管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
キレてないっすよ(確信)
2015年11月05日 (木) | 編集 |
先週のティソーナは見事優勝。
どうぞどうぞ、と押し出されるように先頭に立ち、そのままマイペースに持ち込んでの逃げ切り勝ちでした。
ルメール様の作ったラップも見事でしたね。

当日は比較的外差しの決まる馬場。加えてこの時期のマイル戦で逃げ切る事は決して容易ではありません。それが例えスローペースだとしてもです。
着差以上に価値のある内容で、これなら昇級後もすぐ通用するでしょう。

ですが、更に高い次元で言わせて貰えば「まだまだ力不足」なんでしょうね。
あのペースなら最後まで加速ラップを刻む位の力が無いと重賞級とは言えない。
予想できた事ですが、やはり『切れ』が足りませんしサーアイヴァー的な『斬れ』も一級線のソレには遠く及びません。

今後どのように成長するかは分からないし、覚醒することを期待しますが、少なくとも広いコースのマイル戦では器が見えたように感じました。
メインレースのメジャーエンブレムや去年のダノンプラチナなんて本当に強かったですからね。
芝の二歳重賞を狙うならあの位のパフォーマンスを見せないと。

まぁ、今回は好んでハナを切った訳でもないし、メイチに仕上げてもいませんから、理想的なプロセスとレース運びをした時にどこまで走れるか。
完全に見極めるにはもう一戦見ておきたい気持ちもあります。
そういう意味では同条件のベゴニア賞を使って欲しいです。

そして勝ちにこだわるなら1400のからまつ賞を使うのも一手ですね。
ここでルグランフリソンに勝てないようではどのみち朝日杯なんて言えませんから、その時は潔くジュニアカップに矛先を変えたら良いと思います。


話は変わりますが二着のピュアブリリアン。
ダメジャー産駒のお手本とも言えるような配合ですね。
この世代でティソーナより確実に上と思える配合馬はモーゼス、ヒルトンヘッド、アストラエンブレム、フェザリータッチ、そしてピュアブリリアン。
アストラとモーゼスは上でもやれるし、ブリリアンも遠からず勝てるでしょう。
ニックス組の打率凄いですよね。
やっぱりダメジャーはドローン(サーゲイ)に限るという事を再認識しました(・∀・)

そういえば近頃ニュースとかでドローンって単語を良く耳にしますが、その度に反応しちゃうの僕だけですかね笑?



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する