管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不器用ですから・・・
2015年11月24日 (火) | 編集 |
アグレアーブルの重賞初挑戦は7着に終わりました。
着順だけ見ると期待外れの結果も、内容的には悲観するものではないと思います。
と言うよりトレーナーの言葉通り、これで見限るには早いなと感じました。

前走の事が念頭にあったのでしょうが、出していった際に少し掛かりましたね。それを引っ張る形で抑えたのが一つ。自分のリズムで走れず脚を溜め切れませんでした。

更に大跳びで小脚が使えないタイプ。直線で狭い所を割って来れるような馬ではないのでしょう。重賞級のキレは持っていないようなので、新馬戦のように外からエンジンを徐々にふかしていく形で乗るべきでした。これは結果論ですがね。
※状況次第では33秒台の脚を使える筈ですが、一瞬の切れによるものではない。

内で囲まれては走りが窮屈になり良さが活きない上、ストレスも溜まってしまうのかもしれません。
こういうタイプは得てして不利を受けやすかったり、リズムを崩されると脆い事が多いですね。
レース後、鼻出血も発症していたとの事で、そういったアクシデントの影響も少なからずあったのでしょうか。

力負けというより適性と経験の差だと思いましたが、いずれにせよ不利・不得手をはね除けて勝つほど抜けた力は現状持ち合わせていないって事ですね。
軽度とはいえ鼻出血ですから二ヶ月程ケアに使った方が良いでしょう。となると復帰は早くて東京の終わりか中山の開幕週。
フラワーCから。という事でも一向に構わないと思います。

・距離延長
・外枠
・広いコース
・平均ペース
・パワーを要する馬場

好走パターンはこんな所でしょうかね。
フラワーC→フローラSは適性的にもマッチしそうですし、ここで権利を獲れないようではオークスに行った所で結果は見えてますから中途半端な事はせず、腹をくくって欲しいですね。


レースは前走ブラックスピネルに負けたスマートオーディンが完勝し、阪神18ではスピネルよりも遥かに強かったロスカボスが着外という結果。
条件、状態一つで結果は簡単に変わるものです。
どんな条件でも強い、勝てる。なんて馬は本当にごく一握りの例外的存在です。
例えオルフェやゴルシのような怪物だって負けるときはアッサリ負けるのですから、アグレアーブルとロスカボスに限らず一回負けた位で器がどうこう言うのはナンセンスだと思いますね。







スポンサーサイト
東スポ杯二歳S
2015年11月23日 (月) | 編集 |
いよいよ重賞挑戦。アグレアーブルです。
先週辺りからずっと情緒不安定でした(僕がね)。
次世代のエースになれるでしょうか?


東京11R東京スポーツ杯二歳S
2枠2番アグレアーブル 54 岩田 ▲(単穴)

よりによって今年一番粒の揃ったレースにぶつけてきました。
この決定自体は規定路線ですが、今週は牝馬限定戦の赤松賞もあったのですから負けたら当然叩かれるだろうなと。
裏を返せばそれだけ自信があるのでしょう。
僕の中では勝てるとまでは言えませんが、好勝負になるだろうとは思っています。

前走だけで見るならキラージョーの方が中身は優秀で、持久戦になればレインボーラインが上昇し、トップスピードの持続性という面ではスマートオーディン、一瞬の切れならハレルヤボーイ。総合力なら現時点でロスカボスには敵わないでしょう。

つまり、どの角度から見てもアグレアーブルが最上位に立つ要素がありません。
だから前走と同じパフォーマンスでは絶対に勝てない。
ライバル陣営にも注目されているらしく、こんな身分でありながら楽な競馬はさせてもらえないでしょう。
勝利するにはアグレアーブル自身の成長に賭けるしかないのです。

敢えて多くは語りませんが、一応その手応えは掴んでいます。出資者の方々も同様でしょう。
あとは実戦でそれを活かせるか…。
僅かなロスが致命傷となりかねない展開が予想されるので、あらゆる面で高いものが要求される一戦になりそうです。


そしてもし本当に今日勝つような事があれば・・・来年春のスケジュールは全てアグレアーブルのローテを基準に決めていかねばなりませんね。



砂→砂→芝(!?)→砂 四頭出しです
2015年11月14日 (土) | 編集 |
今週は豪華四本立てとなります。

ディライトクライ(土)→京都ダート18(デビュー戦)
ブロードソード(土)→枚方特別(脚抜きの良いダ14)
トータルヒート(土)→三鷹特別(新馬戦以来の芝)
ヴァージナル(日)→福島ダート17(1年ぶり二戦目)

いずれも下級条件戦で盛り上がりに欠けますが、各々今後に向けて重要な一戦となるので仮に勝てずとも収穫の多いレースにして欲しいと思っています。


この中でディライトクライ。
他3頭と比べて特に自信がある、という訳ではないのですが、今回は新馬である彼を個別に取り上げます。

この世代デビューしているのはティソーナとアグレアーブルの二頭でいずれも勝ち上がりを決めています。
そして上記二頭に次ぐ評価をしているのがこのディライトクライですから、是非とも世代の三本柱となって欲しいですね。
下位指名とは言え、ディライトクライとジュメイラリーフは結構自信があったのでねー。

ドラフト段階では適性が読みづらく、将来のヴィジョンがまるで見えてこなかったのですが、最近になってなんとなく掴めてきたような気がします。
捌きが硬く、走りもパワータイプ。芝ではキレ負けしそうなんですよね。距離は保ちそうです。

先週のアルゼンチン共和国杯みたいな条件なら合うと思いますが、新馬戦に限っては砂で正解でしょう。
芝が全くダメという事はないと思いますが、より適性が高いのはダートの方っぽいですし、なにより京都の芝が合いません。これだけは自信を持って言えます。

あのラヴェリータの子も出てくるようですが、なんとか打ち負かして欲しいと思います。
こういう六番打者タイプの馬は出資の段階から星勘定に入れてますし、手堅く早めに勝っておきたいものです(`・ω・´)シャキーン




出資馬ブラックエンブレムの14
2015年11月13日 (金) | 編集 |
シルク出資馬のトリを務めるのは勿論この馬。
ブラックエンブレムの14です。


ゲン担ぎの為、ドラフト前は髪から靴下まで全部黒にしてみたり、番号を選択する際は常に二番を選んだり、コーヒー(そもそも好きではない)はブラックのまま飲むことにしたり、五輪エンブレム関連の記事を読むたびにニヤリとしたり。
そんな日頃の行いが報われた(?)のか奇跡が起きました。

ブラックエンブレムの子に出資できるのはきっと今年が最後でしょう。
それだけに、この子で大レースを勝ちたい気持ちは強いですよ。

馬体や配合についてはもう今更触れる必要はなさそうだし、懸念材料も大体皆さんの考える所と似たようなものだと思うので割愛。
そのかわりと言ってはなんですが、自分が最大の武器であると期待する要素を取り上げることにします。


こんな辺境の地に来られる熱心な方々であれば『Xファクター』という単語を一度くらいは聞いたことがあると思います。
詳しい内容は『サラblood』を読んで頂くとして(僕もちゃんと把握している訳ではないのでw)、その中にある要点を一部簡単にまとめると、

・競走馬にはXとYの2種類の染色体がある。

・牡馬はXとYを1本ずつ持つ。
牝馬はY染色体を持たず、X染色体を2本持つ。

・繁殖牝馬は2つのX染色体を持ち、1つは自身の父側。もう一つは母側から受け継いでいる。
繁殖牝馬がどちらのXを産駒に伝えるかはわからないけれど、母馬は産駒にX染色体しか伝えない。

・ウインドインハーヘアはダブルコピー牝馬である可能性が高い。

そして最後に僕個人の推測ですが、
『ブラックエンブレムもダブルコピー牝馬の可能性が高い』

これはウォーエンブレム産駒の成績が牝馬に偏っている事。
ブラックエンブレム自身の胸が非常に深く、高い心肺機能を備えていると予想できる事。
そして兄ブライトエンブレムの強心臓ぶり。

ここまで条件が揃えば嫌でも予想できます。

ということは『ディープ(ウインドインハーヘア)×ブラックエンブレムの組み合わせは牝馬の方が成功する可能性が高い!』
という仮説も成り立つだろうと。

実際14も深い胸をしてます。
僕も思わずネーチャン良い胸しとるやんけグヘヘヘ(ジュルリ)とイヤラシイ熱い視線を向けつつニヤニヤしてた訳です。
・・・だってそういう身体をしている方がいけないのです。しょうがないじゃん。
僕は悪クナイヨー(´・∀・`)

心臓の大きさが成績に反映するとは限りませんが、長所の一つには違いないと思います。


この血統の成長曲線は把握しているつもりなので、この先おおよその見当は付きます。
その面でもまずまず良い流れで来ていると思っていますよ。

今年は珍しく牝馬に偏ってますが、ここまで来たらいっそハーレムを建設したいですね。
その中でもエース格になり得る素材ですし、とにかく無事を願うばかりです。


最後に、気の早い話ですがコジシゲ先生。
二歳G1をぶっつけで使おうとするのだけはホントに止めて下さい(-""-;)





キレてないっすよ(確信)
2015年11月05日 (木) | 編集 |
先週のティソーナは見事優勝。
どうぞどうぞ、と押し出されるように先頭に立ち、そのままマイペースに持ち込んでの逃げ切り勝ちでした。
ルメール様の作ったラップも見事でしたね。

当日は比較的外差しの決まる馬場。加えてこの時期のマイル戦で逃げ切る事は決して容易ではありません。それが例えスローペースだとしてもです。
着差以上に価値のある内容で、これなら昇級後もすぐ通用するでしょう。

ですが、更に高い次元で言わせて貰えば「まだまだ力不足」なんでしょうね。
あのペースなら最後まで加速ラップを刻む位の力が無いと重賞級とは言えない。
予想できた事ですが、やはり『切れ』が足りませんしサーアイヴァー的な『斬れ』も一級線のソレには遠く及びません。

今後どのように成長するかは分からないし、覚醒することを期待しますが、少なくとも広いコースのマイル戦では器が見えたように感じました。
メインレースのメジャーエンブレムや去年のダノンプラチナなんて本当に強かったですからね。
芝の二歳重賞を狙うならあの位のパフォーマンスを見せないと。

まぁ、今回は好んでハナを切った訳でもないし、メイチに仕上げてもいませんから、理想的なプロセスとレース運びをした時にどこまで走れるか。
完全に見極めるにはもう一戦見ておきたい気持ちもあります。
そういう意味では同条件のベゴニア賞を使って欲しいです。

そして勝ちにこだわるなら1400のからまつ賞を使うのも一手ですね。
ここでルグランフリソンに勝てないようではどのみち朝日杯なんて言えませんから、その時は潔くジュニアカップに矛先を変えたら良いと思います。


話は変わりますが二着のピュアブリリアン。
ダメジャー産駒のお手本とも言えるような配合ですね。
この世代でティソーナより確実に上と思える配合馬はモーゼス、ヒルトンヘッド、アストラエンブレム、フェザリータッチ、そしてピュアブリリアン。
アストラとモーゼスは上でもやれるし、ブリリアンも遠からず勝てるでしょう。
ニックス組の打率凄いですよね。
やっぱりダメジャーはドローン(サーゲイ)に限るという事を再認識しました(・∀・)

そういえば近頃ニュースとかでドローンって単語を良く耳にしますが、その度に反応しちゃうの僕だけですかね笑?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。