管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
シルクツアー・早来組
2013年09月30日 (月) | 編集 |
先週はシルクの日帰りツアーに参加してきました。
日帰りなのに周回展示が用意されていた事には驚きました。
また、一泊の方では来年の募集予定馬の一部を見学することも出来て、次年度の計画も立て易いですね。

本家やキャロと違い、比較的余裕のあるスケジューリングでした。
あちらは会員数、募集馬頭数の関係上致し方無いのかもしれませんが、おかげ様で今回のツアーは過去一番と言って良いほど楽しめました。


それでは、例の如く白老組から紹介していきましょう。

シ-ズライクリオ
DSC_0220.jpg
DSC_0217.jpg

堅実性の高そうな好馬体です。ステゴ産駒でこれだけ容量のあるケツは珍しいですね。
球節より下は立ち方の関係で、決して外向していた訳ではありません。


スペリオルパール
DSC_0223.jpg
DSC_0221.jpg

最初はこちらがステゴ産駒かと思いましたw
個人的には特別惹かれるものはありませんでしたが、この厩舎に行くという事はそれなりの理由があるんでしょうね。

フェートデュヴァン
DSC_0208.jpg
DSC_0207.jpg

DVDと比べて歩様や足元は安定していました。
蹴り返しも強く、見た目より強靭な馬なのかもしれませんよ。


ナイキフェイバー
DSC_0215.jpg
DSC_0212.jpg
DSC_0211.jpg

友人に依頼されて撮ってきましたが、現時点では様子見が妥当でしょう。
今後の成長に期待です。




スポンサーサイト
【予告】シルクツアー
2013年09月29日 (日) | 編集 |
シルクのツアー情報は月曜を目処にUPさせて頂きます。
とりあえず僕は5頭に申し込むつもりですが、あまり自信ないです^^;
実績加算目的というより、自信がないからこその数撃ち作戦であり、故障に悩まさせる可能性を考慮しての苦肉の策でもあります。
今年はほどほどにしておいて翌年の10%に備えるつもりです。

でも、今年参加したツアーの中では一番収穫がありました。
正直、期待したほどではない。というのが感想なのですが、それも含めて得たものは多かったと思っています。

あと日帰りから海鮮丼が完全に消滅したっぽい。
これにはグッジョブと言わざるを得ないw


☆明日の出走☆
セントコロナ…まだまだ未完成品ですが、調教の方は徐々に動けるようになってきています。
相手は前走の二着馬だけでしょう。
強いのが二頭居るともうどうしようもないですが、一頭では作戦次第でドウニカナルカモ?




これからも愛馬
2013年09月26日 (木) | 編集 |
前回記事に追記しました通り、先週はキングスクルーザーが見事スーパー未勝利でラストチャンスをモノにしてくれました。
4角を回る辺りからはもう絶叫で、何を叫んでいたかも良く覚えていません。
勝ったんだ、と実感が沸いて来たのはゴールしてから数秒経ってからで、気が付いたら笑いながら泣いてました。
多分、周囲の人からは頭のおかしな奴と思われた事でしょう笑。

シルク入会の為に選んだキングスクルーザー。当初から高望みはしておりませんでした。
彼に対しての希望は『最初の一頭に選んで良かったと思わせて欲しい』。
それだけです。
一時はもう勝利を諦めていた時期もありました。本当言うと別の馬にしておけば良かったと考えてしまった時期もありました。一瞬でもそう思った自分を恥ずかしく思っておりますし、本当に申し訳ない気持ちで一杯です。

でも今は彼で本当に良かったと思っています。
こんな感動を経験させてくれるなんて、なんと素晴らしい愛馬なのか。

出来なかった事が出来るようになって、どんどん成長していくのが見えて、確実に強くなったキングスクルーザー。
彼の成長をもう少し、できる事ならこの先も眺めていたい。いつしかそう願うようになりました。
その想いに彼は最高の形で応えてくれた。

本当にありがとう。よく頑張った。
そして、これからもよろしく。


追記:どうやら僕とシルクの相性は悪くないみたいです。少なくともキャロよりは確実に良好かと思われます。
明日からはツアーに向けて今月二回目のノースフライトをして来ます笑。
どうもネオユニ産駒が良く見えちゃって困ってるんですよね^^;




キャロドラフト結果
2013年09月21日 (土) | 編集 |
最優先ヴィートマルシェ→キャンセル待ち
一般リンガフランカ→当選

リンガさんでご一緒できる方は宜しくお願い致します!
マルシェはキャンセル待ちとは言え絶望的な数字です。って言うかこんな所まで番号あるんだ…って驚いてますよ^^;
こちらは期待しないで待つ事にします。

シルクも控えているので1,5次には参加しない予定です。
今後もし自分が出資する可能性のある馬を挙げるとすれば、以下の4頭+アトムチェリーのいずれかという事になると思います。

ディマン→今年みたいな馬場になれば札幌二歳とか楽しみ。クラシックが道悪になるかもしれないですしね。
配合のベクトルはキャメロットと同じだと思いますし。リリエンタールが代表産駒と考えるのはそもそも間違いだと思っています。
サラリンクス、ジョシュアツリー、ペイパルブル。欧州でも一流半だった彼らがジャパンカップであれだけ走れたのです。配合や相手一つで日本でも通用すると思いますよ?

グレイトグレイス→今年の二次or新規向けのオススメ枠はこの馬です。配合の面では正直あまりピンと来ないのですが、馬体に関しては自信を持ってオススメできます。全姉は走っていないようですが、二年の不受胎を挟んで産まれた本馬はきっとデキが違うのだと思います。
配合面での裏付けがあれば出資したい位なんですけどね。
OCDはそんなに気にしなくても良いでしょう。本家のグルヴェイグもそうだったと記憶していますが、ちゃんと重賞勝ちましたからね。

シルバーチャリス…これは逆に馬体にはさして見所がなさそうなんですが、この一族らしい質感を感じる事と、ダメジャーの成功パターンであるロイヤルチャージャーにブラッシンググルームを持つ母ですから、過去の産駒とは一変する可能性も十分にありますね。
ダメジャーの場合、スカーレットブーケが持つNテーストを上手に活かせるかが配合のキーになっていると思われるので、比較的近い位置にマームードが入るのは好材料でしょう。
配合面ではこの馬を挙げておきたいと思います。

メジロルルド→シーザリオやデラデラと比べると流石に可哀想ですが、これはこれで面白いと思いますよ。
一つ上の兄がこないだ勝ち上がりましたけど、馬体は弟の方が上ですよ。
肉質も良かったですし、エネルギー消費の効率が良さそうな馬です。
メジロの血統らしく、長距離ランナーとしての素質を感じさせますね。
そもそもセレクト経由ですから、侮ってはいけないですよね。


追記:友人がセルバンテスの口取りを取れたらしいので、代わりに応援をお願いしました。
このレースで少し気になるのがファイネストアワー。
チチカス産駒はどうも中山コースが得意のようですね。
中でもサーゲイロードのクロスを持つ馬や母父タキオンには要注意です。

そういう意味ではアーデルハイト最強なんだが、肝心の本馬が危ない造りをしているのがネックですねー。
脚さえまともなら、確実にいくんですけどねぇ^^;

追記2
キングスクルーザー勝ったぁぁぁぁあ!!!!
今笑いながら泣いてるw






今日までの色々
2013年09月20日 (金) | 編集 |
今とても忙しいです。
仕事に追われているとか帰ってくるのが遅いとか、そういう事ではなくて、シルク関連の調べ物がとにかく大変なのです。キャロの3倍Cry本気出してます笑。
一人でも多くのシルク会員さんのブログを回って情報収集する必要があります。
僕の欲しい馬は多分どれも人気すると思うのでね^^;

あ、一頭だけ暴露するとバリアシオン弟。これは絶対行きます。
とても兄以上には見えないし(勿論悪い馬じゃないけど)、デビューできないで終わる可能性も高そうだけどそれでも買います。
これは一年前から決めていたことであり、我が宗教上いくしかないのですw

トップを比較するとまだキャロの方が上かな、という気がしますが、相対的にはシルクの方が高品質ですね。
キャロのカタログを見た時からその予感はありましたが。
個人的に魅力を感じた馬はどれも少なからずリスクを抱えてるので、やはりキャロでマルシェに出資できるのが理想でしたねぇ。

以下、今日までの出来事。

☆激突!ヒールVSアロ☆
一年前には想像もできなかったカードが実現します。
アロにとってはギリギリの距離だと思うのですけど、前走はエックスマーク相手に良い勝負が出来ましたからね。
中距離・新潟適正の高さもさることながら着実に成長しているのでしょう。
距離を試すのもある意味今がチャンスですので楽しみにしておきます。
距離の延長、短縮の際はそのプロセスが重要であると常々考えておりますが、今年に関してはクボタナイスプレイですね。
ヒールの方は叩き二戦目が狙い所ですかね。

☆グランツ&ラディーア入厩☆
ラディーアはここに来て成長著しいとの事。ディープの十八番である京都開催デビューでしょうから、期待が高まりますね。確か11月頭に牝馬限定戦があったと思うので、おそらくそのあたりが目標でしょう。
グランツは敢えて強いところにぶつけて能力を測りたいとかふざけた事言ってるんですが、強い相手とスパーリングしたいなら金船やローブさんに稽古付けて貰えば良いでしょうに!
こういう馬は一戦でも無駄打ちさせたく無いのですよ。もし意図的にラングレーとぶつけるような真似したらそん時はキレますよ(・∀・#)
※今のところ他に強そうなのはサヴィルロウとトレモロアームくらいなので、ラングレーとさえ当たらなければ別にどこでも構いません。

☆セントコロナ☆
芝とダートをそれぞれ使いましたが、今の状況下で個人的に見ておきたいのは最終週の阪神芝でどれだけやれるのか?です。
新馬戦のデキはダビスタで言う所の『まだ状態が芳しくありません』の状態なので度外視。
まともな状態でほぼベストと思われる条件を使う事で、ダート馬なのか?すべる馬場が不得手なのか?ステイヤーなのか?単に弱いのか?晩成なのか?初めて見えてくると思うんですよね。
結果に関係なく今後もそれなりの対応を取って頂けるなら、ダート戦でも構いません。が、それこそハートランドみたいに京都の芝を使っても無駄ですからね。
後で馬にとって都合が悪くなる展開を持ってくるのだけはやめて欲しい。それだけは言っておきます。

☆出陣セルバンテス☆
ファインセラ最後の子が今週デビューを迎えます。
ロジモンが回避した事で、強敵となりそうなのはメイショウとクロフネ牝馬のみ。相手には比較的恵まれた筈です。
ただ、こちらもまだまだ能力を発揮できる状態にはなさそうで半信半疑。
今の中山の馬場も適正的に疑問ですし…。潜在能力以外に期待するところがない。寧ろそう言うべきかもしれませんね。
アロなんかはデビュー前もそこそこ速い時計も出してましたからねー。
白船君も6月時は散々だったし^^;
ここは結果よりも内容重視で観戦したいと思います。




キャロット見学ツアーinノーザンファーム牝馬
2013年09月10日 (火) | 編集 |
ツアー前までの青写真
最優先ハービンジャー産駒
一般枠関東チチカス牝馬+キンシャサ+メディシアン
二次候補モンジュー産駒+オクフィラ

どうみてもドMです。本当にありがとうございました。


そのチチカス牝馬
DSC_0182.jpg
DSC_0185.jpg
DSC_0186.jpg
DSC_0189.jpg


パーフェクトマッチ

DSC_0191.jpg
DSC_0192.jpg
DSC_0193.jpg

実際に見ると薄いですね。
当分は成長待ちでしょうか。

ミーⅡ

DSC_0194.jpg
DSC_0195.jpg
DSC_0196.jpg

こうして見ると決して丈夫とは言えないか…。
しかし動かしたときの稼働域の広さや柔らか味は魅力的。
メディシアン産駒の成功パターンとも言える配合でこの厩舎。無事にいけばまず勝ち上がりは堅いと思うんですけどね。
繁殖価値も含めればお買い得感高めです。


いやー、それにしても疲れますねこのUP作業。
これを毎年やって下さる方々には本当に頭が下がります。
実際に体験してその苦労が身に染みてわかりました^^;

とりあえず写真のUPはこれで全部です。
後は日を改めて雑記や、写真はないけど人にオススメできる低価格帯の募集馬などに触れて、ひとまず終戦とさせて頂きます。

それと参加して感じたのですが、今年はどうも安馬の方が面白そうな予感がします。
実際に出資するかどうかはさておき、一部を除いて今年は断然安馬派。
その連中は流石に二次まで残る面々だと思うので、坂路調教などと照らし合わせつつ、じっくり検討していきたいですね。

ちなみに僕の一次申し込みは『最優先希望馬一頭のみ』で行かせて頂きます!
既に頭の中では結論が出ているのですが、死票は避けたいので最終中間発表を確認した上で投函する予定です。
まぁ、どちらを選ぶにしても高い買い物ですがね笑。

※状況が変わり最優先+関東馬一頭で申込みました。
二次まで残ると見ておりましたが、サファイアやミーが人気するようなクラブですから、少々危険を感じてしまいました(^-^;



キャロット見学ツアー2013inノーザンファーム
2013年09月10日 (火) | 編集 |
この会場には候補馬が集中していました。
もっと時間を掛けて見たかったです(涙)…。

カラベルラティーナ

DSC_0144.jpg
DSC_0146.jpg
DSC_0147.jpg

この脚と厩舎でなければ確実に一次からポチれるんですけどねー。
ビンテージチャートと似たような戦績、生活になる気がするな。

アトムチェリー

DSC_0135.jpg
DSC_0136.jpg
DSC_0139.jpg

当たればでかいタイプでしょうけど、現実問題一次からは怖くていけないですよね。
こういう馬を様子見できるのが400口クラブのメリットだと思うんですけど、キャロはピラニア軍団ですからね。
今年のジェベル枠はこの子でしょう笑。

マルシェ
DSC_0156.jpg
DSC_0160.jpg
DSC_0152.jpg

こういう馬に出資を続けていく事が、当たりを引く為の最良策ではないでしょうか。
とにかく短所が少ないですね。確実に走ってくる馬体です。

ディマン

DSC_0148.jpg
DSC_0149.jpg

外向してるのか立ち位置の問題なのかよくわかりません。
時間の関係上ほぼ見られませんでしたので。
ただ、産まれ月を考慮すれば450位に増えるんじゃないですかね。
まぁ、無事ならリリエンタールよりは走るんじゃないですか?

シーザリオ

DSC_0161.jpg
DSC_0164.jpg
DSC_0167.jpg

少しダンシリを感じさせる部分があるのが心配ですが、トータルとしてみれば文句なしに良い馬ですね。
僕はこの馬をファルブラヴとして考えています。
ファルブ産駒ではなくてファルブラヴそのもの。
肉質と足元以外はほぼ満点評価ですが、僕にとってその二点は結構重要なポイントです。
20万までなら即決だったんですがねぇ…。

ダークサファイア

DSC_0168.jpg
DSC_0170.jpg
DSC_0173.jpg
DSC_0174.jpg

今年の安馬で人に薦めるなら迷わずこの馬を選びます。
が、皆さんそんな事は言うまでもなく百も承知なんですね^^;
最優先は使いたくないが、一般枠で欲しい馬。まさにそんな枠の代表とも言えますね。
一昔前ならこういう馬をちゃんと獲れたと思うんですけどねぇ~。

キャロよ、どうしてこうなった。



キャロット見学ツアー2013in早来
2013年09月10日 (火) | 編集 |
皆様おまたせしました!
それでは早速ツアーの写真をUPしていきたいと思います。
時間が無いので、今日は前置きはなしで!!

まずは早来F

シャンスイ
20-1.jpg
20-2.jpg
20-3.jpg

切れは感じないものの、パーツは良いです。
ただ、少し体高が低い。小さいのではなく、低いと感じます。
イメージとしてはヒールとかタウレプトンですね。

カニョット
29.jpg
29-2.jpg

正直あまり印象に残っておりませんが…。

グレイトフィーヴァー
63-1.jpg
63-2.jpg

これも正直上の方が好みですが、グレイト会の皆様はどうされるのでしょう。

キューティーゴールド
72-1.jpg
72-2.jpg

ダートなら楽しみがあるかもしれません。

スピンⅡ
DSC_0113.jpg
DSC_0114.jpg
DSC_0116.jpg

凄い人気してますね(驚)!
確かに早来の中ではトップクラスの素材だと思いますが。
配合において惹かれるのはやはりダイヤモンドディーバでありヒカルラフィーネなのです。
ステゴの活躍馬は特定の配合、その方向性がハッキリしているので配合>馬体のスタンスで良いと思うのです。

ラフィーネじゃなくてアモーレ。
DSC_0124.jpg

前の造りは好きです。
パワー型ですが、硬くはないですね。うん、これも悪くない馬です。

キューちゃん

DSC_0118.jpg
DSC_0119.jpg
DSC_0123.jpg

当歳の写真見てますから特に目新しさはないんですけど、成長曲線としてはまぁ悪くないかなと。
ただ、一頭の馬として見れば良い馬なのですが、ブレイクを超えられるかと言うと全く自信がありません。比較できるレベルの馬には感じられませんでした。
配合は良いと思うので、その分どこまで上乗せできるかでしょうね。




予告
2013年09月06日 (金) | 編集 |
ただいま帰宅しました!
候補を絞りこむ為の最終確認に行ったつもりが逆に増えてしまい困っています笑。

今年はネット競馬の方でベラベラ喋ってますから、こちらではレポと言うより撮影記録をUPしていくつもりです。
実際そっちの方が嬉しいって人も多いっしょ笑。

一応サイズの修正他諸々の作業が残っているので、来週の月曜日を目処に更新出来ればと思ってます。
やっぱり直接見ないと解らない事ってありますね。