管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週を振り返って
2015年03月05日 (木) | 編集 |
先週は小倉でキングスクルーザーが勝利。
これで三勝目。出資時のノルマを見事クリアしてくれました。

スーパー未勝利、降級前の激走。
そして今回の苦手条件克服と、勝つ時はいつも期待以上の走りを見せてくれます。
藤懸さんも完全に手の内に入れてますね。頼もしい位です。
ゴール後に彼が見せたガッツポーズは印象的でした。
この馬に関しては今後もずっと彼にお任せする方針で宜しいのではないでしょうか。

成績だけを見れば地味な存在ですが、キングスクルーザーは自分がこれまで出資した中で最も強く『成長』を実感させてくれる愛馬です。
これは見ていて本当に楽しい。
後は少しでも上を目指しながら元気に走って貰えれば、もう何も言う事はありません。

よし、もう一つ勝ったら豪華客船の旅に出掛けるとしよう(・∀・)


グランツは位置取りに尽きますね。
本当はもう一列前。勝ち馬の位置で競馬をしなければいけませんでした。
なんか最近丹内が上手くなってる気がするのは気のせいだろうか(^_^;)?

クロムレックは馬場が少し特殊過ぎたでしょうか。
ああいう状態になるとリバーソウルが強い事は予測できたのですが、欲を言えば後ろの二頭は抑えて欲しかったですね。
中身が違うとは言え、過去のレースでも残り100Mで失速するシーンが多いので1200を使ってみるのも一手かもしれません。


そして今週はエースの登場。来週もグランシルクの復帰戦と春の大舞台に向けて重要な一戦が続きます。
黄梅賞は一見小粒なメンバー構成も、エイブルボスが少し強いので馬場状態も含め来週の方が確実でしょう。
次負けたらマイルCはおろかNZTにも出られませんので、必勝態勢で臨む必要があります。

弥生賞は底の見えないシャイニングレイ以外には負けたくないですね。
皐月賞では更に強敵が加わってきますから、ここは悪くても連対を果たす位でないと本番も厳しいと見ています。







スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。