管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
前回記事の訂正など
2016年01月27日 (水) | 編集 |
ルシルクの16を不受胎明けと書いてしまいましたが間違いでした。
正しくは、

15年産 ゴールドアリュール牝馬
16年産 オルフェーヴル産駒を出産予定

となります。
不受胎明けはポルトフィーノの16の方ですね。
失礼致しました。

ちなみにルシルクの15はこちらです。

DSC_000003 (1)
DSC_1197.jpg


トモの造りはルシルクっぽいですね。





スポンサーサイト
休刊
2015年07月20日 (月) | 編集 |
多忙のため一ヶ月ほど更新を休止させて頂きます。
秋のドラフト前には再開させたいと思っておりますので、何卒ご了承頂きたく存じますm(_ _)m

キャロ、シルクと一応のラインナップと募集方法も提示されまして、問題のエア出資制度が撤廃されたことが何よりの朗報でした。
これで『ごく一部の人間だけ』が蜜を吸うのではなく、なるべく多くの人にチャンスが行き渡る形となり500口クラブのあるべき姿に戻ったことになります。
当たり前っちゃ当たり前の事だと思いますが、シルクもそれなりに誠意を示してくれたので、僕も相性の良いこのクラブをメインに選定したいと(現時点では)考えています。

実績制そのものを否定するつもりはないし自分も決して優位な立場でもないのですが、どんな結果になったとて『納得できる』事が重要ですからね。
そういった意味でも今年は最後までドラフトを楽しめる気がしますし、全力で作業に取り組みたいと思っています。

※当記事は投稿時間の修正を施しております。



熱発中につき・・・
2015年02月16日 (月) | 編集 |
もう二、三日更新をお休みさせて頂きます。
雨の中口取りしたのが堪えたのかもしれません^^;






シンネンのごあいさつ
2015年01月04日 (日) | 編集 |
ご挨拶が少々遅れてしまいましたが、シンネンおめでとうございます。
昨年度に続き、今年も何卒よろしくお願い致します。

また、年度末にはお世話になっている馬主仲間の方々と楽しい一時を過ごさせて頂きました。
自分までお誘い頂き、この場を借りて改めてお礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました。
ご一緒下さった皆様、普段交流させて貰っている皆様、そしてこのような辺境の地にまで来て下さる読者様方にも、より良い年になるよう心から願っております。

当ブログもなかなか更新出来ず、脚を運んで下さる方々には心苦しく感じる事も多々あるのですが、今年も細く長く、なるべく深く。
競馬やオーナーライフのアレコレを書き綴っていきたいと思っておりますので、何卒変わらぬお付き合いの程、宜しくお願い致します。


去年はとにかく勝ちきれないレースが多かったので、2015年はそういった『取りこぼし』を極力しないよう心掛けたいですね。
まぁ、実際に走るのは僕ではないので、各々頑張って貰うしかないのですけども笑。

そして今年こそ悲願成就といきたい所。
これは現状ブライトさんに頼る他ありませんが、他の子達も負けずに我が厩舎を盛り上げて欲しいですね。

個人的にも長く続いた『底』は脱出できたのかなと最近感じるので、後はひたすら上を目指すのみ!
メリハリをつけながら精進を続けていきたいと思います(・∀・)






今後の更新について
2014年03月03日 (月) | 編集 |
唐突ですが、当サイトの運営方法について若干ではありますが変更のご案内をさせて頂きます。

今後は個別の馬のレース展望や回顧、及び感想はnetkeibaの日記の方に書かせて頂くものとします。ツイッターなども検討してみますので、その際にはまた改めてご報告いたします。
(ブログ自体は少なくともG1勝つまでは続けます!)

方針変更の理由として、ひとつは単純に生活環境の変化と、低スペックなスマホ&PC本体の不調によるもの。
例えば、長文書いてる途中でフリーズする、タイピング中に動作が急停止する。その後カナ漢字変換が出来なくなる。保存した筈の記事が何故か消えてる…等など。
ここまで書くのにも以前の二倍以上時間を費やしている状況です。

時間をかけて編集した記事を夜遅くに再度一から作り直す気力はどうしても沸いてこないのです(+_+;)
※秋にはまとめて新調するつもりなので、その頃には改善するかもしれません。


ふたつ目に出資頭数が増えてきた事。
これは近年意図的にそうしているのですけど、現状で一頭一頭個別の記事を作っていると、上記の理由と合わせて他の記事に割く時間を確保出来ない事や、今日のように精神状態が宜しくない時には何頭も細かく分析している余裕が無いという一身上の都合です。

だからといって成績やレースの格式を理由に出資馬同士で差をつけたり、記事のクオリティを著しく低下させてしまうのは不本意ですし、それではそもそも更新する意味がないので、利便性なども考慮した上でこのような対応とした次第であります。

今後こちらで『☆今週の出走☆』系の話題は愛馬が優勝した時と、良くも悪くもどうしても個別に触れておきたい事態が発生した場合にのみ、取り上げるようにしたいと思いますので、どうかご理解の程よろしくお願いしますm(_ _)m

早速ですが今週の三頭については帰宅途中に書かせて頂きました。通勤中などにも随時追記していくつもりですので、ご興味のある方は覗いてみて下さいませ。
結果は残念でしたが、ビューロは条件さえ揃えばすぐ勝てると確信できましたし、ワーパクの方も心の整理はつきました。
実際強い馬には違いないですし、今後の成長と育成次第で重賞にも届く素材と思っとります。

ただ僅かでも皐月賞で優勝できるかもしれない、という期待を抱いてきた自分の期待値とのギャップに思わぬショックを受けてしまいましたが、前回と違って『これで負けたら仕方ない』という内容なのでよくよく考えるとスッキリした部分もあります。

今日の結果を受けて今後の選馬基準も明確になったので、その辺りについて次回以降改めて書かせて頂こうかなと考えております。



あけめりあ
2014年01月05日 (日) | 編集 |
ご挨拶が遅くなりましたが、シンネンあけましておめでとうございます。
今年度も変わらぬお付き合いの程よろしくお願い致します。

年末年始は仕事でちと多忙でした。
それはまあ良いのですが、競馬はおろかクラブの更新さえないものですから生活リズムを崩してしまいましてね。
大晦日に素で『あれ、今日何日だっけ?』な状態でしたし、調教時計が普段と違うせいか三が日の曜日感覚が完全に狂ってました笑。
いかに日常が競馬に支えられているのか痛感しますね^^;

僕個人としても今日から遅めの冬休みで、今週は愛馬の出走がないので初詣に行ったりしつつ、マターリ過ごせればと思います。


それでは、皆さんに倣って今年の抱負のようなものを。
まずは一頭一頭に対しての願望を記しておきます。

アースガルド…『最後にもう一勝』→ガルオに残された時間はそう長くない。置かれている状況も決して明るいものではないし、本来ならもっと別の未来があった筈なんですよね。
失われた過去はもう戻らない。けど、せめてもう一度くらいは輝いて欲しいなと。

アロヒラニ…『準OPで勝ち負け』→あくまで目標ですから、OP入りにしても良かったのでしょうが、焦るとろくな事にならないのがファインセラ。一歩一歩確実にステップUPすれば良いのです。その為の我慢が出来ないなら最初からこの兄弟に出資なんてしません。
完成は今年の終盤~6歳の夏頃だと思っています。そこまでをいかに良い形で過ごせるかが何より重要です。

ヒールゼアハーツ…『自己ベスト更新』→この馬に関しては既に自分の中で区切りがついているのです。
たまに走る姿を見せて貰って、なおかつ最後まで無事に走り抜けてくれさえすれば、他はもう何も求めません。
能力的にはもう一つくらい勝てるものを持っているので、ヒール自身のベストを出すことが出来れば、おのずと結果も付いてくるのではないでしょうか?

ハートランド…『中央復帰』→園田の下級条件なんて馬なりで5馬身千切って良いはずなんですがね。もう馬自身が走るのを嫌がってるんでしょう。
皆さんも体調悪い日にマラソンとかしたくないですよね?
仕事でも趣味でも何でも当て嵌まると思うのですが、継続する物事を毎回嫌な気持ちで取り組まなきゃならん状態ってのがまず馬鹿げてる。しかもそれが自身の意志と関係ない周囲の所為ってのが余計に腹立ちます。
生き物を使うスポーツなんだからモチべーション保てなくなったら終わりでしょうに。

クロムレック…『OP入り』→シンプルな目標ですが、達成の為には現状の課題をクリアせねばなりません。
現級と降級後は能力だけで勝てるはずだし、勝たなきゃおかしいので二勝は最低ノルマです。

キングスクルーザー…『二勝』→これも現級と降級後で合計二勝。
昨年はドラマティックな勝利を飾ってくれましたが、今年は堅実に勝利を積み重ねて欲しいですね。
三つ勝てたらお祝いにみなとみらい行って豪華客船に乗りフゥーハハハ( ゚∀ ゚ )してやりますw

ブロードソード…『重賞勝ち』→秋頃にはそこそこ強くなってるはずですし、最低でも使いたい時に重賞を使える状態にしておく事が上半期の目標と言う事になります。
あと頼むからまともな騎手を固定してくれ。

セルバンテス…『勝ち上がり』→当然出来ると思ってますが、どうも使われ方が嫌な感じです。
クラシック云々言える状況でないと分かった時点で、普通のファインセラ産駒の向き合い方をして欲しいですね。
東京と新潟を狙い撃ちしてくれれば、二つは勝てるはずなんですがねー。

エーデルグランツ…『重賞出走』→遅れてきた大器と呼ばれる存在になって欲しいですね。
ダービーを諦めた訳ではありませんが、本質は古馬になってからだと思っています。
仮にダービーが無理だとしても、将来JCで見たい馬です。

セントコロナ…『本当の自分探し』→一つ勝つまでが大変と思っているのですが、それはこの馬が晩成タイプであろう事と、他にもっと相応しい舞台がある。そう予測できるからです。
矢作先生はその辺上手に考えてくれるので信頼していますが、一つ勝たないと他の選択肢が出てきませんからね。
まずは一刻も早い勝ち上がりを要求する!

トータルヒート…『OP参戦』→正直言って、まだ明確なヴィジョンが見えない子なんです。
ダートのマイル前後が適鞍だとは思うのだけど…。
とりあえずはもう一勝して貰って、世代間の重賞やOP競争で質の高い経験を積んで欲しいなと。

ワールドインパクト…『春クラシック参戦』→特に皐月賞は絶対に挑戦したいですね。
僕としても一歳の時からずっと打倒ラヴズオンリーミーでやってきましたから、最低でも同じ土俵に立って熱い勝負がしたいと思っています。

ヴィッセン…『マイルC参戦』→今どのような馬体をしてるか分かりませんが、自分のイメージのままならクラシックよりもマイル向きだと思っています。その場合、くれぐれもクラシックに固執するのだけは止めて欲しい好素材です。
石坂先生にはこの馬が最も能力を発揮できる場所を選んで欲しいですね。
このトレーナーは数少ない全面的に信頼の置ける方なので、師の判断であれば僕もそれがベストだと信じます。

ビューロクラート…『体質強化』→馬体ではこの馬が一番自信あります。怪我以外の理由でこの馬を未勝利で終わらせたら絶対に許せません。そのくらいの気持ち。
近親バンドワゴンに負けない活躍を期待したいですね。

ラディーア…『オークス出走』→桜ではハープとアスコルティに勝てる気がしないので、樫の舞台でリヴェールに挑戦状を叩き付けてやりたいと思っとります。
クラシックを期待できる女の子は他に居ませんから、どうか盛り上げて欲しい所です。

新二歳馬はとりあえず無事デビューできれば、一先ずはそれで良しとします。

そして僕自身の願いですが、毎年初詣に行く度に『良い出会いがありますように…』と願掛けして来るのですが、どうにもここ数年納得のいく成果をあげられない。
そもそも出会いがあった所で自分が買えなきゃ意味ないんじゃね?!という結論に辿り着き、今年からは以下の内容に変更とします。

『それぞれのクラブで一番欲しい馬に出資できますように』

うわお、急に生々しくなった^^;


そんな訳で皆様、改めて今年もよろしくお願いします!
早速今から金杯とマイネルクロップ買ってきます。
ガリバルディも見たいのでちょっと急がねば(汗)

いやー、これだよこれ。この感覚です。
ようやく本当の意味で一年がスタートって感じですね笑。





馬の話ではありません
2013年12月24日 (火) | 編集 |
競馬と無関係の話で恐縮ですが、今日は……




110212_18106.jpg


クリスマス。
なので、ザッハトルテ作ったった。

サイズはそんなに大きくありませんが、味のあるタイプ。
本当はもっとグラサージュを追加したかったのですけど、見た感じでは悪くありません。
最高のデキとまでは言えませんが、このぐらい仕上がっていれば大丈夫でしょう。

少し終いが甘くなるところがありますが、この血糖にしては抑えが効いている方だと思います。
一人では大変かもしれませんが、頑張ってモグモグパクパクしたいですね。



















競馬の話は一切しておりません。




あ、明日はラフィアン診断します(・ω・`)ゞ