管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exchange Rate
2012年03月28日 (水) | 編集 |
先週はクリティカルヒットが見事勝利を収めてくれました。
遅ればせながら、僕も今年度初勝利です。
思ったより時間が掛かってしまったものの、実質ヒールと二頭体制の現状ですから致し方ない部分もあるか…。
待たされた分、スカッと爽快に決めてくれました。

前走と同じ道悪で、大差ない時計で走っています。
楽勝出来たのは相手云々よりも、スタートで好発を決められた事が大きいですね。
見た所、別に差し馬というわけでもないし…。

4角で置かれるのは骨折した記憶で馬が慎重になっているのかもしれません。
コーナーでスピードに強弱をつける事で負荷は少なからず掛かってしまうもの。
身体を持て余している側面も当然あるのだろうけど、どうもそれだけではないような気がします。

ですから次は東京や新潟のようにコーナーが緩く、伸び伸び走れるコースの方が馬の為にも良い。
実戦と調教で徐々に馬の不安を取り除いていき、その上で勝利を狙う。両方の条件を満たすのは新潟の『わらび賞』だろうか?
今日のコメント見る限り、もう少し後ろにずれ込むかもしれませんが、新潟は合うと思いますよ。

先生はまだ芝を使いたそうにしてますけど、万が一プリンシパルを勝てたとしてもその先は絶対無理ですよね?
道悪でもブリランテやグランデッツァとは完成度が違いすぎますし、軽い馬場ならワールドエース辺りが勝ちます。
そもそもソエが出てるのなら、芝への挑戦は秋からで良いはず。

今回の勝利は将来を確信できる一戦でした。
だからこそ、今後は明確なビジョンを持って高いレベルで馬と接して欲しいと思います。
本気でダービー路線が最適であると、馬の為だと主張するなら僕は何も言わないし言えませんけどね…。


追記:いてもたってもいられなくなって、気がついたら彼の血統を調べ始めてましたw

母父Exchange Rateには覚えがなく、戦績も地味だったので今までスルーしてきましたが、改めて血統構成を見ると一流種牡馬の名がズラリと並び、意外にも芯はしっかりしてます。
起爆剤と言うよりは、万能調味料という感じ。
母父や母母父として、これは期待が持てそうですね。

そもそも、馬体やポテンシャルにも目を見張るものがあったからこそ、地味な成績でも種牡馬になれた。
そうは考えられないか?

他にも血を引く繁殖がいないかと探してみたら…居ました。
シーカーマです。

シーカーマ11はスマートSの最高傑作・カーリンの産駒。
12はハーツ。クリームはディープ。
後にサンデー系を付けられている点も共通していて面白い。
スマートストライクにダンジグ系牝馬の配合は、ルッキンアトラッキー、シャドウキャストと異なるG1馬を輩出しておりますし、クリティカルヒットも案外計算された配合だったのかもしれませんね。

なのでシーカーマ11もクリティカルと似たタイプの馬なんじゃなイカ?
(まさかキャロで戸田師だったりしてw)

ただ、この配合から見ても、やはりベストはダート競争であって、柔軟性の高い身体を持ってしても芝はこなす程度と考えた方が良いと思うのですけどねぇ…。
調べれば調べる程、芝の中・長距離のイメージからは遠退いていきますよ(^∀^;)




スポンサーサイト
手短に。
2012年03月23日 (金) | 編集 |
今週は少し忙しくて現地には行けません。
とは言え、せっかくの愛馬二頭出しでどちらもチャンスのある戦いですから、手短ではありますが触れておきたいと思います。

明日は中山でクリティカルヒット。
今度こそ初勝利を狙います。
またしても道悪ですから、条件は前回とほぼ同じ。叩いた分の上積みがあるだけなので、ここはレースを学ぶというよりも、単純に『結果』が欲しいレースであります。
相手には申し訳ないが、強敵の一頭が取り消した事も追い風となりました。
あとは少しでも行く気を見せてくれれば…。

どうせなら生観戦出来なかった事を後悔させる位の走りを見せて欲しいですし、特にクリティカルは早く上のクラスで応援したいと言うのが本音。
このレースは今週で引退のコバジュンを擁するトウカイマルシェの激走が恐いですが、礼儀を持って全力で打ち負かしてやって欲しい。決して侮るなかれ。

日曜のヒールは時計の掛かる良~やや重で走れそうなのは良いですが、距離が微妙に長いかもしれません…。今の馬場だと皐月賞当日の2000M戦辺りの方が馬には合うのではないでしょうか?
悪すぎるとノメりますし、ハンデを1キロ貰ってるのは助かりますけど、復調した2頭のエンペラーや地味ながらも確かな実力派ヤマニンシャスールなど、この条件で戦うにしては決して分が良い相手でもありません。
今回もいかに上手く立ち回れるかがポイントとなるでしょうね。


今週は他にもバーニングジール(ハーツの期待馬)やオパールパワー(フィガロ好きなんです)、そしてストリートハンター(良い馬体持ってんだからもっと走れ!)など好きな馬が沢山出てくるので、これは出費が激しそう…^^;
でも、彼らも今回は狙い時。頑張って欲しいですね。




三冠馬はやっぱりオカシイ。
2012年03月22日 (木) | 編集 |
先週は中山競馬場まで行ってきました。
アルフレード出資者である友人の付き添いだったのですが、それより阪神大賞典があらゆる意味で印象に残ってしまいました。

つーか、どこのベアナックルだよ!
それともマキバオーの新馬戦か。
G1同着やら白毛馬やら近年リアル競馬でマキバオー現象発生しすぎだろw

最初は故障かと思った位なので、とりあえず無事で本当に良かった。
でも昨日で完全に逆らう気が失せました。いくらクレセントやバリアシオンを応援してようと、あれにはどうやっても勝てんわ。
あんなの馬じゃない…。


そしてアルフレードですね。
あれから敗因を色々考えてみましたが、大きく分けて3つでしょう。

・距離
・体調
・馬場

元々叩き良化型のシンクリ産駒でもありますが、それ以前に状態が良くなかった。あのマイナス6キロは仕上げたマイナス6キロではありませんでしたよ。
前向きなコメントを残してきたものの、朝日杯の出来には到底ありませんでした。

加えて以前も触れたように、この馬の本質はマイラーです。母型の気性が表面化してくるようならそれ以下でも良い位。
そんな馬に不調とスタミナを要求される馬場という要素が加われば、あの結果もやむ無し。
実質2000メートル超の持久力を求められたレースです。

本当に道悪下手だとしたらそれは意外なんですが、師はマイルCなら例え道悪でも…みたいなニュアンスでおっしゃってますから、問題の大きさとして距離>馬場なのは間違いないでしょう。

ここですぐマイルCに照準を切り替える事の出来る手塚師は良い調教師だと思います。
マイルCの為に皐月を叩き台(フツーは考えられない行為だけど二歳王者なら許されても良い気がする)とするのも一つの策ですが、体調の良化を促すのに今の中山を使い、そこから中二週でG1というのは決して容易な道ではありません。
あとはアルフレード自身の潜在的な回復力。シンクリの長所に掛かっていると言って良いですね。

P.S.ファルコンSは五万突っ込んで6万戻って来ました。
本命が最低人気のヴェアデイロスで、対抗格がレオンビスティーとキズマ。
最後ノースヒルズの勝負服が突っ込んで来た時はミリオン達成を確信して両手上げて絶叫したけど、良くみたらブライトラインの方でした笑。

今でもリニューアル不要という考えに変わりはありませんが、本当に底力のある馬が勝つ新・中京は素晴らしい競馬場ですね。
新潟と東京にはガッカリしましたが、初めてまともな改修を見た気がします。


※更に追記:キャンセル募集に臨む過程でシンクリ産駒の事を徹底的に調べていたのですが、アルフレードはやはり道悪自体もダメかもしれません。
蹄の形は近親リビアーモ辺りと比べると全然こなせそうに見えますが、それ以上に問題なのはメンタル。
どんな理由であれ『気持ちよく走れる』事に拘る一族ですからね。
走りづらい馬場に嫌気が差した。という可能性もあるかもしれません。

とまぁそんな風に色々と言い訳も出来ますから、今回の敗戦はそこまで悲観的にならなくても良いんじゃないでしょうか^^?


もうエピるっきゃない。
2012年03月16日 (金) | 編集 |
少し遅れて今年もキャンセル募集の時期がやってきましたね。
期待しながらページを開いてみたものの……


ホアピリがいぬぁーーい!!!!!


一瞬にして興味が半減しました。
ホアピリはかなり自信あるんですけどねー。
シーザリオ取れないなら、こちらを最優先に書くべきでしたな…。

キャンセルで今更隠す事など何もないので正直に暴露しますと、僕が行くのは多分シーザリオ(エピファネイア)です。
次点にガヴィオラとドリボンですね。

しかし毎年思うんですがね、手放すくらいなら最初から買うなと(某個人馬主にも言いたい)。
それが事故や不幸なら仕方のない話ですが、毎年これだけの頭数から発生してるんだから絶対冷やかしやポイ捨ても多く含まれてますよね。
自分が最優先使って落とした馬から9口もキャンセルが発生するとか、あまり良い気分はしないですな。


あと話は変わりますがアースガルドが入厩しました。中山か福島を目指すそうです。
最初は東京で良いだろ!とか考えましたが、番組がないんですよね。
一つ叩いてベストの状態で東京か新潟へ…。
素質はあるので、なんとか復活させてあげたい馬なんです。


追記:明日の重賞はどちらも波乱含みで、加えて天候も崩れるとの予報が出ているので、厚めに勝負する予定です。
万一宝くじに当たった場合に備え、少しでも財布を膨らませておきたい所ですね。




とだしは溺愛している。
2012年03月12日 (月) | 編集 |
やすなりのこうげき!
クリティカルヒットのすばやさが上がった。
きょうそうばの群れに37.9のおいこみ。
ちゃくじゅんが 4 あがった。
たいじゅうが 6 さがった。
200万Gのかくとく。
ゆうせん権を手に入れた。


あと一歩の2着。
一応は変わり身を見せてくれたクリティカルヒットです。

「返し馬は抜群。ただ、レースはいかにもまだ競馬がわかってないという感じでスタートから出していっても自分から全然取ってくれなかったです。勢いがついてからは良かったんですけれど、まだまだ荒削り。使いつつ良くなっていくでしょうし、楽しみな馬ですね。次はもっと動けるはずだし、普通にチャンスでしょう。ダートもいいですが芝の長いところも良さそうですよ」(岩田騎手)

「体も絞れていたし、まずまずの状態でレースに臨めたと思います。岩田も初戦のことを頭に入れててくれてスタートから気合いをつけていってくれたので前回よりは出ていけてましたね。ただ、まだ走り方がわかってないからなかなか進んでいかない。勢いがついたのは直線半ばあたりからでしたね。パワーがあるから勢いがつくとなかなか止まらないですし、帰ってくるのが遅かったのはそのためでしょう。岩田も疲れていたくらいですし、この力強さをレースで活かしていければ。岩田も言ってましたが、ダートも悪くないし、芝もやれる。広くて長いコースが理想的でしょうが、中山でも中距離のレースを考えていけるでしょう。次に関してはまだ決めていませんが、馬の具合、乗り役などを考えながら決めていくつもりです」(戸田師)



ピオリム唱えるのが少し遅かったかw

まともなら3馬身はちぎっていたレースですよ。
遅いスタートも外ぶん回しも、馬のやる気が問題です。まだ人がどうこうできる状態にないのでしょうね。
その点、追える岩田騎手を起用した先生の采配は正しかったと思います。

騎手は芝の長い所も…と言ってますが、夏まではダート戦を中心としたスケジュールを組んでいくべきだ。
それがレースを見た後の感想でした。

理由はいくつかありますが、まずこの時期の芝中距離は異常なまでにレベルが高いです。
仮に3週後の2200を使ったとして、カムフィーやディサイファ級を相手に勝てますかね?

一方ダートでは底を見せていないし、何より脚元への負担が小さい。
ここまでのプロセス、馬体の造り、メンタル面。
見るに競走馬仕様へ作り替えていく為には、実戦を積み重ねる事が一番得策なのではないでしょうか?

仮に芝で勝ったとしても、クラシック路線に進めばまず『参加するだけ』で終わります。
同じ上を目指すなら、僕は大井の2000を狙うべきだと思います。

芝はそこそこ。脚抜きの良いダートは走る。
なら次はパサパサの砂を試して欲しいです。

僕個人としては次で勝てると踏んでるんですが、確実に勝ち上がりを決めるには『4戦目』をどんな形で持っていけるかだと思っています。
負けたのは悔しいんですが、馬はまだまだ良くなりますし、これからを期待して良い素材であると再確認できた事は確かな収穫でしたね。


以下、今週の感想。

サトノインスパイア…これでディスクリ産駒6勝目です。3頭で6勝です。
ダーレー・ジャパンの一口クラブとかできたら良いのにね笑。

クローチェ…クルソラの09。
募集時から三振かホームランだと思ってましたが、これは走りますね。
この馬とダローネガ、オメガホームランの三頭が走ったおかげで、父の成功パターンが掴めた気がします。少なくともディープインパクトよりはずっとわかりやすい。
今年ならフルグラントとブロード。次にグッドゲーム。この辺が該当するかと思われます。
クローチェは友人が絶賛していたので、僕も注目していましたが、正直叩いた次が勝負だと思ってましたよ。
これで勝てるのだから相当な器ですね。

パララサルー…世代で一番評価していたG1TCの馬なんですが、道悪はマイナスだと思って今回は買いませんでした。疲労がなければ本番も楽しみでしょう。
一番の評価は何も馬の造りだけが理由ではありません。
しつこいのを承知で言わせて頂きますが、僕はタンタスエルテが将来必ず名牝と呼ばれる繁殖になると信じています。
血統構成見るだけで興奮します。
脳内配合を行い電車の中で一人ニヤついてた事もありますし、以前焼肉屋で友人に50分位かけてこの馬の素晴らしさを説き続けた事もあります。

しかしこれで手の届かない所に行ってしまったかもしれません。
桜花賞勝たれたら僕の恋は完全消滅しますね。
やはりもう一頭の方を狙うしかないのか…。




今週も空いてました
2012年03月09日 (金) | 編集 |
今週も岩田が空いてました。
そしてまたしてもたまたま先生が跨がって調整を行いました。

「追い切り翌日の今朝の調教に私が跨ったのですが、変わらず具合がいいですね。今の調子のうちに使ってあげたいなと思える状態でしたよ。ただ、芝の2000mはどうも入らない。それならば来週のダートかなとも考えていたのですが、未勝利デビューを予定していたガーンディーヴァが新馬から行くことに変更したため土曜日のダート1800mで押さえていた岩田が空くことになりました。具合はいいし、ジョッキーも岩田なのならば今週使うことに問題はないなと思いましたので、予定を変更して今週のダート1800m戦へ向かいます。デビュー前からダートもありと思っていた馬ですから、条件替わりにそれほど不安はありませんし、初戦の内容が上々だったので、ここはいい結果を出せればと思っています」(戸田師)


具合はよさそうですね。
時計的にもまだ完全には仕上げていませんが、一度使われてどこまで良化したのか…。
大型に加えて泥を被らずに済むので、外目の枠も考え方によってはプラスです。少なくとも前回よりは前進するはず。
先週ポカした岩田騎手もこのレースで汚名返上といきたい所でしょう。

戸田師は勝てるレースを落とした程度でブチ切れたりはしません(多分)。
馬を潰すような真似さえしなければ、これも競馬のうちと納得してくれます。
僕だってそうです。

こっちもトラウマ故、一抹の不安を抱きつつの応援となりますが、きちんと優先順位を考えた上で冷静に乗ってくれれば大丈夫だと思っています。信じます。
今回は相手にも恵まれたので、クリティカルに合ってさえいれば、期待大の一戦です。

岩田よ、明日は頼んだぞ!



海外セール
2012年03月08日 (木) | 編集 |
グリーンのHP覗いてみたら、以下の一文を発見。

『バレッツマーチセールでHIP No.47 Singing Sensation2010(牡 栗毛 父Officer)を購買致しました。』

唯一の出資馬トレアンサンブルの10が募集取り下げとなり、現在は仮入会状態の僕。
なるほど。○外という選択肢も面白いかもしれませんね。

こちらが試走映像
http://www.barretts.com/TrainingPreviews/vidmar12/xpre047.wmv

那須野牧場はもう一頭へニーヒューズの牝馬を落札しており、ヘニーヒューズ、ディス猫、キャンディライドの子供が欲しかった僕としてはそちらを募集してくれる方が嬉しいのですが、映像を見る限りでは確かにこのオフィサー産駒は速そうですね。強いかはわからんけど速そうです。

静止画がないのは残念ですけど、見る限りでは典型的なスプリンターでしょうか。
ウチには既にブロアピの子が居るので間に合っている感もありますが、外国版のオフィサーと言えば、バファード師が二歳時に『スーパースター』と称した程の大物。
これはこれで楽しみがありそうです。
戦績から早熟と思われがちですが、最後の方は明らかに狂ったローテーションと状態で使われてたから参考外ですよ。
まともならその後もタイトルを積み重ねていたでしょうし、日本でもアポロドルチェやゼットサンサンが活躍していますから、適正もそれなりに持っているでしょう。

ただ、この手の馬は一本調子で行くだけの馬になりそうだし、持ち味としてそれが悪いとも思わんのですが、ベストと思われる左回りのダート短距離をパワーとスピードで強引に押し切れるのは、おそらく下級条件までです。
新中京は坂もあるし、東京は一番短くて1300M。
もしスプリントに特化している(orさせる)ようだと、同時に右回りにも対応できないと苦戦を強いられるのではないかと見ていますが、どんなもんでしょうかね。


今回オフィサー産駒の資料を探している間に、バレッジセールの上場馬の父馬画像を沢山見つけることが出来ました。寧ろこっちの方が収穫だったりして笑。

まずヘニーヒューズ。
これは素晴らしい。

hennyhughes.jpg


ディスクリートキャット。
こんな馬体だったのか…。

discreetcat.jpg

カーリン。
画像が小さいけどこれは大収穫。馬体はブレイクの方が好き。

curlin.jpg


イングリッシュチャンネル。
やっぱりブレイクが一番父親に似ていると思う。

englishchannel.jpg


ヘンリーザナヴィゲイター。
強い馬だったと認識してましたけど、馬体も良いですね。
確か今年社台に産駒がいたはず…。
追記:白老のラスティックフレイム10でした。生後直死との事。残念だ…。

henrythenavigator.jpg


キャンディライド。
南米出身の超大物。
インヴァソールのが知名度は上ですが、馬体は断然こっち。

candyride.jpg


うーむ、どれも目の保養になりますな。




岩田が空いてたのに(笑)
2012年03月03日 (土) | 編集 |
書くのが遅くなりましたが、先週のヒールゼアハーツは散々な結果でした。
口取りを外してショック受ける位には期待していたので、レース後は軽く放心状態となりました。
なんか北海道で負けた時を思い出しましたね。
あの時とは状況も違うので新しい発見があったと言えば、一応あるんですが…それもどちらかというと悪いニュースです。

なんとヒールゼアハーツ。極悪馬場はダメみたいです。
好走するには時計の掛かる馬場という条件が付くのに、道悪を言い訳に使われてはこれからが非常にやっかい。
僕も以前の写真で蹄を見て雨はどうかな…と思ったことはありましたが、春の東京では好走できたし、今は大丈夫なものと思ってたんですがね。

ヒールは夏に弱いって説がありますが、好走時期に偏りがあるのはどうやらそれだけじゃないですね。
時計勝負の春東京も梅雨シーズンもダメ。
とにかく時計の掛かる良馬場がベストですから、開幕週ではどのみち厳しかったでしょう。
幸い今開催の中山は例年と比べて比較的パワーを要求される馬場に見えるので、体調がまともなら巻き返しは可能です。
少しでも状態を上げて次戦に臨んで欲しいと思います。


そしてもう一頭。今週出走予定だったクリティカルヒット。こちらは除外となりました。
「岩田を抑えてた」のに残念でしたね笑。

中山の2200はかなりタフなコース。
切れ味勝負にならないのは良いですが、スタミナがもつかどうか。
ブレイクよりは中距離の適正があるものの、スマートストライクは本質的にマイラー。
当日雨が残り、更にスタミナを奪われるようだと、正直カムフィーとかに勝つ自信はありませんでした。
Sストライクで道悪が空っきし駄目ということはないだろうけど、この馬も蹄は道悪向きとは言えない気がします。

そもそも先週の傾向からして逃げ・内枠有利なのは明らか。大型でモサモサしてるクリティカルが器用に立ち回る姿など微塵も想像できない訳で。

岩田ってブエナビスタみたいな内に入れちゃいけない馬でも内にこだわるから合わない馬にはホント合わんのです。
ルーラーとかには絶対乗せちゃイケナイ人。
でも今回は内回らないと勝てそうになかったし、師もそれを考慮した上での起用かもしれないが…クリティカル自身がそういう戦い方をできないと初めから勝機のない戦なんですよね。
だから除外でも全然構いません。

前回で芝の化け物でないことはハッキリしてるので、個人的にはじっくり乗り込んでからダートを希望。
そのほうがまだ内・外の差は少ない。
身体のハリとか一番良かった頃と比べるとまだまだですし、本当に良くなるのは暖かくなってからなんでしょうけどね。

それにしても…先日は朝から半端ない量のユキチャン降ってきたし、今日も雨。エネアドが不憫過ぎて泣ける…。
誰か大至急戸田師にシャナクをプリーズ!!


そして話は変わりますが、明日から新・中京開催がスタートします。
賛否両論あるんだろうけど、なんでもかんでも広くすりゃ良いってもんじゃないですよね。
決まった物はしゃあないです。けどそれよりも秋天とか朝日杯の舞台設定を先にどうにかしろよ、と思うのは僕だけだろうか…。

せっかくなんで少しだけ予想もしてみました。
4Rのスリーサンハーツとハーツブラッド。ハーツ産駒は基本どれも注目してますけど、二頭ともこの条件は合うと思います。特に前者はようやく1400を使ってくれました。
あと9Rのニシノジャブラニ。時計の掛かる左回りで良さが出そう。隣のフェイルノートも狙うならここしかないが、ここまで人気に差があるなら…。

いずれにせよ勉強の為に明日明後日は少額ながら馬券を買ってみるつもりです。

その他の注目馬。
中山5R
マイネヒメル…雨馬場を味方に付けて前進できないか。ヤネはツムラだけど馬は調子を上げてます。不調時にパララサルーから1秒差、メイブリーズ辺りと良い勝負してた頃の出来にあるなら勝負になりそうなものだが…。

9R
エネアド…気合と根性と好枠順でなんとかしてくれ。もはや精神論(笑)。

阪神5R
コスモプランタン…流石に人気なさ過ぎだろと。強敵に揉まれて来た馬ですから怖いですよ。
オペラドンもそろそろ順番が回ってきそうです。いつぞやのヒシアンデスのような『オーナーの夢の結晶』みたいな馬にこそ頑張って貰いたいという気持ちがあります。

7R
エアハリファ…キズマの馬体を見て一つ感じたのが、ディスクリ産もバーナーディニ同様、脚抜きが良い馬場が向きそうですね。やっぱり本場ダート馬の血ということか…。

8R
マーベラスバロン…懲りずに行きます。穴開けるまで追い掛ける覚悟。だから早めに頼む笑。
シルク、ローレル、ゾウセン、ビタースウィートと気になる穴馬が沢山いるので楽しみです。
ポイントはレックスパレードがどんなレースを作るかですね。それによって紐のパターンがガラッと変わりそうな予感。

12R
ハニーメロンちゃん…デビューからニ連勝飾ったユタカに戻ったのが魅力。
厳しいとは思うけど、大穴で狙うなら今回だろうと。人気薄のタケユタカは買えます。

とりあえず、中山と中京は内枠から好位で脚を溜められる馬力型の馬を買っておくのが正解のような気がしてます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。