管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
ステゴとか
2015年06月15日 (月) | 編集 |
先日の新馬戦を勝ち上がったステゴ産駒のペルソナリテ。配合的に少し注目していました。
ステゴだけでなく将来のオルフェ対策としても自分なりにデータ収集している今日この頃です。

『仮にノーザンテーストやデインヒルが入っていたとしてもミスプロ持ちは願い下げだが、ミルリーフのクロスやプリンスリーギフトの類ならどこまで許容出来るのだろうか?』
という事をここ数ヵ月ずっと考えていました。

ペルソナリテ(プリンスリーギフトあり)はナカヤマフェスタと同じくタイトスポット持ち。NDは二本でそのうち一つがノーザンテースト。
その他にグレイソヴリンへつながるカロを持っています。
牝馬なので多少のしなやかさは必要ですし、サポート役の優秀な力がラフィアンの育成効果と相まって早期の活躍を可能にしているのでしょうか。


さて、それでは本題の候補馬アーヴェイ(ミルリーフのクロス持ち)。
この馬もカロ持ちでノーザン二本、相性の良いデインヒル持ち。
方向としてはフェノーメノに近いタイプですが、フェノーにはミルリーフのクロスがありません。
こちらはNDを一本多く持っているとはいえ、デインヒルダンサーを挟んでいる分肝心な部分が薄くなりますし、ミルリーフクロスの影響力を考えるともう一本分ラトロワンヌ的パワーが欲しかったでしょうか。

馬体を見ても少し緩そうですし(幼いだけかもしれませんが)、おそらく長めの距離適正と合わせて勝ち上がりに少々苦戦するタイプかもしれません。
仮にすぐ勝てるなら将来はかなり有望でしょう。

左右で異なる繋ぎの角度と後ろ足の送りに若干気になる部分(高いレベルで)があるのですが、馬体の造りは今年の募集馬の中で3指に入るぐらい好みです。

競走能力は間違いなくレッドディザイア>アーヴェイだったと思うので、6000万というのは割に合わない気がしてます。
もしあの日アーヴェイがG1を勝っていなければ、募集価格は良くて5000万止まりだった筈ですから。
僕にお金かG1タイトルのいずれか一つでもあればこの馬を第一希望として出す所ですが、今はやはり『高次元のこだわり』という部分で引っ掛かってしまうかなと。

ラヴズ兄弟がこの価格なら翌日にでもアコムに駆け込んでた所ですけどねww


あ、もしミルリーフクロスのユルユル効果について勉強したい!って方が居ましたら『エーデルグランツ』っていう参考書をお薦めしておきますので是非(´▽`;)




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
初回の票数発表、気になってたタンザナイト、トロピカルブラッサムはランクインするもサプレザはランク外(^^;
社台だからにしても意外でした(・・;
ここにいこうかな?
ラヴズオンリーミーもこの価格ならもっと人気すると思ってました、、、まぁこれからか?
2015/06/17(水) 23:00:14 | URL | スズカ #-[ 編集]
スズカさんへ
初回分は殆どアテになりませんからねぇ。
新規の方の突撃票もあるでしょうし、複数獲りを目論む高実績層の多くはギリギリまで様子見しますから、ディープ産駒は脚質同様に終盤、もしくは締切後に伸びてくるでしょう(^^;)

一方で去年のアルメーリヒがそうだったように、安価帯や序盤の駆け込み要員は票を多く集めてもボーダーはそれほど高くないケースも目立ちますからね。

いずれにせよ、本格的に票が動くのは後半ツアー組が戻ってからだと思いますよ(・∀・)
2015/06/18(木) 01:42:47 | URL | ティア #-[ 編集]
たしかに複数取りやツアー組はまだまだだしこれからですね!
現に自分もまだですしw
サプレザの14はどー思います?
育成社台なのとディープ×サドラーが気になるのですが、、、(^^;
あと1週間いろいろ悩みますw
2015/06/19(金) 03:54:29 | URL | スズカ #-[ 編集]
スズカさんへ
スズカさん、おはようございます。
はじめに少し長くなりますのでご了承下さい。

サプレザも早熟型ではなかったので馬本位の社台育成は案外合うかもしれません。その土台に安田調教が上乗せされると考えると、クラシックに固執しなければ良い組合せと思います。
サドラーも母父ならまだしもこの位置なら他とのバランス次第では長所と成り得るかと。ヌレイエフやファルブから大物が出ているようにスペシャル一族とは元々蜜月な関係ですし、サドラーでも他でスピードを補っていれば大丈夫でしょう。460位にはなりそうですし、先天的な重厚感溢れるパワー要素を持っていた方が上級クラスでは成功すると思います。

一方スピードの補強も必須で、それがミスプロ一本では心許ないですが、サプレザ自身が文句なしの一流マイラーでしたし母の繁殖ポテンシャル次第では全て解決してしまう可能性があります。

個人的に懸念しているのはトモに力強さを感じられないので、育成や調教で改善できるのかどうか?
一級品のマイラー相手に通用するのか?
といった面でしょうか?
クラシックに固執しない方が良いかも、としたのもこの辺りの課題に時間を要する可能性を考慮した為です。
本当でしたら直接見た上で語るべき事ですが、DVDの短い動画からはそのように感じ取った次第です。

トモ幅はさほどありませんが(ディープなら並)、縦の長さは足りていると思うので、やはり育成や質の高い坂路調教を順調にこなせるかといった部分が重要になるかと。

この馬も後半の追い込み票が怖いのですが、実際ツアー後に票を伸ばすようなら、多くの方が実馬を見て不安を払拭できた。という風に捉えることも出来なくはないですね。恐らく他の方も同じような心配を抱えている筈ですので(^_^;)

適正としては京都を主戦場に東京や阪神もそつなくこなせる印象で、まぁ分かりやすいディープかなと。

大体このような感想となります笑。
2015/06/19(金) 10:18:41 | URL | ティア  #-[ 編集]
早速のお返事ありがとうございます。
たしかに力強さは感じませんが、軽い京都マイルで期待したいのと2番子ですし母のポテンシャルに賭けてみたいって想いは正直ありますw

自分も出資したらこの子には母も長く活躍した馬なので適度にじっくり行ってほしいです!(牝馬の6歳引退があれですが、、)
適性がわかりやすいことは迷走を防ぐので大歓迎w

もー少し時間があるのでじっくり考えたいと思います(^o^)
感想ありがとうございました!
2015/06/20(土) 14:03:43 | URL | スズカ #-[ 編集]
縦縞の不人気を見ていて、これもしかしてサプレザ取れるの?と思ってしまったこともあって、ちょっと気になってました。ついでで拝見しました、どうもありがとうございましたw

シユーマをはじめとして、実績ではとても手が届かない馬にラッキーナンバー頼みということも考えましたが、今年は虎の子の数百万円を託すことができる馬はいませんでした。走らなくても悔いなし!と思える馬でないと私には数百万円はキツイです。
そんなで最終的にはリビアーモかクリアンサスいずれかに申し込むことになりそうです。前者は遅生まれであることを考慮すれば馬体は好みですが、クロスがやや多いのが気になります。厩舎から想定される信楽任せはスルーです。
後者は早生のリダウツと、メジャーとの相性、そして馬が元気なら使っちゃう厩舎なのが気になりますが、遅生まれだけあってカタログ→ツアーでの成長度合いが良かったです。

前者についてのクロスと、後者についての血統どうでしょうか?以前、ティアさんはメジャーは血統が重要という話がありましたが(ダンシングブレーヴ、ひいてはマズル等)、どうも見えてきません…。

なお、本日の悲劇を目の当たりにして、一線級の種馬が不在の短距離で頑張ってくれる馬がいいのかもと後者に揺れています…。素人とはいえ全てパドックを観ている人間から言わせれば、状態が良くありませんでしたが、準OPで惨敗って。
2015/06/20(土) 17:35:13 | URL | ぽんた #-[ 編集]
ぽんたさんへ
締切も近づいてきたので、ひとまず二頭の配合について簡潔にお答えしておきますね!
まずリビアーモ。キンカメではなくルーラーなので具体的な傾向が見えておりません。ので、全く見当違いの結果になるかもしれませんが、この馬はミッキードリームのようなタイプに成長するのでは?と見ています。

根拠としてはトニービンのクロス部分です。フェアトライアル、ハイペリオンが凝縮されて底力と粘り強さが特徴的ですが、同時に緩さがある為か晩成傾向になりがちです。ダイナカール(グルーヴ)一族は古馬になって完成すると言われるように成長力がある事の裏返しでもありますが、ドゥラメンテとて完成度という意味では相当低いですよね。
故にトニービンをクロスする事で良くも悪くもらしさが出てくるだろうと予想してます。
ただ、トニービンの緩さをカバーするためにノーザンテーストで頑強さを取り込んで産まれたのがルーラーシップですから、それをまんま継続するようなイメージで良いのかもしれません。
ぶっちゃけスケールと適性が多少違うだけでミッキーもルーラーもドゥラメンテもある程度ベクトルは同じ方向だと思うので…。

ついでに、ぽんたさんに聞かれて僕も改めて復習したのですが、よく見るとエアグルーヴとベガの名牝コンビはニアリーの関係になるんですね。更にルーラーに母父サンデーの牝馬付ければドゥラメンテと血統構成殆ど一緒ですから、こう言えば少なくとも悪い配合・クロスには聞こえないのではないでしょうか笑?
体質もクロス云々より馬体やら出産の経緯であるとかもっと重要なファクターがあるので、それ自体は少なくとも僕は問題視しておりません。
馬体も良いですし、名牝同士のニアリークロス。一発があっても不思議ではありません。僕もルーラー産駒ならこれだろうと。

次にクリアンサス。
ダメジャー配合のカギはサーゲイロードとノーザンテーストにあると見ています。クリアンサスは両方持っています。
このうちサーゲイは加点方式。これに類するもの例えばカーリアンとかゴーンウエスト。ようはナスキロないしヘイロー的(ヘイルトゥリーズン)な血を足せば足すほど良い(※僕はサーゲイ2+相似血統1くらいが好きです)、ダメジャーに不足がちなしなやかさを取り込むことが出来ます。なのでドローン持ち(ダンブレ)等がうってつけの相手になるんですが、クリアンサスはサーゲイを二本持っているので、基本はオーケーでしょう。

問題はノーザンテースト。
こちらは隠し味で、相手によってその足し引きを上手くコントロールする必要があります。
ダメジャー自身のNDを刺激する事で、底力・スケールをアップを図ることは大物を出す上では必須なのですが、本馬のリダウツチョイスのように硬質な血を抱える相手にダイレクトにノーザンテーストをクロスすると硬くなりすぎるリスクもあります。テーストは元々硬い構成なので寧ろステゴとかユルユル血統の救世主です。

しかし味に深みを出すためには必要な成分なので難しい所です。
隠し味が主張しすぎてせっかくのサーゲイ風味が消されてしまう…なんてことにならなければ素晴らしい競走馬が産まれる可能性だってある訳ですから、正直この馬に関しては賭けだと思いますね。

全兄弟でも緩さ・硬さは違って出ることはザラですから、我々が得られる範囲の情報で選定するなら、もう運としか言えない所はあります^^;
まぁ、個人的に初子嫌いなので敬遠しているのですが、馬体自体は良いので400口なら是非持ってみたいタイプの配合ですね。
2015/06/22(月) 01:42:28 | URL | ティア  #-[ 編集]
別途復習までしてもらった上で、早急で詳細なご回答、どうもありがとうございますm(_ _)m
大変参考になりました。

リビアーモを検討するにあたって、ミッキードリームは全く念頭に置いていませんでしたが、この馬ブラックタイプにしっかりと出ていましたねwしかも戦績を見たら、私がリビアーモに将来期待する活躍ステージでしっかりと走ってくれています。

そこにティアさんから頂いたトニービンに関するコメント。こうした血統背景に加えてリビアーモの血も強く出ていそうな馬体。確かにミッキードリームのようなタイプに成長するかもしれませんね。
この馬は横のタンザナイトとよく比較されていましたが、引き手から場長まで含めた牧場スタッフ、そして社員さん。一人残らずタンザナイト>リビアーモでした。そこには3ヶ月の生まれの違いやタンザナイトの出来自体は当然影響していると思いますが、さらにリビアーモが遅咲きのタイプかもということも影響してそうですね。ツアーでの周回の様子も評判が悪いようですが、これからの馬という目で見ていた私にはそう悪く映りませんでした。一つ勝てばその後の成長を楽しめると思うので、結構期待しています。

名牝同士のニアリークロスは気付きませんでした…これは一発狙えるんじゃないかという気になれますねwクロスは過去のトラウマから気にしていましたが、主にキャロットリニューアル後初期の話なので気にしないでも良いのでしょうね。

クリアンサスは私もその後にネット止まりではありますが調べてみました。やはりノーザンテーストはキーになりそうですね。ティアさんの「ステイゴールドの救世主」というところに妙に納得しました。
募集馬クリアンサスそのものは柔らかくは出ていないように思えます。すでにツアー段階でメジャーらしさが垣間見える馬体になってきて、その傾向が強くなってくるとどうかなというところはあるかもしれませんね。ただしそれはあくまで私の短絡的な印象であって、この馬がどう出るか。やはり運なのでしょうね。
この馬は生後一ヶ月で、誤って偶然見学した馬ということで、もしかしたら縁があるのかと、もはや馬の出来とはあまり無関係なことで変なバイアスをかけて見てきましたが、それ以外の点でも生き残った馬です。それを考えればやはり縁があるのかもしれません。
ディープ、キンカメ、ハーツ、ステイ。この辺りを相手にしなければならないルーラーよりも、主役種牡馬が不在の手薄なスプリント路線でなら…と意識していますが、来年にはカナロアもやってきますからね。その辺りも踏まえて残りの検討を行います。

日曜日から海外遠征していますが、実はネット環境が整わず募集申込が不可能な状況に陥って焦りました。ホテルスタッフに相談したところ、無事に環境が整備されたので何とか申込そうですw

最後に改めて、どうもありがとうございましたm(_ _)m
2015/06/23(火) 14:57:04 | URL | ぽんた #-[ 編集]
今年の申し込みは、サプレザのお尻の筋肉不足、牝馬の6歳引退等々鑑み迷っていたトロピカルブラッサムに突撃しました(^^;
ノーザン育成ならお尻の筋肉もついてくるかなと思ったのですが、社台育成なので、、、パンとするなら坂路かなと(^^;
実績が読めなくて厳しい戦いだと思いますが、良い結果が出るように1週間楽しみにしています(^^)
2015/06/27(土) 13:24:02 | URL | スズカ #-[ 編集]
スズカさんへ
社台ドラフトお疲れ様でした。
サプレザの引退時期は僕も考えました。
やはり現役時代に酷使した馬の子は体質が弱く出るケースも多いですし、そういうタイプは本来不受胎明けで買いたいですよね(・・;)

ハーツ産駒の場合一概には言えない気もしますが、この馬は既にじゅうぶんな程お尻の筋肉が足りてますので全く問題ないでしょう。ただ、全体パーツの造りから見るに斬れというよりパワー型。中山や中京の芝かダート18辺りがスウィートスポットだろうと思います。
そういうベクトルなら社台育成ともマッチする筈で、あとはいかに早く厩舎が適性を見極めてくれるかではないかと。
面白そうな馬には違いありません。
※僕が軽視していたのは本馬の出来とは関係なく、厩舎・姉・値段のバランスに納得できなかったというだけです。

そんなにボーダーが高いタイプとも思えませんし、スズカさんに朗報が届く事を祈っておりますね^^
2015/06/30(火) 00:40:09 | URL | ティア  #-[ 編集]
今年はサンデーの人気がすごすぎでした(^^;
1.トロピカルブラッサム
2.アルティマトゥーレ
3.レインダンス
で申し込んで3のレインダンスに決まりました!!
1位サプレザでも票数が同じくらいだしボーダーはもっと高そうだからある意味納得?のドラフトでした、、、(^^;
2015/07/05(日) 07:14:19 | URL | スズカ #-[ 編集]
スズカさんへ
本命を獲得出来なかったとの事ですから、きっと満足されてはいないと思います。
しかしレインダンスのような馬を抑えられたのは幸い、結果的にこちらの方が走るかもしれません。
僕も欲しいくらいの馬です。
よく母にNDのクロスが入ると宜しくないと言われますが、それがニジンスキーとノーザンテースト経由の場合
はその限りではありません。走ってくると思いますよ^^

それにしても、社台とサンデーでほぼダブルスコアですものね。
ボーダーも社台と比べてかなり高くなったようで・・。牧場スタッフですらノーザンに脱帽気味のご様子なので、タテジマも今後色々と投資なり工夫なりして欲しいですね。
そして何だかんだでサプレザが大人気な事に驚きました(^_^;)
2015/07/09(木) 10:24:06 | URL | ティア  #-[ 編集]
レインダンスは母系は好きなのですが、ハービンジャーなのがちょっと引っ掛かってます(^^;
そして初めての縦縞でわくわく感も!?
走ってほしいですね♪
結果に満足はしてないですが、ドラフト上でのベストな選択はできたかなと思っています!!
仮にアルティマトゥーレを1位指名していたらずっと悩んでいたサプレザとトロピカルブラッサムに行かなかった後悔が残るだろうし、、、2位でアルティマトゥーレは結果残念でしたが、可能性がある中でのはずれなので仕方なしです!!
あとは外れてこの子になってよかったと思える日がくれば万々歳ですw
2015/07/16(木) 02:02:33 | URL | スズカ #-[ 編集]
スズカさんへ
ハービンジャー自身も晩成型でしたし、現三歳世代もこれから強くなってくると思います。
高速馬場での限界は見えたかもしれませんが、タフなコースや洋芝では相変わらず強いです。
肩の造りが良くてストライドが伸びる産駒が多く、息の長い活躍を見込める点でも社台の育成とはマッチングするように思うんですよね^^

3ヶ月後には一変している馬も多く、必ずしもドラフト時点の出来通りとはならないのがクラブの特徴でもあります。
レインダンスのように遅生まれ型の方がやはりノビシロも大きいので、相対的に期待が持てるのは確かだと思います。

来年は僕も参加する方向で考えています。
また一年間、色々な作戦を立てて頑張りたいですね。
2015/07/20(月) 15:32:41 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する