管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねんがんのソルティレージュをてにいれたぞ!
2008年02月25日 (月) | 編集 |
やりました!
キャンセル募集で第一希望のソルティレージュを見事ゲットです!
仕事を休んで粘った甲斐があったというものです。

電話が繋がったのは1時半ごろだったでしょうか。
それまで何度掛けても話し中の音しか鳴らず、やっぱダメか……と諦めかけていた瞬間に起きたラッキーでした。
電話が繋がって早速ソルティレージュの事を確認すると、担当者から「大丈夫です」との一言が。
本当に嬉しかったです。思わず池添騎手ばりのガッツポーズを作っていました。
そしてその後、すぐに出資の申し込みを行いました。

ちなみに僕が「既に満口になってしまった馬はどれぐらいいるのですか?」と尋ねてみたところ、タイキポーラ、ウインフィオーレ、プレジャートレイル、ヴァンドノアール、ジラベル、マンハッタン、キョウエイマーチなど、他に目を付けていた馬は全部埋まっていました。
なんと第一希望のソルティレージュだけが残っていたという状況だったのです。
それを聞いて背筋が凍りましたね。
まさに間一髪の所だったというわけです。
なんだか今年の運を全て使い切ってしまったような、そんな気分です。

まぁなんにせよ、これで僕の所有馬も三頭目となりました。
ソルティレージュのタイプ的に大当りを期待するのは酷かもしれませんが、精一杯頑張ってもらいたいですね。

この馬に望むことはとにかく数多く競馬場で走る姿を見せてもらうことです。
理想は準オープン辺りでコツコツと稼いでくれたらと思うのですが、良い方向に期待を裏切って欲しいものです。




スポンサーサイト
第三章:前脚の見方(後編)
2008年02月24日 (日) | 編集 |
フェブラリーSはヴァーミリアンが貫禄を見せつけて勝利。
一頓挫あったヴァーミリアンですが、最高の形でドバイへ向かうことができそうですね。
この馬も以前サンデーサラブレッドクラブで募集されたクラブ馬です。
当時の写真を見た感じではどちらかというと芝向きの印象を受けるのですが、今では見るからに強いダート馬といった感じの馬体をしています。
そのうちここでも取り上げてみたいと思っています。
キャロットにもこういう良い馬がもっとたくさん来てくれるといいんですがね……。

さて、それじゃそろそろ馬体の勉強をしていくとしましょうか。
第三章も今日で最後。
今日は蹄と屈健のお勉強です。



4、蹄

下の三つの写真を見て下さい。先に実物を見てもらった方が後の説明もご理解頂けやすいと思います。

A 標準 
標準

B 立ち気味
ロッタ1

C ベタ蹄
ベタ

まずはAの標準タイプ。
一般的には、この標準タイプの蹄をした馬が多く見られます。大きさや蹄底も平均的です。
このタイプは基本的に良馬場がベストですが、蹄底が深ければ重馬場や時計の掛かる荒れ馬場でも力を発揮できます。
ダートでも平均的にこなせるバランスのとれた形といえるでしょう。

次にBの立ち気味タイプ。
このタイプは蹄の角度がきつく、大きさは小さいものの、非常に蹄底の深い形をしています。
芝では荒れ馬場や重馬場に強く、雨の日には無類の強さを発揮します。
その反面、良馬場でのスピード決着では他のタイプと比べると若干分が悪くなるでしょう。
ダートコースでは良馬場、硬くて力の要る馬場ほど有利になります。
しかし、これも逆に、脚抜きの良い馬場に関してはこなす程度ですね。

最後にCのベタ蹄タイプ。
このタイプは蹄の先端が寝ていて、割と大きめで蹄底の浅い形をしています。
持ち馬にこのベタ蹄タイプがいる場合は、レース前日には毎回てるてる坊主を吊すなりして下さい。
雨が降ったらもうそれまで。雨で滑ってまず力を発揮する事ができません。
極端に言えばミドリマキバオー状態です。
しかしパンパンの良馬場、特に芝の荒れていない開幕週などでは力をフルに発揮する事ができますので、スピード決着になればそう簡単に負けることはないでしょう。
Bの立ち気味タイプの馬とは正反対の適性を持っていると言えます。

簡単にまとめますと、

     良馬場向き  ←→  重馬場向き

先端   寝ている         立っている
大きさ   大きい          小さい
蹄底     浅い            深い

ということになりますね。

それともう一つ、左右の蹄が、形、大きさ共に同じであるかどうか。これも非常に重要なことです。
蹄が左右で違うものだと、歩様のバランスが崩れてまともに走ることができませんし、何より故障の原因ともなります。
実際に馬を見れるのが一番ですが、それができなくともDVD等で色んな角度からしっかり確認することを忘れてはなりません。


五、屈健

これも写真を見て下さい。

ウインF1

管から屈腱がくっきりと浮き出ているのが解ると思います。

このような馬は非常に強靱な屈健であると言えます。
丈夫な健はカタログの写真でもはっきりと確認できますので、出資の際にも検討してみると良いでしょう。
逆にここが明瞭でない馬ほど、屈腱炎になる可能性が高いと言えます。
俗に言う「脚元のすっきりしない馬」というやつです。


三回に分けて説明してきましたが第三章、いかがだったでしょうか?

実際の所、いかに頑丈な構造をしていようとも100%怪我をしない馬など存在しません。
しかし、情報を得ることで危険回避率をアップすることは可能だと思います。
馬主なら誰だって自分の馬には常に健康でいて欲しいに決まっていますからね。
数多くのレースに出走できる丈夫な馬に出資したいものです。


第三章:前肢の見方(中編)
2008年02月23日 (土) | 編集 |
先週のきさらぎ賞はレインボーペガサスが優勝。流石はペリエ騎手、鮮やかな騎乗でしたね。
今年の牡馬クラシック戦線は主役不在の大混戦とあちこちで噂されていますが、今日の内容を見ると皐月賞やダービーでもそんな感じになりそうです。
二着馬
スマイルジャックと先週のタケミカヅチ辺りが良い物差し馬となりそうな気が致しますが、さてさて今後はどうなることやら。
ちなみに僕の注目馬は
マイネルチャールズベンチャーナインの京成杯組です。

それでは、そろそろ馬体のお勉強といきましょうか。
今日は前回に引き続き、馬の前脚を見ていきます。
今回のお題は『繋ぎ』です!


3、繋ぎ


繋ぎとは球節から蹄の間の部分のことを指します。主に脚への衝撃を吸収する役割を果たす部位です。
『長さ、角度、柔軟性』
大体この三点を確認できればOKだと思います。

まずは長さと角度ですが、これは馬を横から見ることで確認できます。
一般的には、短めで立ち気味の繋ぎ深い砂をよく捕らえる事ができるのでダート向き
長めで寝ている繋ぎ
はクッションが利くので芝向きと言われています。
(一般的に芝馬なら45度。ダート馬なら60度位が理想と言われている)

また、衝撃が大きい程ショックを吸収してからの反発は遅くなります(トランポリンを想像してもらえればわかりやすいと思います)ので、大型馬で繋ぎの長い馬は速く走ることができません

しかし、長くて寝た繋ぎは大きなストライドを生み出すことができます。
ですが、これも限度を超えるとクッションが効きすぎてスピードを殺してしまう上、屈腱にも大きな負担がかかってしまうので、適度に長さを持った馬を選んだ方が良いでしょう。

ダート馬の場合は、砂がクッションの代わりになりますので、短い繋ぎでも問題はありません。
むしろ長いと脚抜けが悪くなってしまいます。
とは言え、やはり立ち過ぎたものや短すぎるもの程、故障する率は高いと考えて下さい。
これは芝を走ろうとダートと走ろうと、同じ認識で良いと思います。
例として下に載せておきますが、今日のリトルアマポーラみたいな馬は相当危険です。

リトルアマポーラ

見ての通り繋ぎがかなり立っているので、この馬に芝を走らせて本当に大丈夫なのかと心配してしまいます。 とはいえ、長さも結構あるのでダート適性を問われても疑問符が付くんですよね。
確かにトモなんかは良質な部類に入ると思うのですが、血統も特別良いわけではありませんし、この馬の会員さんはなぜ彼女を選んだのか、どうやってその素質を見抜いたのか、是非教えて頂きたいものです。
皮肉とかじゃなくて本当に尊敬に値する相馬眼をお持ちの方々だと思います。
正直、何故リトルアマポーラがあんなに強いのか、オレにはさっぱり理解できない……。

そして最後は、冒頭でも言ったように『柔軟性』があるかどうか。これも重要ですね。
柔軟性も長さや角度からある程度推測することは可能ですが、正確にはDVD等で実際に歩いている所を見ないと解りません。
ちなみにキャロの06年産馬では、
ホープチェストの06スカーレットローズの06がとても柔らかい繋ぎをしています。
あれぐらい柔軟性に富んだ繋ぎならば、仮に若干立ち気味だったり短めだったりしても、充分クッションの役割を果たしてくれると思います。


キャンセル募集戦記2008 pert3
2008年02月21日 (木) | 編集 |
キャンセル募集の候補を以下の6頭に絞りました。
僕の優先順位は上から書いてある通りです。

ソルティレージュの06<9口>
タイキポーラの06<7口>
ウインフィオーレの06<9口>
ヴァンドノアールの06<5口>
ジラベルの06<2口>
オーシャントレイルの06<12口>

こんなに口数があって、その上選べるのは一人一頭だけですから、多分どれかには当たるだろうと思っているのですが…。
この6頭ならどれが当たっても満足ですが、できることなら、やっぱりソルティかポーラだと嬉しいです。


皆さんもどの馬を狙うか、もうお決まりになりましたか?

キャンセル募集戦記2008 pert2
2008年02月19日 (火) | 編集 |
ようやくクラブ側からキャンセル募集についての詳細が発表されましたね。

今年のキャンセル馬は以下の通りです。

パテントリークリアの06 <7口>
ビワビーナスの06 <7口>
スーパードレスの06 <9口>
ソニンクの06 <6口>
レディブロンドの06 <8口>
プレジャートレイルの06 <12口>
ホープチェストの06 <10口>
アルウェンの06 <11口>
ベビーグランドの06 <10口>
ロッタレースの06 <9口>
バイラリーナの06 <8口>
ヴァンドノアールの06 <5口>
ユーワジョイナーの06 <3口>
エクボの06 <14口>
カーリーエンジェルの06 <5口>
キョウエイマーチの06 <10口>
オリンピアデュカキスの06 <12口>
アドマイヤリッチの06 <12口>
オーベルゲイドの06 <10口>
ビッグエリザベスの06 <9口>
フラワーパークの06 <7口>
シーズアンの06 <2口>
ルビーマイディアの06 <11口>
スカーレットローズの06 <20口>
マンファスの06 <13口>
ローザネイの06 <8口>
ウインフィオーレの06 <9口>
ジェドゥーザムールの06 <10口>
ソルティレージュの06 <9口>
インディスユニゾンの06 <13口> 
フーラクサの06 <13口>
マイワイルドフラワーの06 <13口>
ジラベルの06 <2口>
タイキポーラの06 <7口>


たくさん出ましたね~。
全部書くのが大変でした汗。

ちなみに僕がこの中で一番欲しいのはソルティレージュで9口。
第二希望のタイキポーラは7口。
人気を集めそうなキョウエイマーチは10口キャンセルが出た模様です。

だがしかしッ、僕のもう一頭の注目牡馬ブゼンキャンドルの06の名前がどこにも載っていません。
と言うことは、つまりキャンセル0!
なんと一人もキャンセルしてくれなかったということ!
一番多いので20口とかもあるというのに、何度見直してみてもブゼンキャンドルはゼロ!

最高にローってやつだ……OTL

他にキャンセル0だったのはハルーワソングの06だけですから、これは運がなかったとしか言いようがありませんね。全くもって残念なことです。
まぁ、いずれにせよ一人一頭しか買えないそうですから、ソルティかポーラに出資できるのであれば、とりあえず今はブゼンのことは諦めがつきます。
代わりに第三希望、第四希望を決めておくことにします。

なんにしても、一度満口になった馬をもう一度ゲットできるチャンスがあるというのは嬉しい事です。
第一次と違い、どの馬に関しても成長過程と今の状態がある程度はっきりしていますので、走りそうな馬とそうでない馬の判別が格段にしやすくなっています。

元々ソルティにせよポーラにせよ、入会さえできていれば第一次募集で取る予定の馬だったのですから、今回のチャンスは絶対に逃したくないですね。
去年のトールポピーのような思いはもう懲りg…以下略(しつけぇ)。


特別編・弓脚にはご注意
2008年02月17日 (日) | 編集 |

前回の予告で、今日は「繋ぎ」について解説をしていくと申し上げましたが、少し予定を変更して、特別編をやりたいと思います。
確かに前脚についてと言えば前脚ついてなのですが、今日は馬の見方というよりも僕の選考基準を紹介する、という形になってしまいそうです。

しかし、今回紹介することは皆さんにとってもきっと損はない話だと思います。
なので是非聞いてみて下さい。



『弓脚の馬は避けるべき』

僕は出資の際、真っ先にチェックすべきポイントは二つあると考えています。
一つは『総合的に良いトモをしているか』
これは後日紹介しますね。
そしてもう一つが『脚に不安がないかどうか』

繋ぎの角度や骨量ももちろん重要ですが、特に気を付けておきたいのが、今回紹介する
『弓脚でないかどうか』ということです。
馬を横から見た時に、前肢が『真っ直ぐ』もしくは『くの字』の形をしていることが、僕の中の出資時における必須条件となっています。

では弓脚とは一体どの様な状態を指すのかというと、『前脚が後ろに反っている(左に角度がついている)状態』のことです。
口で説明するより、まずは図をみてもらった方が早いですね。

サーリセルカ

どうでしょう、前肢が完全に後ろへ反ってますよね?
これだと膝裏や腱への負担が非常に大きく、骨折や屈腱炎などの故障を発症する確率が非常に高いと言えます。
身体が弱ければいくら血統が良くても、名門厩舎所属でも、主戦が武豊でも、その才能を開花させることはできません。
ここまで酷い弓脚だと、まともにデビューさせることすら難しいと思います。
(事実この馬は先日のレース後、骨折してしまいました)

僕の所属するキャロットクラブは故障馬が多いことで有名です。事実です。
なので他のクラブ以上に慎重にならざるを得ません。
確かに持ち馬が
アロンダイトデュオトーンくらい走ってくれれば、それは幸せな事だと思います。
だけど、彼等が脚元に不安を抱えた馬であることも事実ですよね。
(その原因を弓脚だけに断定することはできませんが…)

僕はキャロの馬ですと、少しでも脚に不安が見つかった馬は基本的にその時点で見送り決定、ぐらいの考えでいます。
ただでさえ不安要素を抱えているというのに、目に見えている地雷をわざわざ踏みにいきたくはありません。
もし、僕が弓脚の馬に出資する、ということがあるとすれば、その馬は他の箇所がずば抜けて凄いということです。 

でもやっぱり本当はキャロットクラブに限らず、弓脚ならそれだけで出資候補から外してしまっても良いくらいだと思います。
『無事是名馬』なんです。
実際、種牡馬になるような馬の多くは、大体『真っ直ぐ』『くの字』の形をしています。
ちなみに『くの字』に曲がった脚のことは「彎膝(わんしつ)」と呼ぶのですが、こちらはさほど気にする必要はありません。
一部ではむしろその方が丈夫だという声もあるようなので…。

下のディアデラノビアヴィータローザなんかはパッと見た感じ酷いくらい彎膝ですが、長い間現役で活躍していますからね。

ディア
ヴィータ


みなさんも馬選びの際には、それぞれの価値観を持って、常にリスクと期待を天秤にかけながら決定していることでしょう。
それで良いと思います。自分の後悔しない選択が一番ですから。

ただ僕の場合は、何より丈夫であることを最優先にしているということです。
自分の持ち馬が長く健康に走り続けてくれることは、皐月賞やダービーのような大レースに出走するのと同じくらい嬉しいものです。
せっかく良い馬を持っていても、それが半年や一年に一度しか姿を見せてくれないのでは寂しすぎますからね。

もし僕と同じ考えをお持ちの方は、くれぐれも弓脚の馬にはご注意下さいね。


次回こそは予告通り「繋ぎ」について、ちゃんとした解説をしていきます。


キャンセル募集戦記2008 pert1
2008年02月14日 (木) | 編集 |
毎年この時期になると、キャロットクラブではキャンセル募集というイベント(?)が行われます。
簡単に説明すると、一度満口になった馬をもう一度ゲットできるチャンスがある、というとても有り難い機会です。
僕がこんな半端な時期に入会したのも、このイベントがあったからこそです。
近日中にクラブ側からも詳細が発表されるはずです。

しかしこのキャンセル募集とやら、毎回全く電話が繋がらない程の大混戦になると聞いていますので、その日は仕事を休んで家電と携帯も全部使って、万全を期して決戦に臨みたいと思います。
なんてったって、僕は当然ながら初体験ですしね。勝ちにいきますよ~。
こういうのは最初に良い思いをしておかないと来年以降のモチベーションにも影響しちゃいますからね。
というか、一次募集時に入会できなかったのですから、ここも落すようなら完全に負け組決定というものです。(色んな意味で……)

キャロットクラブでは様々な要因から牝馬に大物が集まる事が容易に想像できます。過去の実績を見てもそれは明らかです。
僕もタイキポーラ06やブラックエンブレムの妹にはかなり注目しています。

しかし、今年に限って言えば、本当の大物は牡馬の中にいるような気がしているのです。
キュー06の他にもう一頭、重賞級の器と見込んでいる馬がいるのでその某B君を狙っているのですが……さぁ、どうなることやら。


第三章:前肢(管、膝、繋ぎ、蹄、屈腱)の見方
2008年02月11日 (月) | 編集 |
エルフィンステークスのポルトフィーノ、強かったですね~。
個人的には三着のレジネッタ。この馬も相当強いと思っていたのですが、それに四馬身以上の差を付けての圧勝。それも殆ど手綱を持ったまま。
これは早くも今年の桜花賞馬が決まってしまったかもしれません。

しかし、そんな強い馬でも脚元に不安があるとしたら、今後大成することはやはり難しいと思いませんか?

今日は競走馬がもっとも故障を発症しやすい箇所である前脚について勉強していきます。
いちアスリートとして厳しいトレーニングに耐えられるかどうかを判断するのに最も重要なポイントです。

確認する箇所は以下の5点。



繋ぎ

屈腱


長くなるので今回は2、3回に分けて説明します。


1、管について

競走馬の脚で最も折れやすい場所が、この管(①)です。

管0

前膊(②)よりも短いものが良いでしょう。短いほうが骨折しにくいです。


『前膊は長く、管は短く 』
これは昔からの有名な格言です。

あとは後管に充分な長さがあること。
後管前管1.5倍以上の長さを持っていることが理想とされています。
ここが短いと、走りに伸びが出ません。

ちなみに、菅の周囲の長さのことを菅囲と呼びますが、ここが細いほど骨折する可能性も高くなると思った方が良いです。
馬体重や誕生月にもよりますが、僕は募集時に19cm以上であることを許容範囲の目安としています(キャロの場合)。


管



2、膝について

膝は関節幅が広く深さがあり、骨ばっていながらも形が滑らかなものが丈夫だと言われています。
これも骨量があることに加え、左右対称であることが重要です。
横からだけでは確認が難しいので、DVDで良く確認するようにしましょう。


☆理想の前脚とは☆

前から見たときに、前腕から膝、管、球節を抜けて蹄の真ん中までビュッと一本の線が通っている馬がいれば理想ですね。
まあ実際のところ、そんな馬はなかなか見つからないんですが……。

以前どこかで見たDVDだかビデオにあったんですが、
テイエムプリキュア
がその例として取り上げられていましたね。

ちなみに、内股気味になっているのを内向ガニ股気味なのを外向と呼びます。
特に危険なのが内向のほうです。
丈夫さを重視する人は、基本的には避けて通ったほうが良いでしょう。
キャロのDVDを持っている方はヴードゥーレディ06の左前脚をチェックしてみて下さい。
内向しているのがわかると思います。

コレさえなければ彼女も出資候補の一頭だったんですけどね……。
最初に見た時からこの血統と身体で3万円はいくらなんでも安すぎる、と思ったものですが、間違いなく内向が理由でしょうね。
お買い得過ぎる馬にはやはり、何かしら裏があるみたいです……。


中編に続きます。


第二章(キ甲)
2008年02月03日 (日) | 編集 |
昨日はハイアーゲームと共に撃沈しましたティアです。
こんな事ならビワプランサー06にでも出資すれば良かったぜッ!
やはり、馬券に私情を挟むとロクな事がありません。
それでも懲りずにハイアーの単勝を買い続ける事、それがオレのTHE・美学!

とまぁ、こんな話はどうでもよかですね。
予告通り、キ甲について見ていくとしましょうか。



その1、キ甲

キ甲とは馬の首と背の境にある、膨らんだ部分のことです。

キ甲1

幼年時には膨らみが目立ちませんが、成長すると高くなり、はっきりとしてきます。
この事を「キ甲が抜ける」といいます。

キ甲が高いと肩甲骨も長くなりますので、肩の可動域が広くなります。
つまり、キ甲が高くて長さのある馬はストライドの大きい走りができるということです。

出資の際に選ぶコツとしては、高さではなく大きさに目を付けることだと思います。
高さは成長と共に伸びてくるものですし、募集カタログ用の写真を撮られた時期には、まだ殆どの馬がキ甲が抜けきっていないはずです。
ですので、高さがなくても基盤となる部位そのものが大きい方が将来性は高いと思います。
また、キ甲の位置が後方にあるほど肩の骨に傾斜がついているということなので、クッションが効くという見方もできます。

それともう一つ、その時点での成長度を測る方法として、キ甲とお尻の頂点を一直線に結ぶというのがあります。

トールポピー1

この時、キ甲の位置よりお尻が高い馬はまだ成長の余地がある、という見方ができます。
平行なら成長の限界に近いという感じでしょうか。
つまり、ある程度トモ高の馬の方が今後の成長を期待できるということです。
※先程も触れましたが、募集をかけられる1歳の6月~9月ならば、大抵の馬はキ甲よりお尻の方が高い位置にあると思います。

ただ、骨が細い馬や脚が長いだけの馬はそう大きく変わる余地が少ないので注意しなければなりません。
そういった馬は身体が大きくならないだけでなく、将来的にもトモ高が解消しきれず前脚に負担がかかりやすくなってしまいます。

ダート馬などは比較的トモ高の馬が多いのですが、それでもそう極端には高くありません。
上記のようにラインで結んでみても、少し高いか?程度です。
実際にはトモ高というよりも、腰が発達している故にそう見えるだけ、というケースがほとんどではないでしょうか。
芝馬であろうとダート馬であろうと、極端なトモ高は危険だと考えたほうが良いでしょう。

また、若馬の頃から古馬のように釣合のとれた馬体は、成長するにつれて形が崩れてくるケースも多いので、これにも注意が必要です。
僕個人の考えとしては、馬の血統や誕生日などを良く見て、総合的に判断することが大切なのではないかと思っています。


一章よりは短めとなりましたが、キ甲に関する解説は以上です。
トモや繋ぎなどに比べると、どうしても意識を向けられる機会の少ない部位ですが、やはりキ甲も身体の一部なのだということを忘れてはいけません。

次回は前脚を中心に見ていく予定です。
それではまた来週!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。