管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえずOK
2012年01月30日 (月) | 編集 |
久々の東京競馬場を満喫してきました。やはり良いものですね。
馬券はブログで挙げた馬がほぼ全滅だったので、一時は3万円近いマイナス。
『昨日で止めときゃ良かった…』と後悔しまくっていた所で、付け焼刃的に買い足した根岸Sの三連複200円分が的中し、見事取り戻すことができました。まさかあの組み合わせで5万も付くとはね(^皿^;)

昨日三時間掛けて予想したレースがほぼ全滅で、20分しか掛けてないメインレースで大勝ちするなんて正直複雑な気持ちでしたが、結果だけで言えば良かったです。
ある意味僕らしいというか…。

京都も徐々に外差し決まるようになってきたし、きさらぎのヒストリカルなんて面白いと思うのですが、どうでしょう?
やっぱり人気するのかな^^;
穴狙いなら小倉大賞典も楽しみですが。
とりあえずノルマは達成できたので、次は自分が納得のいく穴馬券を的中させて、スカっと爽快な気分になりたいですね。
お金は稼げたけど、本気で狙った馬を一日中外し続けるってのは、やっぱり悔しいものなんですよ。追加出資はもう一度『完全勝利』を決めたら行こうと思います。
変な所で負けず嫌いなんですよねー^^;


そして、嬉しい話題も一つ。出資馬の方にも動きがありました。
なんとクリティカルヒットがゲート試験に合格!

不自然なタイミングで更新されたので、ページ開く前はぶっちゃけ嫌な予感しかしませんでした。あのフォームだし、またやらかしてしまったのかと。引退のお知らせなんじゃないかと。
ったく心臓に悪いっつーのよ笑。

それにしても入厩して一週間足らずなのにもう合格とは…。素晴らしい。
こんなに早く合格できるものなんですね。
これなら大きな負担も掛からないし、デビューに向けて身体を造り込んでいけますね。
この子も期待しているので、このまま無事にいって欲しいです。





スポンサーサイト
待ってました東京開催
2012年01月29日 (日) | 編集 |
シルクロードSの3複&3単的中で社台のツアー費用を無事ゲットできました。
僕が一番人気を軸にするなんて珍しいと思われるかもしれませんが、紐が荒れそうだと思えば単勝1倍台でも買うんですよ^^
2、3着がケンブリッジとレオンの組み合わせなら50万ついたんですけどね~。
当てといて言うのもなんだが、惜しかった…。

資料にある中で僕がこれまで惚れた馬(出資候補以上)って重賞までは割と通用するんですが、G1勝ってるのは実はトールポピーくらい。
準OPとOP。重賞とG1。その間に大きな壁を感じています。

不振や事故が続いたこともあり、僕は一生G1を勝てないんじゃないか。少し見方(攻め方)変えてみるべきなのか…。
なんて弱気になりかけた時期もあったのですが、カナロアのおかげで少しは自信も回復してきましたよ。
って言うか、結果出ないからって今まで貫いてきたものを簡単に曲げてはいけないですよね。
むしろ焦って急に路線変更するのが一番危険なパターン。
弱気ダメ、絶対

精神的にも経済的にも助けられっぱなしですな。
カナロアさん、あざーっす!

……ファステストスターもカナロアと同じかそれ以上に自信あったんだけどナーww


さて、待ちわびた東京開催がやってきたので、明日は現地へ向かう予定です。
早速気合を入れて予想してみました。
ここらでノルマ達成(あともう10万円)といきたい所ですが…。

東京1R
トキノワイルド…東京のダート戦がベストと見る。
ブランドマックス…強敵相手に戦ってきた経験に期待。

2R
エイユーラピス、シェルダジュール(ダート替わり)を軸に、相手は6枠から外の馬。

3R
オールキャスト(単勝25倍以上が条件。14倍はねーですよ)…馬単マルチで相手にアメリカン、パワー、コスモ、イチフジ、ゼウス、ソラフネ。左記人気薄からの連複も。
しかしアメリカンの騎手を見て驚きました。
きっと『乗り役を探していたら岩田が空いてた』んですね笑。

4R
ヴィンドランダ&キョウワアマテラス…アロの未勝利戦は何気にハイレベルでしたよ笑。
相手に4,5,6,9,16。

5R
サンデーレーシングの二頭。どちらも好馬体。

6R
サトノインスパイア…この馬はフットワークが素晴らしい。猫のポテンシャルに期待。
人気だろうし点数を絞って。

7R
ビームライフル…東京と新潟で穴を開けるイメージ。
レースはフェノーメノ、ストロー、エクレウスのみつどもえだと思いますけど、人気ないならヒモか三着で。

8R
テンゲントッパ…人気者のトッパなんてオレの知ってるトッパじゃねーー(涙)!!
でも東京マイルはベストですよ。
相手に7、9、10、12、13、15、16。この中から当日人気ない馬からも流し。
特に気になるのがコーンドリー。募集時から良い馬体してました。
何より東京千六のカツハルが神だと思うのは僕だけでしょうか?

11R
ダイショウジェット&セレスハント…条件ベストで食い込むチャンス有り。三着なら。

京都3R
素質で考えたらヴァンヌーヴォーとクロスミッションだが、馬券的にはエリモマッローネの一変に期待。自信度低めなので100円で。

6R
シンワウォッカ…本来なら一番良い位置で進められそうなマルカファインを狙うのだが、これだけ人気がないのなら…。明日になってオッズも変わるでしょうから決定ではないが、本当に100倍超えるなら美味しすぎる。
※いつの間にか30倍になってる笑!…ってか二頭とも単勝30倍を切ったらこのレースはケンです。

9R(馬券より応援ですが)
カルドブレッサ…差しも決まるようになってきたので好機。かと言って外過ぎるのもよくない。
ラロメリア組のベンジャミン&サイモンと京都抜群のウズシオが強敵。他1、2、8、13、15。
セインツは二着固定で抑え。

10R
ロードオブザリング…三連単頭固定。この馬も京都適正抜群。
しかしこれだけだと堅過ぎるので、相手本線にタガノファントム、復調してきたフェニコーンを添えて。

12R
シェーカー…素質上位。現級を一度使われた効果に期待。
明日負けても次また狙う予定です。体重が変動し易いので、パドックで要確認。

小倉3R
ハナゾノ…三戦連続で同条件を使ってきた経験値に期待です(当日になって単勝10倍を切ってたらパス)。

6R
ヴィーヴァサルーテ…血統的にもっとやれて良い馬だと思う。ローカルの500万なら穴をあけても不思議じゃない。スペ×ストーム猫は走ります。

11R
オペラモーヴ…私情的には先日惜しかったサザンブレイズだが、狙い時はあくまで前走だった。珍味があるのはこちら。
外差しが決まるようになってきたし、ローカルの丸田騎手はコース取りが上手いので。

12R
4,6,8、9、10、13,15の馬単BOX(これも人気次第で取りやめ)。
マコト以外の人気馬がイマイチ信用できない。
特にワイズミューラーなんてもっと上手い使い方があるだろうに…勿体無い。

小倉はさっきから人気の変動が激しいですね。おそらく会員&関係者買いの影響によるものでしょう。
東京・京都に比べて購入者数が少ないから仕方ないんだけど…。最終的な取捨選択はレース30分前位にした方が良さそうです。

兎に角、馬券はただ的中させれば良いって訳ではありません。あくまでも稼ぐことが目的です。
出資馬も居ませんから、その辺はシビアに考えて購入したいですね。




東サラ診断・最終回
2012年01月22日 (日) | 編集 |
時間が空いたので東サラ全頭分UPしちゃいます!
今日で10年産診断は全て終了です。
今後は新世代へと意識を切り替えてやっていきたいと思います。

ファインセラ…ヴェニス…ストールン…ファインセラ…ファインセラ……っといかんいかん流石にまだ早いわw

ではでは、れっつごー。

サセッティ10…後駆は良い造りをしていますね。トモの発達具合はなかなかのもんです。
血統的にも面白い配合してますし、惹かれるものがあります。
ただこの厩舎は個人的にはNG。馬の適性を読むのがどうも苦手な印象。何よりメンタルケアを軽視し過ぎです。場所を選ぶ馬や一倍デリケートな馬に関しては今一つ信用性に欠けます。
この馬自身、立ち気味の肩や気性面、血統のバランスから適性を掴み辛い部分があるので、相性的に大丈夫なのかな?と。
値段的にも狙い目だと思うんですけどねー。
※って、いつの間にか満口になってました^^;

スティンガー10…サトノギャラントがあれだけ強いなら本馬もそれなりにはやれるのでしょう。
ただ、牝馬のシンクリは更に信用度が落ちる…。
馬体も悪くないが、もう一押しに欠けると言うか…。
サンカルロもリターンもアルフレも、シンクリで良い馬ってのは、方向性も馬体の造りも、ある程度共通しているように感じます。

オールザチャット10…傾向という点では、こちらが走るシンクリに近いです。
これぐらい力感に溢れ、瞬発力を生かせる血を混ぜてあげた方が良い。
一歩間違えると鈍足なだけで終わる危険性もあるので、どちらにせよあまり食指が動かないんですが、パーツが高いレベルでバランス良く付いてるし、この厩舎ですから上手に調理してくれる事を期待しましょう。

ヴィヴァチッシモ10…トモの幅といい、背腰のバランスといい、なかなか良い造りしている馬ですよ。前脚もほぼまっすぐに軸が通っていて、安心感あります。お買い得感高め。
ただ、ジャンポケ産駒とはいえ短い所に向きそうですから、もっと筋肉がついた方が良いですね。土台は良いので、大事なのはこの後です。
なので、様子見できるのは有り難いですね。

リンガフランカの10…実に惜しい一頭です。立ち肩でさえなければステイヤーとしてかなり期待できるんですけどね…。
カームは例外として、この一族ってみんな長距離向きなんですよ。プレザントライフもそうだし、この馬もカザブエを意識して造られたのでしょう。
元々が優秀な血ですからそれなりに走ってくるとは思いますが、菊を意識していただけに、そういう意味では当初の期待と少しズレた感じがしています。
菊よりダービーの方が合うかもしれません。

※ここから先は映像の資料がありません。立ち姿のみで診断しています。

ウーナマクールの10…全募集馬の中で一番良く見えたのがこの馬。値段が値段ですから良くなかったら困るんですけどね。
いかにもアメリカンな造りをしてるので、日本の馬場でどうかという心配もありますが、馬体から感じるポテンシャルはこの馬が頭一つリードしているように感じます。
芝よりはダートでしょう。身体のパーツ一つ一つがそう感じさせます。芝なら荒れ馬場か道悪。上位クラスで軽いスピード比べは分が悪いと見ます。
最近の画像は若干筋肉が落ちて見えるのですが、春を越してどう変えてくるか見物ですよ。
色々と課題も付きますが、夢を見るに値する馬であることは間違いないと思っています。
僕なら春まで待ちたいんですけど、残口少なくなってるし駆け込むタイミングが悩ましいですよね^^

ワンダーアゲインの10…最近の画像は父に似てきましたね。
藤沢師の方針とスマートストライク産駒の特徴は非常に相性が良いと思います。
僕としてはルシルクの方が手応えを掴んでいるのですけど、こっちは血の力が怖いですね。
化けてもおかしくないので、予算が余っている方は賭けてみても良いと思います。

べルヴァの10…イングリッシュチャンネルは例として挙げるまでもないとして、セッジフィールドもそれなりに活躍してますからね。母とSストライクの相性が良いのは間違いないでしょう。
しかし僕はスマートストライクを狙うなら牡馬だと思っています。
なぜかと言うと、スマートストライク産駒の本領発揮は大抵『古馬になってから』だから。
カーリンやブレイクは早くから活躍してましたが、あれは元のポテンシャルが高かったというだけで、馬体の完成は決して早くないんです。
現役期間が予め設定されているクラブ牝馬と相性の良い血じゃないんですよ。
ただ一つだけ本馬のフォローを入れておくなら、ブレイク達とは違って明らかな父似という訳ではありません。
牝馬特有の武器を生かす事ができれば、また話は変わってくるでしょうね。


他にもアドヴァーシティやマジックコードなど、一発がありそうな産駒が揃っています。今年は気になる馬を挙げていくとキリがありません。
けどウーナマクールにしても、これで総額5000万円台なら社台・サンデーでもっと上が居るよなぁ…なんて風にも考えちゃいました。このクラブなりの良駒と言う感じ。
キャロット同様『コレダ!!』ってのは見当たりませんでしたね。

その中から夢を見るなら○外。堅実に楽しむならサンシェル。って所でしょうか。
僕の場合ですと悩んだ末に結局ウーナマクールに行きそうですが、どれも一長一短といった感じで、どれか一つ選ぶとなると正直難しいですね。
こういう年は会員でなくて良かったな~って気持ちになります笑。




東サラ10年産Ⅱ
2012年01月18日 (水) | 編集 |
それではどんどん見て行きましょう。
今回はロブロイだらけですね…。


ガゼルロワイヤルの10…何年か前に社台でSS直仔のグランロワイヤルが大成できなかったので、僕はこの繁殖に見切りを付けています。が、本馬のシルエットはいかにもキンカメという造りですね。
まぁゴルチケやグローリーとは比較になりませんが、最後にもう一度名牝のポテンシャルに賭けても良いかなと。
少しだけ考えさせられます。
骨格もしっかりしていて、丈夫に走れると思います。どちらかと言うと使いつつ良くなるタイプに見えるので、その点はプラスというか、とりあえず必須条件はクリアしていますね。

アドマイヤリッチの10…こちらはキンカメでも軽いスピードを武器としそうなタイプ。
バランスも良いです。牝馬の場合、力感よりバランスや軽さ・柔軟性の方が重要だと思うので、これはこれでアリなのですが、個人的な好みも含めて言えば、もっと後躯に力強さが欲しいと感じます。
シャンボールフィズを一枚落としたイメージですかね。

ヤナビの10…堅実に走ってくると思います。全く人気がありませんが、未勝利で終わる馬体には見えません。
パワータイプに映りますが、柔らかさを備えています。
G1勝つようなタイプとは違うんですが、今年から一口を始めるような方はロブロイ産駒をどれか一頭持っておくと良いかもしれません。

サンシェルの10…内国産の中ではこの馬が一番僕の好みとマッチしています。馬体派の人は目を付けている人も多いのではないでしょうか?昨年で言うレッドグランザ枠ですね。
繋ぎがだいぶ寝ているので敬遠する方もいるんでしょうが、僕はあまり気にしていません。立っているよりはマシです。インペリアルマーチと比べりゃリスクは全然低いですよ。
繫ぎはクッションの役目ですから、寝気味×大型とかになると好感を持ちませんが、本馬はバランス的にも丁度良いと思います。
骨格もケツもしっかりしてますしね。ヤナビ共々、こういう馬が未勝利で終わると馬体派は困ってしまいます。

エナジーストーンの10…ロブロイ産駒はどれも似たようなコメントになってしまいそうで、書き方に悩むのですが…。この馬もトモに容量があり、スピードがありそうです。
上記二頭よりもダート適性が高めでしょうか。

ロブロイ産駒ではこの他にチャールストンハーバーが少し気になるのですが、どうにも掴みかねています。
僕自身がロブロイ産駒にあまり興味がないので、この馬が良いのか悪いのか区別を付けられないんですよね。
根拠を口で上手く説明できないのですが、上の三頭はどれも堅実タイプに見えますが、チャールストンは一発型だと思います。

ただ個人的な意見として、ファンタストは一切信用していません。とある一件で調教師と全く意思伝達できていない事が判明してしまったからです。
そうでないなら、もの凄く適当かつ軽い気持ちで仕事に取り組んでいるか…。もうそのどちらかです。
どの馬とは言いませんが、出資者の方は(調教師も)ブチ切れして良いレベルですからね。

なので、サンシェルが良いのはわかっているけども…、
もし本当に会員だったとしたらウーナマ君一頭か、それにもう1、2頭加えたメンバー構成になったと思います。



東サラ診断スタート
2012年01月17日 (火) | 編集 |
それでは東サラ診断です。
数が多くなりそうなので、何回かに分けて書きたいと思います。

コートアウトの10…気になるのは若干後ろが硬いと言うか、踏み込みですかね。ディープ牝馬ならもっとバネが効いてる感じが良いのだけど。
しかし、この血統という事で考えるなら、それでも良いのかな…という気持ちもあり判断が難しい。どっちつかずというのが一番判断に困ります^^;
それでもバランスは良いですし、ディープにしてはケツもまずまず。肩などの造りからしてマイル~中距離まで適性がありそう。まぁ全体で見れば合格点を付けられる出来だと思います。
しかし現状順調さを欠いているようなので、その辺りがどう出るか?

エリモピクシーの10…前に入会を検討中の友人から『破折してるように見える』と聞かされてたんですが…。酷いものではないんですけど、言われて見ると確かにそんな気も…。
でも、トモの形が良く、容量ある前躯もタキオン産駒らしいですね。
クラレントはPOGにしてますし、リディルも馬体を高く評価しています。ピクシーはそういう繁殖なのだと思います。キャロで言うファインセラのような。
これも結局、脚がもてば走る馬。ってな感じではないでしょうか。
正直なところ、個人的には兄以上とは想像できないんですけどね。
追記:兄二頭はとてもバランスが良かったのですが、クラブ馬ではないのでPOG本の立ち姿だけで評価したものです。彼らの同時期についての事は知りません。ただ、10の方が馬体に伸びがあり、距離適性や脚質は上と少し異なるのではないかと予想してます。

ショウダウンの10…少し立ち気味の繋ぎが気掛かりも、この馬も無事なら走ってきそうなタキオン産駒中距離版。カタログコメにある通り、クラシック向きですね。
パーツ自体はなかなか良いモノを持っている。
ただし、タキオンならデイヴィスやブレイゾンの方が自信度という点では上でしたし、僕は元々グランデッツァやタンタスエルテ10のような馬体が好み。
この子も良くまとまっている方なんですけど、いざ出資するとなるときっと躊躇するでしょうね。

プラウドビューティーの10…コロンとした体型でまだ幼く見えますが、各パーツはなかなかのもんですし、血統の相性も良い。道悪にも対応できそうな蹄。繋ぎの角度も良し。
阪神マイルが合いそうなのも、牝馬にとってはプラスですよね。
全体的に緩さを残しているので、今後の成長を楽しみにしています。
(まだ腰高ですので、急なペースUPは止めたほうが良いと思います)


とりあえず今日は四頭。
プラウドビューティーみたいな馬を様子見できるのは本当有難いですよね。
キャロや社台でこうはいきません^^;



穴馬発見隊
2012年01月14日 (土) | 編集 |
今週は仕事がやたら疲れました。帰ってきてシャワーして寝る、のパターンが三連続。
忙しいとかじゃなくて、とにかく疲れる一週間でした(;-д- )=3

気分転換に明日の予想でもして馬券買いますか笑。
東サラの診断は来週にさせて下さいm(_ _)m


前日は基本、儲けるのにうってつけのお宝ホースがいないかチェックする。
その馬が好走できるパターンのイメトレと、激走するタイミングかどうか。
当てることはひとまず考えない。

中山
3Rミヤビガーリッシュ
4Rストロングシャリオ
7Rストライビング
8Rサクラシリアス(オメガブルーベリーも捨てがたいが、思いの外人気しとる…)
9Rシルクブルックリン
10Rヴァーゲンザイル
12Rミエノゴーゴー&サザンブレイズ(一点)

京都
1Rユキノアイリス
3Rシナスタジア
4R4,5,8,9,10,12,14の三連複BOX
11Rインオラリオ(複勝)
12Rカーマイン→1,2,3,4,8(馬単流し+5頭の馬複BOX)

小倉
1Rヴォワドランジュ マンデルクライエ
8Rティボリペガサス

京成杯
七枠二頭→シャンクス、アーデント、プーラヴィータ、バッカス、アンドロメダ。
ブルーは人気しそうだから消し。ディールも消し。来たらゴメンナサイ。
ロブストは乗り替りがマイナス。
当日の気配と馬場次第でロジメジャーを抑える。
今の中山は実力よりパワー優先です。

日経新春杯
◎トゥザグローリー。以上。
なので馬券は買いません。

僕が狙う穴馬の要素を一通り挙げておきますと、
①その条件で底を見せていない
②特定の条件で好走・惨敗を繰り返す
③理由に関係なく人気落ちしている実力馬or血統馬
④初体験(初ダート、初芝、坂の有無、矯正具)。※①に近い捉え方
⑤休み明け

ざっとこんなところでしょうか。
これにその日の条件や脚質における枠順の有利不利や、騎手との相性が加味されていく。といった感じですね。

上で挙げた馬の多くが人気薄になると思います。そしてほとんどが飛ぶでしょう。
でも、それで良いんです。当たったとき数倍にして取り戻せば。
僕は毎週、そういう期待が持てる馬を探しているつもりです。

十五万稼ぐには更にもうひと工夫して当てなきゃならんのですが、まぁ楽しく買ってみます^^


※追記

やられたっ!とにかく惜しいの連発でした^^;

ミヤビガーリッシュ→馬単マルチ3着(単勝37倍)
ミエノゴーゴー&サザンブレイズ→僅差の2、3着
インオラリオ→4着(複勝9倍)
カーマイン→2着(勝ち馬いなければ万馬券)

これらが特に悔しい(泣)!!

勝ったのはヴァーゲンとサクラシリアスの二頭のみ。
シリアスは馬単の170倍(せめて二着が穴なら…)獲れたけど、他のレースで負けたので合計では僅かにマイナス。
ブログで書く時というのは大抵何か良いことがあったから書けるのであって、基本的には毎週こんな感じなんですよ^^;





馬券だけ好調
2012年01月09日 (月) | 編集 |
福寿草特別でサイレントサタデーが勝ちました。
そんな単純な話ではないのだろうが、アロってかなり強いのか?

なんにせよ、京都の内回りは内枠、逃げ馬天国。今が稼ぎ時ですね。
昨日から馬券がやたらと好調。賭け事の視点で見ると、二場開催の方が時間掛けて予想できるし良いですね。
最近訳あって生活が切迫気味だったのですが、シンザン記念や今日の儲けで大分心にゆとりができました。
あと15万くらい稼げたら様子見中だった馬に、ポチっといくかもしれませぬ。

いやいや、まだキャンセル募集もありますし、もう少し待ちなんですけどね。
その馬は4月位までは残ると思うので…。
最終的な判断は名前や動画でフォームを確認してからですね。


さて、では今週の観戦記。
まずはシンザン記念から。

ジェンティルドンナ。僕のウマドンナ。
…言いたかっただけです笑。
それはさておき、強かった。調教が普段より動けてなかったので、危険な人気馬と判断して三連単をやめて複のBOXにしたんですけど、あざ笑うかのような勝ちっぷり。
この面子では能力が上だったという事か…。
ただし、今回は折り合いを付けるのが抜群に上手いルメール様が乗ってのことですから、今後あの気性がレースで悪化しないとも限らない。まだ油断はできません。
いずれにせよ、これで打倒ジョワドの最右翼ですね。

プレミアムブルー。
これは素晴らしい馬体をしている馬なのですが、何故か毎回人気にならないのでいつも美味しい思いをさせてもらってます。
馬体写真(←ここをクリック)
バランスも四つの繋ぎの角度も前から見た脚の軸もほぼ完璧。
ケツも飛節もしっかりしてるし、長躯短背でシルエットはまさに走る馬のそれ。
この出来で600万は反則レベルですよ。
今後もマイル戦で手堅く走ると思います。
展開に恵まれそうな時は常に抑えておく必要がある馬です。

ジョングルール。
キャリア一戦を考えれば頑張っていると思います。
ただ、クラシック級となると、あそこからカドマツに並ぶ所まで来て欲しかったというのが本音。
アーカイブ然り、このタイプのディープ産駒は確実に強い馬ではあるのだが、G1級となると、血統の相性なり厩舎なり、他の何らかの助けを必要とするのかも。
この馬に関してはもう少し見ておきたい所があるので、結果に関係なく共同通信杯を使って欲しいです。
追える三浦騎手とは手が合っていると思います。

シャンボールフィズ&ラロメリア。
軽い馬場での巻き返しに期待。
今の中山の馬場は合いません。以上。


ちなみに様子見中の馬のヒント。と言うかほぼ答えになりますが、トルバドゥールを高く評価した人はきっとその馬をチェックしているはずです。色々と似てますからね。
ここではあまり触れてなかったと記憶してますが、トルバのような馬は『回収率重視』で考えたらとても魅力的だと思います。それは一口における僕の方針と少しズレるのですが、ヒールみたいな馬がもう一頭いれば色々楽しめるんだろうな~…なんて考えてしまいました。
堅実なのがもう一頭いてくれた方が、一口ライフをより充実させられそうな気がします。





今年一発目
2012年01月09日 (月) | 編集 |
昨日はトランスワープから約3馬身離されての4着。どうせ負けるなら彼が良いとは思ってましたが、あれだけ完勝されてしまうと惜しい悔しいと言うより、もう仕方ないですね。

寒竹賞でカドマツが勝った事からも、今の中山はああいうタイプの馬に合ってるんでしょう。
(今日のラロは危ないかもしれん…)
ヒールも割と合っている筈なんですが、強いて言えば通ったコースが悪かったかな。

内は大分悪くなってきてます。
逃げ馬ならまだしも、中団に控えるなら、どこかで外に持ち出す形へ持っていきたかった。
それなら2着は確保できたはずですから。

とは言え、今日はどうやっても勝てなかったでしょうし、内容にも不満はありません。
むしろテン乗りとしては良くやってくれた方です。
戸田師はご不満のようですが、僕は納得してます。
早いこと主戦を決めて欲しいと思ってましたし、ユーイチが乗れない時はこのまま田辺さんにお願いしたいですね。
状態次第では復帰したウチパクか蛯名辺りでもOKですが、コロコロ変えるのは止めて欲しいです。

次は中3週で東京戦に向かうと思われますが、次も相手と枠順次第でしょう。
とりあえず、来週のヴァーゲンザイルには何が何でも勝ち上がってもらわないと笑。

戸田師も次はかなり仕上げてくるはずなので、少しでも良い条件の中で走らせてあげたいですね。



解せぬ…
2012年01月07日 (土) | 編集 |
昨年末はヒールで終わり、そしてまたヒールで年明け初戦を迎えます。
現状ヒール一頭に頼りきりの状態ですからね。
本当に頭の下がる思いです。

では、レース展望といきましょう!

今回の2000メートルは悪くありません。
ただ、近走は2600→2400→2500と来てますので理想は来週の2200メートル戦でした。
一気の短縮がどう出るかですね。初体験ではないので大きなマイナスにはならない筈ですが、その点心配と言えば心配です。

しかし、来週ですと難敵ヴァーゲンザイルとぶつかるので、勝ち負けだけの話で言えば、陣営のナイス判断と言えなくもありません。

課題があるのは解ってますし、実質中一週となるので、上積みとなるとせいぜい叩いた分だけでしょう。それも斤量増と乗り替わりで相殺されますが…。
勝ち切るには田辺騎手の好騎乗が必須の一戦となりそうです。
なので頼みましたよ、田辺さん。

更に幸運にも口取りが取れたのですが…。
なんと応募者総数21とな?確か前走15でしたよね?

解せぬ!全くもって解せぬ!?

有馬記念当日、クリスマス、特別戦、中山2500メートル…。
そんな盛り上がり要素だらけだった前走。

かたや平場戦。当日は重賞さえなく、条件は悪化。
その上、申し込み受付時間が極端に短かった今回。

なんで?
おかしくね笑?

一番人気になる位だし、昇級初戦が嫌われたとも思えない。
一口やってる人はG1なんてどうでも良くなるのだろうか……なーんて思ったらJCの日は大激戦だったし…。

ヒール出資者の行動パターンが全く読めん!
皆さん一体何考えてるんですか笑!?
前回との比較で100%定員割れすると思ってたんだけど…

まー今回は無事獲れたから良かったものの、参加できるのを前提に考えてたらダメって事ですな。『今回は余裕でしょ!』とか言ってたら友達は口取りに落ちましたからねw

明日は流石に空いてるだろうから、まったりジョングルールのレースから参戦するつもりです。




シルク&ユニオン
2012年01月04日 (水) | 編集 |
それでは続々と見ていきましょう。
今日はユニオンとシルクHC。

バレンソールの10…なかなかの好馬体。背が短めで力強い、僕好みのタイプ。
蹴り返しがもっと強ければ尚良いんですけどね。
マイルまでは保ちそうですし、芝ダート兼用の活躍を期待。

ダッシングハニーの10…首が短く胴も詰まっていて、見るからにスプリンターですね。
むっちりというよりがっちりしているんですが、繋ぎはクッション効いているし、筋肉が関節の動きを邪魔してないので、力に頼りきった走り方はしないと思う。
メイショウボーラーの子は変に距離を伸ばしたりするより、スピードに特化させた方が走る気がするんですよ。

キングズベリーの10…この子も柔軟性に富んだ筋肉を持っている。歩様を見て思わずお尻に触れたくなってしまいそうでした笑。
バランスも良いですし、こういう馬体の子が大失敗する姿はなかなか想像できません。
測尺を見ていないのですが、マイラータイプだと思うので、ある程度の馬格は欲しいですね。
初子なのでその点が少し気になります。

ツルマルオトメの10…兄貴同様、スピードを活かして二歳戦での活躍に期待です。
個人的にこういう馬は一口というよりPOGとかでお世話になりたいタイプなんですけどね。
順調に調整を進められる事を条件に、挙げておきます。


後は一発ありそうなマスターコマンド産駒と収支度外視でテンシノキセキの11
テンシノキセキは毎年子出し自体は良いと思う。
こういうタイプはいきなり大物出したりしますから、一応チェック入れたいですね。
馬券で美味しい思いは……知名度高いし無理かなぁ^^;

個人的にユニオンとは今ひとつ相性が悪いように感じています。根本的に目の付け所が間違っているのかもしれません。
社台系とはまた違う見方をする必要があるのかも…。
一応、明日デビューするソルレヴァンテは馬体をかなり高く評価した馬なんですけど、彼が勝ちあがりに苦戦するようだと、もう一度ゼロから走る馬の傾向なんかを探ってみたいと思います。


次にリニューアルしたシルク。
こちらはどれも一長一短で選ぶのが難しいですね。

とりあえず血統や値段を全て度外視して選ぶなら、丈夫かつ全体的に水準以上のパーツでまとまっているシルクユニバーサルの10と、いかにもダンシリ産駒らしい造りのレトⅡの10といった辺りになるでしょうか。
配合面で面白いドリームモーメントの10も抑えたい所ですが。
それでもやはり…というべきでしょうか、一番大物感があるのは満口になったマチカネタマカズラの10ですかね。
トモ幅は平均並ですが、ディープ産駒らしく筋肉の質が素晴らしいですし、割としっかりしている方だと思います。
東京や京都の中距離で期待が持てるでしょう。クラシック戦線に乗ってきても不思議ではありません。
ただし、総額5000万という事で考えると、本家にはもっと良い馬が毎年揃うので、自分が仮に出資したとしても『良い買い物をした!』という気持ちにはならないでしょうけどね。

他に、広尾にも目を通したのですが、正直、09産の方が断然質が高いと感じました。
ステラリードの下とゴールドアリュール産駒はそこそこ魅力的でしたが、それでも出資したいというレベルではないので、今年はパスの方向です。

来週からは何度かに分けて東サラを診断し、その後はまた通常業務に戻る予定です。





そろそろ禁断症状が…
2012年01月03日 (火) | 編集 |
最近、時間や曜日の感覚がありません。割と困ってます。
競馬がないと自分がどんどんダメ人間になっていくのが分かる笑。
それに、やる事がなにもねぇ…?!
いやいや、探せばいくらでも出てくる筈なんですが、生活のリズムが狂いすぎて思考力がだいぶ低下してますね。
どうやら僕は適度に馬の事考えてないと逆にダメみたいですw

ってな訳で、普段時間がなくて積みゲー状態になっていた他クラブのDVDや資料に目を通してみることにしました。
11年産の注目馬と同時進行で、何頭か取り上げていこうと思いまーす。

今日はロードとセゾンを調べてみました。

ジャックカガヤキの10…地味な血統ゆえにこの値段なんでしょうけど、造りの良さという点では募集馬の中でもトップクラスだと思います。
はち切れそうな肉質に加えて、可動域も広い。
この両親ですから体質を懸念された方も多い筈ですが、造りで言えばかなり丈夫な部類に入ると思います。
自分が出資するなら多分この馬になると思います。

ダイワデリカシーの10…こちらはバネがありそうです。力強さのそれとはまた違うのですが、スパッと切れそうな後躯をしています。
トモは良い感じに発達しており、形も良い。
動きからはディープ産駒のような軽いキレを武器としそうなイメージ。
しかし、アドマイヤムーン(エンドスウィープ)ですから、軽いだけとは考えづらいですね。意外と洋芝とか合うかもしれません。
ムーン産駒はサンプルが少ないのですが、キャロットのスターアイルの10よりは、僕はこちらが好みです。

レディアーティストの10…ダートで堅実に狙えるのはこれ。
飛節にもう少し力強さが欲しいが、他の部分はまずまず高得点を付けられます。
筋肉は発達してますが、ダート馬にありがちなガチガチの筋肉ではないし、血統の相性も良いので狙う価値アリ。

シンコウエトワールの10…これも堅実なダート型。まだ余裕残しなのでしばらく様子見を推奨しますが、脚がまともなら元は取ってくれると思います。
できれば真正面からの立ち姿を確認したいんですけどね。
ま、この価格ですし完璧は求めづらいんですけど、どの道ダートでしょうから比較的安心して見れる方でしょう。
母は短距離型ですが、この馬はマイル前後の方が良さそうです。ダートなら、番組上それもプラスではないでしょうか。


満口の馬も流石に良い出来なのですが、今回は残口がある所で紹介してみました。
それにしてもアルティマの子は持ってみたいですね。
出来の良さも勿論ですが、アルティマもジャックカガヤキも大好きな馬だったんですよ。
好きというか、どちらも凄く素質を見込んでいた。
アルティマはまともなら重賞の二つ三つ楽に獲れていたと思うし、カガヤキは秋華賞出ていたら本命打つことを考えていました。
殆どの競馬ファンの目には地味に映るのでしょうけど、僕にとっては非常に思い出深く、なんとも胸が熱くなってしまう組み合わせなんですよ。

ロードは毎年なにかしら良い子が募集されますね。


パインアヤカの10…左前の外向など気になる箇所もいくつか見受けられるんですが、体のパーツはいずれも見所があります。
骨格もしっかりしてますし、外向も内向やら弓脚やらに比べれば全然マシですからね。
繋ぎのクッション性も非サンデー系ですから及第点でしょう。
あとは旋回しながら脚を出す点ですが、キャロのフェイルノートはもっと酷かったのに大きな怪我もすることなくデビューから連戦してましたから、それ程問題視する必要もないんだと思います。
オペラ×アンバーはヤマトマリオンにマストビートゥルーと異なるフィールドで活躍馬を出しており、血統的にも相性が良さそうなんですよね。

トーホウハヤカゼの10…セゾンの馬らしく、短いところで期待できそうな子を挙げておきます。
この父の産駒ですから、もっとトモを鍛えてスピードと馬力を磨いて欲しいですね。
それが出来ればという条件付きですが、走る馬のシルエットを持ってますし、そこそこ期待できるのではないでしょうか。

エスユーエフシーの10…無難に良い馬です。強い上級条件馬になりそうな感じ。
この馬に出資される方はそんな低い次元の期待は初めから持ち合わせていないかもしれませんが、この血統は手堅く一勝を挙げた後、着実に力を付けていく印象が強いです。
丈夫そうで数をこなせそうなのも、クラブの特色と合っているのではないでしょうか?
インプレザリオとは違うタイプに見えるのですが、この父の産駒にしては距離も保ちそうな造りですね。中山2200辺りで個性を発揮しそうかな。

後は満口ですがリヴァリーガーデンの10
この年のセゾンは全体的に牡馬のレベルが高そうですね。




良い出会いがありますように。
2012年01月02日 (月) | 編集 |
アロヒラニが休養。アースガルドは暫く時間が掛かりそうですし、クリティカルは半信半疑。
順調なのはヒール一頭だけですから、春は大分ヒマする事になりそうです。
11年産の事を考えていた方がずっと楽しそう…。

ってな訳で、今年も注目の一歳馬を何頭か取り上げてみたいと思います。
中でもディープインパクト、マンハッタンカフェ、キングカメハメハの子供達に注目しています。


レディオブヴェニスの11

母はアメリカのG2でコイウタやキストゥヘヴンを倒した馬。
と言えば伝わり易いでしょうか?
G1勝ちこそないものの、シンハリーズ辺りよりはずっと強かったと思います。
もの凄い切れを持った馬でした。
近親にニシノコンサフォスがいます。
社台の会報に載っていたので、多分回って来るでしょう。


フォーシンズの11

キャロットに来たら最優先で書きます笑。
フェリスタスと10で馬体のイメージは掴めてますからね。
測尺さえまともなら、例え抽選でも狙ってみたい一頭です。


ムーンライトダンスの11

血統的にフォーシンズと被るので一緒に募集される事はないのでは…?と見てます。
この繁殖はディープがベストだと思っています(だから10をスルーしたのです)。
ここまでの産駒はどれも体質的な弱さがあるようなので造りには要注目です。


クイックリトルミスの11

血統的なイメージとしてはダコールを想像しています。
トモの薄さや非力さをカバーするにはこういう血統を持って来るのが手っ取り早い気がします。
その上でディープならではの長所を保っていることが条件なんですけどね。
パワフルな良血狙いならキンカメを狙えば済む話ですから。


次はマンカフェ産駒。
タンタスエルテの早期流産があまりにも残念です。
パララサルーも10も素晴らしい出来でしたからねぇ。
お金と実績があれば両方買ってたかもしれません。

その代わりといってはなんですが、

ストールンハートの11

タンタスエルテと4分の3同配合。狙うなら人気が出る前に。
初子ですからサイズが気になりますが、身体面で高評価となれば一気に最有力候補です。
流行りはドイツだけど南米も良いと思いますよ僕は。


スモークンフローリックの11

セレクトセールは欠場。理由は知りませんが、そういう馬は翌年のクラブ募集に回されることが多い。
上のゴーストザッパー産駒がオーナーズなので同様かもしれませんが、これも前々から注目している繁殖です。
ワイルドフラッパーのデビューもそろそろでしょうか?
派手に決められると困るので、程々にお願いします笑。


キャッシュインクルーデッドの11

ストールンが一発型なら、こちらはハイアベレージ型か。
上の二頭を見ても、きっと良いトモをしている筈です。
一番上のタキオンは少し足元への負担が大きそうでしたが、二番目のディープは改善されてました。
三番目はどうか?
出来れば次男と同じ芝タイプに出て欲しいと願っています。
09を見た時からマンカフェを付けて欲しいと思ってましたし、母はタンタスやヴェニスと並んで白老の大注目繁殖です。
一方的な片想い続行中。
それだけに出資できたら溺愛する自信がありますよ笑。


次回はキンカメを紹介します。




今年度も宜しくお願い致します。
2012年01月02日 (月) | 編集 |
謹んで新年のお慶びを申し上げます。

旧年中は大変お世話になり、有り難うございました。
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

皆様と愛馬達のご健勝とご多幸を祈念致しまして、新年のご挨拶とさせていただきます。


年賀12


馬なり更新日記管理人・ティア





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。