管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出資経緯②
2014年07月25日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

身体面では骨量豊富で広い肩の造り、可動域の広さ等いくつか見所がありましたが、それ以上にダンシリの左前、ネオユニの飛節といったウィークポイントを改善してきたことが何より大きいと思っています。

母アルメーリヒは体質がまともであれば準オープンの混合戦で通用する位の素質はあったと今でも思っています。
その母より一枚上の馬体を持つと同時に欠点が改善された事。疲労感を残さず繁殖入りした過程での二番子。
そして現地で各パーツと動きのチェックを行い、今後同程度の産駒を産んでくれる可能性は低いと判断し、出資するまでに至りました。
歩様や飛節の伸び、蹴り返しの強さなどDVDより実物の方が良かったですし安定感を感じました。

僕自身はトモフェチなので、牡馬ほどトモの容量を重要としない事が多い牝馬に対し少なからず苦手意識を持っているのですが、中距離型の牝馬であればこのぐらいの大きさが一番ジャマにならないような気がします。
何より骨格がしっかりしており形も良いですから、鍛えていくうちに良い具合に発達してくると見ています。
その点では負荷の強いリリーバレー育成というのも好材料の一つ。
現状結果を出せていませんが、試行錯誤しているようですし、あそこも良い加減結果を出してくる頃でしょう。

僕の経験上、どうしても1歳秋の写真を基準にして良し悪しを考えてしまいがちなのですが、今思えば社台においてはそれが一番の失敗だったのかもしれません。
他のクラブより撮影が数ヵ月早いこのクラブでは、今後の伸び白をより重要視するべきだったのでしょう。
なのにまたしても1月生まれの本馬に行ったのは矛盾するように感じられるかもしれませんが、この点は別の意図がありました。

両親は共に晩成型の中~長距離ランナーで配合的にもスピード材料に欠ける印象ですから、早期から活躍する為の何らかのアドバンテージが欲しかったのです(これでもまだ心許ないと見ていますが)。
仮この馬がヴィッセンのような成長曲線だとしたら、ほぼ詰みです。ただでさえスピード要素が見劣りするのに馬体の完成度まで遅いときたら、飛び抜けた才能でもない限り期限に間に合いません。
ですからこの馬に限っては、早生まれの方がリスクが小さいと考えました。

次に適性ですが、僕は極端な高速馬場でない限り、どのコースにもある程度対応できると見ています。
良馬場のオークスはダメだけどフローラSなら大丈夫。夏の新潟は危ないけれど、最終週ならアリと。恐らくそんなタイプと予想。
ストライドが伸びそうな肩の造りをしていますが、配合面では小回りコースでヘイロー的回転力を活かせそうな感じにも取れます。
現地で見た印象では、実際どちらにも対応できると思いました。
もしヘイロー色の方が強ければ札幌だとか洋芝を走らせて欲しいですね。
高柳先生はこないだ北海道で管理馬をデビューさせていたし有り得ない話でもなさそうですよ。

ちなみに高柳厩舎。
今年の二歳馬に白老産のハービンジャー産駒がいます。その他ネオユニ牝馬やチチカス、母父サンデー直子など、割と本馬と近いジャンルの馬を勝たせており、比較的それぞれの適性に合った番組選択をしているので、実績足らずだとしても某調教師のように馬の競走生活と尊厳を踏みにじるような愚かしい真似はしないだろう…。と判断してゴーサインを出しました。


思ったより長くなったので、配合編は次回に持ち越しということで(^_^;)ゞ





スポンサーサイト
経緯
2014年07月19日 (土) | 編集 |
遅くなりましたが、アルメーリヒ出資に至るまでの経緯を書かせて頂きます。

ツアーまでの選択肢はアンブロワーズ、アルメーリヒ、デグラーティア、ダンスインザムードのいずれか+タンタス、第二インコグニートの構成でした。

最初に候補から外れたのはデグラーティア、ダンムー、タンタスエルテの三頭。
デグラーティアは脚や歩様に問題はなかったのですが、数字の印象より小さく見える造りが気になりました。母似と言えばそうかもしれませんが、経験上早生まれのこのタイプは後の成長力に欠けるケースが珍しくないのです。
4月生まれなら本命だったかもしれませんね。

タンタスは体重と爪に不安が残ります。
勿論成長もするでしょうし、結果的に問題なく走れるかもしれません。
それでも、良くて姉と同等という見立てをした以上、100万円を出す気にはなれませんでした。
来年も全妹が募集される筈なので、それも抑止力として働きましたね。

ダンムーは今更ながらこの配合、Xファクター理論ばかり注目されがちですが、根本的に牝馬向きの適性からはズレると思うのです。
フェデラリストも東京で勝った時は最終週でしたし、完璧なレース運びをした結果。基本的には中山や阪神、道悪馬場等で良積を残した『牡馬』でした。
13の場合は当然牝馬三冠やエリザベス女王杯が目標となるわけですから、目に見えない部分や他力本願的要素への期待が前提ってのもなんだかな…と考えた次第です。
なので、これも買うなら来年。

残るはアンブロワーズとアルメーリヒ、現地で評価を上げたインコグニートの三択となります。

そして、この中でインコグニートだけが全姉というサンプル(デビュー済の)を持っておりました。
この配合はグッドではあるがベストではない。それに加えて、コグノセンティの出来が良かった事を踏まえても特大ホームランは難しそう、という結論に至ります。
社台の第一は三振上等の強振スタイルで良いのです。アベレージヒッターが欲しいなら様子見できる大口グラブで探せば良い。

そして最後の二頭。
一発狙いとか母の最高傑作という基準なら、二頭の間に優劣の差は殆どない。配合面はどちらも一長一短で、そもそもが新種牡馬。配合に重りを置きすぎても仕方がない。

厩舎はどうか?
国枝先生はレース選択や適性判断の面で首をかしげたくなる事が多い。今一つ適性に掴み所がないアンブロを預けるには些か不安が残ります。

高柳先生は普通にやれば一つは勝てるよね。って馬を勝ち上がらせる技量は高いと思う。
キャロットやシルクの牝馬の扱いを見て、そう感じています。
が、その反面能力以上のプラスアルファを引き出してくれる印象が無い。
開業して日も浅いので今後のノビシロは期待できますが、OP競走で一度も連対実績がない現状では大きい事は言えない。

どちらも不安要素を抱えていました^^;
ただ、総合的に見てアルメーリヒの方がローリスクでしょう。
ハートランドのように京都だけは走らせちゃいけない馬が輸送難だとか、そういった致命的なリスクの可能性ですね。
馬体などから察するにアンブロの方がアルメーリヒよりも、コースや馬場への注文が多いタイプだと思います。

最終的には他クラブでの余力や個人的な縁なども考えてアルメーリヒを選んだ訳ですが、今年は最後まで悩まされたドラフトでしたね。

次回は馬体やら配合を、より掘り下げて解説していきたいと思います。





セレクト等など
2014年07月11日 (金) | 編集 |
アルメーリヒや番外編の前に、セレクトセールと残口アリの馬について簡単に触れておきます。
今年もセレクト上場馬の中から数頭はクラブに回ってくるハズ。

去年のキャロとシルクは率先してノーザンの残飯処理係を務めてくれました。
これ以上の表現は慎みますが、もしノーザンFから直々に命じられているならまだしも、頼まれてもないのにあんな服従姿勢を取っていたのだとしたら滑稽ですね。
あんな事をしても待遇は変わらないでしょう。アルメーリヒが良い手本です。

ジェベルやルミナスの年くらいセンスある買い物をしてくれれば何も文句はないのですが、他の牧場からも良駒を引き込めるチャンスだというのにみすみすその機会を逃すような真似はやめて頂きたいのです。せっかくの機会に去年のような金の使い方ではすごく勿体無いと思う。
どうせならディープの良血馬を連れてくるとか、個人馬主に喧嘩売ってでも出来の良い馬を競り落とす位の気概を見せて欲しいものですね。

しかし、巷で言われるほどセレクトって良駒揃いなんでしょうか?
人それぞれ見るポイントや重要事項は異なりますが、少なくとも僕には特別優れているようには映りませんでしたよ。
もちろん、あれだけ揃えば中には良い馬も居るでしょうが…。

個人的にはワシントンシティ、アシュレイリバーが特に気になります。
後ろ姿で若干減点もスターアイル。ニックス配合であろうギンザフローラル。いつ大物が出ても不思議じゃないエルダンジュ、ヴァーミリアン産駒のセメイユドゥヴォン。
ムーンリットレイク以来の肉質の良さを感じるキャロでもおなじみムーンライトダンス。穴ではマクシマールなんかも面白そう。
この辺りが落札されて回って来たら出資対象になるんですけどねー(・∀・)

キャロやシルクが不発ならもう一頭40口という選択肢もあるんですが、センシュアルドレス、クリームオンリー、シングライクバードといった辺りは結構良く見えますし悩みますね。この辺は一長一短あるのですが、様子見さえ可能なら疑問も解決できると見ています。
本当ならオーゾラヲマウトキが1,5次以降の有力株だったんですが、ああいう馬も今は売れちゃうんですよねぇ…。

高額帯は基本スルー。
スティンガーにディーバ、アドアードやスカヤもみんな見所はあるけど、実際に買うとなると別問題。
総額6000万以上に手を出す場合は確固たる自信を持った上で突撃したいのです。

そういえば、クラブ募集なら250万でも申し込みたいと思っていたリリーオブザヴァレーの14がいつの間にか欠場扱いになっていました。この馬についてはいずれ牧場で詳細を確認する必要がありますね。
大きな問題でなければ、来年はセレクトじゃなくてクラブに回して欲しいのですが…^^;






宝くじ買ってくる
2014年07月05日 (土) | 編集 |
昨日、自宅の宅配BOXに全く覚えの無い所から荷物が届いておりました。
中身は化粧水と洗顔フォーム。
 _, ._
(;゚ Д゚) …?!
↑突然の出来事に思わずこんな感じの顔になるも、よく見るとお手紙が同封されていて、
『先日は弊社のアンケートにお答え頂き(中略)…』的なメッセージが。

そういえば、前に友達から自分は使わないからと職場の美容アイテムを押し付けプレゼントされた事を思い出しました。
パック用品とかどう考えても僕にはもっと需要がないのだが笑。ブリンカーみたいだなー…なんて思いつつ、折角くれると言うのだしありがたく頂戴することにしまして。確かその時に、

「そんでさ、ついでにアンケート書いといてくれないw?」
「はいはい、しゃーねーな“φ( ̄  ̄*) カキカキ」

ああ、あったあった。ありましたわこんな感じのやり取り。
つまり応募者プレゼントの抽選に当たったよっていうアレですね!
って言うか、こういうのホントに当たるんだ……(・∀・;)

そんな事を考えながら買ってきたガリ○リ君を食べていると、

gr.jpg


( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚) ・・・


あれ、おれ始まった笑?


いや待て。早まるんじゃない。落ち着くんだオレ。
れれれ冷静になれあばばばばb……


そんなテンションのまま今日を迎えた結果…


13.jpg


やっぱりキタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!!

間違いねぇ!オレの時代きてれぅ!!

ひとまず今日はご報告だけ。落ち着いてから見解やら経緯やら色々書きます!


ちょっとサマージャンボ買ってくるわww





馬場開放
2014年07月03日 (木) | 編集 |
先週日曜の東京開催。最終レース後に馬場開放イベントが行われました。
毎年実施しているのでご存知の方も多いのではないかと思います。
今年は機会があって僕も参加して参りました。

そして気がつきました。
土日の違いこそあれ、ブライトエンブレムが通ったコースは非常に良い馬場状態であったこと。
次に最内と、そこから二頭分くらいの所でしょうか。
一番ボコボコしていたのはアルフレードやゴールデンナンバーが走っていたところですね。ここは雨が降ると余計大変だろうと感じました。
実際どれほど着差に影響したのかは解りませんけれど、あの新馬戦の内容は楽観的になっちゃいけないな、と思いました。

後半はだんだんと雨脚が強くなってきて、雨を含んだ際のダートの変化をより具体的に知る事ができました。
口で説明するのは難しいのですが、例えるなら良馬場のダートは砂場。海辺や公園の砂場のイメージで良いかもしれません。
これが水分を含むと適度に脚抜きの良い状態となり、更に大勢の人(馬)が歩き回っていると、踏み固められて『土』のような馬場に変化します。

砂は掻き込むように。前腕の力が必要となりますが(グレイスフルリープ型)、土の状態はある程度クッションの効くタイプ(ブロードソード型)の方が走りやすいでしょうね。水が浮く様な不良馬場になるとまた変わってくるのでしょうが…。

こいつは当たり前の事を何熱心に語っているんだ?と思われるかもしれませんが、実体験した事で脳内のイメージがより具体的なものへと変わりまして、これは今後の馬券勝負やオーナーライフに活かせる部分も多いんじゃないかなーと。
そんな確信めいた手応えを掴めた訳です、ハイ^^;
なので是非、皆さんも一度実体験されてみる事をオススメしますよ!

……とまぁ、今日はそんなたわいの無いお話でした笑。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。