管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SLK候補生
2015年07月20日 (月) | 編集 |
キャロやシルクに来る可能性があり、現状で気になっている馬をリストアップしてみました。


ポルトフィーノ→セレクトにも居ないって事はクラブなんでしょうか?この配合からは真の一流馬は出ないと思いますが、一流半なら高確率で期待できそう。

ヒストリックスター→ディープの方が合うと思いますが、そんな次元で語れる繁殖でもなさそうです。来たら×orキャンセル狙いで突撃もアリか。

ヒカルアマランサス→シルク予定。去年の段階で馬体は良かったので、果たしてどんな成長を遂げているか?アベレージ性は高いと思うのだが。

ディアジーナ→アレイの肉質に納得できなかったので、敢えて牝馬に替わった事でどうだろう?馬体次第では面白いと思います。気持ちとしてはゴルシを春天で買う感じ。

ナスカ→リビアーモの代用品って事でw
馬体が良くて佐々木厩舎なら。ってか来るかわかりませんが(^_^;)

フェルミオン→プチクラリティスカイ。なかなか子出しが良さそうなので穴に一考。お願いだからフトシはヤメテ(;´д`)

シルキーラグーン→不受胎を挟んだ事で活力が回復している可能性あり。ロブロイよりはハーツ向きの血統です。

ベネンシアドール→ハイペリオンの塊みたいな配合。デニムでさえアレですから牡馬の方が良い思うが…。全てキンカメに掛かっていると思います。

ラドラーダ→キンカメ×シンクリはヴェルデホと同配合。ダートで期待大。ティソーナの結果次第では×1でも難しそうですが、来年も全弟が産まれたようですね。
いっぺんハーツ付けれや(・∀・)

スターペスミツコ→ノーザンFに落札されてるのでクラブ募集になるはず。マルゼンスキー持ちのゴルアという時点で期待できますが、馬体の出来も良さそうでした。これも穴に一考。

イルーシヴウェーヴ→フランケル産駒の持ち込み。はいそこ、ミーハーとか言わないヾ(・∀・*)

アビラ→ステゴの好配合ですからドリジャでも良いんぢゃね?・・・みたいな笑。プラパジシャンもポテンシャルは高そうですし、賞味期限もまだ切れてない筈。ステゴ牝馬は敬遠されがちですけど、馬体や配合には割と正直だと思うんですね。まぁ、この子はドリジャですけども(^_^;)

カラベルラティーナ→これはキャロに来るでしょう。馬体は良く見えました。繁殖として悪くないと思うのですが、とにもかくにも厩舎をどうにかしてくれ。

トゥザヴィクトリー→キンカメ付けてりゃハズレなしですからね。流石に年齢は気になりますが、造りさえ良ければちゃんと考えるべきでしょう。


という記事を書いたまま更新をフォゲッタブルしちゃったのでUPしておきます(´∀`;)ゞ
ポルトとベネンシアは結局来ませんでしたね。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。