管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンジョー
2014年02月21日 (金) | 編集 |
だいぶ遅くなりましたが先々週の競馬で3着だったブロードソード。
相変わらず終いが甘くなるレース振り。その原因は今更語るまでもありませんが…距離が1ハロン長いか、終いの切れが足りないか。或いはその両方でしょう。

最初に芝を使われていたように、クッションが効く柔軟な繋ぎを持つ本馬には少し雨を含んで土に近いダートがベストだろうと見ております。今回は不良まで悪化しましたが、本質的に距離が1ハロン長い事を考えると脚抜きの良い馬場はプラスに働いた筈です。
それでも残り100で脚が上がり、あわや4着という内容はやはり1400が限界って事じゃないかと。

レース振りや普段の攻め具合から見るに、改良と経験を積めばある程度は距離もこなせるでしょうし、切れ負けしないレベルにもって行けるのかもしれません。
が、再三語ってきたように、この馬の本質は短距離馬で、父譲りのスピード持続力と勝負根性が持ち味。
クラスが上がるに連れて小細工やごまかしは通用しなくなりますし、12と14でしっかり走ればそれで良いと思うんですがね。
2、3着ばっかり繰り返しても嬉しくないですし(←これは僕個人の気持ちで、マイルでもある意味馬主孝行してくれるだろうとは思います)。

勝ち馬を差し返そうとした根性は素晴らしかったし、そういった長所を活かしきる戦法の方が得策だと思うんですよ。
あれは努力で習得できる類の才ではありませんし、負け続けると逆に減退する恐れもあるので、もっと慎重かつ大切に扱って欲しいのです。

ま、春まではマイル戦の番組は使いたくてもありませんから、その間に適距離で勝ってくれればOKですね。むしろ一度12を使って欲しいんだけどなー僕は。



そういえば、キャロ12年産の馬名が発表されましたね。
自分の愛馬は以下のように決まりました。
リンガフランカ→クレオール
グレイトグレイス→グラツィオーソ

慣れれば良く聞こえるでしょう。
それよりも個人的に衝撃だったのは…
ダークサファイア→サフィロス
ヴェラブランカ→ムーンセイル

これって自分が付けるつもりでドラフト前に考えたやつなんだけど笑!!
ムーンセイルは正確にはカラベルラティーナ用に考えてたんですけどね、船つながりで。
あとアルフヘイムってのもアースガルドの時に応募した名前ですわw

その他では
キュー→ブレイクエース
この名前が付くなら欲しかった…。

アクセラレート→木ィィィ原くゥゥゥゥゥゥン!!
レントラー→スターミーの後継者ですね笑。ちなみにポケモンはBWが一番好き(・ω・`)

シェルズレイ→シャイニングレイ
レストレスハート→ルーセントハート
トキオタヒーチ→フェティア

この辺皆かっくいー(゜∀゜)!
あれ、もしかして光物が好きとか…笑?


この時期は色々盛り上がれて楽しいのですが、個別に覚えるのがまた大変ですよね。
むしろキャロはまだマシな方で、社台・サンデーのHPだと馬名が変わった途端誰が誰だかサッパリわからなくなります^^;

個人的にはキャロは去年採用されたので、今年はシルクで名付け親になりたいなーと思っています。
馬名に関しては本家よりキャロとシルクで採用された方がずっとオイシイですからね^^




スポンサーサイト
まばゆい空in府中
2014年02月18日 (火) | 編集 |
府中は寒いけど晴れてます。
口取りゲットしたので急遽参戦が決定しました。

メンバーを見渡すとスロー濃厚で、アロが一番切れる脚を使えると思います。
ハンデ差の分牝馬と実力あるストラーノには要注意でしょうが、近走では一番恵まれました。
あとは馬場だけですね。
少しでも良に近いコンディションで戦いたい所。

火曜日に競馬場行くなんてもう二度とない気がします笑。
偶然にも仕事が休みであったこと、回復傾向にある最終日に出走できること、良い偶然が重なって手にしたチャンスをなんとかモノにしたいです。

それでは、行ってきます!


※以下追記。

惜しくも二着でした。いつぞやのビュイックが乗って二着だった時を思い出しました。
ハーツ産駒レコンダイトに僅か及ばず。ハーツ産駒は弱い相手でも勝ちきれない反面、昇級戦をものともしない子が多いのです。特に苦手としている京都で勝ちきったレコンダイトですから、この条件なら来ても全く不思議ではありません。
それでも切れ味の差で交わせると踏んでいたのですが、そこは良化途上の状態面と斤量差が出たのかなと思います。

馬体重はプラス10キロとの事でしたが、少なくとも『見た目上は』太く感じませんでしたし(昨日のトータルヒートは一目でわかる酷い状態でした)、本当はこのぐらいの体重がベストと言えるような身体を作って欲しいという思いもあります。
実際に去年見た時と比べて力感が増しており、ゆっくりながらも確実に逞しくなっているのは嬉しい限りです。

そして距離。2400はやはり長かったのでしょう。どう見てもクラシックディスタンス用の馬体ではありません。今日のレースでも最後まで伸びていたように、2000M前後がベストディスタンスなのだと確信しました。

アロの場合、勝ちきれない現状は単に条件が悪いか相手が強いかのどちらかによるもので、セントコロナやハートランドのそれとは事情が違います。
もう本当に順番待ちといった感じで、もう一押しが利く舞台設定や状態に持って行けば良いだけですから、要はクボタンが良い仕事すればすぐにでも勝てますよ。
…という訳なんで、次は宜しく頼みます。

ま、変則日程とこの距離で好走できたのは今後を考えると良かったのではないかと。
これで今後も2000を中心に組んでくれるでしょうし、あの馬体なら中山の馬場にも対応できる筈なので。
個人的には悔しい一日でしたけども、アロの未来はだいぶ見通しが明るくなったように思います。





馬体詐欺・第三弾
2014年02月11日 (火) | 編集 |
雪も冬もこの世から消えてなくなれと本気で思っている今日この頃。
玄関から出ると辺り一面ロンダルキアみたいな景色になってましたし、今週の開催は9割がた諦めてました。むしろJRAは良く頑張ったと思いますよ。
普段あたりまえのように競馬があるのはとても幸せな事なんだと痛感しました。

って言うか、もう視界に雪が入るだけで殺意が沸いてくる精神状態なんですけど笑。

そんな中でもブロードは良く頑張ってくれました。
こういう脚抜きの良いダートも彼には良かったのかもしれません。
トータルヒートは一度新潟まで遠征してるし持ち込み馬ですから、多少は免疫がついているものと思いたい所です。っていうか僕がムカついてるのは100%この馬絡みなので
今年に入ってからイラついてばかりな気がするし、たまにはストレスの無い競馬生活を送りたいもんですね。


今週の結果
ヴィッセン六着
ブロードソード三着

ブロードについては日を改めて触れたいと思います。こちらは割と良いニュースというか、手応えを掴んだ一戦でしたので。

先に悪いほうを書いちゃいましょう、と言う事で今日はヴィッセン。
友人と二人で『あれほどの好馬体で何故走らん?』と頭を抱えておりまして。自分なりにいくつか原因も考えてみたのですが…

1、二人とも実物を見ていない(根本から誤認している)。
2、ダンツクレバーの繁殖ポテンシャルがピーー(自主規制)ーー。
3、ピルサド神の存在そのものがピーー(自主規制)ーー。
4、猫色が強く出すぎて実はダート馬。
5、太め残りだと走る気が起きない。
6、序盤に急かされると駄目。
7、距離が長い。
8、走り方を習得できていない(フットワークがバラバラ)。

一番救いがあるのは4のパターンでしょうけど、それ以外の2~7は理由がどれであれ言い訳できない感じですよね。
今回のメンバーで掲示板外してるようでは、仮に問題が解決したところでたかが知れてますから。
(8はコース形態、或いは自身の緩さや経験不足から来るものでしょうから、どちらにせよ時間が掛かる)

1については完全自己責任ですからしゃーなしです。とは言え、下の写真見せられたら、ねぇ?

02130058.jpg
d_02169035.jpg
d_02150049.jpg

こりゃ詐欺だろう…。

d_02191035.jpg
d_02179035.jpg

この辺はテンション下がる一方だったけど。
時間経つにつれて悪くなってくパターンのディープはあまり見ないですね。
というか、最初の方がたまたま良く見せる映りだったのか、何か問題があっての事なのか、実際に見たことが無いだけに正直何とも言えないのです。
やはり出資する以上、一度は実物を見ておく必要があるのでしょうか。

それに今でもこの緩さ継続中なんですよねぇ…。どうにかならんかな。

現状のままでは厳しいと思いますが、諦めるにもまだまだ早い。
キッカケさえあれば一変してもおかしくない馬ですから、もう暫くは騙されたつもりで向き合うつもりです。




今週こそ決める!
2014年02月05日 (水) | 編集 |
先週のワーパクショックからなかなか立ち直れずにいました^^;
勝てそうで勝てないレースが続いてますが、そろそろ今年の中央初勝利を決めてやりたいものです。

回顧
梅花賞・ワールドインパクト…このレースは毎年外差しが決まるんですよね。というのもBコースに変わる事によって前週までと傾向が一変するのです。馬券を買う上では美味しいリターンにありつく絶好のチャンスですが、このレースに関して言えば最悪でした。全てが悪い方に出てしまった。
次は予定通りすみれSに向かうそうですが、ここはウィザードと再戦になりそう。
条件的に高確率でリベンジできると見ていますが、噂ではトーセンマタコイヤも来るかもしれないとか。
関東馬はこっちくんなよー(*`ε´*)ノブーブー

ハートランド…途中で走るの止めちゃいました。っていうか、地方での敗戦ってみんな同じ様な内容なんですよね。
中央でもそうだけど、なんで先行策に拘るんですかね?
被されると駄目なのはもうとっくに分かりきってますし、相手だって意図的に潰しにきてるって考えないのでしょうか?
勝たせてくれようとしている気持ちは伝わってくるのですが、もう少し工夫するなり変化をつけるなりしても良いんじゃないですかね?
もう今更失うものなんてないっしょ。


そして今週の出走予定
まだ確定ではないものの、想定の段階では三頭が登録しています。

ヴィッセン…冬の間は厳しそうですけれど、そんなに強い相手もいないので叩いた分の上積みに期待しておきます。

ブロードソード…調教ではベルシャザールに先着と良いところを見せてくれました。
条件的には京都の方が合うと思うんですけどね。なによりわざわざ遠征して三浦騎手乗せる必要性皆無なので(==;)
まぁ、仮に三浦騎手でも手は合いそうなんですけど、長期的にお付き合いしたい騎手かって言うと…ねぇ?

トータルヒート…神が帰国されてしまったので、今回はスグル君です。彼ももう手の内に入れている筈なので大きな不安はありません。ただルメール様と比較するとどうしても見劣りする事、加えて輸送もありますし決して楽な条件ではないですね。
力はここでも通用する筈なので、結果がどうあれ能力を発揮して欲しいものです。
外枠さえ引ければ勝機も見えてくるかな…。

そして、もう少し先の話ですがビューロクラート。
ダンスファンタジア相手に頑張っているようですね。入厩直後の動きとしてはかなり期待できる部類ではないでしょうか?
この馬は本当に期待しているので、このまま無事にゲートインして欲しいものです。


その他

セントコロナ&ラディーア…入厩。そろそろ勝ちたい。ラディは距離延長で見直し可。

クロム…教育の成果は出てきているので、次は結果を求めます。
こちらも距離延長&コース替わりで期待。

セル…論外。これで春の東京使えなかったらブチ切れますんで。

アロ…シャドパさえ出てこなければ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。