管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな可能性
2015年04月21日 (火) | 編集 |
今まで挑戦したG1の中で最も悔いの無いレースでした。
負けた事自体はもちろん悔しいですけれど、こう乗って欲しい、こう乗り越えて欲しい、そう願っていた通りの走りが出来て、その上で前に三頭が居たのなら、それはもう仕方のないことですね。

上の二頭はG1を複数勝てる馬。
ブラックはG2を沢山勝てそう。
ブライトは上手くいけばG1に届くかもしれない。
不利のあったサトノクラウン、ダノンプラチナを含んだ6頭はかなり高いレベルにあるように思います。

今回ブライト自身は大幅に時計を詰めてますし、スタートも普通に切り、馬群の中でレースを進め、結果的に高速馬場にも一定の適性を示しました。
得意の中山だから、という側面があるにせよ収穫の大きな一戦に満足しています。
更に、僕の中ではブライトステイヤー説が浮上してきまして、昨日のようなレース運びが出来るなら菊花賞でも期待できるでしょう。
ネオユニ産駒は意外と長距離の適性を持つ馬が多いですし(例デスペラ、バンク、サウンズ)、持ち前の強心臓を活かして頑張ってくれると思います。

敗れたとはいえ、今回は馬にも騎手にも感謝の気持ちしかありません。
この先も人馬一体となり、高みを目指して欲しいものです。

とりあえずセントライト記念と来年の日経賞は勝ちたいレースですね(・∀・)


さて、次のダービーは不良馬場にでもならない限り勝ち目が無さそうで気楽に応援するつもりです。
田辺騎手はああ言ってますが、ダービーこそ速い上がりを要求されるレースでしょう。
ドゥラメンテ一強ムードになってしまいましたし、他陣営としてはペースを落として自滅を誘いたいのでは?
もし、ダービーが『普通』の状態で行われるものと仮定した場合、僕はリアルスティールを応援する事になるかもしれません。
ドゥラメンテが二冠を獲ったら当然三冠を目指す形になるでしょうし、夏を越して気性が成長していたら例え3000M戦でもきっと歯が立ちません。

それなら、ドゥラとリアルで一冠ずつ獲って貰い、二頭で海外にでも行ってくれる方がこちらとしては好都合ですからね!




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。