管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
赤本ゲットだぜ!
2008年08月29日 (金) | 編集 |
今更ながらPOG用の赤本を買ってきました。
僕はここ数年POGには参加していないのですが、毎年この本だけは馬体の勉強用に買い続けています。
一年後活躍した馬の写真を見返してみると、色んな事に気付くんですよね。

そうやって自分なりに相馬眼を鍛ようと試みているわけですが、今回赤本を見て一番ビックリしたのは、本家社台のゴールデンチケット(母アグネスショコラ)とサンデーのデグラーティア(母デフィニット)が募集当時の写真と比較して物凄く良い馬体になっていたことです。

ゴールデンチケット
デグラーティア

デグラーティア(下)に関しては、以前行ったランキング付けの時も既に高い評価(B+)を与えているので割愛しますが、ゴールデンチケット(上)の方はこれまで殆ど気にも留めてなかった馬だったので、今回目を止められた事に凄く驚いたんですよね。
請求したカタログに付けたメモにも「ランクC マイラーっぽい。繋ぎも微妙。値段高すぎ。同父のライラックレーン06に似ている(フィフスペトル)」と褒め言葉らしい褒め言葉が一つもありませんでした。
それが今ではこんな素晴らしい姿に変貌を遂げたのですから、競走馬の身体はやはりオモシロイです。この馬はランクCどころかA+の馬でした。
それをカタログとDVDを見たときに気づけなかった事が凄く悔しいです。
(↓は募集時の写真)

アグネスショコラ06 

それにフィフスペトル(←クリックで写真)に似ている、というのも今になって言えば褒め言葉ですよね。
もし、このゴールデンチケットまで活躍するようなら、僕の中で走るキンカメ産駒の傾向がなんとなく掴めたような気がします。
さらに、これも前に話したかと思いますが、キンカメ産駒は年を明けてから急激に良くなってくる馬が本当に多いです。
今後もキンカメ産駒は要チェックですよ!


あと、他にこの馬良いなー。と思ったのは勝ち上がっている馬の中ではプロスアンドコンズテーオーストーム
デビュー前の馬では、弓脚なのが少し気になりますが、シルクプリマドンナの子供(父キングカメハメハ)が良く見えましたね(近いうち馬体診断するかも……)。
他にもAランクレベルの馬がちらほらといましたし、これからデビューする馬の中に大物が潜んでいる確率は極めて高いと思います。


スポンサーサイト
彼はやっぱりドM血統のようです…
2008年08月26日 (火) | 編集 |
小倉5Rの新馬戦(芝1800M)にストゥレガーレが出走。
結果からお伝えすると、掲示板まであと一歩の6着。
着順だけ見るとイマイチな結果に終わってしまいましたが、内容的にはそれほど悲観するようなものではありませんでした。

当初から「気性面に問題がある」、「使いつつ良くなるタイプ」、「牡馬相手にも馬っけを……」等と散々不安を煽るようなコメントが出ていたので、スタートでの出遅れくらいは覚悟していたのですが、まずまずのスタート(決して良くはなかったですが…)を切ってくれました。
しかし、それより好スタートを切った隣枠の二頭に前をカットされるような形になり行き脚がつかず、道中は中段よりやや後方のラチ沿いを追走することに。
三コーナー辺りでレースが動き出した時に若干遅れそうになったものの、コーナーワークを利して先団に食らいつき、十分な手応えのまま直線へ。

『これなら行けるぞ!』
一瞬そう思わせたものの、よく見ると和田騎手が殆ど追っていません。
それに走り方もどこかおかしい。
(も、もしかして故障か!?)
なんて思ったりもしましたが、あれは追わないと言うよりも、追いたくても追えないといった感じ。
そこで僕は彼等の状況を察知しました。

(あー、めっちゃモタれとるわ……)

和田騎手が手綱を左へ引っ張り、何とか体勢を立て直そうとしてくれましたが、結局ゴールまでストゥレガーレの走法が修正されることはありませんでした。
あれではどうやっても勝つことなんてできません。

それでも、素質を感じられるレースだったことは救いです。
1、2着は別として、まともに走れてさえいれば、三着争いには加わっていたと思います。
馬体も相変わらず良く映っていましたしね。

今回の所はまぁ仕方なし。
陣営のコメント通り、ここを叩いての変わり身に期待といった所でしょうか。
今日は勝利どころか掲示板さえも逃してしまうという結果でしたが、競馬を覚えてくれば、そのうち順番が回ってくるでしょう。
ブリンカー等を試してみるのも良いかもしれませんね。

それに、420キロ台で出てきてくれたのも良かったです。
パドックを見る限り、幾分余裕があるようにも感じられましたが、今後のことを考えるとやはり410キロ前後で出てこられては厳しいと思っていましたので。


まあなんにせよ、無事にレースを終えてくれて良かったです。
ストゥレガーレよお疲れ様。次のレースも期待してるぞ!

20080826162523.jpg

(↑ブレイクランアウト時と比較して明らかに自信なさ気の管理人笑)


ストゥレガーレがデビュー!
2008年08月24日 (日) | 編集 |
愛馬ストゥレガーレのデビューが明日に近づいてまいりました。
近日はブログを更新する余裕がなく、彼の近況について詳しくお話しすることができずにいたのですが、スタッフのコメントによると、まずまず良い具合に仕上がったみたいですね。

彼はドM血統(ロベルト系)ですから、本当に良くなるのはやはり何度か叩いてからなのでしょうが、今回は特別強い相手もいなさそうですし、いきなりでもチャンスは十分あるのでは……?なんて思っています。
馬体重や気性面など、不安要素もいくつか見受けられますが、一つでも上の着順を目指して頑張ってもらいたいですね。


ちなみに、今回は前回ほど緊張していませんね。自分でも不思議なほど落ち着いております。
慣れとかそういうことではなく、純粋にブレイクRの時は期待が大きすぎたのでしょうね(勿論ストゥレガーレにだって期待していますからね!)。
心に余裕を持って、明日に臨みます!

それにしても、こんなに早く持ち馬が二頭もデビューを果たしてくれるなんて、僕は幸せ者以外の何物でもありませんね。
無事デビューにこぎ着けるだけでも、本当に大変なことです。
彼等の育成を手がけられたスタッフ様方には、改めて頭の下がる思いをしています。



今週も目が離せません
2008年08月08日 (金) | 編集 |
土曜の未勝利戦にブレイクランアウトの新馬戦の2、4着馬ミッキーペトラ&カモンベイビーが出走します。
このレースには大物と評判のプロスアンドコンズも出てくるみたいですが、彼らがプロコン相手に好勝負できるようなら、ブレイクランアウトの強さもより実証されることになりますので、ぜひぜひ打ち倒してもらいたい所ですね。
他にもダイワプリベールが勝った新馬戦からも何頭か出てきますので、力関係を図るには極めて重要な一戦となりそうです。

それと先日、キャロからブレイクランアウトの写真が送られてきました。
どうやら持ち馬が優勝すると貰えるみたいですね。今回初めて知りました。
こういったファンサービスは本当に有り難く思います。

ブレイク 新馬


今から6年ほど前、ギャロップのPOGでも同じようなサービスがあったのを思い出します(今とはルールも大分違いました)。

ちなみに、その時僕が指名していたのはヤマニンセラフィムでした。
京成杯の写真は今でも大切に保管しています。
ローマンエンパイアとの同着も、今となっては良き思い出ですね。


有力馬続々登場中!
2008年08月04日 (月) | 編集 |
ピサノシンボル、カヴァリエ、メジロポッター……。
ブレイクランアウトに続くかのように、続々と将来有望な馬が出てきましたね。
実は先週のGallopと新馬戦の想定表を見て、出てきたら嫌だなと思っていた馬が三頭ほどいたのです。
そのうちの二頭がカヴァリエとメジロポッターでした。(もう一頭はピカルディー)
昨日、一昨日の結果を見ると、ブレイクランアウトにとっては運が良かったかもしれません。

カヴァリエはサブジェクトの弟ということですが、こっちの方が兄よりキレがありそうですね。
バクシンオー産駒にしては距離の融通も利きそうですし、今後順調にいけば朝日杯まで駒を進めてくる可能性は大でしょう。

次にメジロポッターですが、こちらは距離が延びて良いタイプでしょうね。二千メートル以上、クラシック向きの馬だと思います。
この馬は父がメジロベイリーということで、個人的にも注目していました。
ポッターが頑張ってくれれば、ベイリーもエイシンサンディやニューイングランドのようになれるかもしれません。ブライト亡き今、弟のベイリーには是非頑張ってもらいたいと思っています。

一方、ピサノシンボルの新馬戦にはディバインフレイムも出走していたのですが、こっちは結果だけ見ると相当ヒドイ有り様ですね。
ブレイクと共に06産の出世頭になるだろうと高評価を与えていたこの馬ですが、どうやらまだ気持ちが走る方に向いていないようです。
他に考えられる要因は雨や不良馬場に嫌気がさしてしまったといったところでしょうか?
以前、僕が大ファンだったメジロロンザンという馬は、雨が苦手で顔に雨が当たるだけで走るのを止めてしまう程でした。
もしかしたらディバインフレイムも似たような馬なのかもしれません。
フレイムなだけに、水は苦手ということでしょうかね。
まぁ、これぐらい派手に大惨敗してくれた方が敗因も能力云々ではなく、もっと別のところにあるのだと言い訳のしようもあります。
今度はもう少し広いコース、そしてパンパンの良馬場で走ってもらいたいものです。


新馬戦回顧・ブレイクランアウト
2008年08月02日 (土) | 編集 |
遅ればせながら、先週日曜の新馬戦を振り返ってみたいと思います。
中の人が熱発してしまったのでなかなか書けませんでした。
少しはしゃぎすぎたのかもしれませんね^_^;

さて、ブレイクランアウトのレース振りですが、大外枠から好スタートを決めると、序盤は中段10番手ぐらいの位置に控えました。そのまま流れに乗って、先団を見ながらレースを進めます。
そして三コーナーに差しかかった辺りで徐々に進出を開始。
この時、やはり大外枠による距離ロスを心配していたのですが、そんなの関係ねぇと言わんばかりに、馬なりのまま抜群の手応えで前へ進んでいきました。

そして直線、前を射程圏内に入れて追い出しのタイミングを計る。
ここでも手綱はまだ持ったまま。
残り一ハロン手前でようやく岩田騎手がステッキを入れると、先に抜け出していたメジロシャレードやヤマニンオクタゴン等を並ぶ間もなく、あっという間に交わし去りました。
後は後続を突き放すだけ。
最後追い込んできたミッキーペトラに四馬身差をつける圧勝でした。
そう、これは間違いなく圧勝と言って良い勝ち方でしょう。

先頭に立った時点で頭が真っ白になり、勝ったのが自分の馬だとわかるとニヤリ、とうすら笑いを浮かべたまま、しばらくその場から動けませんでした。
とりあえず馬券の払い戻しだけでも済ませてしまおうと思ったのですが、足が震えてまともに歩くことができません。
周りから見たら間違いなく挙動不審。アヤシイ人だったと思います。
なるほど、これが一口馬主というものなのかと、改めて実感することができました。
あの感覚はクセになりそうですね。

この後ブレイクランアウトは秋を見据えて水野馬事センターへ放牧に出されるとのことです。
小柄な馬ですし、どちらかと言えば遅生まれなので、今回の放牧は成長を促すという意味でも良い判断だと思いますね。
個人的には朝日杯を狙って欲しいので、芙蓉Sを使って中山の坂と右回りコースを経験してもらいたいのですが、暑い時期を避けたいという厩舎のコメントから察するに、復帰戦はおそらく10月のいちょうS辺りになるのではないかと思います。
いちょうS→京王杯or東スポ杯→朝日杯が一番現実的ですかね。
まぁ、東京を使ってくれるのであれば、僕も朝から応援に行けるので、願ったり叶ったりではありますね。

無事出走を果たし、さらに想像以上の強さを見せてくれたブレイクランアウト。
贔屓目を抜きにして、今年デビューした馬の中でもトップクラスの素材だと思います。
なんせあれでまだ七分の仕上げだと言うのですからね。
我が愛馬ながら本当に恐れ入ります。
マリーゴールド賞の1、2着や各地の二歳チャンピオン達との闘いが今から楽しみです。

出資者の方々、ファンの皆様方、今後とも応援の程、宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

20080727130138.jpg


ブレイクランアウトに幸あれ!