管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一章:背中と腰と腹(前編)
2008年01月20日 (日) | 編集 |
それでは予告通り、本日から馬体チェックを行っていきたいと思います。
第一章は馬の背中と腰と腹部についての解説です。


正直、人にものを伝えるのはあまり得意ではないのですが、とにかくやれるだけやってみますね!



その1、長躯短背


背腰や腹は、形と長さを見ます。
重要なのは長躯短背(ちょうくたんぱい)であること。これに尽きます。

一般的に、背は短距離馬だと短め(胴が詰まっている)長距離馬だと長め(胴が長い)と言われています。
長く競馬を見ている人なら、一度はこれについて聞いたことがあるでしょう。
しかし、『走る馬』というのは単純に胴が長い短いというのではなく、背のラインに対して腹のラインが長く映ることが多いのです。
背や胴の長さ云々ではなく、そのラインの長さの比率が重要となります。

※具体的な腰や背の位置がわからない、と仰られる方は骨格名称表をご覧下さい。

ではその理想の比率はと言いますと、
背(キ甲の下がった所から腰までの間)と腰(腰椎)と腹袋の割合が1:2:4になっていることです。
こういう造りをしている馬は、短距離馬だろうと長距離馬だろうと皆期待が持てると思います。
このことは馬は友達(ラインナイブス様宅)でも同様のことが述べられていますので、お時間のあるかたは是非足をお運び下さい。

まぁ、この比率を完全に満たしている馬なんてそう簡単には見つからないでしょうが、あの某三冠馬もやはり長躯短背の造りをしていたんですね。

ディープ1


ちなみに、一番最悪なのは腰や腹袋と比較して背中が長いことです。
この場合の背中が長いというのは、き甲の位置が悪いか、トモに長さが足りないかのどちらかになります。
その上、次に説明する背タレの原因にも繋がってくるので良い所がまったく見当たりませんね。百害あって一理なしです。

※長距離馬の胴が長いというのは、体長に対して胴が長いという意味です。無意味に背が長いのではありません。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。