管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
天皇賞の予想
2010年10月31日 (日) | 編集 |
たまには予想してみます。
明日の東京は雨の影響で不良、良くて重馬場のコンディションでしょうね。
JRAはウソツキですから、やや重と発表するかもしれませんが、真に受けてはいけませんよ。
G1開催の日は特にウソツキですから。

重馬場だと売り上げが落ちるとか思ってるんでしょうかね?
仮に数字がそうだとしても、それは雨の日に競馬場に行きたくない。って人が多いだけで、道悪だから馬券買わなくなる訳じゃないでしょうにねぇ。
僕みたく、むしろ重馬場だからこそ馬券を大量に買うって人だって沢山居るだろうに…。
何か問題があるって訳でもないんですが、あからさまな嘘をつかれるのはやはり気分が良くないんですよね。
去年のダービーデイなんて土砂降りの雨で馬場が田んぼみたくなってるのに、途中まで『やや重』で引っ張ってましたからね。


先週は二桁人気のビートブラックが本命でしたが、明日は固く行きます。
◎はブエナビスタ。
どの位置からでも競馬ができますし、道悪もマイナスにならないのは宝塚で立証済み。
東京の馬場は内から乾く。この枠は最高でしょう。
三着を外す事は考えづらいですね。

○はネヴァブション
この馬強くなってますよ。元々叩き良化型ですし、前走は距離も短かった。
外を回されずに上手く乗れば一発もあります。
個人的には有馬で本命打つ予定なので、ここは遠慮してくれた方が良いのか(^_^;)?

後はアポロン、シンゲン、アーネストリー、ホーネット。ここまでが連下。
三着にアリゼオ、コスモファントム、シロッコを抑え。
ペルーサは当日の気配と馬場状態も考慮して最終的な決断を下します。

しかし毎日王冠のシルポートってなんで直線で外に出したんでしょうね?
内を走らせた方が有利だって事を騎手は知らないんでしょうか??
本来なら抑えておきたい道悪巧者ですが、あんな騎乗を見せられた後では買う気も失せますね。


個人的な勝負レースとしては10レースのオリオンザドンペリ。
これも雨に強い子。オークスの日はゴチになりました。また宜しくお願い致しますm(_ _)m
穴なら秋天よりこっちの方が期待値は高そうです。三連単で幅広く狙ってみます。
高配当獲れたらムガメール考えますね。




スポンサーサイト
ゆっくりしていこうね!!!
2010年10月30日 (土) | 編集 |
ファステストスターがまたもやUターンするハメになってしまいました。
元々、体質の弱さは覚悟していましたし、この程度の事は想定の範囲内。
ここまで来たら万全の状態でデビューさせてあげて欲しいです。

出来れば東京開催中には…と思っていましたが、それも『朝日杯出走』の可能性があってこその話。マジポケやブラウンW、Aサガスといった面々が主役を張るメンバー構成なら、一勝馬でも十分勝機があります。
拘っていたとすればその点のみ。
朝日杯への出走が絶望的となった時点で、僕としてはもうデビュー時期はいつでも構わない。
この馬なら体勢が整えば出たとこ勝負になると信じてますから、そんなに焦りというのもありません。

去年のドラフト。本来なら人気のあったヒールゼアハーツを第一で書くべきでした。
それでも僕はこの馬を第一で書きました。
この馬だけは、絶対落とすわけにはいかない。
何が何でも取りにいく。全力で取りに行く…。
今思えば、相当入れ込んでましたねぇ。

でも、そうさせてくれるだけの馬だと、やっぱり今でも思ってますんで、大きな期待を持って見守っていきたいですね。
急がば回れ、です。


そうそう、ファステストスターの情報を集めていたらUMAJINさんにこんな記事が!

『これは大物/ファステストスター』
母が日本に輸入されてから最初の産駒で兄姉に活躍馬はいないが、母の姉には豪州チャンピオンスプリンターのイスカがいる良血(中略)。

嬉しい事言ってくれるじゃないの。

堀師「先週、ゲート試験を合格しましたが、これは大物ですよ。ウチにいるオープン馬にも負けず劣らずの素質を秘めています(中略)」

いっそのことキンシャサ目指してみる?

堀師「体調を見ながらの調整になりますが、来年のクラシックにはしっかり乗せますよ。注目していて下さい」

それはらめぇえええええ!!


ま、一度使えばわかってくれるでしょう(^^;)




気が早い…ってこともなかったりする
2010年10月29日 (金) | 編集 |
今年のドラフトは第一希望アドマイヤセラヴィの09が落選。
その上、エースが引退してしまったので、新たな逸材発掘を目指したいと思います。
かなり気が早いですが、既に10年産の情報収集を開始しています。

僕個人としても、そろそろブレイクに次ぐ大物が欲しいと思っていたところ。
期待の二歳馬達がデビューを控えてますが、競馬はいつ何が起こるかわからないので、三世代に一頭くらいはコンスタントに当たりを見つけていきたいものです。
ましてやウチは頭数が少ないですから、確実にモチベーションに支障が出る。今回それが良くわかりました。

来年の募集はまだまだ先。そんな風に思っていても、実際はあっという間ですからね。
寧ろ今やっておかないと、NHKマイルCの時期が過ぎてからヒーヒー言うことになります。

そんなわけで、繁殖名簿一覧を眺めつつ、特に気になった馬を早くもリストアップしてみました。

アグネスタキオン産駒
社・シダクティヴリー
社・バースデイローズ
社・マンボスルー
ノ・プンティラ
ノ・クイックリトルミス
白・タンタスエルテ

キングカメハメハ産駒
追・オリエントチャーム
白・ペニーホイッスル

ネオユニヴァース産駒
社・ヘルスウォール
ノ・ライジングクロス
ノ・ドリームモーメント
ノ・アーティストチョイス
ノ・ドナブリーニ
ノ・ゴレラ
ノ・シルバーチャリス
ノ・ムーンライトダンス

ハーツクライ産駒
社・シルヴァーカップ
社・デアニングワールド
ノ・ヴォークリンデ
ノ・ムガール
追・インコグニート

ジャングルポケット産駒
社・ホワイトペッパー
ノ・アドマイヤメガミ
ノ・チャイナドール
ノ・ローズバド
ノ・マリアヴァレリア
追・ラシルフィード
白・アルスノヴァ

スペシャルウィーク産駒
社・パイタ
社・メイボール
社・ベガスナイト

ウォーエンブレム産駒
ノ・シンハリーズ
追・バレエブラン
白・キュー
白・スターパレード
白・マイベストスター
白・カデンツァ
白・サルヴァドール
白・ラフィンムード

ホワイトマズル産駒
社・コイウタ
社・ぺディクラリス

マンハッタンカフェ産駒
ノ・ティズロイヤルティー
白・シュガークラフト
白・スキッフル
白・クリームオンリー

スマートストライク産駒
社・ウェイクアップマギー
ノ・ルシルク

その他の産駒
社・キラリダイヤモンドの10(父シンボリクリスエス)
ノ・クルソラの10(父デュランダル)
追・アスペンリーフの10(父フレンチデピュティ)
追・カロスキューマの10(父ステイゴールド)
白・ディーバの10(父ディープインパクト)

こうして表にすると、僕のだいたいの好みや狙いの配合・血統がわかって頂けると思います。

来年は特にネオユニヴァースとウォーエンブレムの産駒に注目しています。
マンカフェは人気がありすぎるのか、クラブに回ってくる馬が少なそうですね。
ローズバドなんかは『こんな高い牝馬が買えるか!』って値段が付けば、逆に僕でも狙えます。

タキオンは10年産がラストクロップ。
死んだ馬の子は走る。この格言に倣うなら、世代最強の大物はタキオンから出る!?
個人的にはそれがディオルーチェであって欲しいのだけど…。

自分の実績でも買える馬となると実際はこの半分くらいでしょうが、もともと失う物なんてありません。
本当に欲しければ僅かな抽選に賭けてでも挑戦したいですね。
セラヴィの一件で躍起になっている側面もありますが。
上記のような良血馬も本家社台に入れば当たり前。
価格や厩舎次第で人気はどうにでも変わります。

とにかく今はGIを勝ちたくてしょうがないので、どれだけ高かろうが当分は『勝てる馬』にこだわりたいと思っています。
特に社台は今後の選択肢を広げる為にも、少し割高の馬を狙った方が得策かもしれませんね。

実際の出資馬はともかく、06産はコンスタントに当たりを見つける事ができた。
07産は今一つの自信も、出資馬の今後には期待。
08産は現在絶好調。出資馬も頼む。
09産は06と07の中間ぐらい。キャンセル絶賛募集中。

果たして来年はどうなるでしょうか?

ディオルーチェが新馬を勝ったら、一度北海道に見学に行ってみるのも手かもしれませんね。



気持ちは既に来年
2010年10月28日 (木) | 編集 |
冷静さを少し取り戻した所で、改めて先週の競馬を振り返ってみました。
特に菊花賞はまったく内容を覚えていない。当日は競馬場に居た筈なのに、誰が勝ったのかも全く覚えていない。
これは流石にやばすぎるだろ!とセルフツッコミが入ったのは一昨日の事です。

まず富士S。
僕はブレイク→ヨーヨー→ライコンorガルボの組み合わせを1000円買ってました。
ちなみに二着ライコン、三着ガルボの場合は500円買ってました(三着ヨーヨーでも同じ金額分購入)。
百円だけ買ったとしても、それぞれの配当は約200万と700万だったそうです。

ようやく立ち直って、またヘコんだわ笑!


続いて菊花賞。
買わない予定が、こちらも何故か馬券を買ってたらしい。昨日、お財布の中に馬券が入っていたのに気が付きました。
うむ、全く記憶がないですね。
僕の本命はどうやら12番のビートブラック。
買い方、三連単マルチで相手を七頭(レーヴ、オールディー、ヒルノ、トウカイ、ラピュタ、Sシチー、ゲシュタルト)。その後、ワイドで二頭追加した模様。

これで何故ハズしたし?!


ここはせめて当てておきなさいよ自分。
しかもこのハズし方。何気に凄いのか、或いはどうしようもなくアホなのか…。なんだか良く解らなくなってきましたw
しかし、本当に当日の記憶が無いんだよな~。
このとき僕は一体どれ程の負のオーラを発していた事やら…^^;

今週は台風が接近中らしいので、東京はまた道悪巧者と前に行く馬買っとけばOKっすかね?
先週受けたダメージが酷すぎるので、ここらでちょっとお小遣いを稼がないとです。

期待のユニバーサルバンクは雨なら『見』。
この馬自身がどうって言うより、アンバーシェード(ジェルミナル弟)の雨適性が半端なく高そうな予感…。
ここはレース振りだけに注目です。
萩Sのベルシャザールも一度良馬場での走りを見ておきたいんですけどね。

とりあえず、来年のNHKマイルCに出てきそうな可能性がある馬は徹底的にチェックさせて頂きますよ。
ファステストスターもしばらく時間が掛かりそうなので、僕の気持ちは既に来年に向けられてます。



臨時収入?
2010年10月25日 (月) | 編集 |
今日、馬専用口座からお金をおろした時に気付いたのですが、何故か5万円ほどお金が振り込まれていました。

Why?
何故だ??
何故なんだ???

キャロの振込みはまだ先のはず…。

で、思い当たる節を考えてみたら、一つありました。
帰宅後、JRAのHPでチェック。

やはりそうか。
ミレニアルドリームよ、勝っていたのか。。。
馬券だけ携帯で買って、あとは8R位まで府中の町をブラついてましたからねー。
全く気付きませんでした^^;

ダート馬の可能性も考えましたが、芝でも結構強かったですし、楽しみですね。
今回もご馳走様でした。
来月初旬に入厩予定の大物君も、この勢いに乗っかって欲しいところです。

でも何と言いますか、出資しない(&できない)で名前だけ挙げた馬だけ活躍するのが、僕のデフォのような気が最近してきました(^▽^;)
ここまでくると笑えてきたので、今回ちょっと触れてみました。

ルーチェ、頼む。
お前だけはマジで頼む。


※お次のターゲットはユニバーサルバンクといきましょうか。
この子は当初ランク外だったのですが、10月の更新で一気にAランク評価にまでのし上がりました。
本質は使いつつの馬かもしれませんが、相手次第ではいきなりでも好勝負になるでしょう。
これまでより自信度は若干落ちますが、馬券で高配当を狙うなら新馬戦のうちですからね。

新馬戦が買うレース。
天皇賞は見るレース。



明日から本気出す
2010年10月25日 (月) | 編集 |
二日経って、改めてブレイクランアウトの存在の大きさに気付かされました。
昨日は一日中、何もやる気がおきませんでした。
あれほど落ち込んだセラヴィ落選の一件が、もうどうでも良くなりました。
不幸をより大きな不幸で上塗りしたってだけなんですけどね。

昨日も朝からずっと競馬場にいたはずなのに、全くと言って良いほどレースの内容を覚えていません。
今も気が付けばふとブレイクの事を考えてしまいます。

富士Sの直線。前が開いて脚を伸ばしてくるブレイクの姿を昨日から何回妄想しただろう。
目を閉じると、決して見ることの出来ないマイルCSで、スーパーホーネットと並んで追い込んでくるブレイクの姿が浮かんでくるんです。そこではウチパクがガッツポーズしてるんですよ。
で、目を開けると前が霞んでよく見えないんです。
さっきまでずっとその繰り返しでした。

僕みたいな零細一口オーナーがG1級の馬を持つ機会なんて、そうそうある事じゃないです。
だからこそ、このチャンスを逃したくはなかった。
これ程の馬、下手したらもう二度と会えないんじゃないかって、そんな風にも思ったり…。

それにもし奇跡的にブレイク級の馬とまた会えたとしても、それはブレイクではない。
血が半分繋がってようと、厩舎が同じであろうと同じ事。ブレイクの代わりなんて居ないんです。

僕はブレイクランアウトが本当に大好きだった。
だから彼に勝って欲しかった。
最後はハッピーエンドで終わりたかった。

結局辛い事ばかりだったけど、それでも嬉しい時は本当に凄く嬉しかった。
何よりも熱くなれた。他の全てが見えなくなるほどに一途になれた。
競馬をやってて良かった。
改めてそう思えたのもブレイクのおかげでした。

だから…ありがとね。
今まで本当にありがとう。
オレも、もう泣かない。



皆様にもご心配をおかけしましたm(_ _)m
もう大丈夫です。

※この数日の間に頂いた皆様からのコメントのお返事は前回の記事のコメント欄にまとめてレスさせて頂きました。


実は僕、今まで泣いた事って殆ど無いんですよー。
自分の事では尚更ね^^
この三日間で流した涙の量、これまでの人生で流した分の10倍は軽く超えてますねw

泣くのは今日でおしまいです。
これからも競馬は続くから、明日からまた頑張って生きていこうと思います。



今までありがとう
2010年10月23日 (土) | 編集 |
なんだろう…。
辛いとか悲しいとか、自分が今どんな感情を持っているのか自分でも良くわからない。
涙も出てこねぇわ…。

ショックの度合いも『菊花賞出走』の時に比べたらどうって事ない気がする。
変なところで免疫が付いてしまっていたらしい。
あのプロセスであのレースを使われた時点で、こうなる事も半ば覚悟してましたからね。
つくづく運のない馬だった。今はそんな感想しか出てこないです。

今日のレースは誰の所為でもないと思う。
あれも競馬。十数年の競馬人生の中で、こういう事態は過去にも沢山目にしてきました。
レースは生き物。今回はたまたまブレイクが被害者だったというだけの話。
それに関しては結構簡単に受け入れているんですよ。
重賞だって勝ってるから先の事は心配しなくても大丈夫ですよね。

ただ、それでも『たられば』を使う事は許されないでしょうか?
一年半だけ時間を戻せたら、絶対今とは違う道を歩む事ができたんじゃないか。

だってそうでしょう!?
今日だってあんなに強かったじゃないですか。
ブレイクは強かった。
絶対強い馬だったよ。
そう思っているのは僕だけか?

一つだけで良い。
ブレイクにGⅠを勝たせてあげたかった。
GⅠ馬として名を残してあげたかった…。
それが出来なかった事だけは、悔しくて悔しくてどうしようもない。
朝日杯も、マイルCも。
今日スムーズだったらマイルCSも。
どこでも良かった。どんな内容でも良かった。
一つだけ勝たせてあげたかった。

誰がなんと言おうと、頂点を取れるだけの馬だったと、僕は声を大にして言い続けたい。
ブレイクのこと絶対忘れない。
嫌な事ばかりだったけど、それでも僕は幸せ者でした。
いっぱい貰ったですから。
いきなりこんな馬と出会えるなんて、普通無いですよ。
ブレイクは絶対凄い馬だった。
それを伝えられないのが本当に悔しい…。

でも、最悪の事態にならなかっただけでも良かったんだよな。


書いてるうちにようやく泣けてきました。
変な文になってたらすみません。


多分傷が癒えることはないでしょう(ずっと癒えなくたって良い)。
それでも今日までの事を全部受け入れて、僕はこれからも変わらず競馬を続けていきます。
ブレイクには競走馬として恵まれなかった分、少しでも幸せな余生を送って欲しいと、切に願います。




出る以上は勝つつもりで
2010年10月22日 (金) | 編集 |
ちょっと間隔が空いてしまいました。
仕事が忙しいってのもあったんですが、どうせなら出走と枠順が確定してからにしようと思ってました。
他の事を考える余裕もなかったですしね。

スマイルジャック、アブソリュート等、強敵の回避もあり、無事出走にこぎつける事ができました。
忌まわしきいちょうSから丸二年。
今回もあの時と同じ4枠からのスタートです。

東京競馬場は数年前に設置された排水溝の影響で、雨上がりのレースでは外が全く伸びないという、なんとも奇怪な状況が相次いで見られます。
あろうことかただでさえ距離ロスの少ない内から馬場が乾いていく仕組みになっているみたいなんですよね。
これを初めて知ったときは『ア○じゃないのか…?』と怒りを通り越して呆れてしまいましたが…。
毎日王冠の日なんて競馬をやってる気がしませんでしたよ。
確かに馬券を当てる分には簡単かもしれないですけど、あんな状況が許されるのはどう見ても可笑しいでしょう?
全部行ったもの勝ち、内を通ったもの勝ちですからね。
あんなに白ける見世物はないですわ。
高速化といい、東京競馬場の馬場、ホントどうにかなりませんかね?


さて、その事を踏まえた上で4枠8番というのは、まあ悪くない所かと思います。
今日がレースなら、昨日の雨の影響でまたも行ったもん勝ち…だったのでしょうが、幸いな事にもう一日あります。
毎日王冠の日のようなあからさまにアンフェアな状態では行われないでしょう。
それでも、今の東京の馬場では大外一気はほぼ不可能と言っていい。
フラガラッハなんかも4角過ぎまでは内を通ってましたし、大外から差しましたけど実際に通ったコースは馬場の真ん中より内なんですよね。
前に行くにしても後ろから差すにしても、ある程度内を差してこないと勝てないのは間違いありません。

しかし内に強い二頭が入ってしまったので、これではどうやって彼らに勝つか?
ではなく、どうやったら彼らが負けるのか?
そういった考え方にシフトせざるを得ない状況になりつつあります。

これは何も他人の不幸を祈ろうとかいう事ではなく、ただでさえ不利な状況なのですから、枠のことも含めて与えられた条件の中から少しでも相手より優位に立てるよう工夫するしかないだろう、という話です。
それでも、バレーはともかく、最大のライバルであるリルダヴァルはブレイクより前で競馬をするはずですから、包まれて抜け出せない隙を突く、なんて小細工はまず通用しませんね。
関東が主戦場の北村騎手なら馬場の事も熟知しているはずですし。
結局、あの馬だけには力勝負で勝つしかないだろうと見てます。

今回のような場合、出資者としては無事に回って来れれば良い、と言うべきなのでしょうが、僕は少し違います。
出る以上は結果を求めるべきだと思っています。
実際に勝ち負けできるかはともかく、ここまで引っ張ってきたのですから、レース後にここを叩いて次に期待。なんて甘っちょろい言い分は聞きたくありませんね。
大体ここで着を外せば、また除外の恐怖と隣り合わせの日々を送る事になるんですよ。
そんな状況下で、レース本番に合わせて毎回納得のいく仕上がりに持ってこれるんですか?
今のままじゃこの先勝てるレースだって勝てませんよ。
現状からの脱却。僕はこれが今の最優先事項だと思っています。

目標のレースに出られるとわかっている馬とそうでない馬、どちらが有利かなんて条件戦の結果を見ていれば一目瞭然です。
これから先は中途半端な造りで勝てる甘いレースなんてないのです。
なので、使う以上は勝つつもりで、内田騎手にはリスクを恐れず、長期休養明けだろうがなんだろうが勝ちに拘った騎乗をしてもらいたいと思っています。




雑記
2010年10月13日 (水) | 編集 |
セラヴィの落選でこれ以上落ちる所がないって所まで落ちました。
ここからはまた上って行くだけです。
とりあえずはブレイクの復帰戦、二歳勢の新馬戦を楽しみにして頑張って生きていこうと思います。
ああ、それとキャンセルはいつでも大歓迎なんでお気軽にどうぞ笑。

ディオルーチェも近日中に入厩予定との事で、順調ならJC当日のマイル戦でデビューですかね。
この日は有力騎手が東京に集結するだろうし、それに合わせて関西から強いのが回って来ないかと少し心配。
ゲーリックストームやらセバストスやらが回ってきたら…その時は流石にキレますw
まぁ、あちらにも1600と2000Mの番組が組まれてますから大丈夫だとは思いますが。
ラロメリアも中距離デビューでしょう。
新馬戦は確実に勝ってもらいたいですし、無駄に消耗しても困るので。。。

ブレイクの富士Sは出れたら出れたでリルダヴァルと戦うことになりますね。
ショウワモダンは不調のようですから、仮に出てきたとしても一番怖いのはリルダヴァルの方でしょう。
あと底が見えていないという点でダノンヨーヨー。
意欲的な調教を積んでいるセイクリッドバレー。
好スタートを切ったときのマルカシェンク。
この辺が当面のライバルという事になりますか。

とにかくリルダヴァルがやっかい。個人的にはアリゼオより強いと思ってます。
お兄様とアリゼオが回避して内心ガッツポーズしてましたが、一難去ってまた一難。
道は険しいですね。

あ、それと富士Sの日にはミレニアルドリーム(ウェルカムミレニアムの08)がデビューを予定してますね。
この馬もイチオシ。A級評価を付けた馬の一頭でした。候補でなかったのは父ロブロイが好きじゃなかったってだけです。今調子が良いみたいなので、いきなりから期待してみます。
三浦さんが上手く乗ってくれれば多分大丈夫のはず…。
菊花賞の見送りが確定したので、こっちでお小遣い稼ぎと行きたいところです。

それにしても、一押し二歳馬達はラヴィアンから先週のベルシャザールまで連勝で来てますから、この年は我ながら目の付け所は悪くなかったと思うのですよね。どれを買っていてもそれなりの夢が見れたはず。

これでルーチェだけ走らなかったら…その時は泣きます。
(最近ネガティブ思考がホント酷いw)




今週は傷心旅行
2010年10月09日 (土) | 編集 |
セラヴィ落選の傷を癒すために今日はこれから競馬場へ行って気分転換してきます。

皆さんの抽選結果を聞いていると、どうも一本釣りされた方の当選率が高いような…。
今の制度は最低でも一頭は出資できるように。ということで設けられたようなものですし、そういうのも少なからず影響するのでしょうか…?
ま、偶然でしょうが。

ちなみに1,5次は参戦しません。それで埋まってしまえば縁がなかったと諦めます。
とりあえず僕はムガメールとキューの二択に絞られました。
データはもう無理そう。パピヨンは事ある毎にセラヴィと比べてしまいそうで辛いだけな気がします。
キューはブレイクが富士SとマイルCを両方ぶっこ抜く。そんなキセキが起きてかつそれまで残っている事が条件ですから、現実的にはムガメール一択ということになりますかね。

もしキューの09がGⅠを勝ったとします。
でもその時僕が真っ先に思うのは、
(ブレイクだって素質は劣っていなかった筈なのに何故…!?)
今のままではこうなる事が目に見えているのです。そんな気持ちで出資するのでは09にも失礼ですからね。
勝った時には100%の喜びだけで良いのです。他はいりません。

あと個人的な印象なんですが、キューの09はレッドセインツと雰囲気が似てると思います。
あれぐらい走れば上出来でしょうか?
15万なら僕はもっと上の手応えが欲しいところですけどね。


本日の注目馬

東京3R
シャイニンロミオ…アッパーイーストに迫った脚は凄かった。中山が合っていた可能性もあるが、前回はおそらく八分仕上げ。状態は間違いなく上向いているはず。

グレイトフルレター…距離をこなせればここはチャンス。道悪ならきっと強いですよ。

京都5R
ベルシャザール…この馬もA評価付けたんですが、叩いてからがベターかもしれません。520~530前半で走れれば良いのですが、本来なら東京へ輸送する予定だっただけにどうか。
道悪は問題なさそうですが、今回はアッパーやラヴィアンほどの自信はないですね。
人気してますし、僕は馬券を買わずにレース振りだけチェックするつもりです。

今日は雨が降っているので予想が組み立てやすいですね。
勝負RはオクトーバーSなんですが、また大きな儲けが出れば、ムガメールも考えるとしましょうか。
個人的には二次まで残る馬だと思っているんですけどね…。



そうだ社台、行こう
2010年10月07日 (木) | 編集 |
本日キャロットの抽選結果が届きました。
結論から言います。

アドマイヤセラヴィ09→落選

今日はもう不貞寝します。

ってか、自分の周りや最優先で書いたお仲間さん達も皆揃って撃沈してるみたいなんですが、結局倍率どれくらいだったのよ?
仮に二倍の800口の申し込みがあったと仮定したって、二人に一人は当選するはずですよね?
……いや、もう考えるのはやめよう。
今日だけ落ち込んで、明日からは08産とブレイクの事に頭を切り替えよう。
そうでなきゃやってられませんわ。
あとは他のお仲間さん達に何とか当選してもらいたいですね。

来年は社台…かなぁ。


ファステスト☆入厩キター!!
2010年10月07日 (木) | 編集 |
10/6 
6日にNF空港を出発し、山元トレセンを経由して8日に美浦トレセンへ入厩する予定です。


おぉう、なんかいつの間にか更新されてる━━(゚∀゚)━━!!

三度目の正直ですよ。今度こそ頼みますよ!
あくまでも全てが順調に運べばですけど、これなら東京開催中にはデビューできるかもしれませんね。
勝てば朝日杯にも抽選で出られるかも?
今年はまだ大物らしい大物が出てきてないし、一勝馬も強ければチャンスがありそうです。
むしろヤバそうなのはラジオNIKEEIの方か…。

とりあえず被りたくないのはラロメリア、レッドジョーカー、セバストス。この辺か。
関西馬はわざわざ遠征しては来ないだろうと思いますが、中には例外もいるから一応ね。
ま、この時期の新馬戦はどこのレースを使っても大抵一頭くらいは変なのが混ざってますから、ここなら楽チン…って事にはまずならないんですよね。
ホント、傍から見れば化け物みたいのがゴロゴロしてますからね。

とにかくディオルーチェとだけは被って欲しくないのですが、ルーチェはもうしばらく時間を要するだろうとの事なので、今の調子だとデビューは早くても12月になるでしょうね。
朝日杯にはどうやっても間に合わないので、あせらずじっくりと態勢を整えてもらいましょう。

社台より先にキャロットの大物候補がデビュー。
マイルは微妙も、1400ならいきなりでも結構期待できると思ってますよ!



すみれの花
2010年10月07日 (木) | 編集 |
ナカヤマフェスタ、本当に惜しかったですね。
ワークフォースはやっぱり強かった。
でも、この二着はチームが一丸となって掴んだ立派な銀メダル。胸を張って日本に帰って来てください。

こういうのはいちファンに過ぎないからこそ簡単に言えるんでしょうけど、日本の馬にはこれからもどんどん海外へ挑戦して欲しいですね。ファンにでっかい夢を見せ続けて欲しい。
競馬に限った話ではなく、目の前にある現実だけを見てるより、見果てぬ理想をどこまでも追い続けられるヒトが僕は好きですよ。性別も年齢も国籍も境遇も関係ない。
諦めは悪い程、物わかりが悪い程、そんなヤツらが良い。
失う事を恐れずに。愚直なまでにまっすぐに。
とびきり大きな風穴を最後に開けられるのは、きっとそういう人種だと僕は信じてます。

チーム・すみれの花の高いプロ意識。あの時から11年経った今もまた感動させられました。
なんだか久しぶりに熱くなれた気がします。
彼らには、心からありがとう。を送りたい。
本当は『おめでとう』が言いたかったんですけどね。

それにしてもナカヤマフェスタ。遠くへ行っちゃいましたねぇ…。


ブレイク……。
(結局こんなオチかい笑)