管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
キャロ馬診断・関東馬編
2015年09月05日 (土) | 編集 |
年々DVDがク○になっていると感じるのは僕だけでしょうか?
前後写真カットされた時は当然ブチギレでしたけど、立ち写真を静止画にされるのも地味に嫌がらせだと思います。
正確な情報を得る為にツアーに行くしかないって時点で困りものなんですが、今後はそれすら出来ない恐れもあるので・・この状況どうにかなりませんかね(-""-;)

愚痴はこの辺にして簡易的な診断レポです。
今日は関東馬編となります。


フラニーフロイド→左脚のリスクはともかく、相対的には上位評価を与えられるかと。ただ、過去に成功したディープ産駒はもっと良かったですし、このレベルなら毎年どのクラブからも出てくると思います。

ジンジャーパンチ→ルージュバックは配合がハマった感じがするので今更後追いするつもりはありません。特に好きな馬体でもありません。
なのでこういう馬に走られたら個人的にはもうお手上げなんですが、バネは感じますし化けても不思議はありません。肉質も悪くないですしね。
ルージュを見る限り大きすぎるとかえってマイナスになりそうですし、これはこれで面白いと思いますよ。
※ハープスターとかレッドオーヴァルみたいに分かり易いのは別ですが、基本的にディープ牝馬は馬体は二の次で配合・肉質・厩舎で考えるようにしています。

ラドラーダ→これは意見が割れる馬でしょう。個人的にはどう考えてもダートで頂点を目指すべき配合です。
ですのでバランスが良いのは認めますが、中途半端に芝を走れちゃいそうな本馬には僕は全く食指が動きません。

※追記:ツアーに行かれた方の写真を見て評価を改めました。カタログより数段上の出来に映ります。
やっぱりダート向きとは言えず個人的には欲しくなりませんが、トモにも幅がありそうですし、首と肩の造りも良い。切れ味はともかく馬体は良いですね。

スナップショット→動きや前の造りはとても良い感じ。父の長所を継いでると思います。
が、後ろが課題ですかね。他は非凡ですがトモは平凡。

キュー→繋ぎが短く、パワータイプの肉。クロムレックに近いのではないかと。
そこそこ良い馬体でそこそこ走るダート馬だと思います。

ピューリティー→馬体はキューよりこちらの方がよく見えますが、トモにボリュームがありすぎて走る際に邪魔にならないか?という点をしっかり確認したいですね。
DVDのゆっくり動作ではなく最低でも早歩き、理想は坂路登板を見てからなのですが・・。
確実性は高いと思いますが、キャロで募集されたのが惜しいと思いました。

ヒシシルバーメイド→飛節の位置が良く骨格もしっかり。トモも幅があってかなり良い感じ。
芝、ダートどちらに転んでも元は取れそうな出来と思いましたが奥平なのです。
大事なことなので二回言います。奥平なのです(´・ω・`)

アドマイヤセラヴィ→良いシルエットをしています。これでトモが良ければ準オープンまでは確実にいけそうなのですが…。
プレザントライフのような逆ニックスでもないし馬体の良さと繁殖力だけで勝ち上がれると思いますが、上のクラスで戦うには何か武器が欲しいですね。
現状は形が良いというだけで、大きな強みやインパクトまでは感じませんでした。

ポトリザリス→出来は良さそうなので、晩年の傑作になっても不思議ではありません。
これがポトリじゃなくてディアデラだったら最優先だけで埋まってるんじゃないでしょうか?
少なくとも馬体を見てる分には体質も強そうですし、最近のポトリ産駒では一番に映ります。

リッチダンサー→バウンスシャッセそのまんまのイメージで良いと思います。シルクで言えばシャクンタラー。小回り中距離向きの持久力タイプ。

スターペスミツコ→マルゼンスキー持ちのゴルア産駒は芝向きに出る事がありますが、この馬はまずダートでしょう。繋ぎの硬さや動きに限らず、配合以外に芝を走らせたいと思う部分がカケラも見当たりません。少なくとも僕はそう思います。
万が一、芝適性があるなら長続きはしないと見ています。
ただ砂を走らすにしても付くべき所にもっと肉が付いて欲しいですし(一時的なものかもしれませんが)、いずれにせよ今後の成長が鍵になると思います。
更に細かい部分で言えば蹄の造りとかも気にされる方も居るかもしれませんが、素材としてはもう間違いなく魅力的ですし、ノーザンが高値で落札するのも納得の一頭ですね。
これはシルクに回して欲しかったです。

フェルミオン→クラリティスカイとの大きな違いはニジンスキーの有無でしょう。個人的には結構重要なポイントだと思ってるので…。
見た感じは普通。並の馬ですが、母のポテンシャルは高そうですし、怪我がなければ未勝利で終わる事もないのでしょう。

モンプティクール→フジキセキのニックスを継続する形で馬体も良い。ダートで手堅く走ってくれるタイプでしょうね。
丈夫で短距離寄りのヴレクールといった所かと。

トキオリアリティー→馬体は水準も動かすとなかなか。
ダノンシャンティというより牝馬特有のしなやかさを備えた馬という印象。
母産駒の傾向としては牡馬の方が成功していますが、これはこれで見所がありますしトキオリアリティーは本当に素晴らしい繁殖だと思いますね。
一般で買えるなら・・なんて考えてましたがこりゃ100%無理ですね(^∀^;)

クリンゲルベルガー→昨年も思ったのですが、この繁殖はなかなか子出しが良いですね。値段よりは確実に上の評価を付けられます。
この出来を安定して出せるならワンランク上の種馬を付けて欲しいものです。

カラベルラティーナ→THEダート馬って感じの馬ですね。ザグレスとはタイプが違いますが、ようやく厩舎が変わりましたからね。
変わったと言ってもクボタンなんですけど笑、芝よりはダート馬の方が扱い上手だと思いますよ。
なので潜在能力の80%位は引き出してくれるんじゃないですかねー。
馬体に関して言えば多くの方と同じ感想になると思います。僕としては飛節から下にもう少し長さが欲しいと感じるのですが、ダートの短い所を主戦場とするならこれで大丈夫かもしれませんね。


なんか全体的に辛口になっちゃった気もするけど検討中の皆さん、あまり怒らないでねサーセンww


関西編はまた後日。
遅くて7日。最悪でも8日までにはアップしたいと思います。
写真もなければツアーも不参加ですが、せっかくの祭りなのでコメントだけは書かせて頂くつもりです。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
キャロ1次募集
募集馬診断お疲れ様です。参考にさせていただきました。
うちは今年はリッチダンサー14で行きました。
ティアさんの診断ではバウンスシャッセのイメージそのままでよい、とのことですが、成績も姉そのままくらい活躍してくれれば、嬉しいです。
って、まだ取れると決まったわけじゃないですが(笑) 最優先なら、行けそうな気がしますけど。
ティアさんの申込馬はどの馬になったんでしょうね。発表を楽しみにしております。
2015/09/09(水) 21:06:03 | URL | じゃす #wZn0fcHk[ 編集]
じゃすさんへ
今年はツアー不参加ですし実際にアテにして頂くのも何だか申し訳ないような気持ちですが(´▽`;)ゞ
リッチダンサーは良い馬ですね。実を言うと締切日の票数を見て『あれ、一般で取れる可能性あるの!?』なんて思っちゃいました。
シルク戦を考えて何とか踏みとどまったのですが、こういう事なら申込みしちゃえば良かったですね^^;

姉貴よりも更に小回りに特化しているように見えますが、札幌が主戦場となるじゃすさんには好都合だと思いますよ^^
最優先なら大丈夫でしょうし、診断コメこそ淡白なものになりましたが、馬体も配合も非常に確実性が高い馬だと見ています。

お互いなんとか目当ての馬を引き当てたいですね!
発表日まで善行を積み重ねましょうか笑。
2015/09/10(木) 22:14:45 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する