管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと一歩
2013年02月25日 (月) | 編集 |
昨日出走したブロードソードは二着でした。
どうも今年に入ってから二着ばかりな気がしますね^^;

結果的に騎手の差で負けました。
単純な腕の話だけではなく、どれだけ馬を理解していたか?
という面においても相手の方が上でした。
向こうはお手馬で、こちらはテン乗り。
松山騎手は完璧な騎乗でしたね。これは素直に相手を褒めたいです。

加えて、ゲートを考慮しながらの仕上げ。
そもそもが休み明け。
本質的にまだ少し距離が長い。
コーナーでのロス。

これら全ての要素が少しづつ重なって、最後の着差に表れたのでしょう。
止むを得ない部分もあったし、今回は騎手だけを責めるのも違う気はするけど、
ぶっちゃけ1コーナーのロスがなけりゃ勝ってたよね。とは思います…。
4番枠引いて3頭分外に振られるとか意味わからんよ(_ _;)

現級上位のコウセン以下を4馬身離してるので能力自体は間違いありません。時計も悪くない。
でも、この状態と距離・コースではそれのみで押し切れるほど抜けてもいないって事です。
今のところは並みのOP級で、ユニコーンSだと伏兵級って感じでしょうか。
もっとも母も晩成型でしたし、本格化はまだ先なのも重々承知なんですがね…。
どうしても期待が大きくて、この子には多くを望んでしまいます。

少しづつ距離を縮めていくのが理想なんですが、たぶん次も14でなくて18使われる気がします。
18だとまた何かに足元すくわれそうで些か不安が残りますが、脚抜きの良い馬場or鞍上強化でどうにかして欲しい。
いや、どうにかしなければならない。
それぐらいやってのけなきゃ重賞に出たってどのみち勝てやしないだろうから。

今回のレース振りからも、広いコースの14~マイルがベストだと確信しました。
なので、一層ユニコーンSに出してやりたい気持ちが強まりましたよ。
逆算すると天皇賞デーのOP戦か5月頭の地方重賞で賞金を加算したい所です。
その為にも、いかに少ない消耗で二勝目を挙げられるか?がとても重要なポイントだと思います。

あと、勝負には負けたけど最後に見せた根性は良かった。
母譲りのフットワークに加えて、父からも最大の武器をしっかり受け継いでるのだと確認でき嬉しかったです。

今回一番の収穫はこれかな。




スポンサーサイト
キャンセル
2013年02月24日 (日) | 編集 |
なんだかんだで結局今年もキャンセル募集を行うようです。
僕はと言うと当日仕事ですし、お目当て馬のキャンセルは発生しなかったので見送る公算が高いですが、今週の馬券次第では少しだけ考えても良いかなと思っています。

第一候補はトキオリアリティー。
昨夜、念の為にリアルインパクト他クラブで募集された馬のDVDを見直してみました。
募集時期が異なるので一概には言えませんが、やはりリアルインパクトが一番良く見えて、次が本馬かウィルパワー。
個人持ちのラヴァゲインは別としても、よく見える異なる血統の二頭がそのまま好成績を収めたのですから、馬体の出来をそのまま評価して良い繁殖なのでしょう。

リアルインパクトと比較するからおかしな事になるのであって、一頭の競走馬として判断すれば、十分魅力的な馬だと思います。

次点はココシュニック。
馬体は文句なしのA級ですが、ディープはもうお腹一杯なのとやはり高い。
社台のドラフトも近いので温存している所です。
これは今日馬券で大勝する+当日リアルが完売していた場合の抑えとして考えています。

あとはヴィートマルシェ。
こちらはネオリアリズムも更にダートに特化させたような配合と馬体ですね。
方針はしっかりしてるので、それに合った使い方をしてくれると良いのですが…。
ただ、ヴィートマルシェは今年のディープと、おそらく今年種付けされるであろうダメジャーの子が来るのを待っています。
サンブルと本馬の出来を見るに、そろそろ繁殖としてのピークを迎えそうな予感があるので、そこを見逃さないようにしたいですね。


本日の予想。
( )内は穴馬指数。

中山7R
◎ジョアンシーピン(▲)…いつか絶対穴を開けると思って注目している一頭です。
流石にこのメンバー相手だと期待ほどの配当は見込めませんが、おそらく今回の舞台が勝利に一番近い条件ではないかと思います。あとは乗り代わりがプラスに出るかどうか。そこは正直賭けですね。

基本内と前有利の予想。
相手はヒュウガミズキとツクバリンカーン、チェリーペトルズが本線で、以下芝に戻したウエスタンソーレ、夏馬かもしれないが実績あるエフティチャーミー、内枠で軽量のクインスウィーティー、このプロフィールでベリーを抑えてきたのが不気味なマンセイグレネードまで抑え。
見た所、内枠有利の馬場状態なので、ホオポノポノとナカナカは切るか三頭目に軽く添えるイメージで。

→もう少し上手く乗れていれば馬券内もあったかもしれないが、トータル的に考えると妥当かもしれない。
この条件で改めて狙ってみたい気もするが、今日ぐらいの人気では割に合わない感じ。
(▲)→(△)へ修正。

11R中山記念
本命ダイワファルコン。
ジャンポケ詐欺の本馬にとって、この条件はおそらくベストに近い。
更に付け加えると冬場しか走らない。
寒い時期の小回りで買い、暖かい時期の広いコースで切る。この馬はもうそれを繰り返すだけで良い。
オールカマーのナイトとの差は枠順、気候、距離、重量。これら4つの要素で逆転できると見る。
このオッズ差なら狙うべくはこっち。

対抗にリアルインパクト。
この際絞れているかどうかは考えない。前走の敗因は枠順と騎手にあると考えています。
マクドノーよりは絶対内田の方が合っている。好位の内から自分のレースが出来れば巻き返せる。

枠順による影響という点ではトーセンレーヴも狙い目。
基本過剰人気するので個人的には大嫌いですが、京都開幕で大外→中山18開幕で内枠となれば嫌でも抑えるしかない。
幸い前走の負けが響いたのか思ったほど人気してないですしね。

あとは連勝中のアンコイルドも重い印を打ちたい。
もともとシャドウパーティー辺りと遜色ない走りを見せており、実力は高かったのです。
使う毎に状態が上向いているのがわかるし、この馬はとにかくレースセンスがある。
器用に立ち回れるのでもう少し内枠を引きたかったが、トリッキーなコースで持ち味が生きる筈。

ついでにシルポートの逃げ残りも一応警戒しておく。
小牧が理想も、元々は18巧者。今の馬場も向いている。
誰も追いかけないようなら、去年の再現ももしかしたら…という感じですね。

マークシートの三頭目にナカヤマナイト、タッチミーノット。こいつらは堅実だから抑えざるを得ない。重ハンデから開放されたスマイルジャックを抑え中の抑えに入れて、以上三連複で25点。
二頭目連中との組み合わせはレート倍で。
本来ならケンするレースですが、人気馬が揃って外枠入ったのでやってみる価値が出てきましたね。

→ほぼ思惑通り。ナイトが良く見えたので直前で増やしといて良かった…。

小倉10R
前走に引き続きラブイズブーシェ、ベンジャミン(▲)を狙います。
ベンジャミンはANA-NOTEでも常連的存在で、かつては(◎)をつけていた希少な馬。
とりあえず人気がなければ毎回買い。って言うか、一番人気になったの見たことないしw
父タイキシャトルなのに中距離馬っていうミスマッチ具合に感謝しないとですね。

馬券になる可能性はブーシェの方が上とみますが、その場合、相手次第ではトリガミる恐れがある。
ここは買い方に気をつけたいレースですね。

→三連単のブーシェ頭固定で的中。ベンジャミンが3着なら500円持ってたのだが、ここもまぁ良しとしよう。
つか、ベンジャミン直前で一気にオッズ下がりましたね(・・;)
そろそろ派手に負けてくれた方が良いかも笑。

小倉12R
中京の法則を活用してキタサンエピソード、タマモコントラバスの前走いきなり稼がせて貰いました。中京は開催が終わっても使える!ってな訳で、該当する馬を引き続き狙ってみたい。
(小倉8Rのキーパップ、マイネサラヴァン、コスモルミナスも)

上記二頭+フィリラとニコールバローズを加えて、マヤノ、スターダム、タマニューなど穴っぽい所に手広く流す。人気どころは三連複のヒモに少し加える程度。

特にフィリラは距離短縮+軽ハンデと激走要素揃ってんのに明らかに過剰人気してやがる。
どう見ても単勝15倍以上が妥当だろ…。
本当は単独の本命打ちたかったんですけど、このオッズ見て冷めました。
どうせこのオーナーが大人買いしたのだろうけど、次元の違う金持ちの単勝プレイって馬にとっては逆効果ですよね。人気するだけ敵にマークされるんだし。
これに煽られて馬券購入する一般ファンも居るし、先月から穴として目を付けて来た身としちゃ本当良い迷惑ですわー┐(´~`;)┌

→相手は全部抑えてるのに軸が一頭も来なかったパターンw
こういう事もたまにはあります^^;
これなら8レースを分厚く買っといた方が良かったですね。キーパップ単26倍はウマー過ぎ。

阪神12R
◎ノベンバーペガサス
ただ、このレースは混戦で予想する展開と違えば全滅もあり得る。
他も人気してないので馬連&三複BOXに切り替える。
相手はキンシザイル、エーシンブランコス、ローレルボルケーノ、エスケープマジック、テイエムシンオー。

あと石橋騎手のメイショウカルロ。
僕は競馬に八百長はないと思ってます(ヤラズは絶対あると思うけどw)。
でも『最後だし邪魔しないでやるか…』位の事はあるんじゃないかなぁ…と。
マモさん人気者っぽいし。
そういう可能性があると見れば、僕はとことん利用させて頂きます。

→ここは完全な負け。悪い方の予想が的中してしまった。
それに一番人気の(最終的には3番人気でしたが)武ユタカは無条件で消す事にしています。
彼が頭で来た時点でアウト。こういうのはしゃーなしです。


最後にもう一頭。
阪急杯のインプレスウィナー(◎)。
正真正銘1400のスペシャリストで、ANA-NOTEでもトップを争う穴馬券製造機。
1400使ってきた際は必ず買い目に入れる必要がある馬。
ただし、ベストは『東京の』1400メートルなんですけどね。それでも人気の無さを考えると魅力です。

もちろん今日来ても構わないし、京王杯や秋のオーロCまで負け続けてくれてもOK。
穴党として言わせて貰えば、この馬の戦績表は本当にもう芸術的過ぎます。
この馬本当大好きですw

→インプレスは予定通り京王杯で。高松宮は外枠条件にフラガとサンカルロ。
内枠引かない限り本番もカナロアで決まりですかね。今日の条件で負けないなら頭二つ抜けてますわ。


本日の収支、プラス6600円。
うん、ココシュニックは無理だ。安西先生、試合終了ですw




SUNA-NOTE
2013年02月18日 (月) | 編集 |
勿論僕が抽選でエピファネイアを獲得できるのが一番ではあった。
それなら舞台が重賞であろうといつでも勝てる。
当分ボリクリ産駒は止めておき、二次が始まったところでクロムを取る。
そして、その二次からも時間をおいて成長した馬を選んでいき、ジンジャーミストの出資者となる。
理想の形はそっちだった…。

また、ヤスヤスにルミナスを持たせユニコーンを目指しても良かったが、
戸田師のセキュリティを崩すには時間が必要だし、本家でも浅見が迷走している現状では…

ブロードが勝ち、クロムも出る。
それが最高の形!
僕はダート界の神となる!!

そしてポテチを取って……食べる!!!


どうも、キラじゃなくてティアです。
最近ブロードとクロムの事ばかり考えてる気がします(・∀・)b

キャロット勢も今年はダート馬が豊作な気がする。
今日はそんなライバル候補達を改めて調べてました。


ライバルその1ホワイトフリート

wh.jpg

一見すると芝・ダート兼用っぽいですが、レースから判断するとダート馬っぽいですね。
現段階で砂一本に絞っている辺りは好感が持てます。
強い連中とも戦ってますし、本番での作戦も組み立てやすいのかなと思います。
ノリさん曰く「ファインセラ兄弟で一番出世する」そうですが、それだと僕的には困るぞ(^^;)
しかし本当に子出しが良かったなファインセラ…。


ライバルその2クリソライト

クリソ

この馬も二着病酷いな(・□・;)ノノ
正直言って馬体的にはあまり目に付かなかった馬なんですが、能力は高そうですよね。
来年以降に一目瞭然の好馬体の産駒が出てきたら狙い目かもしれません。
それかゴールドアリュールとの配合が合っているのかも。

マイルが舞台となると、スピード勝負より持久戦の方が向いてるような気がします。
それでもコースや馬場による影響を受けづらく、常に走りが安定してるのはとても心強いですね。


ライバルその3ルミナスウイング

るみ

首の構造やタキオンらしい深い胸の造りは良いと思うんですよね。
ただ一方でケツや飛節といった後ろの造りがあまり好みでなくて、どこまで妥協するか、トレーナーがどうカバーできるのか?と見ていました。
結果的にはヤスヤスならこういう馬も安心と解ったし、栗東としがらきの設備使えば鍛え上げられるって事なんですかね。
8万なら出資してたんだけどナー(´・ω・`)
この時期で二勝する馬とは考えてなかったので、正直「やられたっ!!」な気分です。


ライバルその4トランザムスター

T☆

「この武宏平が栗東の調教師に就いて38年…はじめてチームの中心になれる男を得たんだ。それがお前だトランザムスター」
「なぁトランザムよ、お前が三歳になった時、武厩舎初のダートG1競争出場…オレはそんな夢を見ているんだ」
「でかいだけ?結構じゃないか。技術や体力は練習で身に付けさせる事は出来る。だが、お前を大きくする事は出来ない。例えオレがどんな名調教師でもな…。立派な才能だ」

…って、作品違いましたっけ笑?
これも使われつつ良化してくるだろうし、今からでも十分間に合います。
好馬体を持て余している現状ですが、春になればまた変わってくるのではないでしょうか。
大型でも造り自体は丈夫そうです。


その他パーフェクトスコアやジュベルムーサ辺りも適性は高いですし、ダブルウォーもマイルで見直したい一頭です。
ユニコーンSは六月の三週目ですから、未勝利馬にもまだまだチャンスは残ってますね。

今年はダノンレジェンド(マッチョウノ)やケイアイレオーネ(ヘニーヒューズ)をはじめ、本場のダート血統馬が大活躍しています。
チャーリーブレイヴ(インディアンチャーリー)、サマリーズ(ハードスパン)もそうか。
ブロードのダメジャーが逆に浮いてしまいそうだわ^^;

相手としては非常に厄介ですが、いち競馬ファンとしては胸が躍りますな(・∀・)


たまにはブロガーっぽく頑張って一週間連続更新してみました!
最初で最後の新記録でしょうね^^;
うん、もう絶対やらねぇ笑。

明日からは通常運転。週末のブロードソードまでリフレッシュ放牧に出たいと思いまーす。



漫喫
2013年02月17日 (日) | 編集 |
フェブラリーSはマンハッタンカフェ産駒グレープブランデーが見事優勝しました。
骨折からの復活を果たし二つ目のG1制覇。立派の一言に尽きます。

このグレープが居る08世代は全体的に社台・サンデーのレベルが高く、例年であれば第一希望として書くであろう逸材が片手に余るような状態でした。
中でもマンカフェ産駒の出来の良さは今でも強く印象に残っています。

83060.jpg

こちらが募集時のグレープブランデー。
今年に入ってこの馬のDVD、控えめに見て30回は再生してると思います。

発達して浮き上がったトモ、首差しから背腰にかけてのライン、発達した肩周り。
飛節の位置も良いし、繋ぎもダート馬として理想的な角度ではないでしょうか。
馬体派としては活躍して納得の募集馬ですね。

しかし募集時は候補から外していました。
今見れば好馬体なのは一目瞭然ですが、当時はワインアンドローズのポテンシャルを勝手に見限って途中からスルーしていたのですよね。
この辺が40口の難しいところで、馬体と血統の両方を高望みしてしまう。
こういう馬は第二でなら書けるんですが、流石は目の肥えた社台会員達。
ブランデーは第一だけでもベスト10に入る人気を集めておりました。やはり見ている人は見ています。

後になって兄姉達の造りを見直してみると、ブランデーが抜けて良かったです。
トゥザグローリーやエピファネイアのパターンですね(´・ω・`)
グランザもそうですが、やはり馬体は嘘をつかないと。
改めて考えさせられる一頭ですね。


そして、ラヴィアンクレールことダークエンディングの08。
ディオルーチェと最後まで出資を悩んだ馬でした。

83024.jpg

発達したケツと二の腕でダート馬と一目瞭然。
何故か新馬戦は芝でしたが…案の上ダートに変わって楽勝しました。
ちょうど二年前のヒヤシンスSの覇者ですね。
今は1000万の常連ですが、重度の骨折がなければもっと上のクラスで活躍していた事でしょう。
硬さが走りを邪魔すると嫌だな…って思ってたのですが、成長してもガチムチにはなりませんでした。

ただ、グレープもそうですが、マンカフェは脚元が丈夫な種馬ではないので衝撃が大きいと怪我をしやすいんですよね。
その為ダートを走れる造りの馬というのは、必然的に故障しやすいのかもしれませんね。

将来を有望視されたアッパーイーストも兄ココナッツパンチ同様に最後は故障で引退しましたし。

83025.jpg


この馬だけは芝寄りでしたね。馬体は良かったんですけどねー。
マンカフェ産駒は最低でも背腰とトモは強くないと成功できないと見ています。
一言で表すなら、緩いままで終わっちゃうんです。
ストームキャットやミスプロ、ボールドルーラーと相性が良いのも決して偶然ではなく、必然だって事ですね。

それらを踏まえて考えると、今年の東サラ勢などは非常に魅力的なラインナップだと思います。
上記の配合とはズレますが、マンカフェのドイツ色を刺激したウミラージやザロミアも注目ですが。

個人的に最も気になるのはシルクのアーティストチョイスで、配合的にはほぼ理想的なんですが、あの馬もやはり馬体の強度面が心配ですね。
上体だけなら高評価してますし、それこそ牡馬ならリスク承知で出資したい位です。

しかしですよ、上の連中見た後に簡単に手を出せますか?っちゅー話です。
400口だからまだ検討できるのであって、本家ならどれも絶対無理ですもん。
良くも悪くも08産のマンカフェ三頭は僕に大きな影響を与えてくれましたね。


でも最強の繁殖相手はやっぱりタンタスエルテなんじゃないかなぁー。
ね、追分さん^^?




頭の体操
2013年02月16日 (土) | 編集 |
やっぱりサトノプリンシパル来たか。
超自信の本命だったけど二着抜けパターンw

バーナーディニは芝向きに見えてもダート専だと思う。
ジンジャーのキャラもイメージが出来ました。

今日の予想

8R
マージーの応援。
◎ロケットダイヴ

こぶし賞
◎タガノトネール

小倉11R
◎キタサンシンガー
あとツルマル魂の二着流し。

京都11R
◎ミッドナイトクロス
○アグネスウィッシュ
二頭から色んな買い方で流し。


ミクS
5パワースポット
10クッカーニャ
13エスピナアスール
から手広く攻める。

ダイヤモンド
◎ファタモルガーナ
○サクセスパシュート
▲エイシンミラージュ
☆アドマイヤラクティ
注マカニビスティー
以下、ジャガメ、モンクリ、イケドラゴン、ノーステアまで抑え。

買い目はモルから三連単マルチ。
○と▲からそれぞれ三連複ながし。
ビスティーからのワイドで保険。

当たろうが外れようが後で回顧します。
時間ないので予想だけ先にUP。
書きたい事はいっぱいある馬達なんだけど、馬券の自信としてはCランクかな今週は…^^;


☆回顧☆
キタサンシンガー→出遅れで試合終了。脚抜きの良い馬場の17~18、コーナーは4回がベスト。
自分の形で嵌ると強いタイプ。このメンバー構成なら展開も向くと思ったが…。

ツルマルスピリット→お前もう勝つ気ねーだろw
どうせなら人気薄が頭で来て欲しかったですね。1、3着逆なら良かったのに^^;

アグネスウィッシュ→まだ昨年の出来にはないのかもしれない。出来が戻ればOPでも通用する脚あるが…。

ミッドナイトクロス→四位騎手の不安要素がモロに出てしまった。差し比べでアグネスに勝てる訳ないのだからあの位置はないわ。今回は度外視の一戦。
とにかく好馬体で、それだけなら重賞級の評価を付けている馬です。
まぁ、シンクリなんですけどね^^;

みっくみくS→展開読みミスりますた。どちらにせよダンスファンタジアはもう買えないっす。
ちなみに僕はリン派です。

ダイヤモンドS→とりあえず長距離と中京はトニービン系を買っておけば良いと、そういう事なんですね(_ _;)
ラクティみたいな馬は頭でなんて絶対買いたくない。だからしゃーなしです。
それより反省すべきはカドマツの適性を読み違えていた事。荒れ馬場専用の中距離馬だと思ってました。

タガノトネール→とりあえず川田さん罵倒してもイイですかね
あれなら逆に掲示板外して貰った方が次走美味しかったよ。何から何まで余計な事してくれましたわホント。
まぁ、どうせ次も人気しないでしょう。ナンシーシャインみたいなタイプです。
典型的な実力>人気の馬で、そのうち必ず穴を開けると信じています。
特に平坦の18前後が良いと思ってただけに手薄な今回は絶好の狙い目だったのだが…。
どうせなら多頭数で相手も人気薄の時の方が嬉しいから、今はまだ美味しい所を残しておく…って考えますか。

ロケットダイヴ→この馬の三連複のおかげで、今日はちょいマイナスで済みました。
この日が来るのをずっと待っておりました。言わばマージーの上位互換的存在が本馬。
ウイポをある程度プレイした方なら解ると思いますが、距離適正2400~3300のダート馬を持って扱いに困った経験ありませんか?
この馬がまさにそれですw

適正以下の距離だと余程の持久戦か前崩れにならない限り用無し。
小回りより広いコースが理想でも番組数が少ない。だからこのクラスになると人気も落ちやすい。
ただ、そういう意味では伊勢佐木特別の4着が余計でしたけどね。


僕は開催が終わる度、馬券用のメモを二つ作ります。
一つはひたすら穴馬候補を書き綴ったANA-NOTE。
もう一つが出走馬の適性を記してあるUMA-NOTE。
(飛行機や未確認生物は一切出てきません笑)

競馬場でご一緒した事のある方々にも一応説明しておきますと、僕がレープロだけで馬券買ってたのは携帯でそれ見ながら予想してるからなんです。
なにも出走馬の成績を全てインプットしてる訳じゃないですよ(^^;)
UMA版活用してミルドリームに本命打てても、ANA版でブラックリスト入りしてるが故にランリョウオー拾えない、なんてケースも度々あるのです。

ちなみに、このANA-NOTEから一部抜粋するとトネールの穴馬指数は◎~○、ダイヴは▲(今日からは△)、キタサンシンガーは好走率低めのため△って感じですねー(´・ω・`)
こないだのナンシーシャインやマイネイディール、カワキタフウジンも○といった所です。
(ツルマルも前は▲だったんですよー)

お気付きの方も多いと思いますが、血統や馬主が地味である程ANA入りし易いのです。
上の連中も黒タキシード、Aマックス、ニューイングランド、ケイムホームとかですからね。
ディープとかバッテン、人参は基本消しです。

例えば、昨年までのラロメリアやオコレマルーナ(外人騎手時を除く)には×が3つも付いてましたよ笑。




シアワセ☆ハイテンション↑↑
2013年02月14日 (木) | 編集 |
みなみけの話じゃないです。
戸田さん家のクロムさんです。

ついに念願の初勝利!
嬉しさよりも安堵の方が大きかったですけどね^^;
ご存知の通り、ダート替わりで完勝でした。

僕の個人的な予想では5馬身は千切れると見ていたし、それぐらいの勝ち方をしないとまた芝に戻される可能性が高いと危惧しておりました。
が、前半のラップはここ一年間の未勝利・新馬戦で最速タイだったとか。
時計も優秀で500万クラスでも好勝負になるものだったようで…。
付けた着差こそ二馬身半ですが、ダート適性を証明するには十分でしたね。

おかげ様で次もダート戦です。
これには僕もテンション急上昇。
良い流れキタコレ。
先生の頭の中に「ダートもある」とインプットできたのなら結果オーライです☆


しかしクロムレックに「切れ」が不足しているのは過去のレース振りからも明らか。
仮に予定通り5レースに出走していたら、やはり差されていた可能性が高いでしょう。

僕とて芝でも走れると思ってるんですよ。
ただ、走れる事と試合で勝てるかは別問題です。
今後、どちらで大成できるかと言えば間違いなくダートの方ではないでしょうか?

芝で勝機を見出だすには、昨年の皐月賞みたいな馬場か、雨が降った中京のファルコンSで外差しする、それくらいしか思い付かんのです。

もっとも、多くの出資者が考えているであろう課題をどうにかしない限り、馬場に関係なく上のクラスでは厳しくなりそう。
実際に馬体を見られた方は解ったと思いますが、本質は12、14の馬でもないですよね。
ダートなら二勝目を挙げる事自体はさほど難しくないでしょうが、大舞台で戦う為には、まず自分自身に勝たなくてはなりません。
少なくとも僕はこの馬に低次元の活躍は求めていませんから。
最低でも準OPですよ。

あとこれだけは絶対止めて欲しいってのが一つありまして。
それは折り合い習得の為に『わざと出遅れさせる』のだけは勘弁ってこと。
ブレイクを彷彿とさせるあのスタートセンスは競争馬として大きな武器です。短距離戦であれば特にアドバンテージとなる。
それをみすみす捨てるような真似だけは止めて欲しいんですよね。
ま、流石に心配し過ぎかな(^_^;)
期待が大きくなると、どうも悪い方の心配ばかりしてしまいますね。

そう言えば、なんでも一風変わったメンコを装備してたらしいのですが気付きませんでした(´▽`;)ゞ
僕は肉質とお尻ばっか見て「イケル…勝つる…グフフフ」とか言ってたと思う。
こーゆうのを「きもちわるい」って言うんだわ…(;´Д`)

相手が馬でなきゃ捕まってたわw


ナニハトモアレまた一頭、今後が楽しみになりました。
ティア厩舎も今年は巻き返していきますよ~。



クボタンの半分は悔しさでできています
2013年02月13日 (水) | 編集 |
今日は手短になりますが、アロヒラニもレース回顧です。
鋭い脚で追い込むも、ウィケットキーパーに僅か届かず二着でした。

休み明けのレースでしたが、休養前に比べると状態は間違いなく良かったと思います。
プラス14キロの馬体重が示す通り、しっかり体調を戻してきましたね。
個人的にはもう10キロくらいビルドアップしても良いのでは?と感じましたが、バネで走る一族ですから案外このくらいの体重がベストなのかもしれません。

収穫だったのは速い上がりにも対応できると解ったことです。
ラロメリアと比べてトモの肉付きが甘く、パドックでもひ弱さが残る状態。それだけに最初は不安が先行しましたが、レースではメンバー最速の脚で追い込んできました。
ラロより胸に深みがあり、長く良い脚を使えるから府中や新潟にも対応できる。
一瞬の爆発力では兄に軍配が上がるものの、使い勝手が良いのは弟の方ですね。
ある意味ブレイクとエネアドの関係に似ているでしょうか。

あとはクボタン先生が本日付の更新で僕の言いたい事を全て語ってくれています。

>いい番組もない中で無理くり使おうとするとガクッと来てもおかしくない血統です。
これはまさに昨秋の事ですね笑。

>外へ導くまでに多少のロスはあったかもしれませんが結果的に溜めになって最後まで伸びてくれました。あと少しというところまで来ていただけに悔しさのほうが大きくなりましたが、ホッとできた部分があったのも確かですし、何とか今後につなげていきたいところです。

去年は良い所ナシでしたし、強い姿が見られて我々出資者も安堵した事でしょう。
ファインセラ産駒は急がば回れですから、ゆっくりで良いのです。


例えプロでも失敗を次に活かせる人ばかりじゃない。って事をここ数年で何度も教えて貰っただけに、少なくともアロヒラニに関しては久保田先生は良い調教師してると思います^^;



デビュー戦
2013年02月12日 (火) | 編集 |
先週の回顧第一号はカドリーユ。
日曜日のマイル戦に出走して7着でした。
脚も使えていましたし、ここまでのプロセスを思えば及第点でしょう。

共同通信杯のチョウサン然り(当然次も狙いますよ)、この日は外を回した馬が軒並み惨敗でした。
そんな中、スローの上がり勝負で大外ぶん回しての結果ですから、実際の着順より内容は良かったのではないでしょうか。
距離延長と、外差し馬場。
つまり新潟の外回りを使えば、前進必至!……だと思うの(´・ω・`)
優先を取れなかったのは残念ですが、やはり中山向きではなさそうですしね。
オークスが現実的に出走不可能となった今、勝ち上がりを狙う為にはいかに良い状態で適鞍に使えるかだと思います。

奥平先生も今の所はまともなコメントしてますし(お仲間さんの馬見てると油断できませんが^^;)、次走に向けての仕上げに期待したいですね。
ただ、上がりが速くなり過ぎるのはやはり合わないように感じるので、東京にしても新潟にしても使うタイミングだけは間違えないようにして貰いたいです。

最後にTeamカドリーユの皆様&先週ご一緒して下さった方々、楽しい時間をありがとうございました。日曜は途中退席となってしまいましたが、またご一緒できる機会があれば幸いです。


追記:同日行われた京都の新馬戦ではG1のシルヴァースカヤ産駒、ヴィルジニアが完勝。
彼女のポテンシャルが気になって調べてみたのですが、スカヤがどうこうよりサドラー×ミスプロ×ニジンスキーの黄金トライアングルが形成されるガリレオとの配合がマッチングしたのかもしれません。
よってマンカフェを付けるなら、スカヤ相手ではなくヴィルジニアの方がより面白そうですね。
ちょっと濃いかもですがキンカメでも一発がありそうか?

いずれにせよ、数年先の話となりそうですが笑。
ヴィルジニアは母としても注目したい牝馬ですね^^

他にもエスケンデリヤの弟でヘニーヒューズ産駒のゴドリー。
シルク10年産で1、2を争う大物感を漂わせていたシューヴルエールと、この新馬戦はなかなかレベルが高そうでした。
それを言うなら除外されたコメットシーカーもですが、勝ち負けだけを考えれば除外されたのは寧ろラッキーだったかもしれませんね。
シルクの大物候補と言えば、シルクユニバーサルの子も近々デビューとの事ですが…この時期になっても強そうな新馬たくさん居るんですね^^;
そういう連中は迷惑だから早く勝ち上がってください。




チャンス到来!!
2013年02月09日 (土) | 編集 |
カドリーユの口取り権をGETできたので、急遽友人の美容師にカットして貰ってきましたv
ついでにクロムレックカラーにして貰おうかと考えましたが、流石に職場のドレスコードに引っかかりそうなので…
『ヒールカラーで頼む』
しかしこの友人、全く競馬ファンじゃないのに、いつの間にかこれで通じるようになってて笑えるw
急なお願い聞いてくれてサンクスノートです。後は勝つだけだ。


クロムレック→東京1Rダート1400M
ついに来ました念願のダート戦(゚∀゚)!
芝のレースは除外対象、そしてユーイチの手が空いていた事がきっかけで急遽砂に参戦する運びとなりました。
事前に準備をしての参戦ではありませんから、万全の体勢とは言えません。
でも、ダートなら絶対能力が違うと思ってます。

友人曰く、走法がストローハットにそっくりだそうです。
僕はそういう事は解りませんが、牧場スタッフのお話でも皆さん口をそろえて『ダート』と仰っていました。そもそもスマート×ダイナフォーマーが砂で走れない筈がないと思うんですよね。
調教師だけが頑なにダートを拒否している印象で、今週のコメントなんか笑ってしまうくらい後ろ向きなのですが、寧ろここで走らずしていつ走るんだって話です。
明日負けたら僕はこの馬に対して今後何も言いませんし、言えません。

ただ、戸田先生も無能調教師ではない筈ですから『公にはできない砂を走れぬ何らかの欠点』を抱えている可能性は考えられます。
どんな理由かはわかりませんが、そこだけが懸念材料でしょうか。
状態自体は全く問題ないと思います。
理由が砂を被るのを極端に嫌がるとかであれば、今回の枠は最高ですね。

もし明日、全く見所なしに惨敗するようであれば、クロムレックという馬の評価を大幅に下方修正しなければなりません。砂を走れないなら良くて1000万級。
値段に見合った競走馬ではないという事です。
だから明日は限定未勝利並に重要なレースなのです。
自分自身の未来の為に、明日は最低でも『完勝』がノルマです。

でも本当にホッとしていますよ。これで後はどんな形になっても納得できますからね。
ダートを一度も使わないまま引退ってのだけは勘弁して欲しかったですから^^;
とりあえず、戸田師の所に行く『芝をこなせそうなダート血統馬』にはもう二度と手を出さないと思います…。ダートで大成させるって気持ちがなさそうですし。
精神的負担が大き過ぎですよほんと…。


アロヒラニ→東京8R芝1800M
内枠を引けたのは良かったですね。脚を溜めてどこまで伸びるか…というレース運びをするとコメントしてますから外では話になりませんし、仮に不完全燃焼で終わってしまった場合、ただの無駄打ちになってしまいます。
こういう勝ち負けよりも実験的な意味合いが大きなレースでは、とにかく陣営が納得のいく内容でまとめる事が第一です。

まぁどのみちこのレースはナスノシベリウスとモビールが有力です。
そして前が有利の馬場が継続中であれば、バンスタンウォルツやフリーマンといった辺りが台頭してくる。そんな感じのレースになるんじゃないかと見ています。
勝ってくれたらそれは最高なんですが、まずは復帰以降の悪い流れを断ち切って欲しいですね。

ハートランド→京都1Rダート1200M
もう勝手にやってろって感じです。
ここまでされると勝てば良い、って話でもなくなってきますよね。
能力的には勝っちゃってもおかしくない訳ですけど、勝ち上がった後は果たしてどうするおつもりなのでしょうか?修正できるんですか?
楽な相手を求めてダートの短距離を使うという方針は一応理解できるんですが、それより苦手な輸送を克服できるよう工夫するって発想はないんですかね。
ま、ここまでやるからにはいい加減決めて下さいな。


と、期待の大きい順に紹介しました。

東西で朝イチのレースなので早起きが大変なんですが、その点、家から近いってのは有り難い限りです。



東京最終戦
2013年02月06日 (水) | 編集 |
フェブラリー週は参戦できないので、今週の土日に全力投球です。
愛馬達も空気を呼んでくれたのか、四頭出しの予定。
なんとか一勝は挙げたいですね~。


▲クロムレック(東京土曜5R)…愛馬の応援を出来ないってのは全く嫌なもんです。仮に勝ったとしても、得られるものは本当にそれだけだと思います。芝じゃ良くて1000万で頭打ちです。道悪と中山の終盤くらいしか見せ場も作れないでしょうし。今はただ一刻も早くダートを使って欲しい。ちゃんとした状態で砂走って駄目なら、そん時はもう何も言わないし諦めも付くんですけどね。
今回のメンバーと馬場状態なら勝ち負けしちゃう可能性が高いです。でも中途半端が一番嫌ですから、勝つ以外なら掲示板外して欲しいと本気で思ってます。
未勝利戦如きで『あと少しの所まで来てる』って言葉聞きたくないですよ。


○ハートランド(京都ダ12or14)…こっちは本当にノーコメント。もう今年中に一勝できれば良いや。せめて14の方で頼む。
フェイムゲームみたいに、とまでは言わないけど色々と無いわ(~ー~;)


☆アロヒラニ(東京土曜8R)…消去法で一番期待したいのが本馬です。初めて馬本位の調整が出来たのではないでしょうか?
まだ弱い所を抱えており、昨年の兄同様に素質を持て余している様子。
鍛えても後ろに力が付かない現状では厳しいと思いますが、今回は相手も比較的軽め。
見た感じ強いと思えるのはナスノシベリウスとウィケットキーパーぐらい。
新潟よりは東京の方が合っているはず。
昨秋は何から何までグダグダだったので、仕切り直しの一戦でどんな走りを見せてくれるか注目です。

馬券的にはノーザンと社台の良血(ウィケットも含む)が人気を集めると思うのですが、みんな人気先行で危ない気がします^^;
なので、そういった買い方をしようと思ってます笑。


△カドリーユ…待ちくたびれましたよ。流石に今週は大丈夫ですよね?
マイルは少し忙しいでしょうね。でも、内伸び馬場で好枠引ければチャンスはあるかも。
先週までと比べて相手は軽くなったと思うので、軽ハンデ活かして最低でも優先権を獲って欲しい。でなきゃ即天栄送りにされるのが目に見えてる。
ぶっちゃけ競走馬としての期待は20%くらい。でも今はその20%に賭けたいです。
色々言いたいこともありますが、まずは無事に。そして頑張れ。


おまけ:友人にケイアイチョウサンが半端なく強い、未勝利戦を見てみろ。と言われ確認してぶったまげました。あんな強烈な勝ち方してたんですね^^;
ツーデイズノーチスの未勝利戦を思い出しました。うん、強いわこれ。
京成杯はベリーが上手かっただけで、ハーツの冬場補正を加味すると実質チョウサン≧フェイム>アクション☆な気がする…。
枠順見てからですが、今のところ本命チョウサン、対抗マンボネフュー。三着伏兵のイメージ。
鞍上三浦でもこれは馬が強そうだ。かえって人気落ちて美味しいかも。

日曜の中京メインでストロングPが三着に食い込んでいれば60マソGETできたのですが…。
最近単勝100倍超えの馬が僅差四着で泣きを見るってパターンが増えて困ってます^^;
先週までの負け分は全部取り戻せたから成果としては十分なんですが…。
本気で帯封獲れると思って挑戦しただけに悔しいぜ(_ _;)

ってな訳で頼んだぞチョウサン!!
しかし俺はつくづくダメ人間だなww




めざせ中京マスター
2013年02月03日 (日) | 編集 |
諸事情により時間の確保が困難なため、来週の火曜日頃まで更新を停止させて頂きます。
お返事等もきちんと書きたいので少々お待ちくださいm(_ _)m


簡単に明日の予想だけ

東京新聞杯
◎トライアンフマーチ…折り合いさえつけば重賞制覇のチャンス。
一番の強敵はやはりドナウブルー。嵌ればクラレントか。
リアル、ブライトライン、スパーダを抑えで、ダイワとキンスト、ウイスカーを三着に少し。
マウントシャスタは阪神ベストで軸にはしたくないけど、切るのも怖い^^;
三連系と馬単、人気薄どころにはワイドで保険。

中京8R
◎アースツリー
良い差し脚を持っており、最終週の馬場にうってつけ。
問題はペース。メンバー構成上あまり速くならないかもしれないので、そこだけが不安。
もう一つ前で競馬できそうな馬も抑えておいた方が良いかも。
という事で、クラウンエンビー、カディーシャ、コスモルミナス辺りも圏内。
実力ではオースミマイカ、適正ではウインロザリーと人気どころも侮れないが、馬券を買う上ではあくまで二番手グループとして考えたい。

追記:大人買いしやがったの誰ダァーー(゜皿゜#)!!
アースツリー6、2倍とかありえんw

中京10R
人気でもゴッドマスタングが最上位。
対抗格がベンジャミンとラブイズブーシェ。
ここはとにかく点数を絞って。

中京11R
買い方は未定ですが、逃げ馬揃ってペースが速くなりそう。
難しく考えず、差し馬を中心に組み立てる予定。
トーホウやルピナス辺りが来たら美味しいんですけどねw
前に行く馬はマークシートの三頭目に塗るイメージで。

中京12R
この条件下ではシャドウバンガード強いですよ。
コース補正で詰めの甘さが解消されるんですよね。人気でも逆らわない方が良いでしょう。
しかしそれより狙ってみたいのが格上挑戦のカムフィー。
能力はあるんだけど、とにかく相手なりにしか走れないので2、3着固定で買ってみたい。

ドラフトに向けて少しでも稼いでおきたいぞー!!
ハーツファンだけあって、僕も中京適正◎なのです。でも何故か東京2400は苦手w
今週上手に稼がないと後が苦しくなりそうだ…^^;


最後に本日ご一緒して下さったお仲間様方、いつもながら楽しい時間をありがとうございました。
また宜しくお願いします。
ウチの子も来週こそは絶対走れると思うので、どうか暖かく見守って頂ければと存じます。

そしてトランザムスターはいかにも大型馬の初戦って感じでしたね。
それにいくら大型とはいえ外回し過ぎです。急な加減速を苦手とするのはわかりますが、コーナーであれだけロスしてしまうと流石に厳しい。
12番枠くらいが丁度良さそうですかね。

……にしてもパーソナルレジェンド名牝過ぎだろw



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。