管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
頼むぜブレイクランアウト!!
2009年05月31日 (日) | 編集 |
いよいよダービーの日がやってまいりました。
仕事であたふたしているうちに、いつの間にか当日になってしまったという感じです。
前走までの三ヶ月から比べると、今回は本当にあっという間でしたね。
今回は流石に口取り権利をゲットとはいかなかったので、ターフビジョン前のスタンドから私服で観戦です。

気になる天気ですが、30日の夕方頃には既に雨も止んでおり、これから少しづつ回復していくものと思われます。
おそらく、やや重~重の中間くらいのコンディションとなりそうですね。

ブレイクランアウトはこれまでに道悪馬場の経験が一度もありませんが、血統や蹄の形を見るに得意でこそあれど、苦手ということはないのではないか、と見ています。他の馬が苦にするようなら、その分有利に働くかもしれません。
しかし反面、重馬場ではパワーとスタミナを必要とされる事になるので、距離実績・スタミナの裏付けがないブレイクには、同時に大きな不安要素にもなるわけです。
僕はこれまで何度も彼のマイラー説を唱えてきました。今日ばかりは自分の目が節穴であって欲しいと思わずにはいられません。
結果的に一昨年のアサクサキングスみたいな中距離馬オチだったら良いのですがね…。
それかスローになってウオッカやスマイルジャックのパターン…。

しかし何と言いますか、前走の負けで驚くほど人気を落としてくれちゃったみたいなので、展開や馬券的にはオイシイでしょうね。
こうなったら、いっそのこと一攫千金でも狙ってみましょうか笑。

マイルCと比べると、僕自身、今回は不思議と落ち着いています。
オリンピック精神ではないですが、ダービーに出られるというだけで、何か一つの達成感のようなものを感じているのだと思います。
ブレイクランアウトの400分の1オーナーとして、一人の競馬ファンとして、明日は目一杯お祭りを満喫してくるつもりです。


それでは私ティア、現地に向けて出発致します(既にもう眠いです…)!
皆様も良い休日を。GOODLUCK(  ̄∇ ̄)ノ

※次回の更新は火曜日or水曜日の予定です。
ブレイクのダービーとストゥレガーレの未勝利戦を合わせて書かせて頂きます。



スポンサーサイト
南半球産馬考察
2009年05月26日 (火) | 編集 |
オークスのブエナビスタ、強かったですね~。
あえて違う馬から馬券を買ってみましたが、あんな勝ち方をされてはぐうの音もでないですね。
っていうか、ほんとスミマセンでした…としか言えない笑。
上位三頭は桜花賞と全く変わらないメンツでした。
それならば!今週もクラブ馬で上位を独占してもらいたい所ですね。
もちろんサンデーRではなくキャロット勢に頑張ってもらわねば困るのですけども^^;

さて、そんなこんなですが、今日はダービーのお話ではなく、追加募集されたキャロットの南半球産馬について少し触れていきたいと思います。
個人的に07産はアースガルドで打ち止めかなー、と考えていたのですが、血統や母馬の戦績などを詳しく調べてみると、今回追加募集される二頭はなかなかに魅力的な馬のようです。

日本における代表的な南半球産馬と言えば、キンシャサノキセキやロックドゥカンブが挙げられるでしょうか。
キャロットでは先週の準オープンを勝ったフライデイフライトも南半球産馬ですね。
当初はリスクも大きいだろうと考えていた南半球産馬ですが、この馬のおかげで少し背中を押された感じがします。

ちなみに僕は、どちらかと言うとドバウィー産駒の方に惹かれています。値段次第ですが、出資の可能性も十分あります。
母パーフェクトプロミスがGⅠウィナーである事や、ダージーが種牡馬入りしている事を考えても、もしこの馬が重賞の二、三個を獲るようなことがあれば、間違いなく将来は種牡馬入り確定でしょう。
そういった可能性込みで考えると、お買い得の一頭と言えるのではないでしょうか?
そして、友人にこの事を話していると、その日の晩に下の写真が送られてきました。

パーフェクトP

何処でこんなマニアックそうな資料を拾ってきたのだ!?とツッコミを入れたくなりましたが、ありがたく受けとっておく事にします。メニーサンクス( ゜∇゜)b
5月の会報に載っていた写真はちゃんと正面から撮れていなかったので、これは本当に有りがたい資料ですよ。

会報でもだいたいのイメージは掴めていたのですが、やや詰まった感じの馬体に丸みのあるトモ。首差しや肩の角度、総合的に見てベストの距離はマイルか…あるいは保ってマイルまでか…。
細かなジャッジをするのは動画や前後写真を見てからですが、この写真を見た感じは明らかなマイラータイプの馬ですね。
ドバウィーもパーフェクトプロミスもそれぐらいの距離で活躍していたので、一貫性があるのは良い事だと思います。
この写真を見た限りでは毛ヅヤも良いですし、体質面に問題があるようにも見えませんね。
これから付くべきところに筋肉が付いてくれば、相当良い馬になりそうです。

来月の詳細発表が楽しみですね^^



次こそは…!
2009年05月13日 (水) | 編集 |
心の立ち直りに手こずって予定より一日遅れての更新です。
いやー、ほんとに残念な結果に終わってしまいました。
正直、今回はかなり自信あったんですけどね…。
一見ペースも速そうで良い展開になったと思っていたのですが前が全然止まらず…。
本当に残念でした。勝ったジョーカプチーノも強い馬でしたね。

それでも、馬には一言ありがとうと言ってあげたいです。
一口ライフ一年目の僕に、ここまで夢を見させてくれたのですから、ブレイクには感謝をしてもしきれません。
今回は残念でしたが、彼はまだまだこれからの馬です。
いつかGⅠを獲ってくれることを夢見て、今後も自分にできる精一杯の応援をずっと続けていきたいと思っています。

次走は予定通り、競馬の祭典・日本ダービー。
二月からの三ヶ月に比べたら三週間なんてあっという間ですね。
条件はさらに厳しくなりそうですが、今度こそ彼らしい姿をみられることを期待して、レース当日を楽しみに待ちたいと思います。

そうそう、それともうひとつ。
6月7日、キャロットクラブのサマーパーティーに僕も出席する予定なのですが、これについて近々とある重大発表をさせて頂くかもしれません。
詳細はまだ秘密ですが、今からとても待ち遠しく、同時にとても緊張させられる事となりそうです。




いよいよです
2009年05月09日 (土) | 編集 |
いよいよマイルカップまであと一日となりました。
この日がくるのをどれだけ待ちわびたことか…。
僕のテンションもどんどん上がってまいりました。
今もほとんど頭が回らない状態の中、PCのキーを打っています笑。

本音を言えば、ダービーよりも、マイルカップこそが本番であると僕は思っています。チャンスの大きさという意味では間違いなくこちらの方が上でしょう。
朝日杯以来のGⅠとなりますが、あの時とは心境もまた少し違いますね。
もともとブレイクは三歳になってからの馬と考えていましたので、今回は入れ込み具合も半端じゃありませんよ笑。

東京は昨日まで雨が降り続いていましたが、今は快晴。まるで夏のような日差し。
明日も似たような天気との事ですから、馬場状態は間違いなく良馬場発表となるでしょう。
(僕は重でも強いと思うのですが)経験のない道悪で戦うよりも、実績のあるパンパンの良馬場の方が不安は少なくてすみますね。
16番枠も前を見ながら行けるので、それほどマイナスではないでしょう。実際いちょうSを見ているので、包まれて何も出来ずに終わるよりはずっとマシと言うものです。
今回は後入れとなる偶数番なのも良いですね。
心配はぶっつけ本番となるローテ。本当にこれだけです。

前にも書いたとおり、マイルカップをダービーの叩き台にする事だけは止めてもらいたい所ですが、これだけはスタッフの皆様を信じる他ありません。
ダービーを見据えて…みたいな乗り方ではなく、あまり後ろ過ぎず、中段あたりから競馬を進めてくれるとありがたいのですが…。

相手は強いですが、どうか先頭でゴールできますよう(ー人ー)
共同通信杯の時と同様、競馬場に行く前に大國魂神社でお祈りしてきます。

◎独断と偏見にまみれた当日の買い目◎

単勝16
三連単16→4、6、13、18→2、4、6、8、13、14、15、18

個人的に一番怖いのはサンカルロ。次に同門フィフスペトル。
兵庫CSや青葉賞の結果を見るとアイアンルックも外せなくなってしまったのですが、ローテーションで過剰人気している感もありますね。
大穴はタイガーストーンとSメダリストだと思います。

追記:次回の更新&お返事は帰宅後、月曜日or火曜日になるかと思われます。予めご了承下さいm(_ _)m
それと電話繋がっちゃいました☆
これで6戦3勝。ちょっと運良すぎじゃありませんこと(゜▽゜;)?