管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当記事は100%主観によるものです
2015年05月26日 (火) | 編集 |
馬を食材と仮定するなら調教師は料理人。
どんな高級食材も調理する人間の腕が悪ければ良さが活きません。

また、人それぞれ好みがあるように馬にとっても同じ事が言えます。
腕が良ければ誰でもいい、なんて単純な訳もなく、何より相性が重要なポイントですよね。

今回はお世話になった事のある、若しくは愛馬を管理して貰いたい!と思っている厩舎の寸評をしてみました。


堀→一戦必勝のスタイルに好感。反面、勝てる状態になければ使わないので、数を使って欲しい人には不向き。デビューが遅れても適性や課題を見極めて的確に対応する。外人好き。

石坂→調教技術、判断力いずれも非の打ち所なし。自分の管理馬の特徴を完璧に把握している印象。休養のタイミングも的確。最近では馬房の関係上天栄を使用する機会が増えたが、この厩舎に限った話ではないか。

須貝→馬のメンタルを大切にする人。走る気にさせるのが上手。相手関係や天候などを考慮し、柔軟なレース選択ができる。大舞台での勝負仕上げも得意で血統、性別を問わず活躍馬を出せる。

矢作→勝たせる為のレース選択がとにかく上手で、特に下級戦では相手関係を重視する。距離適性は使いつつ把握していくが、芝と砂でハッキリしている方が良い。大前提として体質が強いこと。期待が高過ぎる馬は空回りする事もあるので要注意。

安田→短距離王国。他の分野でも活躍馬を出せるが、ベストは短距離。この分野ならば全面的に信頼の置ける厩舎。

角居→常勝王道軍団。クラシックや海外など大レースに強く、的確な仕上げを施すことができる。反面、ダートや14などワンペースになりがちな舞台では成績を落とす傾向にある。ダート馬に関しては適性の見極めが少し下手。

戸田→芝馬の扱いに長けている。ダートも下手ではないが芝の方が好き。新馬戦では仕上げない。調教技術、レース選択眼は確かなものを持っているが、実際に結果に反映するとは限らない。特にキュー一族への愛情は諸刃の剣。気に入った馬には自分が乗る。愛国心の強いお方。鞭より長ドスが似合いそう。

藤原英→優先順位が低いと放置プレーするも、主力馬の勝負仕上げ&レース選択は素晴らしい。牡馬の方がより安心。堀師に近いか。

松田国→坂路大好き。馬が丈夫ならそんなに壊さない。調教技術は健在だが、馬に合わせたレース選択ではなく、目標に合わせて馬を造ろうとする印象も。

小島茂→高い分析力、向上心を持つトレーナー。それに見合う結果が出ていないのは、一流厩舎とは調教技術、厩舎力で劣るのかもしれない。縁ある血統馬の扱いは納得できるものだが。この人も気に入った馬には自分が乗ったりする。

友道→水準以上の技量、センスを持ち合わせたトレーナーだと思うが、一口界ではあまり人気がない。某人参馬の菊花賞参戦など稀にNG行動を取るものの、トータル的には良い厩舎。魔神と仲良しで、あちらの有力馬と使い分けされる事がある。

手塚→短距離馬の扱い○。トップトレーナーとまでは言い難いが、得意分野におけるアベレージの高さは評価できる。騎手采配は微妙かも。

池江→厩舎力は極めて高いが調教技術、分析力は実績ほど高くないし、馬本位のローテを組めない。ディープ産駒の扱いはそれなりに上手い。全体的に牝馬の成績は一枚落ちる。とにかく厩舎力で他をカバーしている印象が強い。海外経験豊富なのは良いが、何故か斜行癖のある馬が多い。

新開→目立った活躍馬を出せていないものの、ダート馬の扱いはまずまずか。マスクトヒーローで重賞の一つでも獲れれば風向きも変わった筈だが…。

古賀→可も不可もない。足を引っ張るような真似もしなければ、腕で弱点をカバーする好プレーも特になかった。まだ解らない部分が多いけれど、馬の質が良ければOKという感じ。

加藤征→レース選択、調教技術共に高く、至る所に工夫を感じられる良い厩舎…。と以前は思っていたのだが、最近は目立った活躍無し。全体的に少し下方修正が必要か?なお、諸事情により京都遠征時は勝負度高し。

木原→数は使う方か。下級条件でも良ければという感じはするも、社台系クラブではそもそも機会がなさそう。

萩原→ダート馬の扱い○。仕上げ下手なので体質が弱いとなかなかメイチまで持っていけない。一勝より一生型で晩成型や息の長いタイプが良い。

藤沢→ゆとり教育者。腐っても鯛の筈だがクラブ馬とは相性良くない。横典との絶縁も痛手。以後は外人、北村、柴山が主戦。教育方針上クラシックより古馬路線が合う筈も、管理馬が多く回転率はあまり良くない。 主力以外ピークに合わせて使えるか心配。

平田→どちらかと言うとダート向き。そこそこ分析力は高そうだが、若干仕上げが甘い。本人の意向でないかもしれないが、ダート戦で不慣れな外国人を乗せるなど騎手采配にも疑問符が付くことあり。個人的には一長一短と見ている。

大久保龍→可も不可もなく。坂路主体の調教にマッチングする馬なら狙って良いかも。G1級は厳しいかもしれないが、OP~重賞までならノウハウもあり。

高柳→現状は水準級も年々勝ち星は増加傾向にある。厩舎力が強化されれば全体的な底上げも見込めそうだが…。レース選択眼はそこそこ。王道よりマイナー&重厚血統馬が多いので、その分野でノウハウを積んでいけるかも。

藤岡→調教力、厩舎力は並も分析力はありそう。 息子とセットで考えた方が良さそう。あまり上を見なければ付き合えそうな厩舎。

武藤→まだ情報不足だが的確な判断、分析が出来る人に見える。厩舎力はあまり高くないので、小島茂厩舎に似たタイプか。馬質に恵まれればもっと伸びそうな印象を受ける。


僕が体験した範囲ではざっとこんな感じでしょうか。

ちなみに、上記の『厩舎力』ってのは実力馬を多く抱えており、日常的に質の高い稽古が可能か?
また騎手采配、腕利き調教助手の有無。大舞台で勝ち切るための仕上げ、ノウハウを持っているか等、レースまでのプロセスにおいて長けているかどうかですね。
どれだけ個人の意識レベルが高くてもチーム全体の力が足りなければ試合に勝つことは出来ないですし。
そういった面でも堀厩舎、石坂厩舎辺りは流石に『隙が無い』と感じさせますね。

なお、他に書かなかった人は情報不足か、NG認定厩舎のどちらかって事で(・∀・)





スポンサーサイト
逆らえない一族
2015年04月10日 (金) | 編集 |
12月はいたって健康な状態だったのにインフルエンザ関連の猛勉強。
先週は骨折時の治療法や病院情報をひたすら調べていました。
『おお神よ、私めが身代わりとなっても構いませぬ。どうか田辺の身体を救いたまえェェ!!!』
なんて結構本気で祈ってまして。
祈りが通じたのかはさておき、ご無事で安心しました(^_^;)

しかし、かつてここまで他人の身体を案じた事があっただろうか?
オレはどんだけ田辺が好きなのかww

『動けなくなっても良い、足が折れたって良い、やっと掴んだチャンスなんだ!』

まさにこんな心境ですね(・∀・)

真面目な話、田辺かデムーロ以外の騎手を乗せても勝機はないと思うんですよ。
明らかな鞍上強化でもない限り、本番前にコロコロ騎手を替えるような陣営に勝ち目はないでしょう。
クラシックはそんなに甘くありません。


話は変わりますが先週のレーヴミストラル。強かったですね。
この馬は黙っていても活躍すると宣言してきたんですが、友人やお仲間さん、話す人殆どに「全然良く見えない」と否定されてきたんですよね(^_^;)
今だから言えますが。

皆様の言い分も理解できます。見た目なら僕もそう思いかけたクチです。
が、僕の中で絶対の真理と言いますか、教訓があるのですね。

『レーヴとハイジには逆らうな』

「良く見えない」程度なら、ほぼ『強い馬確定』ですからあの一家は。
どんな相手を付けようが外回りコースでグイグイ脚を伸ばしてくるので、マツパクとも合ってますね。
キンカメは割と配合に素直なので、やはりミストラルも東京や京都外回りでしなやかに伸びてくるタイプ。
阪神2400はスウィートスポットから少しズレると思いますし、そこで楽勝したことは素直に評価するべきだろうなと。

しかもミストラルは馬体や血統から受ける印象以上にクラシックディスタンスへの適性が高そうで、ダービーはもちろん菊花賞でも期待が持てるでしょう。古馬になってからも府中・京都の22~25の重賞を勝つと予想します。

ドスカーの血統構成はしなやか過ぎる程なので、ディープよりもキンカメ、ロブロイみたいな種馬の方が確実性は高かったんだろな~、と思います。
寧ろキンカメはベストかも。

レーヴ一族はあれだけ大活躍しているのに、種馬になった産駒は皆無。
あれだけ不幸が続くと一競馬ファンとしても報われて欲しいと感じるものです。

ミストラルには僕の馬が居ない所で(←重要ポイント)G1を勝って、一族の悲願を遂げて貰いたいですね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。