管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
トータルヒート
2013年05月23日 (木) | 編集 |
またまた間が空いてしまいました、11年産愛馬の紹介です。
今回はキャロットの紅一点トータルヒート(母リーサルヒート)。


heat.jpg


馬体に関して言えばツアーとカタログで見た時が一番可能性を感じたんですよね。
今が悪いって訳じゃないですけど、何より牧場で見た後姿に惚れたものですからw
でも牝馬の場合、ある程度スッキリしていて、その上でバネとか柔軟性といった要素の方が重要になる場合も多い訳で、その辺りは一概に言えないのであります。

坂路を駆け上がるフットワークなんかは結構良い感じですし、所々「オッ!?」と思わせてくれるシーンもあったのも事実。
馬体のみで言えば、ジンジャーよりこっちの方が確実に走るタイプですし、一発長打の可能性も秘めていると思います。

とにかく最大の焦点は芝を走れるかどうか?
父ストリートクライがより難解にさせていますね。クライの方は配合相手次第でどうにでも変わるので。
最近の画像はどうもダート寄りな気がしているのですが(汗)、雨が降って脚抜きの良い馬場になれば、それでも結構楽しめるんじゃないでしょうか。

ナスキロ的な柔らかさがONになっていれば良いな~、なんて思ってる訳ですが…。どうなんでしょう?
やはり半信半疑…いや三信七疑くらいかなw
G1ジョッキーで言うところの芝○ダート◎と予想してます。

しかしまぁ例の如くと言うか、牝馬に関しては本当にミーハーなチョイスするよな~、と自分でも呆れるばかりです^^;



スポンサーサイト