管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大物種牡馬導入
2016年10月18日 (火) | 編集 |
なんとマクフィに続きディスクリートキャットまでもが日本で種牡馬入りするとの事。
こりゃ日本の未来も明るいですね(・∀・)

僕ならプライベートアカウントのクロスを形成して色々遊びたいのですけど、ノーザンFでその路線を行くならデイトユアドリーム辺りどうでしょうか?
繋養先がダーレーなので、そのうちパカパカの一口クラブでも産駒が募集されるかもしれません。

一方マクフィはあのドバイミレニアムの一族で、しかも日本での実績もありますから人気を集めそうですね。
現役時代の実力からしても、少なくともモンテロッソ以上には期待したくなります。
キャロットでも産駒のアールブリュットが活躍しているので馴染みのある方も多いでしょう。
日本で走るなら少し力の要る馬場で本領を発揮すると思いますが、芝でもダートでも一流馬を輩出できるだけのポテンシャルを秘めた種牡馬だと思います。

僕はドバウィ産駒のお尻が大好きなので、こちらも縁があれば是非産駒に出資してみたいですね。


話は変わりますがシルクのドラフト。
明日10時から恒例の電話合戦が行われます。
残口がある中では三頭ほど気になる子がいまして、できれば年末ぐらいまで、欲を言えば坂路動画がUPされるまで、理想は追加募集馬が公開されるまでは様子見したいところです笑。
しかし、うち一頭は既にランクインしてるので明日中には埋まってしまう見込み。
他の二頭もそこまで長くは残らないと思います。
そんなこんなで悩みに悩んでおります。

一次で運良く馬式会社モシモシーンホットラインに繋がった事もあり、ドラフト結果は非常に満足のいくものでした。
来年シルクで欲しい馬は実績ではまず手が届かないと思うし、ここで無理にモシモシーンする必要はないかなと考え始めています。

※なお、モシーン言いたいだけやろ等のツッコミは一切受け付けませんのであしからず。





スポンサーサイト
都市伝説
2016年09月25日 (日) | 編集 |
今回は息抜き回。雑談です。
※シルク関連の記事は28日頃を目安にUPします。

今日シルクからマイナンバーの提供依頼書が再送されてきました。
これ、出したくないという方も多いようですが、僕としては知られて困る個人情報なんて一つもないので、クラブが必要だと言うのなら今すぐにでも出せるのです。心情的には。
仮に流失して困るのは口座番号くらいですかねえ。あ、でも一口生活は全く儲かってないし残金もギリギリですからそれさえも大して問題じゃないのかもw
実際のところ身分証をコピーしにコンビニ行くのが面倒くさい。とか、わざわざ記入するのがダルい。
なんて考えてるうちに明細と一緒に棄てちゃったんですよね、多分。

しかし、最近とある噂を耳にしまして。それが
『マイナンバーを未提出のままだとドラフトの当選確率が落ちる』
というもの。
だとしたら大変です。今すぐ郵便局に行かないとw

まぁ、実際のところは全く信じちゃいませんし、馬鹿げた話だと思っています。
これが事実だとしたら色々と問題になりますし。

ただ、こういう都市伝説みたいな話って良く聞くなあ、と。
他にも色々あったので纏めてみました。

・口取りに当たると次回の当選率が下がる
・分割より一括の方が当選し易い
・一頭だけで申し込んだ方が当選し易い
・入会翌年の抽選は外れ易い
・公平を謳っているが、明らかに新規の方が当選し易い(某クラブ)

一つだけ明らかに都市伝説ではない気もしますが。


マイナンバーよりはずっと信憑性があると言うか、納得できるものが多いですよね。
口取りなんかは本当にそんな気もしますね。感覚的にですが。
自分名義で出資したのはブレイクランアウト世代が初。
なので07産が二世代目となるのですが、当時の抽選結果は以下の通り。

カドデュソレイユ&クラウドバスター→×
ヴァルガリス&アルメーリヒ(無抽選)→○
記憶ではヴァルガリスの抽選はさほど厳しくなかった筈。

抽選確率の部分は後で色々と試してみました。
エピファネイアとプレザントライフは一括で落選。
エーデルグランツは一括で当選。
ワーパク、ティソーナは分割にしたけど当選。
トゥザクラウンは一括、分割、二年目の友人が一括と試して全部ダメでした^^;
今年はフォルテピアノとラドラーダを分割。ディアデラを一括にしてみましたが全滅。
アストラエンブレムは支払い方法以前の問題でしょうが一括でした。

そもそも支払い方法は途中で変更できるそうですし、自分のケースでみるとあまり関係無さそうですが・・・どうなんでしょうねえ?

とりあえず、シルクのマイナンバーは忘れないうちに提出しておきましょうかね笑。




某馬が予想より10万も高かった件
2016年08月15日 (月) | 編集 |
土曜日のレッドエレノアは1番人気を裏切り6着に敗退。
パドックでの緩い姿を見て嫌な予感がしたのですが、そういう勘は当たるみたいです…。
もっとも仕上がり以前に適性やルメール騎手のらしくない騎乗など様々な要因が合わさった結果と思いますので、次に走るであろう中山開催で改めて期待します。
※新潟は京都の次にハーツ産駒が苦手とする所であり、本来スピードに乗せるべきタイミングで他馬と何度も接触しているようでは厳しいですね。


さてさて、お仲間さんのブログを徘徊している際に見つけたのですが、キャロット募集馬の金額が公開された模様です。
僕の候補は30万、25万、17万5千円と思わずテーブル蹴り飛ばしそうになりましたが下手に安いよりは安心だと思います。ノーザンの値付けは信用しておりますので。

僕がおこだったのは『流石に30万は高過ぎだろう?シルクに予算回せないやんけ!』という超個人的な懐事情によるものであり、それに見合う馬体の持ち主であれば全く問題はないのです。

良いと思った馬に申し込む。
今年は本当にそれだけですね。

あとは出来が良ければカドリーユの子供とフェルミオン、プロミネント辺りを検討してみるつもりです。




ヤッテマッタ
2016年07月08日 (金) | 編集 |
最近PCの状態が悪くて急用以外ではあまり使用していません。
スマホ1台でほぼ対応出来てしまうんですね。
クラブの更新もスマホサイトで確認する事が殆どでして。
『ログイン→マイホース』

以上。

しかし、そんな生活を続けていた為か大事件を起こしてしまいました。
スマホサイトをご覧になっている方はご存知かと思いますがPC用サイトとは違って『MEMBER'S INFORMATION』の内容を確認するには項目をタップする必要があるんですよね。
んで、その更新チェックをずっとスルーしていましたよと・・・。


ツアー\(^o^)/オワタ


※気付いたのは受付当日の23時頃です。
お仲間さんのブログで状況を知り、慌てて申込手続きを行いましたが、今年は日程の都合上金曜日の方でしか参加する事ができません。
状況的にほぼ詰みだと思います。

ご一緒できそうだったお仲間の皆さん、本当に申し訳ありません。
一応北海道には遊びに行くと思います笑。



携帯は壊れませんでした
2016年05月08日 (日) | 編集 |
. .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: ::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . ::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ


ええ、クソレースでした。
1分半の間にレープロとケータイと新聞を地面に叩きつけた経験は初めてです。
出遅れ常習犯のロークエより更に遅れるってどういう事よ。

デムーロ騎手の出遅れは税金みたいなものなので、依頼した時点で受け入れるリスクだと思ってます。
誰が悪いとかじゃなくて、G1の舞台でやってしまった事がただ残念です。
この事態をどのように受け止め、今後どう対応していくのでしょうか。

胸糞悪いので回顧はしません。
二度と触れません。
レースに全く参加しておらず疲労も少ないでしょうから、一息入れてからのスプリント路線で巻き返しに期待します。

切れない馬が出遅れたらお話になりません。




過去最多・・かも?
2016年05月07日 (土) | 編集 |
過去に四頭出しまでは経験があるのですが、五頭出しは初めてかもしれません。
本来ブライトエンブレムやトータルヒートのレースはもっと盛り上がる筈なのですが、今回に限っては申し訳ありませんがうわの空です。

ここ最近は脳内の92%位はティソーナの事を考えて生活してましたからね。
その弊害か最近では『ボディソープ』が『ティソーナ』に見えて仕方ないのです。
この場合、眼科と神経内科どちらに行くのが正しいのでしょうか笑。


アロヒラニ→クボタンは勝負師として二流だと思っているのですが、馬術の選手としては超一流のエリートでした。
北海道の馬術部は比較的ユルめだが、関東圏の大学はガチな所が多いと聞きます。中でも明大や早稲田はガチガチだそうで…。
全日本馬術選手権3連覇を為し遂げた程の化け物。それがクボタンのもう一つの姿!
馬で例えるとアークルとかレッドラムみたいなものでしょうか(^_^;)?
何が言いたいかというと、ジャンパーを育成する点においては相当優秀なトレーナーなのかもしれないぞ、と。
実際にアロを障害緒戦と二戦目で一変させましたからね。
アロの賢さやセンスも確かにあるのでしょうし、僕自身障害の事はあまり知らないのですが、今後の育成と采配に注目しています。

ヴィッセン→叩き台の雰囲気が漂っていますが、諸々恵まれれば上位入選も可能でしょう。
兎に角スタートがどうにか改善しないと厳しいと思うのですが、手の内に入れているであろう松山騎手の手腕に期待してみます。

トータルヒート→先週の京都は内枠先行有利でした。日曜は特にその傾向が強く、いかにもエアレーション馬場らしい状態になってきました。
開催が進むにつれて内が伸びるようになるので、内枠を引いて好位から粘り混みたい所。
ハンデの関係上、主戦の和田騎手が乗れないのが残念ですが、OPや重賞では今後も51キロ前後で走るわけですから藤懸騎手ともセカンドオピニオン的な関係を構築出来れば良いのかなと。
個人的にキングスクルーザーの件もあるので、悪いイメージはないですからね。

ブライトエンブレム→芝の中距離ではピンポイントでしか活躍できない馬だと思いますし、最近は中山2200でさえ持久戦にならないふざけたレースが頻発しているので、矛先を変えるのも一手とは思っていました。
それがまさかダート戦になるとは予想の斜め上でしたが、この血統とキャラクターですしドゥラメンテのような絶対王者も居ないので確かに試す価値はあるんですよね。
ブライトには何とかG1のタイトルを獲らせてあげたいのですが、三歳馬も強いしキタサンが居るとスローばっかりだし、春天にしても内の先行馬が絶対的に優勢と、芝ではハードルが高いので…。
ダートに関しては半信半疑ですが、もし適性があるのならこんなに嬉しいことはありませんからね。
挑戦は大いに結構。
本当に合えばちぎって勝つでしょうし、このレベルの相手に57キロを背負うのも良い指標にはなりそうです。






メジャーあっち行け
2016年04月25日 (月) | 編集 |
エアスピネルの動向や鞍上問題、そして抽選。
もう気が気でなく夜も眠れぬ日が続いておりました。
ひとまず昨日で一段落。
とりあえずエアスピネルがダービーに向かってくれるだけでも良しとしなければなりません。

フローラSに関しては色々言いたいこともあります。
東スポ杯で一体何を学習したのか、当日の外差し馬場を見て何の工夫もないのか、等など。

しかし、平均ペースで流れた上に馬場も適度に力が必要な状態と、条件自体は悪くなく…。
岩田が多少ヘマをしたところでこのメンバー相手に3着外してるようでは、どのみち本番でシンハライトには勝てないでしょうから。
結局の所、まだ岩田や師が言うほど強くないのだと思います。

或いはダート馬である戦も浮上してきたかなと。
今思えば新馬戦も雨の恩恵があった故で、調教でバリバリ動いている事もフラグなのでは?
結果はどうあれ、一度試して欲しいですね。

これで僕の春はNHKマイルC一本勝負となりました。
諸々恵まれなければ厳しい条件ではありますが、二年連続でこのレースに有力馬で挑戦できることは素直に嬉しく思っています。

そして社台の募集馬ラインナップ予定表も届きました。
今年ももうそんな時期です。

字面だけですが、現時点ではスモークンフローリック、ミスエーニョ、エレクトラレーンの三択で考えています。





追加募集馬
2016年03月30日 (水) | 編集 |
一週間前の自分『ビッシュとカイザーバルとパールコードがフローラ出てきたら嫌だな~。勝つなよ、勝つなよ?絶対勝つなよ!?』

・・・やべぇ、どーしよ(;´д`)




話は飛びますが、シルクの追加募集馬が発表されましたね。
サトノノブレスの半弟と他三頭。
セールの落札馬も多いので身体的特徴も大体は把握しています。

率直に言うと、馬体に見所はあるものの出資には至らないかな~という感じ。
今年の秋は出費がかさみそうなので、ここは温存です。
それよりリスク覚悟でキャンセルが出たフラニーフロイドに申込みしようか悩んでいます。
いきなり矛盾したこと抜かしておりますが、実際当たるとも思っていませんので(´・ω・`)
いずれにせよ当分は売れ残る筈なので、バレッツセールの落札馬を見てからでも遅くないでしょう。

スキャットダディ産駒とか持ってみたいですね。
今年で言う所のエイシンヒマワリとかリッチーリッチーのような強かったけれど有名になりきる前に引退してしまった種牡馬の子が大好きなもので。
例えるならフランケル産駒よりエクセレブレーション、アメリカンフェイローよりオナーコード、ゴールデンホーンよりニューベイの子に惹かれるクチでして。

アンヴァルトに出資しなかったことも人生の黒歴史になりかけてますからね。






天使顔
2016年03月24日 (木) | 編集 |
先週行われたフラワーカップではエンジェルフェイスが優勝。
13年産世代のロードHCではクエストに続く二頭目の重賞ウィナーとなりました。
出資されている皆様、おめでとうございます。

エンジェルフェイスは個人的に世代でも1・2を争う好馬体の牝馬と注目してきた馬で、馬体だけでなく配合も厩舎も、果てには繁殖までも非常に高いレベルでまとまった素材だと羨望の眼差しを向けておりました。
高額過ぎるのが玉にキズですが、それでも大人気だったというのも納得です。
今後40口や複数口での出資を検討する際の基準になるかもしれません。

そして超個人的な都合ですが、この馬の存在はアグレアーブルにとっても追い風になると見ています。
軽い芝よりタフな馬場&展開向きの中距離ランナー。しかもヨーイドンの切れ味勝負にはされたくないクチですから僕の考えるアグレアーブルとキャラがモロ被りしています。
何より一番の強敵にプレッシャーを与えてくれそうなのが大きいですね。
強い先行馬の登場は大歓迎なのであります笑。

本来、東京や京都ではパフォーマンスを落とすタイプでしょうが、オークスに限っては距離適正で優位に立てると思いますし、当日が雨ならアシスト役どころかガチの強敵になってしまいそうな気もします(^_^;)


基本的に冠名の付くクラブには入会したくありませんが、シルクのナンセンスな馬名を見ていると寧ろマシに思えてくるんですよね。
おかげで以前ほどの抵抗もなく・・・。

僕は元々採算は度外視でやってますし、今後ノーザン系はますます競争が激しくなることが容易に想像できます。
それならいっそ、明らかな逸材を発見できた場合には、世代限定で冠名付きクラブへの入会を検討しても良いのかもしれません。




白い奇跡?
2016年03月10日 (木) | 編集 |
ウチの白い子がもう間もなくデビューを迎えます。
今年最後の新馬戦でお披露目とは持っているのかいないのか…。
しかし鞍上が唯一神ルメール様とのことで、とても楽しみになりました。
今後もコンビ継続となれば嬉しすぎます。

一部では本当に女・藤田に依頼をしているのでは?なんて噂も立っていたようですが、新馬戦はやっぱりベテランに乗って欲しいですからね。

ユキチャンの13は白くなければ絶対に出資してなかった筈の子です。
ですからティソーナやアグレアーブルらとは求めるものが違います。

この馬と一緒に口取りしたい、グッズ化したら買い漁ろう。あ、出来れば鞍上ルメール様で・・等々妄想のベクトルが全く違いますね。
最後のは来週の結果次第ではいつか実現するかもしれないですし、東上する位に勝ち星を積み重ねてくれるなら言うことありません。


そしてこれだけは言っておきますが、僕は今後も彼女の事を『ユキちゃん』とか『白いの・・』とか『おじょー』といった具合に呼び続けたいと思っています。
別に名付け親の方を恨んではいませんし、どんな名前で応募しようが個人の勝手です。

が、この名前で申請したシルクの担当者は○おかしいんじゃねえの?!と声を大にして言いたいです。
勿論もう少しオブラートに包んではいますが、実際にクレームは出しました。
こんな事でクレームを出さなきゃいけないのか、と本当に頭が痛くなりました。

本気で良い名前だと思って申請したのなら、僕はその人のモラルとセンスを一生理解できません。
今年の馬名を見てもその思いは一層強くなりましたし、センスという意味では根本的に合わないのでしょう。

ただ普通に、一般常識として考えてですね、自分の大切なペットや子供に「覚えやすいから」なんて理由で安置な名前、ふざけた名前を他人から付けられたとしたら、託した人はどんな気持ちになりますかね?
※安置だとしてもブライトエンブレムなんかは全然アリでしょうし、個人で命名する分には小田切さんのような拘りも結構だと思います。

僕ら出資者は(少なくともシルクでは)決められた名前を受け入れる他になく、例えそれがどんなに非常識なものであったとしても覆すことはできません。
生き物に名前付けるなら責任を持つのは当たり前で、真剣に向き合ってる人達の気持ちだってもう少し考えた方が良いんじゃないですかね。
クラブにとっちゃ百何十頭の一頭でも、出資者にとってはたった一頭で、馬からすれば一生ものですよ?

『覚えやすい』じゃなくて『覚える努力をしろ』って言いたいですね。

愚痴になってしまいましたが、ユキチャンの13には1ミリも罪はないので変わらず心底応援していきたいと思っています。


ちなみに、
響きは格好いいけど意味がわからん…。
由来は素晴らしいけど格好良くはないよね…。

↑みたいな話題が毎年必ず出てきますが、こういったケースは個人的にはもう全然オーケーですね。
良い所が一コでもあるなら文句を言うのは贅沢ってもんですよ。

こう考えるに至ったのもシルクのおかげですね(・∀・)


それと、イグジビットワン14が『ムスターヴェルク』になったんですよね。
せっかくなので某競馬漫画キャラとリアル競走馬を思い付く限り比較してみたのですが・・・

カスケード
ベアナックル
ブリッツ
プレミアムタイム
コメート
ミルクマン
スイッチスタイル
ベンダバール
ブロックバスター
ジェネシス
アポカリプス
アトランティス
エスペランサ
アルフレード
ミヨシタイガー


アルフレードだけ漫画を超越してた件。

つか、ベアナックル実在してるんかいww





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。