管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルク募集馬診断 関東馬編
2016年09月29日 (木) | 編集 |
当初の予想以上に難航しておりますw
絶対に欲しい馬が一頭、申込みが確定している馬は二頭。
あと候補が5頭ほど。

これがキャロだったら最優先と一般二頭で決まりなのですが、シルクの場合は実績制という事もあり、何頭かは置きにいく、という選択も必要になります。
なのでキャロより若干基準が甘くなっている自覚はあります。でもそういった馬が期待以上に走ってくれる事もあるので、やはり買えるに越したことはないですね。

あとピラミマはピラミマじゃなくって最早ピラニアですよねー(´∀`;)
2500口ぐらい申込み入りそうです…。


※後日諸々追記&修正します。


モシーンの15
馬体:B+ 母P:B+ 厩舎力B- 配合:A+ 動画:B
この配合であれば、ハープスターやミッキーアイルのような馬体を期待しましたが、意外と中距離までこなせるタイプかもしれませんね。
冷静に考えたらハープスターが2500MのG1を楽勝できる筈もなく、モシーンも真性マイラーではなかったのでしょう。
ただ臆病で神経質なメンタルの持ち主だったので、産駒もそういった面を抱えている可能性は考慮すべきでしょう。トレセンでの訓練以上に育成段階での扱い方が重要になるかもしれませんね。

プリティカリーナの15
馬体:B 母P:B+ 厩舎力C 配合:B 動画:B
厩舎に目を瞑れば買いの要素も多い馬です。
肉の質がハーツ産駒に求めるそれと若干ズレる為、即決は出来ませんが、馬体的には姉と比べても大きく見劣りすることはないと思っています。
ただアグレも良い馬でしたが、自信が確信に変わったのは坂路調教を見てからでした。
元々体質に難のある一族でもあり、どちらかといえば待てる方向けです。

ラトーナの15
馬体:B- 母P:B- 厩舎力B 配合:B+ 動画:B-
ステゴのプチ黄金配合。未完の大器である母のポテンシャルにも期待が持てます。
が、どう考えても気性が心配になる組み合わせでもあります。
左前足も悪い意味でダンシリなので、リスクを承知の上ならば攻める価値もある馬かなと。


ブラックエンブレムの15
馬体:B- 母P:A 厩舎力B- 配合:C 動画:B+
配合もサイズも懸念しかありません。
ただ母のポテンシャルが全てを覆してしまうかもしれないし、実際に馬体の造りと動きには惹かれるものがあります。
ミスプロ持ちのステゴは例えどんなに良く見える馬でも僕は出資しません。こうやって取り上げる事もありません。
しかし本馬は『オルフェーヴル』で『牝馬』ですからね。何から何まで同列に扱って良いものだろうかと自分でも頭を抱えている所です。

サマーハの15
馬体:B 母P:B+ 厩舎力B 配合:B- 動画:B-
少し重たそうな筋肉に映るものの、調教を積んで変わって来るでしょう。
母はかなりポテンシャルの高い繁殖だと思いますが、今まで見た産駒ではシャケトラがぶっちぎりのNo.1だと思っています。
血統構成はレジェンドセラーと似ていますが、あの馬は配合より造りの良さで走っている印象なだけにあまり強調できるものではないかも。
この馬も見所があるのは承知の上ですが、母の最高傑作かと聞かれると正直そこまでの自信はないですね。

ユキチャンの15
馬体:B- 母P:B- 厩舎力B+ 配合:B- 動画:B-
手塚さんなら大丈夫でしょう。
半姉よりは馬体の出来も配合も上ではないでしょうか。

フサイチパンドラの15
馬体:B 母P:B 厩舎力B 配合:B- 動画:A
性転換できるなら確実に出資対象になるのに勿体ないですね。
しかし手先の軽い動きで、あまりこの配合っぽさは見られません。その点はきっと良い事だと思いますね。
これまでの産駒は母のポテンシャル以前に、配合相手と性別が悪かった。で全て説明できます。
今回もメスですが、その中では馬体も配合も動きもベストなんじゃないかと。
あとは気性的に問題がなければ、そこそこ活躍できるのでは。

メジロフランシスの15
馬体:B 母P:B 厩舎力:AA 配合:A 動画:B
兄と比べると馬体は二枚落ちすると思います。
けれど最初から堀厩舎が管理してくれますし、配合は言うまでもなくニックスで、兄の経験を元に番組選びをミスる心配もまずありませんから。
値段相応の活躍ができるかは不明も、周囲の環境はこれ以上ないって程に整っているかなと。

シルクユニバーサルの15
馬体:B- 母P:B- 厩舎力C+ 配合:A 動画:B-
ゴールドアリュール×ブライアンズタイム(ロベルト)は言わずと知れたニックス。それに倣う形の本馬もダートで上を目指せる好配合かと。
スマートファルコンの子はGアリュールと異なりどう見てもダート一本という造りの子が多いですね。
動きや筋肉に硬さと重厚さを感じますが、地方交流戦まで視野に入れるのなら、そういった要素は特にマイナスに捉える必要もないと思いますね。



スポンサーサイト
都市伝説
2016年09月25日 (日) | 編集 |
今回は息抜き回。雑談です。
※シルク関連の記事は28日頃を目安にUPします。

今日シルクからマイナンバーの提供依頼書が再送されてきました。
これ、出したくないという方も多いようですが、僕としては知られて困る個人情報なんて一つもないので、クラブが必要だと言うのなら今すぐにでも出せるのです。心情的には。
仮に流失して困るのは口座番号くらいですかねえ。あ、でも一口生活は全く儲かってないし残金もギリギリですからそれさえも大して問題じゃないのかもw
実際のところ身分証をコピーしにコンビニ行くのが面倒くさい。とか、わざわざ記入するのがダルい。
なんて考えてるうちに明細と一緒に棄てちゃったんですよね、多分。

しかし、最近とある噂を耳にしまして。それが
『マイナンバーを未提出のままだとドラフトの当選確率が落ちる』
というもの。
だとしたら大変です。今すぐ郵便局に行かないとw

まぁ、実際のところは全く信じちゃいませんし、馬鹿げた話だと思っています。
これが事実だとしたら色々と問題になりますし。

ただ、こういう都市伝説みたいな話って良く聞くなあ、と。
他にも色々あったので纏めてみました。

・口取りに当たると次回の当選率が下がる
・分割より一括の方が当選し易い
・一頭だけで申し込んだ方が当選し易い
・入会翌年の抽選は外れ易い
・公平を謳っているが、明らかに新規の方が当選し易い(某クラブ)

一つだけ明らかに都市伝説ではない気もしますが。


マイナンバーよりはずっと信憑性があると言うか、納得できるものが多いですよね。
口取りなんかは本当にそんな気もしますね。感覚的にですが。
自分名義で出資したのはブレイクランアウト世代が初。
なので07産が二世代目となるのですが、当時の抽選結果は以下の通り。

カドデュソレイユ&クラウドバスター→×
ヴァルガリス&アルメーリヒ(無抽選)→○
記憶ではヴァルガリスの抽選はさほど厳しくなかった筈。

抽選確率の部分は後で色々と試してみました。
エピファネイアとプレザントライフは一括で落選。
エーデルグランツは一括で当選。
ワーパク、ティソーナは分割にしたけど当選。
トゥザクラウンは一括、分割、二年目の友人が一括と試して全部ダメでした^^;
今年はフォルテピアノとラドラーダを分割。ディアデラを一括にしてみましたが全滅。
アストラエンブレムは支払い方法以前の問題でしょうが一括でした。

そもそも支払い方法は途中で変更できるそうですし、自分のケースでみるとあまり関係無さそうですが・・・どうなんでしょうねえ?

とりあえず、シルクのマイナンバーは忘れないうちに提出しておきましょうかね笑。




キャロドラフト2016
2016年09月19日 (月) | 編集 |
遅くなりましたがドラフト結果のご報告。
各馬毎の詳細はまた後日。

ヒルダズパッション ○
カドリーユ ○
トゥザ キャンセル早め

他は全滅でした。

今年のドラフトは例えるなら高校受験の時を思い出しましたよ。
緊張の度合いとか本番に賭ける想いの強さは比較になりませんが(勿論、今回の方が上ですw)、合格発表までのじれったさとかプレッシャーみたいな感覚が良く似ていたと思います(^_^;)

ヒルダの合否が全てと言っても過言ではありませんでしたからね。
なので今回の結果にはものすごく満足しております。
知り合いの殆どがこの馬に申し込んでいたのを知っていますし、それぞれ悲喜交々あると思いますが、幸運にもご一緒できる方は宜しくお願い致します。

ご縁が無かった方々には応援して下さいなんて言えないし言いません。
ただ、また他の機会にご一緒できた際は、共に盛り上がりたいと、そう思っています。

シルクは明後日ぐらいから少しずつ見ていくつもりです。
こちらは全5~6頭になりそうでしょうか。

とりあえず今は身も心も一旦休ませたいと思います(^_^;)



キャロット申込み
2016年09月09日 (金) | 編集 |
日曜まで多忙なので手短に。

最優先×2ヒルダズパッション
一般ラドラーダ、フォルテピアノ、リッチダンサー、カドリーユ、ディアデラ
別名義枠トゥザヴィクトリー


以上!








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。