管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオネオ
2014年01月29日 (水) | 編集 |
先週はトゥザワールドが若駒Sを優勝。
これで春のクラシック出走権はほぼ当確と言えるでしょう。お持ちの方はおめでとうございます。

さて、この世代。活躍馬もチラホラと出てきましたが、僕が事前に予測していたポテンシャル、適性、成績に殆どズレがありません。ここまで精度が高い年は珍しい。
ウチのセルとグランツも期待に見合った成績を残して貰いたいものですな(・∀・)

しかしそんな中で、こちらの予想を遥かに超える活躍を見せているのが三頭ほど。
上記のトゥザワールド。ハープスター。そしてピオネロです。

今日はそのピオネロを参考にしつつ、自分の出資馬の未来を妄想してました笑。

ピオネロは募集時にアベレージヒッターとして高評価していたのですけど、当たり外れの大きいアルゼンチン産ですから個人的にはクローチェのようなタイプに惹かれますし、結局他との兼ね合いで手を回せんかったのですよね。
一発狙うならネオリアリズムとかも居たし…(・∀・;)

自分の選択には全く後悔していませんけど、正直言って彼が二歳時に二つ勝って、しかも重賞でも連続で掲示板に乗っちゃうような活躍は想定外だったんです。
なので、後学の為にもピオネロから何かを掴めないものかと、写真と睨めっこをしていました。

pi.jpg
d_02250029.jpg
d_02250005.jpg
ぴおねろ

一番上と下がピオネロ。
う~む。親バカかもしれんけど遜色ないと思うぞ笑?
特にブラックエンブレムは測尺もほとんど一緒ですし、ここまでの成長曲線も似ていますね。

共通してるのはネオにありがちな曲飛節でないこと&トモが非力でないこと。
これ、結構重要視してます。
あとは馬格ですよね。中型以上が望ましく、肉質が硬くない事も大事っすね。
首の太さもこのぐらいが丁度良いのだと思います。

ユニバーサルバンクとかもピオネロ似のいかにも丈夫そうな脚+寝気味の繋ぎをしてます。
馬体とは無関係ですが、活躍馬が関西に多いのも調教施設や育成法など何か必然的要素があるのかもしれませんね。
少なくとも配合に関してはウチの二頭の方が上だと思ってますので、最低でも重賞馬券圏内に来る程度の走りは見せて欲しいですねー。

これまでネオ考察の機会って殆どなかったのですが、いざ始めてみると結構楽しかったです笑。



スポンサーサイト
さげぽよ
2014年01月25日 (土) | 編集 |
明日は中京の最終レースにクロムレックが登場します。
今回も9割がた負けそうな状況下で一向にテンションが上がりませんが、馬に罪はありませんし、出資者として当然応援はするつもりです。

その懸念材料というのは、

・逃げ先行圧倒的優位の中京ダート
・他馬に包まれる展開
・(おそらく)一or二番人気

10%の勝機は、能力が抜けている+前に厳しい展開+実は揉まれ弱くない(過去の敗因は全て体調だった)。
これらが全て噛み合った場合の確率です。

人気になるほど包まれやすくなりますし、予想通りなら完全に二重苦ですよね。
そして、現状それらの不利を跳ね除けて勝つだけの力はまだ備わっていないと見てます。

今回は原因がハッキリすれば良いや、位に考えております。
まともな競馬をしてくれれば、少なくとも体調なのか揉まれ弱いのかだけは判明すると思うので。


しっかし戸田師は何故にこの血統に限ってトチ狂ったことばかりするんかなー?
フェノーメノやシビルウォーと同じ様に接してくれれば何の文句も無いと言うのに…不思議でなりません。
ミステリーですね。

こんな条件で勝てるなら上行っても即通用するわ(=_=;)


追記:結果は予想通りも、中身がどうあれ道中包まれずに競馬ができました。
最後差し返されたのが両サイドから挟まれた影響なのか、あれだけでは良くわかりません。
実質的には三着ですから舞台設定を考慮すれば悪くはないでしょう。
ダイエットと距離延長で巻き返せるはずだ。

レース前からこの番組には不満しかありませんでした。
この先生と付き合うとプロセスの段階でストレスが溜まります。

差し競馬覚えさせる事自体は全く反対しません。
しかし、勝てる見込みのある馬で勝負を捨てる行為には納得がいきません。
教育途中の馬を、それも人気必至の立場で、中京のダートを走らせる。
そんなに騎手に拘るなら戸崎でも確保して普段から乗せりゃ良いだろう。

教育と勝利の両立は決して不可能じゃないと思います。




W6着
2014年01月25日 (土) | 編集 |
本日よりブログ再開します。
wifi使ってた時と比べて大幅スピードUPです。これであのイライラともサラヴァですな。
まったく、光ファイバーは最高だぜ(・∀・) !

さて、それでは先々週の回顧から。
ヴィッセンとラディーア。二頭が無事デビューを果たしました。
しかしレース前から完全スルーしていたのは、どちらも緒戦から結果を残すのは厳しいだろうと踏んでいたからで…。
好枠を引き当てた時にゃ僅かながら勝機が見えた気もしたのですけど^^;
実戦で活かせなきゃ無意味ですよね。

まずラディーア。
戦前での読みでは若干スピードに欠けるが、長く脚を使えるタイプ。極力広いコースの2000メートル以上が合っている、というもの。
元々オークス狙い枠で出資した馬です。

結果的に自分の見立てに殆どズレはなかったと思います。
誤算があるとすれば予想以上に短距離(スピード)適正がなかった事と、ここまでデビューが遅くなってしまった事です。
この日好走するには、チョコレートバインのように馬なりのまま好位に付けるスピード能力が必須でした。

また、個人的な見解ですがディープ産駒の多くは序盤から追っ付けて急かされるような競馬は不向きに映るのです。
(ディープ産駒にギュイヨン乗せるのマジ止めれ)

ヴィッセンも同様で、序盤に内で脚を溜めるのは良いですが、下り坂を利用して徐々にギアを上げつつ、直線でストライドを伸ばすよう促すのがベストではなかろうか?
両レースの勝ち馬とトーセンデュークはそれが出来ていました。
武豊は流石手の内に入れてますね。実際ディープに跨った騎手は彼一人ですから、その恩恵は計り知れません。

そういう意味では、ウチのは本質とは異なる型で勝負をしていた訳で、適性や状態も含めて一応度外視しても良いのかもしれません。

ただ、ヴィッセンの方はその中でも非凡な切れ味やバネを見せて欲しかったです。
直接馬を見た事はないですし、結局カタログとDVDが一番良く見えたのも事実。
自分が期待し過ぎただけなのかもしれませんが、構造的にもしこの馬が切れ味不足だとしたら並の馬だと思います。
あの時から胸に深みが出ているようならまた話は変わるのですが…。
手持ちの資料や関係者のお話から推測すると、どうやっても中距離以上で持続力活かすタイプにゃ映らんのです(=_=;)

ストームキャットは筋力を補う為には最適なスパイスですが、ひとつ間違えると軽さと切れを殺す結果にも繋がりかねません。
(例:そのメリットとデメリットを併せ持つのがジョングルール)
ヴィッセンがその悪いとこ取りをしてるようだと非常に厄介な事になります。
大丈夫とは思いますが、その可能性を完全には否定出来ない結果に小骨が喉に引っ掛かったような違和感と不快感を感じています。
次で不安を払拭したいので、なんとしても変わって貰わないと困る。

そりゃ暖かくなるまでは良化するにも限度があるんでしょう。でも、そうだとしてもこの馬には確かな素質を見せて欲しいんですよ。期待してますのでね。


しかし石坂先生はやはりグッドですわ。
優先権を逃したにも関わらず自厩舎で調整をしてくれるとのこと。
一叩きが必要な事は明らかでしたし、当然の対応ではあるのですが…。
現実に「当たり前」の事をしてくれる厩舎なんてごく少数ですからね。



今週の愛馬
2014年01月17日 (金) | 編集 |
今週は土曜日にキングスクルーザーとお久しぶりのガルオ君が姿を見せてくれます。
ここらで今年度の初勝利を挙げたい所ですが、おみくじの結果が非常にビミョ~な感じだったので不安の方が先走ってます^^;
悪い空気はさっさと断ち切ってやりたいですよ。

(ラディーア&ヴィッセン回顧はまた今度)


キングス…叩き三走目、三場開催のローカル、若手限定戦と条件が揃いました。
陣営としても初めからここが勝負と踏んでいた筈ですので、当然勝利を期待しています。
前回の限定戦より相手が揃ってますけれど、今の充実ぶりなら少なくとも恥ずかしい競馬はしない筈ですよ。
パンパンの良馬場の方が得意なので、厳寒期ともあって急なユキチャン等の心配もあったのですが、今の所はどうやら大丈夫との事です。

アースガルド…メンバーもそこそこ揃っているのですが、気性的に鉄砲駆けする方ではあります。
しかし、問題は休んでいた期間の内容ですよね。今回はリフレッシュ等の類ではなく、かなり深刻な状況下からの復帰戦なので。
ベリー確保とはいえ、今回は無理をさせず次に繋がるレースが出来ればそれで十分ではないでしょうか。
なので、当然応援はするけれども、馬券は一円も買わないし口取りにも申し込みません。
その中で、せめて彼らしい姿が見れたら嬉しいですね。


そして日曜日の京成杯。
自分の馬は不参戦なのですが、とても注目しています。
ここはクラブ馬同士の争いとなりそうですね。

器では断然ラングレー。ディープ産駒にしてはパワーとセンスがあり、中山にも対応できるタイプと見ています。不安は騎手かな^^;
適性面ではキングズオブザサンが上。能力差をひっくり返す可能性は十分にある。
あらゆる面で状況が好転するウインマーレライ。これも近二走は完全ノーカウント。
ピオネロも馬場が合いそうですし、リモーネも前走は鞍上のミス。距離をこなせれば巻き返すだけの力があります。
クラブ馬ではないですが、アデイインザライフ、ヴォルシェーブもすごく良い馬体してるので食い込んでくるかもしれませんね。

クラシックに向けて注目の一戦。
僕は皐月狙いのワーパク出資者ですから、気になってしゃーないんですw
今のところ本当にヤバそうなのはバンドワゴン一頭だけですが、なんだかんだでクラシック本番までには強く成長する馬が出てくるんですよね。


※インターネット開通工事の為、この後一週間ほどお休みさせて頂きます。
休み明けには明るい話題を書きたいものですね。





シルク出資馬
2014年01月12日 (日) | 編集 |
今度はシルクの更新です。
12年産馬からは毎月画像を更新してくれるようになりました。
これは本当にありがたい。シルク社員の皆様に感謝ですね。

d_02250005.jpg

ブラックエンブレム
欲を言えば幅が欲しいですが、トモに力感を感じさせるようになってきました。
飛節もネオユニっぽくないのが良いですね。


d_02250011.jpg

ルシルク
この馬は勝ち上がりまでが苦労するかもしれません。
セントコロナと同じで、良くなるまでに時間が掛かりそうなタイプ。
あとは脚元ですが、兄よりは全然マシですからね。上手く調整してくれればと思います。
これもトモがパンとすれば面白い素材です。


d_02250012.jpg

フェートデュヴァン
この馬が一番良い傾向にあると思っています。
このまま無事に進んでくれれば特に言う事ありません。


d_02250029.jpg

マチカネタマカズラ
長めのステージが合うのかも。ユニバーサルバンクのように融通が利きそうな感じ。
芝かダートかは僕もまだハッキリとは見えないのですが、少なくとも兄以上の期待は持てるんじゃないでしょうか。
これ程の馬体。一次満口は当然の結果でしょう。


そして様子見中の…

d_02250039.jpg

ストールンハート

予想通りのシルエットに良化してくれてます。
ただ、やっぱり脚が不安だ^^;

他にヘンリー産駒のグロリフィカムス(これこそ画像更新しろい!)や、三月の海外セールで新たに追加される馬が居るかもしれないので、それらとあわせて検討するつもりです。
どの馬もしばらくは様子見が必要ですし、納得のタイミングまで残らないのであれば、それは致し方ありません。

最近力を入れ始めた肩の造りではアーマイン、エンゼルカロに見所がありそうでした。
出資こそしませんが、走りには注目したいと思います。
色々不安材料のある中でどれだけ走れるのか、一つの目安になるかもしれません。
今はとにかくデータ(アーカイブじゃないよw)を集めたい時ですね。




キャロ12月画像
2014年01月07日 (火) | 編集 |
馬体の勉強ついでに先月の更新画像を再度見直していました。
今年のドラフトは選択肢の範囲としてはほぼベストの結果を得ることが出来たと思っています。
が、実際に自信があるとか、一番走ると思っているのはまた別の馬でして。

思えば、ちゃんと話す機会もなかったので、今回改めて本当に良いと思った馬。
買えるのならば喜んで買いますぜ。ってなBEST5をピックアップしてみました。



1.jpg

ヴィートマルシェ



2.jpg

ディアデラノビア



3.jpg

トキオリアリティー



4.jpg

ダークサファイア



5.jpg

シーザリオ



買いたい馬と買える馬は決してイコールではありません。
もちろん自分の出資馬にも期待を寄せてはいるんですが、彼らは完全に飛距離が違うと思っています。
こういう馬たちをそろえておけば、地上波の競馬中継を見る機会も増えそうですね。

それにしてもデラデラが良い!
デラっ子はマドレが馬体も配合もベストだと思っていたんですが、馬体に関してなら12も負けていませんね。
この子とシーザリオが揃って走らないようだと、ハービンジャーは見込み無しの失敗作か、特定の配合しか走らない扱いづらい種牡馬って事になるかな…。

いずれにせよ、今後手を出す機会は殆ど無くなりそうだ(・ω・`)



あけめりあ
2014年01月05日 (日) | 編集 |
ご挨拶が遅くなりましたが、シンネンあけましておめでとうございます。
今年度も変わらぬお付き合いの程よろしくお願い致します。

年末年始は仕事でちと多忙でした。
それはまあ良いのですが、競馬はおろかクラブの更新さえないものですから生活リズムを崩してしまいましてね。
大晦日に素で『あれ、今日何日だっけ?』な状態でしたし、調教時計が普段と違うせいか三が日の曜日感覚が完全に狂ってました笑。
いかに日常が競馬に支えられているのか痛感しますね^^;

僕個人としても今日から遅めの冬休みで、今週は愛馬の出走がないので初詣に行ったりしつつ、マターリ過ごせればと思います。


それでは、皆さんに倣って今年の抱負のようなものを。
まずは一頭一頭に対しての願望を記しておきます。

アースガルド…『最後にもう一勝』→ガルオに残された時間はそう長くない。置かれている状況も決して明るいものではないし、本来ならもっと別の未来があった筈なんですよね。
失われた過去はもう戻らない。けど、せめてもう一度くらいは輝いて欲しいなと。

アロヒラニ…『準OPで勝ち負け』→あくまで目標ですから、OP入りにしても良かったのでしょうが、焦るとろくな事にならないのがファインセラ。一歩一歩確実にステップUPすれば良いのです。その為の我慢が出来ないなら最初からこの兄弟に出資なんてしません。
完成は今年の終盤~6歳の夏頃だと思っています。そこまでをいかに良い形で過ごせるかが何より重要です。

ヒールゼアハーツ…『自己ベスト更新』→この馬に関しては既に自分の中で区切りがついているのです。
たまに走る姿を見せて貰って、なおかつ最後まで無事に走り抜けてくれさえすれば、他はもう何も求めません。
能力的にはもう一つくらい勝てるものを持っているので、ヒール自身のベストを出すことが出来れば、おのずと結果も付いてくるのではないでしょうか?

ハートランド…『中央復帰』→園田の下級条件なんて馬なりで5馬身千切って良いはずなんですがね。もう馬自身が走るのを嫌がってるんでしょう。
皆さんも体調悪い日にマラソンとかしたくないですよね?
仕事でも趣味でも何でも当て嵌まると思うのですが、継続する物事を毎回嫌な気持ちで取り組まなきゃならん状態ってのがまず馬鹿げてる。しかもそれが自身の意志と関係ない周囲の所為ってのが余計に腹立ちます。
生き物を使うスポーツなんだからモチべーション保てなくなったら終わりでしょうに。

クロムレック…『OP入り』→シンプルな目標ですが、達成の為には現状の課題をクリアせねばなりません。
現級と降級後は能力だけで勝てるはずだし、勝たなきゃおかしいので二勝は最低ノルマです。

キングスクルーザー…『二勝』→これも現級と降級後で合計二勝。
昨年はドラマティックな勝利を飾ってくれましたが、今年は堅実に勝利を積み重ねて欲しいですね。
三つ勝てたらお祝いにみなとみらい行って豪華客船に乗りフゥーハハハ( ゚∀ ゚ )してやりますw

ブロードソード…『重賞勝ち』→秋頃にはそこそこ強くなってるはずですし、最低でも使いたい時に重賞を使える状態にしておく事が上半期の目標と言う事になります。
あと頼むからまともな騎手を固定してくれ。

セルバンテス…『勝ち上がり』→当然出来ると思ってますが、どうも使われ方が嫌な感じです。
クラシック云々言える状況でないと分かった時点で、普通のファインセラ産駒の向き合い方をして欲しいですね。
東京と新潟を狙い撃ちしてくれれば、二つは勝てるはずなんですがねー。

エーデルグランツ…『重賞出走』→遅れてきた大器と呼ばれる存在になって欲しいですね。
ダービーを諦めた訳ではありませんが、本質は古馬になってからだと思っています。
仮にダービーが無理だとしても、将来JCで見たい馬です。

セントコロナ…『本当の自分探し』→一つ勝つまでが大変と思っているのですが、それはこの馬が晩成タイプであろう事と、他にもっと相応しい舞台がある。そう予測できるからです。
矢作先生はその辺上手に考えてくれるので信頼していますが、一つ勝たないと他の選択肢が出てきませんからね。
まずは一刻も早い勝ち上がりを要求する!

トータルヒート…『OP参戦』→正直言って、まだ明確なヴィジョンが見えない子なんです。
ダートのマイル前後が適鞍だとは思うのだけど…。
とりあえずはもう一勝して貰って、世代間の重賞やOP競争で質の高い経験を積んで欲しいなと。

ワールドインパクト…『春クラシック参戦』→特に皐月賞は絶対に挑戦したいですね。
僕としても一歳の時からずっと打倒ラヴズオンリーミーでやってきましたから、最低でも同じ土俵に立って熱い勝負がしたいと思っています。

ヴィッセン…『マイルC参戦』→今どのような馬体をしてるか分かりませんが、自分のイメージのままならクラシックよりもマイル向きだと思っています。その場合、くれぐれもクラシックに固執するのだけは止めて欲しい好素材です。
石坂先生にはこの馬が最も能力を発揮できる場所を選んで欲しいですね。
このトレーナーは数少ない全面的に信頼の置ける方なので、師の判断であれば僕もそれがベストだと信じます。

ビューロクラート…『体質強化』→馬体ではこの馬が一番自信あります。怪我以外の理由でこの馬を未勝利で終わらせたら絶対に許せません。そのくらいの気持ち。
近親バンドワゴンに負けない活躍を期待したいですね。

ラディーア…『オークス出走』→桜ではハープとアスコルティに勝てる気がしないので、樫の舞台でリヴェールに挑戦状を叩き付けてやりたいと思っとります。
クラシックを期待できる女の子は他に居ませんから、どうか盛り上げて欲しい所です。

新二歳馬はとりあえず無事デビューできれば、一先ずはそれで良しとします。

そして僕自身の願いですが、毎年初詣に行く度に『良い出会いがありますように…』と願掛けして来るのですが、どうにもここ数年納得のいく成果をあげられない。
そもそも出会いがあった所で自分が買えなきゃ意味ないんじゃね?!という結論に辿り着き、今年からは以下の内容に変更とします。

『それぞれのクラブで一番欲しい馬に出資できますように』

うわお、急に生々しくなった^^;


そんな訳で皆様、改めて今年もよろしくお願いします!
早速今から金杯とマイネルクロップ買ってきます。
ガリバルディも見たいのでちょっと急がねば(汗)

いやー、これだよこれ。この感覚です。
ようやく本当の意味で一年がスタートって感じですね笑。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。