管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
ファヴォリート&オーバーヒート
2015年02月20日 (金) | 編集 |
回復したので再開です(・∀・)

なんとなく(あ、こりゃ近いうち熱発するな…)と感覚的にわかる体調の時ってありませんか?
しかも子供の頃から、具体的にはヤマニンアクロの年から毎年のように共同通信杯の週に熱発するジンクスがあるので、その意味でも『やっぱりかww』と思いました(^_^;)

今週の出走はファヴォリート一頭と寂しい顔触れですが、ここは彼にとって将来を占う重要な一戦となります。
前走の新馬戦は強敵ヴェネトの三着。
当初は小倉の2000で卸す予定だった所を、輸送熱再発のリスクを避けたいとの事から急遽京都のマイル戦を使う事になりました。

言い分は理解できますが、勝ち負けだけで見れば最悪の選択でしたね。
血統、馬体、実際の動き。
どれをとっても適性から大きく外れるのは明白。
その上で敢えてヴェネトにぶつけるなんて一見馬鹿げているとしか思えません。

が、これは初めから陣営も本質はダート馬と予測しており、(会員に対しても)早々に芝への見切りをつけるため。そう考える事で一応納得はしています。

僕なんかは「せっかく貴重な新馬戦のカードを無駄に使うんじゃねぇ!!」と、ついセコイ事を考えてしまうのですが、クラシック級ではないと見るや、即座にダート路線に軌道修正してくれたのでオーライとしましょう。
ブロードソードやハートランドの仕打ちに比べりゃ天国ですし、熱発に関しては人の事言えないし笑。


前走を見るに、芝でも距離とコースを変えれば3つぐらいは勝てる馬かもしれません。
けれど、僕とて1000万条件に勝ちたくてこの馬に出資したのではなく、もっと高い次元を期待して選んだつもりです。

ですから、今回は言わば器の大きさを見るレース。
『ここは絶対に負けられない。完勝してくれないと困る!』ぐらいの気持ちで、ファヴォリートを応援したいと思います。
熱が下がったのは良いですが、熱が入らない週末では退屈です。

ちなみにファヴォリート、先週14日に誕生日を迎えました。
僕もクロムの優勝と彼の誕生日を祝い、ケーキを作ってみました。
(ザッハトルテなので京都よりも中京向きのような気もしますが…w)

ケーキはあと一切れ分だけ残してあります。
それはもちろん、勝った瞬間にモグモグパクパクする予定ですv(・∀・*)





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する