管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲しかった血統馬
2012年10月09日 (火) | 編集 |
10月ちょっと仕事が忙しくて更新頻度が落ちてしまいます。
書きたいネタも結構あるんですが。
まぁ、それは少しづつ消化していくとして、今回はキャロットの出資馬紹介とさせてもらいます。


まずは最優先で獲得したこの馬。

フォーシンズの11

huxo.jpg

まず馬体面について。
ハッキリ言って、同じ17万5千円払うなら断然ココシュニックだと思います。
しかし僕が初子に出資する時は、基本以下の条件を掲げています。

①引退から種付けまで半年以上空けている事。
②産駒の馬体に全く不安が無いこと
③初子を産んだ時の年齢が6歳以上であること。
④現役生活、特に終盤にかけて心身に大きなストレスと不安をかけていない事。

ココが①をクリアしていたのなら、もう少し悩んでいたかもしれませんね。
しかし、フォーシンズの血統はずっと前から注目してきました。

母父シンダーはディープとニックスの関係でしょう。
ディープと相性の良い血を豊富に含んでいます。
サンデーRのムーンリットレイクは母方にNDのクロスがあり、これも一つの起爆剤と見ているのですが、フォーシンズにはないです。シルクのペンカナを100とするとこちらは95点。
リファールかサドラー、ニジンスキー辺りの血で、ダンジグとのNDクロスを形成していれば満点でも良かったんですが。

11がサンデーじゃなくキャロに来たのは、ムーンライトダンスとの兼ね合い+馬体が抜群ではなく、そこそこの出来で落ち着いた点+キャロなら1000万円分盛れるという下心。
そんな所でしょうか笑。

ミルリーフ経由のネヴァーベンドは見栄えがしなくても走っちゃいます。
例えばマルセリーナ。ターゲットマシンですね。
この馬もTマシンと同じく、ミルリーフのクロス型なんですが、このタイプは諸刃の剣。
緩さが前面に出てしまうと伸び悩むと言うか…一級線で活躍している馬が見当たりません。

だから締まりを良くする為の工夫や馬体が欲しいのです。きっとそこが好走条件に繋がるのだと見ています。
そこで冒頭のシンダー。
この馬の持つグランドロッジ~チーフズクラウン→ダンジグ&セクレタリアトが全て補ってくれるはず。11の馬体には、その効果が表れています。

牝馬ならキレと軽さに特化したディオジェーヌ型でも良かったんです。
でも牡馬ならば、柔軟性とパワーを併せ持ったタイプの方が信頼できるのではないか?
去年からずっと考えてきた事でした。

僕は馬体派の人間です。
ですから、この馬が走らなくても納得はできると思います。
(ルーチェやシンクリ産駒みたいなのだと、もう詐欺としかw)
自分の勉強不足、または母フォーシンズの繁殖ポテンシャル。
それらの言い訳で片付けられてしまうからです。

でも、G1を狙える馬が欲しい。
その観点で考えたとき、馬体だけではどうしても限界を感じているのも事実なのです。
だから馬体で勝るココではなくて、フォーシンズなんですよ。
ココは間違いなく良い馬ですが、あれならいつぞやのフレールジャックの方が馬体も血統バランスも上だと感じました。
フォーシンズはアダムスピークと比べて馬体は同レベルかちょっと下かな、という所ですが、配合はキャロット史上最高レベルだと思っています。その差です。

ちなみにアダムスピークは実際に走らせてからより具体的な長所が見えてきた馬だったので、そういった経験則からも現時点の馬体は別に完璧でなくたって構わないんですよ。
と言うか、そもそもアダムスを候補から外してしまったのは、見学ツアーで『造り』を見て判断しての事。
ディープ産駒は良くも悪くも馬体の出来にとらわれ過ぎない方が良いんですよ、きっとね。

ああ、でも決してこの馬の馬体が悪いという事ではないです。
悪かったらヒストリやブルーメンを差し置いて最優先馬に指名してませんからね。

この馬とそのうち紹介するでしょうシルクの本命馬で、目指すは来年の朝日杯と皐月賞!
トライアルとか三歳重賞は割と現実的な目標として、考えておりますよ^^
中山競馬場に行くのが楽しみになるような存在に育って欲しいですね。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。