6,13、14
抑えでデンコウジュピター、ドリームトレインから同様に流し。
いずれも馬単か馬連。オッズ見て買い方や点数を決める。

阪神11R
◎バトルドンジョン…コース替わり大幅プラス。
太宰との相性も良い。
馬単マルチで2,6,7,10,13+ボレアスとフリートSをレート下げて保険。
三連複フォーメーション8,13-二頭+2,6,10-2,6,7,9,10,12

朝日杯
コディーノ磐石。一矢報いるならトップ。よって馬券的にはなんの面白みも無く、リスク背負ってまで買う気にはなれない。
予想だけするなら三連複二頭軸の相手→2,3,4,6,8,14。保険で1、7、12を少量。
POG指名馬(コディーノ、トップ、ネオ)の組み合わせだけ遊びで1000円買ってみようかと思います。

後ほど中京の最終を更新し、本日はそれで終了。
4Rでほぼ燃え尽きました(´・ω・`)

追記2:やっぱり中京11Rは購入しないことにしました。
どうも展開が見えて来ず、全てカバーしようとすると点数が多くなってしまう。
リスクと配当のバランスが釣り合わない気がする。
買うにしても直前でUPしたものと変えてしまう可能性が高いのでスルー。

阪神もバトルの馬単マルチ、朝日杯もPOG馬券だけ遊びで買って、あとはパス。

はやる気持ちもあるが、ここは抑えどころ。僕が引っ掛かるようでは駄目だ。
馬券は一口とは別物。あくまでも投資として考えなくては!

検討した結果、中京12Rの方が高配当狙えると思うので、予算の大半をこちらに回すことにします!

本命はレディオブパーシャ。
三連複で買うので、最も三着までに入る可能性が高い馬を探す事から始まる。
安定した差し脚のあるこの馬が軸にベスト。
急かすとダメな馬で、テン乗りの騎手がどこまで理解しているか謎ですが、そこは陣営が把握しているでしょう。
ベテランが乗って変に感覚を優先されるより、指示通りに乗ってくれる若手の方が寧ろ安心だろう、という読みで。
父シャマーダルだしタフな馬場も追い風。

対抗はエランドール。
前走の負け方が良く、コース替わりで激走に期待。人気の一角ダノンエレガントよりこっちの方が見所あった。
ここは展開も向くはず。レディとセットで飛んでくるイメージ。

三番手にタイヨウパヒューム。
坂有りコースの方が持ち味を発揮できるし、負けるときも脚はしっかり使えている等、1200では常に見所がある。
ただし、イナオの休み明けはマイナス。この人が休み明けからまともに仕上げられるとは考えづらい。
小柄な短距離馬で比較的仕上がり早であろう点と、人気の無さ・コース適性から印を重くしたが、軸にはしたくないタイプ。

素質だけならサトノフローラ一強なのだが、この馬は軽い芝で真価を発揮するタイプに見える。
能力は認めるも、今回の舞台ではあくまで抑え用としたい。

それなら器用さに欠けるもソムニアの追い込みや、安定感あるサウスビクトルを上に取りたい。
内枠からは5,6,7,8を三頭目の保険に少しだけ。
基本はパーシャとエランドールを厚めに手広く攻めていきます。

外枠の馬買ってるだけじゃねーか!と突っ込まれそうですが、本当にそれ位の気持ちで買った方が良いと思います。
やはり昨日の雨の影響が露骨に出ている様子。
雨上がりの傾向が東京と完全に逆ですね^^;

追記(深夜):結局、朝日杯とベテルギウスSの三連複も買いましたw
オッズ見てたらエイシン→コディーノverの三連単とか、バトル-ビスティ軸の三連複が予想以上に付いていたので。
前者は撃沈するも、ベテルギウスでは大幅プラスになって良かったです^^v
中京の最終と合わせて15万ほどフクラムサイフなので、即シルクのHPへGO笑。

今日はもう遅いので詳しいことは明日改めて更新させて頂きます。





キングスLV.1
2012年10月04日 (木) | 編集 |
先週が本当の意味でのシルク会員デビュー。
愛馬キングスクルーザーは喉不安、仕上がり途上、タイム平凡と懸念材料しかない中での出走となりましたが…。

単勝57倍。10番人気4着。
勝ち馬とは0、4秒差。

加えてスタートダッシュがつかず、芝スタートの内枠。
更に終始外を回されてのものですから、これは予想外の善戦と言って良いでしょう。
よく頑張りましたね。

ダート馬としては中型サイズですから、前日の雨がプラスに働いた可能性は否定できません。
故に今後良馬場で同じ走りが出来る保証はありませんが、最後5着馬を差し返した根性はグッドでした。

熾烈な4着争いを制した点を僕はとても評価しています。
喉の不安が致命的なものであれば、あそこで踏ん張る事など不可能ですし、キングス自身に競争馬としての強いハートが備わっている事も確認できました。
少なくとも僕を魅了するだけのキャラクターは見せてくれた。
今後は確かな期待感を抱いて応援することができそうですよ。

叩いた分の変わり身と、喉の不安がこのまま解消してくれれば、次も結構走れると思います。
もう少しレベル上げすれば、ダート短距離の未勝利戦なら勝ち負けになるでしょう。


キャロット二次募集。
初日で満口になったのは確か結局3頭だけで、リーサルヒートは予定通り出資することができました(^^)v

正直、この馬は賭けですね。
芝に対応出来るかどうかが鍵で、今後ダート色が強くなる分だけ期待値が下がってゆきます。
ま、それでも上手く使えば3つ位は勝てると思うし、この値段なら仮にコケてもそんなに痛くないですからね。
予算もあるので行っちまえ!と。
とりあえず今は良い方だけを考えて、期待しておく事にします。




キミに決めた!
2012年08月02日 (木) | 編集 |
先週、友人とスシトレインじゃない方の寿司屋で祝勝会を兼ねたシルク検討会を行いました。
11産も気になりますが、とりあえず今は最初の一頭をどれにするか。

まず10年産で良さ気な馬を改めてピックアップするところから始まり、出て来たのがレト2、カデンツァ、タマカズラ、プチノワール、プリマドンナ、バルチックチル、キャトルセゾン……はめでたく満口のため却下!
早くも雲行きが怪しくなりました(・∀・;)

そしてやはり満口ですが、僕が一番欲しかったのはカメリアローズの子だったのです。
友人は以前アブラハムに出資し、ダローネガもかなり高評価していたので一応意見を聞いてみるも、おそらくダローネガ以下アブラハム以上とのことでした。
確かに今となればダローの配合はニックスだったと解るんですがね。それでも一度『俺ブラックタイド産駒持ってんだぜー』とか言ってみたいじゃないですか笑。

そんな事言ってると友人、
「実はもうチアズブライトリー産駒に出資しちゃった」
とドヤ顔。
コノヤローwww

ならば僕はどうする…。
刻一刻とせまる期限。
駄目だ、早くなんとかしないと(時間的な意味で)…。

まず、血統からアイズオブラヴァーを考えましたが、ここまで様子見しておいてわざわざ頓挫している馬に行く理由はない。
牝馬とは言え、馬体>血統のスタンスは変わらないし、どのみちオークスに間に合わなければ意味がない。

残口馬の中ではシルクユニバーサルが頭一つ抜けてると思っています。
けれど、これもアイズと同じ理由から却下。

真面目な話この世代、本来であればカメリアローズ、レト2、カデンツァの三択なんです。その全てに出資が叶わぬのであれば、極論どれを選んでも一緒…。


二転三転し、結局期限ギリギリになってしまいましたが、熟考した末に選んだのはこの馬でした。

field10.jpg


キングスクルーザー(フィールドサンデーの10・父クロフネ)

ユニバーサルと比較すれば大低の方はあちらを上に見ると思うんですよね。
しかし、現時点の完成度(弱い部分が解消されれば…の馬は結局そのままのケースが多い)と価格(ほぼ半額)。
更にベンティスカというサンプルがある点(兄は準オープンに行ける位の素質はあったはず。脚の造りは10の方が良い)を込みで考えれば、こちらもヒケを取らない。寧ろ安心して見られるんじゃないかと。
良心的な値段ですしね^^;

近々入厩出来そうなのも魅力的でした。
前記のラトーナ、エヴリシーズンも先週見所ある走りをしましたし、クルーザーもリニューアル世代の一員として頑張って欲しいです。
改めて見て、活躍馬が芝に偏りそうな印象を受けましたが、本馬はダートのスペシャリストを目指して頑張ってくれることでしょう。
ブロアピやクロム、ジンジャーらと共に、我が厩舎内を盛り上げてくれたらと思います。


ナニハトモアレ、これで私も晴れてシルクの一員となりました。
一応、最低でも5、6年は続けてみるつもりです。
ご一緒の方、会員の皆様、これからどうぞ宜しくお願い致しますm(._.)m

※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。