管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
金杯で乾杯
2016年01月05日 (火) | 編集 |
中山金杯は本命マイネルフロストからの3連複を基本形に。

ブライトが勝つには後遺症の影響が出ないことを前提に5ハロン、悪くても4ハロンの持久戦になる必要があります。
要は前半スローでも構わないのですが、セントライトや菊花賞のような展開になると全く良さが出せない馬ですので。
同型のヤマカツエースにも言えますが、誰かが持続力戦に持ち込む動きを見せないと本来ベストに近いこの条件でも勝つのは難しいかなと。
ステラウインドなんかは過去に逃げて強い勝ち方してますし、引っ張ってくれると有り難いのですけどね。

ルメール様が好発を決めた上で皐月のようなレース運びが出来るのなら、このメンバーなら勝ちきる位でないといけませんが。とにかく展開次第でしょう。
ルメール様なら最強の代打ですし、この人でダメなら諦めもつきます。

秋以降はどうも朝日杯~皐月までのようにテンションが上がらないんですよねえ。
戦前から溜め息出ることの方が多くて(-""-;)
たまには良い方向に予想を裏切られたいものですね。


※このところ更新できずスミマセン。諸々のご挨拶を含め、近々ちゃんと更新します(^_^;)ゞ



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する