管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
夏休みだそうです。
2016年06月28日 (火) | 編集 |
先日勝利を挙げたグランシルクについて少し。

二段階降級ともなれば流石に力が違いました。
昨年のオーロC以来、久し振りにまともに騎乗してもらえた事が何より。困った時のルメール様ですね。
ここまで散々やらかしてくれた事で馬自身も不器用なレースしか出来なくなっていました。
冬~春先にかけては怒りを通り越して呆れ果てていましたが一応リセット出来たのかもしれません。

さて、今回は14で強い勝ち方を見せてくれたものの、僕は単純に距離短縮が向いたとは思っておりません。

・瞬間的なギアチェンジ能力を要求されない舞台
・後半開催で持続力が問われる馬場

この二つと能力差が相まった結果ではないでしょうか。
これで東京が向くとか本質が短距離馬だとか錯覚されると非常によろしくありません。

戸田師との付き合いも長くなりますし色々見えてきましたが、あの人は『芝が好き』とか『ダービー至上主義』等という以前に馬の適性読みがあまり上手ではないのでしょう。
腕はあるんですけどね…。
裏目裏目が線で繋がって長く引きずる厩舎なんですよホントに。分かる方は分かってくれる筈(-""-;)

これで秋、懲りずに東京のマイル戦やスロー濃厚の番組を使うようなことがあれば準オープンでも普通に取りこぼす可能性が高いと見ています。
今回の内容は間違いなく強かったけれど、あまり浮かれてもいられないと思いました。

馬場や展開を言い訳にしてしまう馬なので、とにかくレースまでのプロセスと舞台選びが重要な馬です。
18や20を走るために気性をコントロール出来ないのであれば、その点を徹底するしかないでしょう。
ルメール様やノリのような折り合いつけるのが上手い騎手が乗ってくれるなら距離延長にも対応できる気もするんですけどね。
この先も折り合いを『重視』する騎手じゃなくって『上手い』騎手にお任せしたいですね。

G1で一番人気に支持された程の馬ですから、少なくとも重賞まではノンストップで行きたいと思っています。






スポンサーサイト
ニューイヤー(シルク的な意味で)
2016年01月10日 (日) | 編集 |
新年のご挨拶・・・には遅すぎますが、皆様今年も宜しくお願い致しますm(_ _)m

また年度末は三回にも渡りお仲間さんとの忘年会、オフ会等に参加させて頂きまして、この場で改めて御礼を申し上げます。とても良い刺激となりました。
いつもいつもお声かけ下さりありがとうございます。
今年もまったりペースでの更新になってしまうかもしれませんが、たまには役立つネタを投下できるよう努めさせて頂きます故(´▽`;)ゞ

昨年はどうにも不完全燃焼でしたので今年こそ飛躍の年にしたいなと思っております。


今日はこの後すぐのニューイヤーSにグランシルクが一番人気で出走します。
ようやくまともな状態で中山を走れるので優勝を期待です。
不向きの東京良馬場を使われ続ける事にウンザリしていたので、久し振りにワクワクしながらレース当日を迎える事ができました。

派手に勝つと本番のダービー卿でハンデを背負わされてしまうので、あまり目立つことなく確実に勝つ競馬をして欲しいですね。

とまぁ、こんな風に勝つ事を前提に話が出来るくらいですので、金杯よりはずっと可能性があると思っています。
中山マイルの舞台設定となれば強敵はグァンチャーレとクラリティシチー。不向きの展開に持ち込まれた際にダイワリベラル。この辺りでしょうか。
とはいえ、この条件であれば多少の不利やロスをはね除ける位でないとダービー卿なんて言ってられませんからね。

とにかくスタートと道中のペースだけ気を付けて、取りこぼしのないようお願いしますよ戸崎さん?
ちなみに馬券はグラン頭のソーンパーク二、三着パターンの連単流しです。
グラン頭だと少し捻らないと儲けを出せませんのでね(^_^;)

当たったら一頭追加出資するつもりです(・∀・)


追記:どう取り繕うとしてもNGワードしか出せないと思いますし、下手をすれば犯罪予告になってしまいそうなのでニューイヤーSと中山金杯の話題は一切触れないようにします。
一言だけ言わせてもらうなら…

『中山マイルのOP特別で上がり32.9の脚を使って負ける』

という現実に驚愕しております。


※次回以降は月末の更新画像や追加募集馬について少し触れたいと思っています。







戸崎一週遅せぇよorz
2015年05月20日 (水) | 編集 |
マイルカップから一週間が経ちました。
今日まで間隔が空いたのは別に落ち込んでいた訳じゃなく、単に細かく分析する時間が無かった為です。
そして、当たり前の結論が出ました。

『春開催の良馬場東京G1で勝てる訳なかった!』

NZTのレース振りで多少上方修正したものの、そもそも一番人気になる事がおかしい。
実際にNZT組の中では最先着していますし、この条件下では頑張っています。
ペースや枠に関係なく、良馬場の時点で優勝するまでは難しかったと思います。

それだけにNZTで重賞を勝たせてあげたかったですね。
まぁ、これでオータムHは54キロ以下で出られるでしょうけども…。


改めて説明させて頂きますと、グランが苦手としているのは良馬場や高速馬場そのものではなく、瞬時のギアチェンジ能力戦です。
本格化前とはいえ新馬戦がそうだったように、急激なラップ移行に対応出来ないんですね。
スピード能力自体は『そこそこ』ある方だと思っています。
この配合らしい特徴でもありましたし、だからあれほど雨を願っていた訳で。
現時点では得意分野以外での総合力はG1レベルにないって事は解っていたつもりです。

(あ、書いてて気付いたけどブライトとそっくりだわ…笑)

なので、東京では戸田師が言うように外目からエンジンを噴かして少しずつギアを上げていく方が良かったのだろうし、ペースが速くなれば他に打つ手もあったのかもしれませんが、その時は1、2着馬もそれに応じたレース運びをしてきた。それが出来る馬達だったと思うし、仮にアクティブミノルやセカンドテーブルが出走していても結果は変わらなかっただろうなと。

ただ、六年前は酷く理不尽に感じたものですが、今回の敗戦は納得せざるを得ない。というのが率直な感想で、怒りとか負けた事以上の悔しさといった感情は沸いてこないのです。

苦手な条件下でもG1で掲示板に入る程の力を付けているのは間違いありません。
勝ち上がりに苦労していた時期を思えば立派なもので、これなら将来複数の重賞を獲れるという確信も掴めました。
あちこちで低レベルと言われてますが、このメンバーより強いマイラーなんてプラチナとアンビシャス位でしょう。
この路線、上の世代も抜けた馬はいないですし、またそのうちチャンスも来ると思うので希望を捨てず頑張りたいと思います。


とにかく今言える事は二つだけ。
これからも無事に。

そして、オータムHにモーリスが出てきませんようにw

※今年は不参加のつもりですが、次回からぼちぼち社台ネタを投下していこうと思います。




コンティニュー
2015年05月10日 (日) | 編集 |
もう一度このチームでこのレースに挑戦出来る日が来るとは思ってませんでした。
僕にとっては願ってもないチャンス。
明日、六年前の忘れ物を取りに行ってきます。

なるべく意識しないように過ごしてきたつもりですが、どうやっても無理なので諦めましたw
身も心も極限状態。
満身創痍ってのはまさにこんな状態なのだと実感しています。
皐月賞後は毎日グランの事のみを考えて生活してきました。
長かったような、短かったような…。

あの日と同じく前日の雨。
ここまで5戦2勝。
更に当日は一番人気になるかもしれません。

それでもやっぱり、明日走るのはグランなのです。
枠も臨戦過程も、馬場状態も、当時とは違う。
変わるものは変わってゆくし、変わらないものは変わりません。

ブレイクの事は今でも夢に出てきます。
過去をどうやっても変えられないのなら、せめてグランとの未来は、今度こそ明るいものにしたい。
そう思っています。




偉大なる絹
2015年04月10日 (金) | 編集 |
今週は愛馬グランシルクが重賞に挑戦。
人気の一角を占める形で希望していた雨。
ともなれば、期待しない訳にはいきません。

適性やら見解については三つ前の記事をご覧頂くとして、正直他に語る内容もあまり思い付かないのですが・・(^_^;)

強いて言えば、他馬と相対的に見て道悪を味方にできるのか?
そこがポイントになるでしょうか。
見立てではマテンロウハピネス、ヤマカツエース、アクティブミノル。
少なくとも三頭は道悪に高い適性を持つ馬が出てきます。
人気のワイオリ、ヤングマンPも上手なタイプに見えますし、アンブリカルも戦略、他陣営の認識次第では侮れない相手です。
そして能力最上位と思われるルミエールも雨に強いネオ産駒。

血統的に向いてるからと言っても、馬は生き物です。
ぬかるんだ馬場や被った泥に嫌気が差すかもしれないし、雨に当たる事自体が大嫌いかもしれません。

ただ、僕の個人的見解としては『良馬場のマイルカップでは勝ち目無し』という考えは変わらなくて、明日道悪適性を証明した上で本番雨乞いするしかない、と思う訳です。
結果的に道悪が明日の敗因になろうとも、それならいっそ諦めもつきますから、現時点においては理想的と言える展開だと思っています。

前走はまだ余裕がありましたので、とりあえず今回はギアセカンドって感じでお願いしたいですね。




プチ黄金
2015年03月20日 (金) | 編集 |
お仕事の繁忙期で高知競馬並の過密ローテもようやく一段落。
その間にイベント盛り沢山でブライトの弥生賞、グランの昇級戦と共に口取り権をGET。二週連続での中山参戦となり、大忙しでした。

ぶっちゃけブライトは勝てると思っていました。小回りの少頭数はベスト条件だっただけにショック。
というか、重賞の口取りを逃した事が一番のショック(;´д`)

皐月賞でのマークが薄れる分プラスに捉えることも出来ますが、フルゲートの本番では展開や馬場のアシストが欲しい所ですね。
細かいことは本番前に語らせて頂きます。


そしてグランシルク。
こちらは好タイムで優勝。また一歩マイルカップに近づいてきました。

しかしこの馬、元々期待は大きかったのですが、こんな早くから活躍するとは考えてなかったんですね実は。
勝ち上がりは春の東京開催頃と見ていたので、嬉しさ以上に驚いているのであります。

なので(?)、今回はこの馬の配合について分析!

ステゴのニックス配合と言えば勿論ステマ。
フェノーメノや心の愛を輩出したデインヒル。
わかり易いのはこの2つでしょうか。

しかし、いずれもパワーの増強が最大の目的な訳で、結局ベクトルは同じですよね。
それでいてオルフェには特A級の肉質、フェノーにはストライドが伸びる前躯の造り、とステゴの本質・長所を最大限活かせる武器を備えていた。或いはキープ出来ていたと。
理屈の上では割とシンプルな事だと思います。


グランシルクにはオルフェ程ではないにしろ、並の重賞ウィナーより遥かに優れた筋肉が備わっているように見えました。
ステゴ産駒全体を見ても肉質だけの緩い馬や非力な馬、米国系でもしなやかさが強調され易いミスプロ系は苦戦する傾向にありますが、
(※ミスプロ入り重賞勝ち馬は牝馬の猫硬貨とアルコセニョーラのみ・・のハズ)
グランの場合、フレンチ+ダイナフォーマーの硬質なパワーとスピードを巧く取り込んだ事で、都合良く弱点をカバーしたのでしょう。
この2つに加えてニジンスキー、ヒズマジェスティで深みとコクを出しつつ、味のバランスを微調整・・って感じですかね。

⭐歴代ニックス配合馬⭐

フェノー=デインヒル(ヒズマジェスティ+バックパサー)

ココロノアイ=デインヒル+リアル社台(ロベルト+インリアリティ)

フェイト=ステマ+ニジンスキー

フェスタ=デインヒル+ヘイルトゥリーズン+ヒズマジェスティ

ナイト=マルゼンスキー+ジェスチャー

メビウス=ダンジグ+ブサンダ+マルゼンスキー


そしてグランシルク→フレンチ+ニジンスキー+ダイナフォーマー(ロベルト+ヒズマジェスティ)

この構成ならグランも『プチ黄金配合』位には認定してあげても良いと思うんですよね(*・∀・*)

こんな配合と馬体ですからスパッと斬れないのは仕方ありません。その反面、持久戦や底力を要求される条件なら強くて当然。
近年の中山マイル戦はまさにうってつけで、NZTの前日に一雨降れば願ったり叶ったりでしょう。
東京のマイルカップは土砂降りの雨で上がり36秒以上掛かるような馬場になることを願うしかなさそうですが…。


なんか、マテンロウハピネスとキャラ被りそうですねぇ(・∀・;)






おみくじ的な・・・
2015年01月18日 (日) | 編集 |
少し前のお話になりますが、金杯の日に近くのジンジャーへ初詣に行って参りました。

去年おみくじを引いた時はそりゃーもう胸糞悪くなる結果でございまして(・∀・#)
その後大雪でトータルヒートが大頓挫した時にゃ自分の運命呪ったものですよ。

そんな経緯から今年はおみくじ引くのを自重して、その代わりと言ってはなんですが馬券で運試し。ちょいと路線変更してみました笑。
その結果、金杯のフルブルーム軸の三連単的中から始まって……、


マルカバッケン複勝1120円

じゃに

万葉S馬単11740円

rakugaki_20150111151656373.jpg


グランシルクの未勝利戦 馬連6970円

rakugaki_20150112125117334.jpg

大当たりでしたー(о´∀`о)v

二桁人気を一本釣りする。
実質二点で万馬券を仕留める(別にタテ目を抑えてあるけどw)
一点買いで的中+愛馬の勝利つき

どうです!?
我ながらカッコいい当て方ではないでしょーか(*≧∀≦*)
少なくとも去年よりは数倍幸先が良い!
おみくじ引いてくるまでもなく大吉なのでは(*´∇`*)

この二週間で朝日杯の負け分も三分の一ぐらいは取り戻せました。
毎年1月と中京だけは馬券の調子が良いので、今のうちに稼いでおきたい。
・・・というか、稼がないと春のドラフトが詰みなので今は本当に必死です笑。

未勝利戦の払い戻しがちょうどヴァルホーリング&3DSを買えるぐらい。
とりあえず今欲しかったものが全て揃いましたw
何よりルシルク馬券でブレイク産駒を購入するって流れがチョー気持ちイイ!なのです( ´ ω ` )


では、そのグランシルクについて少し。

開幕戦から白星というのは本当に気分が晴れやかになります。金杯を勝った陣営の気持ちが理解できますね。
正確には2戦目なんですが、先週分は試合としてカウントしておりません(馬と騎手は何も悪くありませんが)ので(^ω^#)
実質、初出走初勝利って事にさせて頂きます。

人気のマイネルやボンボンを買っても旨みゼロなので、あくまで投資的な観点から上記のような馬券の買い方にもなったのですが、もともと二着のジャストフォーユーは好馬体の持ち主で、立て直せばあれぐらい走って当然の素材だったと思われます。
決して相手に恵まれた訳ではなく、現にタイムもフェアリーSより速く価値の高い内容です。

近年の中山マイルは一昔前と比べてフェアになりました。
多くの方が抱えるイメージほど大きな不利ではないですからね今の大外枠は。
だから強い勝ち方をした。器の大きさとマイル適性を証明できた。といった意見には同意ですが『大きな不利をはね除けて勝った』というのは誤認だと思うのですよね。
それで次走以降過剰に持ち上げられるのは良い迷惑です。
それこそ余計なハンデを背負ってるようなもの。

この後はリフレッシュを挟み、再び中山の自己条件に向かうとの事。
微かに見えてきたNHKマイルCに向けて、次走こそ『ハンデ』をはね除ける本当に強い勝ち方を見せて欲しいと願っています。
この馬で大きい所を目指せるなら、僕にとってそんな嬉しい話は他にありませんからね。

まだまだ課題残しではありますが、こういう台詞が言えるようになった事には、素直に喜んでいます(・∀・)