管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
出来ること
2015年02月28日 (土) | 編集 |
自分が生きていく上で絶対に口にしたくない言葉。

『競馬どころじゃない』

一つはこれですね。
他人が言うぶんには構いませんが、自分がこれを口にする位なら死んだ方がマシだと思っています。

いまの僕は大切なものに対し、当たり前に打ち込める環境の中にいます。
その過程でどんなに辛い場面に直面しても、競馬によって幸せを得ていること。数度人生を救われた事。そして自分自身が今まで積み重ねてきたもの。決してそれらを忘れてはならない。

一方で一口馬主としての自分に出来る事というのは、かなり少ないです。
馬に対しても、人に対しても。

だからこそ、出来る事には全力で取り組みたいし、向き合いたい。
どんな時でも声を送ること。直接が無理なら画面越しだって良い。声が出なきゃ気持ちを示せば良い。
とにかく応援する事だけは、立場に関係なく出来ることの一つです。

何度経験しても辛い事には慣れることができません。本気で向き合えばこその辛さだってあるでしょう。
それでも自分が五体満足な身体をしているうちは、例えどんなに辛い状態・状況の中にいたとしても、彼らへの感謝の気持ちを忘れることなく、好きな誰かに精一杯の声を届けたいと思います。


◎今週の出走◎

キングスクルーザー→度々こちらの予想を超えてくれる馬。確実に強くなっている。当日は苦手の雨予報も、今の状態なら克服できるのか?それとも競馬は相手ありきだから相対的にやはりダメなのか?或いは味方に変えられるのか?
ある意味で興味深い一戦ではあります。
この馬は三勝を目標に出資したので、あと一勝でゴールなんですよね、僕としては。

クロムレック→この子はもう枠次第です。外なら勝ち負けでしょうし、内なら挽回は難しいでしょう。
前走のパドックを見るに10キロは確実に太いですから、今回に関しては阪神への輸送も好意的に捉えています。
ついでに、もう一つ注意点。当日口取りされる方々は気を付けて下さいね。長時間雨に濡れたまま放置してると熱発しますよ笑。

エーデルグランツ→現状悪い方の意味で『馬体は嘘つかない』って感じですね。募集時から背腰や胴回りの緩さは感じていましたが、完成するのは当分先なのでしょう。
元の期待値が高いだけに皆さん辛口なのは仕方ありませんけれど、今は一歩づつ鍛えていくしかないでしょうね。
それでも500万位は降級前に勝っておきたい所。
雨降るとそこで試合終了なので、なんとか13:40まで太陽ガンバレ!


みんな無事に戻ってきてね。





スポンサーサイト
引退
2015年02月28日 (土) | 編集 |
ファヴォリートの引退が決まりました。
今日はショッキングなニュースばかり耳に入ってきますね。
一日中ずっと上の空で過ごしていました。


池江師「今朝、診療所で再度検査を行った所、骨盤の腸骨に骨折線が見られ、9か月以上の診断が下りました。当初はトモの筋肉痛だと思っていたので、しっかり休ませれば復帰できると思っていたのですが、思っていたより症状が思わしくありませんでした。新馬戦の内容から先々は大きな仕事をしてくれると思っていただけに、ここで諦めるのは本当に残念で仕方ありません。会員様にもご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした」


先日の記事内でも触れたように、素人目にもどこか様子がおかしいと感じる部分はありました。
しかし、これほど大事になるとは予想しておらず、この事を知った当初は落胆より驚きの方が大きいくらいでした。

今思えば彼なりにサインを送っていたのかもしれません。
周囲の人間がそれに気づいてあげることは出来なかったのだろうか。このような事態を招く前に阻止できなかったのかと考えるほどに悔しい気持ちが溢れて止まりませんでした。
勿論スタッフの方々も日々ベストを追求しておられるだろうって事は承知のつもりですが。

普段聞かない類の骨折なので多少心配ではあるものの、幸い彼は滋賀県内で乗馬になれるとの事。
具体的な地名が出ているので本当の意味で『乗馬』なのだと思います。
まずは治療に専念して、一日も早く健康な身体を取り戻して欲しいですね。

競走馬として大成することは叶いませんでしたが、将来新たな舞台で活躍出来ることを願っています。


それにしても、蚊帳の外って立場は色々辛いですね。




調子がはっきり落ちてます。当分勝ち負けは苦しいかもしれません
2015年02月22日 (日) | 編集 |
午前中のレースで大敗すると一日中憂鬱な気分で過ごすハメになります。
ならばせめて馬券を当ててやろうと気持ちを切り換える訳ですが、その結果更に痛手を負うという…。

勝負の世界ですから、好不調の波があるのは当然。
とは言え、今週はメンタルにもおサイフにもダメージ大の週末となってしまいました。

馬券
8Rシーギリヤガール、ビリオネアの三連二頭軸(共に人気薄で1、4着)。
(↑これ泣いて良いですかマジで💢)

小倉、頭カレン 二頭目コスモ、ラングレー 三頭目9頭に流すもダコール抜け。

出資馬
ファヴォリート(二番人気)→タイムオーバー


悪い時は何をやってもダメという典型ですね。

やっぱ2月ダメだわ。
10月3週目の次にダメだわww


ファヴォリートは騎乗や適性以前の負け方で、これだけでは何とも言えません。
一つ思ったのはパドックの時点で既に後足の運びに違和感を感じたこと。
この違和感、ツアー時に感じたものと似ています。

少なくとも自分が見た中ではDVDの動きが一番良かったので、まずは最低限あの日の状態に戻して欲しいですね。
芝か砂かなんて問題はもう二の次で良いと思いました。

そして誰もがルメール、スミヨン、デムーロ兄弟のように乗れる訳ではありませんので・・・。
ダート戦で外国人騎手使うの勘弁して欲しいのですよね。
少なくとも僕にはロクな思い出がありませんよ(-""-;)




ついでにキャロの馬名ネタ。
僕の出資馬ラドラーダ13の名前はティソーナに決まりました。

それは良いとして、本題はフォルテピアノとレストレスハート。この二頭の名前。

フォルテ→アインザッツ
レストレス→レイジングハート


ちょっ、これ僕が他の馬に申し込んだ名前なんですけどwww
ってことは、少なくとも二頭は不採用確定と。そういうことですね(;´д`)

特にアインザッツは音楽系の馬に出資した際のとっておきだったんだけどナー。
今からでもキャンセル出ないかな笑?

この時期になると必ず毎年1、2頭は
『使われたッッorz』
って凹むのがデフォルトですね(^_^;)


とりあえず今夜はもうモグモグパクパク(暴飲暴食)決定です!!
ったく、お祝い用のケーキがヤケ食い用になっちまったぜ…。


追記:本日ご一緒して下さった皆様、ありがとうございました。
飛び入りで参加させて頂くような形でしたが、久し振りにお会いできた方も多く嬉しかったです^^
今日は(一部の方を除き)理想の結果にならなかったですけれど、お互い春シーズンに向けて少しずつ調子を上げていきたいですね!
次の機会もまた宜しくお願い致します。








ファヴォリート&オーバーヒート
2015年02月20日 (金) | 編集 |
回復したので再開です(・∀・)

なんとなく(あ、こりゃ近いうち熱発するな…)と感覚的にわかる体調の時ってありませんか?
しかも子供の頃から、具体的にはヤマニンアクロの年から毎年のように共同通信杯の週に熱発するジンクスがあるので、その意味でも『やっぱりかww』と思いました(^_^;)

今週の出走はファヴォリート一頭と寂しい顔触れですが、ここは彼にとって将来を占う重要な一戦となります。
前走の新馬戦は強敵ヴェネトの三着。
当初は小倉の2000で卸す予定だった所を、輸送熱再発のリスクを避けたいとの事から急遽京都のマイル戦を使う事になりました。

言い分は理解できますが、勝ち負けだけで見れば最悪の選択でしたね。
血統、馬体、実際の動き。
どれをとっても適性から大きく外れるのは明白。
その上で敢えてヴェネトにぶつけるなんて一見馬鹿げているとしか思えません。

が、これは初めから陣営も本質はダート馬と予測しており、(会員に対しても)早々に芝への見切りをつけるため。そう考える事で一応納得はしています。

僕なんかは「せっかく貴重な新馬戦のカードを無駄に使うんじゃねぇ!!」と、ついセコイ事を考えてしまうのですが、クラシック級ではないと見るや、即座にダート路線に軌道修正してくれたのでオーライとしましょう。
ブロードソードやハートランドの仕打ちに比べりゃ天国ですし、熱発に関しては人の事言えないし笑。


前走を見るに、芝でも距離とコースを変えれば3つぐらいは勝てる馬かもしれません。
けれど、僕とて1000万条件に勝ちたくてこの馬に出資したのではなく、もっと高い次元を期待して選んだつもりです。

ですから、今回は言わば器の大きさを見るレース。
『ここは絶対に負けられない。完勝してくれないと困る!』ぐらいの気持ちで、ファヴォリートを応援したいと思います。
熱が下がったのは良いですが、熱が入らない週末では退屈です。

ちなみにファヴォリート、先週14日に誕生日を迎えました。
僕もクロムの優勝と彼の誕生日を祝い、ケーキを作ってみました。
(ザッハトルテなので京都よりも中京向きのような気もしますが…w)

ケーキはあと一切れ分だけ残してあります。
それはもちろん、勝った瞬間にモグモグパクパクする予定ですv(・∀・*)






熱発中につき・・・
2015年02月16日 (月) | 編集 |
もう二、三日更新をお休みさせて頂きます。
雨の中口取りしたのが堪えたのかもしれません^^;






超難関でした(´・ω・`)
2015年02月04日 (水) | 編集 |
ブラエンを獲得できる可能性を分析してみました。
かつての一番人気ワールドインパクトの応募総数が900口前後。
その後の会員増・実績制を考慮して、大雑把にみて二倍の1800口が入ったものとします。

その内、クラブのやり方に嫌気がさした方。
投資の観点から一口申し込みでは満足できない方。
そもそも本当は欲しくなかった方。所謂エア実績票。
朝日杯を見てブラエンの繁殖Pを下方修正された方(一次は札幌2歳直後)。
そういった方々が3分の1居ると仮定した場合…。

1800(仮総数)-472(完売数)-600(仮辞退数)÷28(口数)=約3%です。
少しボーダーの低かった50口のパーシスでも10%未満。
シーザバッドガール辺りで良くて15%前後といった所でしょう。
勿論、実際には多少誤差があるのでしょうけども・・・

うん、やっぱ無理っぽいわ(・▽・;)
口数の多さに惑わされそうだけど狭き門である事に変わりませんね。


僕は結局三頭の名前を書いて申し込みました。
ブラエン以外の二頭は一次で申し込めば実績で取れていた馬達です。
片方は100口募集のローズバドに出資する為やむなく断念した馬ですが、もう一頭は当時候補にさえ入れておりませんでした。

つまり、それだけ坂路の動きに目を見張るものがあった。という事です。
もし今の動きを当時知ることが出来ていたなら、迷わず一次で出資していました。

例えばキャロのヒルダズパッション。或いはナイキフェイバー。
去年であればブライトエンブレム、プルーヴダモール。
友人の出資馬スノーストームも素晴らしい動きを見せていた記憶があります。
今回の申し込み馬は彼らと同等かそれ以上に見えました。

坂路のフォームが必ずしも競走成績に直結する訳では無いですけれど、ひとつの指標にはなると思います。
これが出来る以上、後出しする方が圧倒的に有利ですし、逆にグラツィオーソやクリティカルヒットのような事故防止にも繋がるのです。
みんな分かっている筈なのに、キャロもシルクも最早それを許してくれません。
全く以って残念ですよね。

こういう中から掘り出し物を探すのも楽しそうなんですけどねー。

※追記:もう一頭追加しました。
肉質と配合以外は完璧な超人気牝馬です。



一次募集より倍率低いかもね?
2015年02月01日 (日) | 編集 |

シルクのキャンセル募集馬が発表されました。
これは皆さんにも是非見て頂きたいと思います。


◆再募集馬一覧(募集馬名 口数)◆

 1. コケレールの13      4口
 5. パーフェクトマッチの13  2口
 7. ブラックエンブレムの13 28口
 10. ジェイズミラクルの13   1口
 14. プリティカリーナの13   7口
 20. ゲルニカの13      15口
 26. ストーリーテリングの13  9口
 27. アコースティクスの13  20口
 28. パーシステントリーの13 50口
 29. ラフィエスタの13    34口
 32. シャルマンレーヌの13   1口
 33. ユキチャンの13     41口
 34. シルクプリマドンナの13 38口
 35. ダイワオンディーヌの13  4口
 36. スペリオルパールの13  12口
 37. クラウンピースの13   45口
 39. ペンカナプリンセスの13 36口
 40. ディアジーナの13    32口
 42. アドマイヤテレサの13   3口
 43. シーザバッドガールの13 42口
 46. ジュメイラジョアンの13 18口
 48. ディフィカルトの13   18口
 49. ラッシュラッシーズの13  1口
 51. タイタンクイーンの13   4口
 103.ローズバドの13      7口
 104.ディクシージャズの13   1口


誰が見ても異常な状況ですよね。
ただ、事の発端は大体把握してましたし、こうなるであろう事も予想できました。
今更コメントする事はありません。
個人的には願ってもないチャンスなので最大限利用させて貰うだけです。

この状況を見てシルクが今年どのような結論を出すのか注目したいと思います。