管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東スポ杯二歳S
2015年11月23日 (月) | 編集 |
いよいよ重賞挑戦。アグレアーブルです。
先週辺りからずっと情緒不安定でした(僕がね)。
次世代のエースになれるでしょうか?


東京11R東京スポーツ杯二歳S
2枠2番アグレアーブル 54 岩田 ▲(単穴)

よりによって今年一番粒の揃ったレースにぶつけてきました。
この決定自体は規定路線ですが、今週は牝馬限定戦の赤松賞もあったのですから負けたら当然叩かれるだろうなと。
裏を返せばそれだけ自信があるのでしょう。
僕の中では勝てるとまでは言えませんが、好勝負になるだろうとは思っています。

前走だけで見るならキラージョーの方が中身は優秀で、持久戦になればレインボーラインが上昇し、トップスピードの持続性という面ではスマートオーディン、一瞬の切れならハレルヤボーイ。総合力なら現時点でロスカボスには敵わないでしょう。

つまり、どの角度から見てもアグレアーブルが最上位に立つ要素がありません。
だから前走と同じパフォーマンスでは絶対に勝てない。
ライバル陣営にも注目されているらしく、こんな身分でありながら楽な競馬はさせてもらえないでしょう。
勝利するにはアグレアーブル自身の成長に賭けるしかないのです。

敢えて多くは語りませんが、一応その手応えは掴んでいます。出資者の方々も同様でしょう。
あとは実戦でそれを活かせるか…。
僅かなロスが致命傷となりかねない展開が予想されるので、あらゆる面で高いものが要求される一戦になりそうです。


そしてもし本当に今日勝つような事があれば・・・来年春のスケジュールは全てアグレアーブルのローテを基準に決めていかねばなりませんね。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。