管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社台09産
2010年04月29日 (木) | 編集 |
社台のラインナップ表を確認したところ、僕のお目当てホースも何頭か募集にかけられる予定との事で、これは二年連続参戦の可能性も出てきちゃいました(^▽^;)
参戦率2:8だったのが4:6ぐらいまで上がりましたよ笑。

三日かけて繁殖名簿を使って大体の血統、産駒成績をチェック。
その結果、候補は以下の23頭に絞れました。

父タキオン
インコグニートの09
キャッシュインクルーデッドの09
アドマイヤキラメキの09
アンナモンダの09
コートアウトの09

父クリスエス
マリアヴァレリアの09
ジェダイトの09
レースパイロットの09
ハッピーパスの09

父ジャングル
ラシルフィードの09
キラリダイヤモンドの09
アルフォンシーヌの09

父ハーツ
アスピリンスノーの09
モスコーバーニングの09

その他
オリエントチャームの09(父ファルヴ)
ライラプスの09(父ファルヴ)
ディーバの09(父ダメジャー)
ディオニージアの09(父フジキセキ)
ブッシュファイヤーの09(父フジキセキ)
タイムウィルテルの09(父ディープ)
トップセラーの09(父キンカメ)
サイレントアスクの09(父ギムレット)
ムーンフェイズの09(父デュランダル)


全然絞れてねーよ!


というツッコミはナシの方向でw

しかし何と言いますか…、流石に本家の顔ぶれは凄いですね。
他のクラブとはケタが違います。

今の所、値段と実績を度外視するならコートアウト、ラシルフィード、キャッシュインクルーデット、マリアヴァレリア、アスピリンスノー、ディオニージア辺りを本命候補として考えています。
ま、時間はたっぷりあるのでこれから他の候補と合わせて少しずつ診断していくとしましょう。
それに今年は予算が少なめですから、嫌でも半分くらいは勝手に絞れてくれると思います笑。
そもそもそれ以前に、この中で125万の実績で獲れる馬がどれだけ居るんだ?っていうハナシですね。
現実問題としてマリアヴァレリアとかアスピリンスノーに出資する事はまず不可能でしょう。

ちなみにファインセラとスーヴェニアギフトの子は募集されていなかったので、セレクトセールにも出てこないようならまたキャロットに回ってくるかもしれませんね!




スポンサーサイト
【4月】愛馬近況【社台編】
2010年04月24日 (土) | 編集 |
☆ディオルーチェ☆

この中間も順調に鍛錬を重ねています。周回コースで常歩、ダク、軽めキャンターを乗ったあと、直線ダートコースに進んでハロン20秒くらいのキャンターを1本乗っています。全身を使って走れるよう訓練しているところで、きついメニューですがヘコたれずについてきています。3月末時点の測尺は体重516kg、体高162.0cm、胸囲183.0cm、管囲20.7cmです。

ルーチェ0424

社台はノーザン系と比べて育成スピードが全体的にスローですね。
早生まれとは言えタキオン産駒。
あまりビシビシいくよりは焦らずじっくり育てた方が馬の将来の為にもなるはずです。
これから徐々にペースUPを図るのだと思いますが、ヘコたれずに~というコメントには好感が持てますね。
社台はキャロットみたいなお世辞を言わないので心強いです。


あと出資馬ではないですが、シャルルマーニュの下セバストス(マリーシャンタル08)の更新画像もUPしておきます。

セバス4

以前からの読者様なら、僕が彼に高い評価を付けていたこともご存知かと思いますが、今回の更新で自分の目に狂いがなかった事を確信。
これは良い感じに変わってきてますね。
キンカメ産駒は年が明けてから変わってくるんです。カタログに騙されてはいけません。
次はラロメリアの番!…かな?


ちなみに、ボクの現時点の本家組評価ベスト5はルーチェ、セバストス、ゲーリックストーム(ストームティグレス)、ユニバーサルバンク(ヴィクトリーバンク)、クリアンサス(フラワーパーク)。
次点にマスクトヒーロー(ビハインドザマスク)、ラヴィアンクレール(ダークエンディング)と続きます。

こうして見るとラヴィアン以外はやはり高額馬で埋め尽くされているんですよねー…。
今年もこのような傾向が続くのでしょうか?
かと言って、シェーンヴァルトのようなお手頃価格牡馬はすぐ人気になってしまいます。
指名した所で僕程度の実績では確実に弾かれるでしょう。
なので、今年はポチるにしても牝馬ですかね。
大物狙いなら多分その方が良い。

今日、募集予定馬のラインナップ表がようやく届いたので、明日以降少しずつ紹介していきたいと思います。




【4月】愛馬近況【キャロ編】
2010年04月22日 (木) | 編集 |
また少し間隔が開いてしまいました。
マメに足を運んで下さっている方にはご迷惑をおかけしております。

今日は愛馬の近況です。
ウチのエースにもついに動きがありましたよ。


☆ヴァルガリス☆
22日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「前走後の疲れはだいぶ解消されてきたようですし、調教も順調に行うことができていました。今週の入厩検疫の馬房はかなり混み合っていましたが、キャンセル分を何とか確保することができましたので、本日帰厩させています。様子を見ながらになりますが、さっそく明日から動かしていくつもりです。順調に乗り込めるようであれば3週目の1800mを検討しています」(加藤征師)
状態次第になりますが、5月8日の東京競馬(3歳未勝利・芝1800m)に吉田豊騎手で出走を予定しています。

これは予想以上にお早いお帰りですね。
8日なら僕もお休みなので朝から応援に行けます。
新馬戦のレベルやコース替わりなど、課題を気にしたらキリがありませんが、未勝利同士なら素質は上位。できるだけ早く勝ち上がって安心させて欲しいです。

☆アースガルド☆
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整を行い、週2回は坂路で14-14を行っています。
「徐々にペースを上げていて速いところをコンスタントに行えています。先日、勢司調教師が来場した際に順調に乗り込めていることを確認してもらいました。相変わらず元気いっぱいですし、近いうちに帰厩の話が出てくるかもしれませんね。ただし、背腰に疲れが溜まりやすいところはあるので、しっかりケアしながら乗っていきます」(山元担当者)

こちらは東京の終盤戦でしょうか。
ここまで来たら焦んなくて良いので、馬本位で進めて欲しいものです。
ま、勢司先生に任せておけば大丈夫でしょう。

☆アルメーリヒ☆
周回コースでハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「ハッキングからハロン17秒程度のキャンターまで進めていますが、今のところトモの不安はありません。反動が出るのではと心配もしたのですが、これなら大丈夫でしょう。このぐらいのペースで来週まで乗り込んで問題ないようなら再来週から15-15を取り入れていこうと思っています」(GW担当者)

この馬の話題は意図的に避けてきたのですが、流石にもう受け入れる他ないでしょう。
オークス出走どころか、オークス当日までに復帰できるかどうかさえ怪しいですね。
仮に奇跡的に一勝馬が出れる状況になったとしても、どうやっても勝ち負けは厳しい。
やはり大レースでは質の高いレース経験がモノを言います。
オープンすら走った事がない馬にはとてもとても…。気持ちを切り替えて秋に期待です。
むしろ一勝していて心底ホッとしてます。
軽傷で済んだのは不幸中の幸いでしたね。

☆ブレイクランアウト☆
22日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「飛節にできた軟腫が出た当初より少し落ち着いてきたので、今週帰厩することにしました。ただし、まだ完全に症状がなくなったわけではありませんし、飛節自体に問題がなくても、後肢をかばうことで他の部分に負担がかかってくる可能性もないとは言えません。トレセンに入ったからといって一気に進めるのではなく、じっくりと動かしながら状態を上げていきたいと考えています」(戸田師)

ついにエースの復帰キター!!
順調なら予定通り、エプソムCですかね。
有力所は安田記念や金鯱賞に流れそうですし、そこまで強い馬は出てこないと見ていますがどうなるでしょう?
思いつく所ではスマートギアやトウショウウェイヴが出てきたら強敵となりそうか。
その他シェーンヴァルト、サンライズベガ、ゴールデンダリア辺りも出てくると予想。
休み明けとは言え、キャプテントゥーレを抜いた朝日CCのようなレベルなら、何とかしなければなりません。
先日のマイラーズCを見ても『やれる!』という手応えはあります。
天皇賞というからには、ここで躓く訳にはいきませんね。
ただ、某二歳王者陣営が安田に出られない場合こっちに回るつもりらしいので、それだけは勘弁…。

それと余談ですが、先日「調子が良いので中一週で宝塚に行きます」とか言われて自分がプッツンする夢を見ました笑。
流石に無いとは思いますが、変な夢を見たせいで少し不安になっちゃいました^^;


次回は2歳馬にスポットを当てたいと思いますが、社台の09産ラインナップもそろそろ発表される頃。
請求書が待ち遠しいですね~。




気になるどころ
2010年04月08日 (木) | 編集 |
クラブの更新を見る限り、当分は愛馬の出走はなさそうです。
最近はネタらしいネタもないので、出資こそしていないものの、個人的に気になっている馬達を紹介してみます。


☆キャロット☆

フレールジャック(ハルーワソングの08)
二月の画像であまりに良くなって見えたのでビックリしました。
たまたま写りが良かったのかと思いきや、先月末の写真も良い感じ。
一気に満口になってしまったのにもこれなら納得です。皆さん、やっぱり見てるところは見てるんですね~。
最近馬券の調子が良いので、残っていたらクラシック要員として一口いくことも考えていただけに残念。
名前も格好良いですね。

クラッシーゲイト(クラッシーシャーロットの08)
今までなかなか紹介してきませんでしたが、募集時の段階から気になっていた馬です。ファステストスターよりも距離は保つと思います。
出資馬の兼ね合いと値段が理由で手を出せませんでしたが、馬体のパーツはハイレベル。
今残っている中で大物候補がいるとすれば、この馬かマルシェか南半球産のアクアダモーレだと見ています。


☆サンデーR☆

クリアンサス(フラワーパークの08)
値段も値段なので最初は牡馬と勘違いしてました笑。
しかし、これはそれだけの価値がありそうです。
馬体が良いのは勿論ですが、父がなんとリダウツチョイス!
これは思い切りましたね。
フラワー×リダウツチョイスで75万なら高いどころかとてもお買い得か!?
僕は他に気になる馬が多くてパスしてしまいましたが、人気必至のサンデー牡馬(と思っていた)でなかったら候補には入っていたでしょうね。

ユニバーサルバンク(ヴィクトリーバンクの08)
この馬、メチャクチャ良いですね。
カタログの段階では非力な印象でそれ程気にならなかったのですが、昨年10月の写真ですごく逞しくなっててビックリました。
もし今買えるなら、この馬とストームティグレス08は何が何でも買いたい。心底そう思います。
この馬の母ヴィクトリーバンクも大物を出せそうでなかなか出せないんですよね(サンヴィクトワールを見てもポテンシャル自体は相当なはず)。
でも、そういう繁殖に付けて大物を出すのがネオユニヴァース。
ここらで大爆発といきたいですね。

社台は大体紹介し尽くしていますから今回はパスです。
ま、あそこは黙ってても走ってくるでしょうしねw


そろそろブレイクも戻ってくる頃でしょうし、僕も身の回りのことをなるべく早く片付けて心おきなく愛馬の応援に行きたいところです。
もうそろそろ社台の09産のラインナップ表も送られてくる頃でしょうから、まずはそれを楽しみに待ちたいと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。