管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆らえない一族
2015年04月10日 (金) | 編集 |
12月はいたって健康な状態だったのにインフルエンザ関連の猛勉強。
先週は骨折時の治療法や病院情報をひたすら調べていました。
『おお神よ、私めが身代わりとなっても構いませぬ。どうか田辺の身体を救いたまえェェ!!!』
なんて結構本気で祈ってまして。
祈りが通じたのかはさておき、ご無事で安心しました(^_^;)

しかし、かつてここまで他人の身体を案じた事があっただろうか?
オレはどんだけ田辺が好きなのかww

『動けなくなっても良い、足が折れたって良い、やっと掴んだチャンスなんだ!』

まさにこんな心境ですね(・∀・)

真面目な話、田辺かデムーロ以外の騎手を乗せても勝機はないと思うんですよ。
明らかな鞍上強化でもない限り、本番前にコロコロ騎手を替えるような陣営に勝ち目はないでしょう。
クラシックはそんなに甘くありません。


話は変わりますが先週のレーヴミストラル。強かったですね。
この馬は黙っていても活躍すると宣言してきたんですが、友人やお仲間さん、話す人殆どに「全然良く見えない」と否定されてきたんですよね(^_^;)
今だから言えますが。

皆様の言い分も理解できます。見た目なら僕もそう思いかけたクチです。
が、僕の中で絶対の真理と言いますか、教訓があるのですね。

『レーヴとハイジには逆らうな』

「良く見えない」程度なら、ほぼ『強い馬確定』ですからあの一家は。
どんな相手を付けようが外回りコースでグイグイ脚を伸ばしてくるので、マツパクとも合ってますね。
キンカメは割と配合に素直なので、やはりミストラルも東京や京都外回りでしなやかに伸びてくるタイプ。
阪神2400はスウィートスポットから少しズレると思いますし、そこで楽勝したことは素直に評価するべきだろうなと。

しかもミストラルは馬体や血統から受ける印象以上にクラシックディスタンスへの適性が高そうで、ダービーはもちろん菊花賞でも期待が持てるでしょう。古馬になってからも府中・京都の22~25の重賞を勝つと予想します。

ドスカーの血統構成はしなやか過ぎる程なので、ディープよりもキンカメ、ロブロイみたいな種馬の方が確実性は高かったんだろな~、と思います。
寧ろキンカメはベストかも。

レーヴ一族はあれだけ大活躍しているのに、種馬になった産駒は皆無。
あれだけ不幸が続くと一競馬ファンとしても報われて欲しいと感じるものです。

ミストラルには僕の馬が居ない所で(←重要ポイント)G1を勝って、一族の悲願を遂げて貰いたいですね。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
グランシルクすごい出来だっただけに出遅れは残念でした><
でも、一先ずNHKマイルの出走権利おめでとうございます!

話変わってミストラル!みんなによくみえないって言われてたんですね(^^;
まぁ自分も血統や馬体みて毎日杯からNHKマイルとマイル路線にいってくれたらな〜と思っていたのですが、、、牧場見学にいったときにクラシックディスタンスが一番合うと言われたので(リップサービスかもですが)楽しみにしています♪
父も母も好きな馬だし出資できたことに先ずは感謝(^o^)
そしてこの一族はホントに無事に!更に大きいところを取って種牡馬になれたら感動です!!
松博先生にとってもラストダービーなのに焦らず休養挟んでくれたことに感謝!!!
2015/04/11(土) 17:25:50 | URL | スズカ #-[ 編集]
スズカさんへ
スズカさん、ありがとうございます。
スタート直後は「フー…5月10日仕事でも入れようかなぁ~」なんて意識が脳裏を過りました笑。
レース後の痛みも無くとりあえず一安心です(^_^;)
中山>東京は確実で本番も一雨欲しいところですが、こちらの想像以上に強い事もわかったので、少なからず期待を抱いてのG1挑戦となりそうです。
この馬でマイルカップを勝てるなら、僕はもう何も思い残す事はありません。

レーヴの子は全般的にそうなんですよね。ハッキリと見映えが良かったのはアプレザンぐらいだと思っています。
ただ、それもあまり関係なかったと言いますか、余程の難題が無ければ自然に走ってくれるので…(´▽`;)

牧場の方々がそのように言われるなら性格的な部分か、或いは我々には公開されていない数値や検査結果がそうだったのかもしれませんね。
僕もキンカメの分、距離は多少短めにシフトすると見ていたのですが、レーヴドリアンもスタミナ豊富だったように母の力なのでしょうか?

馬体で言えばドゥラメンテの方がどう見てもクラシックディスタンス向きなんですが、逆に向こうは性格がマイラーですし(^_^;)
同世代同士なら相対的に優位に立てるでしょうし、真性のステイヤーが菊花賞に間に合うケースは稀なので、そういった観点からも寧ろ菊花賞が一番面白そうなんですよね。
2015/04/16(木) 11:19:56 | URL | ティア #-[ 編集]
ついにやりました!
青葉賞制覇と共に重賞口取り!!
これで夢の舞台に立つことができます(^o^)
あとは強者達にどこまで迫れるか!!!
月末の楽しみが増えました♪

今週はNHKマイルですね!!
グランシルク期待してます!(^^)

あと、アプレザンレーヴの見た目はボリクリ補正が、、、(^^;
あの種牡馬は見方がよくわかりません><
2015/05/04(月) 20:24:03 | URL | スズカ #-[ 編集]
スズカさんへ
長らく更新せず申し訳ありません^^;
大変遅くなりましたが、青葉賞制覇おめでとうございます!
去年自分が取りこぼしたレースでもあり、羨ましかったです笑。

これで単なる挑戦者ではなく、有力候補の一角として本番に挑戦することになりますね。
期待、プレッシャー。様々な思いが交錯しているかと存じますが、悔いの残らぬよう全力で祭典に参加してきて下さいね^^

こちらは結果こそ残念でしたが秋、そして来年以降も期待が持てる内容だったのでまた気を引き締めて再チャレンジしていくつもりです。
ダービーでも共に戦いたかった気持ちは確かにあります。が、今回はその思いも含め皆さんに託します。
何とぞドゥラメンテの二冠を阻止してやってください笑。

ボリさんも逆ニックスさえ気をつければ案外と見た目通り走ってくれるんですけどね^^;
ただ、エピにせよ兄貴にせよ切れの限界があるので、ステゴ、ディープ全盛の馬場にはフィットしづらい面があるのは確かですねi-230
2015/05/20(水) 22:19:20 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。