管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
POG・クラブ選抜編
2013年07月17日 (水) | 編集 |
キャロも募集予定馬が発表されました。
この話は後日させて頂くとして、思っていたよりは豪華メンバーが揃っているように感じました。
ブルーメンやポピーの仔が募集されないのは色んな意味で残念ですけど、セレクトからもよさ気な馬を回してくれたので、気合を入れてチェックしていきたいです。


今日は11年産のPOGメンバーを公開したいと思います。
ガチ勝負用とクラブ選抜という形で、今年は二つの形式でやっていくつもりです。
ガチの方はまだ三頭ほど空白状態なので、今回はクラブ選抜のほうをご紹介します。

ハープスター(キャロ4000万・母ヒストリックスター父ディープインパクト)
マイネルフォルス(ラフィアン2400万・母チャンネルワン父ゴールドアリュール)
ウインボナンザ(ウイン3000万・母コスモフォーチュン父コンデュイット)
クロップ(ロード840万・母レディミステリー父サウスヴィグラス)
ミューラルクラウン(グリーン2400万・母クラウンプリンセス父ホワイトマズル)
アイリッシュギフト(ノルマンディー2400万・母Bright Edge父オーソライズド)
レッドラウディー(東サラ3200万・母スタイルリスティック父マンハッタンカフェ)
タイキブロディック(タイキ1800万・母タイキミルフィーユ父フジキセキ)
アンジュシュエット(シルク1000万・母ショウナンガッド父フジキセキ)
リトルスカッシュ(ターファイト700万・母ガムシロミッツ父ハイアーゲーム)

こうしてみるとキャロってホント高ぇー^^;
というかノーザンが高いのか笑。

各クラブ診断の際にも取り上げた馬達ばかりですから、意外性はないですかね(・_・;
強いて言えば、タイキから引っ張ってきた事くらいでしょうか。
ユニオンのキンシャサに良さげなのが居たんですが、良く見たら12年産だったので、急遽メンバー入りを果たしました。4月の画像とカタログ写真でいけると思いました。

ハープスターは友人の出資馬で耳が痛くなるほどのろけ話を聞かされてきました。
これが走らなければ二度と牝馬を買わないだの桜花賞狙えるだの、何も自分からフラグ立てなくても良いのにw
確かに先週は強かったですけど(^^;)
僕も最優先候補3頭のうちの一角だったので、せめてもの繋がりをということで指名しました。

マイネルはムービースクリーン(ディアベル)、ホシノピアス(サルト)との三つ巴も、全てにおいて不安がないフォルスを選択。
唯一の不安は陣営のレース選び。結果勝つには勝ったけど、洋芝+弱面+能力で無理矢理押し切った印象が拭えない。函館二歳で負けたらダートに専念して欲しいんですけどね。
この馬掻き込みも強そうだし、本質は絶対ダート馬だと思うの(´・ω・`)

ウインはスケール重視でボナンザに。デビュー戦は敗れましたが、ロサギガンティア共々、超ドスロー展開を終始外々では仕方ないでしょう。完全ノーカウントの一戦。
使いつつ、内容も良化してくると思います。

コストパフォーマンス重視の観点からはクロップとアンジュシュエット。将来的にはこういう安価帯から中当りを揃えるスタンスで、ある程度収支も考えながらやっていきたいと考えています。その予行演習的な意味合いも含まれていますね。

ミューラルクラウンとアイリッシュはPOG向きではないかもしれませんが、前者は配合。後者は馬体と、自分が培ってきたものを全部ぶつけてみたいと思い指名した二頭です。
ただ走るだけならヴァイサーリッター(ブランシュネージュ)でも良かったんでしょうけど、ミューラルは噛み合えばオークス路線まで行けるはず。一発大きいのを狙います。

ガムシロはハイアーってのもあるけど、純粋にラインナップの中では魅力的だと思います。

最後にレッドラウディー。
これは自信の大本命で、ガチ勝負用のPOGでも指名しています。
走るマンカフェの教科書とも言える馬体と配合だと思っていますよ。

真剣に語るとこの馬だけで記事が書けちゃう位なんですが、今日は簡単に。
もともと自信はありましたが、確信へと変わったのは年末と三月の更新画像でした。
本当に日が経つに連れて評価を上げてきた馬で、走るディープ産駒なんかもそうですが、強い馬とは大抵そういうものだと僕は思っています。

そもそもスタイルリスティックの母は日本で言うドスカーとかビワハイジ級の良血。
言わばスタイルはファインセラのようなもの。
それにベストと思われる配合相手+馬体も素晴らしいとあれば走らない訳がない!
脚の造りなんかは少し立ち気味なんですが、リスクを補って余りある長所を沢山備えている馬です。
とにかくこの先も無事に行って欲しいものです。

デビュー戦もまさか負けるとは思ってなかったんですが、そこまで悲観する内容でも無かったし、立て直した次に期待しています。
まだまだあんな物ではない筈ですよ。

10頭中8頭が勝ち上がり。
重賞ウィナー2頭引ければ胸を張れるでしょうか。
ハープとラウディー頼りな部分もありますけど、これはあくまで修行ですから、目標は無茶な位で丁度良いですよね(・∀・)




スポンサーサイト