管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社台募集馬 最終候補馬
2016年06月19日 (日) | 編集 |
それではいよいよ最終候補馬三頭の紹介です。
いずれかには応募するつもりですので、現時点では一応具体名を伏せておきます。

ま、僕の趣味を知ってる方にはバレバレでしょうけどね笑。



候補A

同父のG1馬とそっくりなトモをしています。
ダートに限られるでしょうが、この価格帯では最上位クラスの器だと思っています。
カタログで見ると強烈な印象はありませんが、牧場で撮った写真を見ると別馬のように魅力的でした。
って、これ大ヒントになっちゃいますね笑。


候補B

関東の牝馬です。
配合的にも父と好相性。母は故障ですぐ引退してしまいましたが、パフォーマンスは相当なものでした。こういうタイプは繁殖として活躍馬を輩出しますからね!
ツアーでも割と人だかりが出来ていたようです。
動画で見ると球節から下が若干内向いてる気もしますが重度ではなさそうなので。
母の事もあるので、どうみても頑丈って造りだと最高でしたが、完璧な馬はそうそう居ないので。
それより秘めたる素質に期待したくなります。


候補C

やっぱり今年も小柄ですが、牡馬になった分、上よりは体重も増えると見ています。
産まれ月や体高などから察するに440~460ぐらいにまでは大きくなるはず。
例えば母方が○○だとすると480キロ以上の方が信頼度は高まりますが、このタイプの父産駒は中サイズでも大丈夫です。
どのみちスピードより粘っこさや欧州寄りの斬れが武器になる筈ですからね。
思い入れのある血統で出資するしない関係なく応援するつもりですが、贔屓目無しに近年では一番の出来だと思っています。


今年はひたすら好みを貫いたといいますか、私情を挟み過ぎだと自分でも思います。
しかし、この三頭で重賞を勝てれば僕が掲げる目標と何らかの夢が1つは確実に叶いますw
そんなメンバーです。その自信も結構あるのです。

本当にお金があれば別の選択肢もあっただろうとは思うんですね。
そういう意味では渾身の一頭!とは言えないのかもしれませんが、後の結果がどうあれ自分で納得できる位には手応えを掴んでいるつもりですよ(・∀・)



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
Aは分かりましたw
良いご縁がありました!となるといいですね。
私も結構好みで、あのタイプはこのクラブで楽しむための選択肢の一つだと思っています。

私は色々と悩みましたが、罰点人気も相まって想定していた組み合わせの2頭取りが難しくなったため置きに行く形になりました。当初の候補のままルミナスで確定です。実績面でもこの馬ならクリアでしたが、このクラブに会員には2番手3番手の馬になるので、実績すら不要のようです。産駒は重賞に手が届きそうで届かない状況ですが、あれだけ短距離に振り切れてくれれば何とかならんものかと期待します。
想定していた組み合わせの傍である2頭目の候補が確実に埋まるため、2頭目で狙える馬を見ていますが見事に罰点は消えていきますね…。比較的高めの価格帯だとレジェンドトレイル。それ以上だとウィラビーオーサムにフリーティングスピリットですが、あのディープは当たりの範疇から外れるように思えるので縁がありませんが、レジェンドトレイル。何故あんなに人気ないのでしょう?私はハーツは全く詳しくないですが、ハーツ博士のティアさん。もし見解を持たれてたらご教示いただけませんか?人気しない理由は分かるのですが、それにしてもです(・・?)
2016/06/21(火) 23:05:01 | URL | ぽんた #-[ 編集]
ぽんたさんへ
予想以上に人気を集めてしまいましたね。
出来や値段を考えると仕方ないかもしれませんが^^;
僕は結局Bにしました。
可能性は薄いですし、落ちたら潔く人参とシルクで本気を出すとします!

さて、期限も近いので取り急ぎレジェンドトレイルについて。
まずは配合面。正直に言って今年のハーツ産駒の中で唯一加点材料が無いものに映ります。
一方でミスプロ×ステゴのようなマイナス要素も全く見当たらないのです。言わば究極のオール3的な配合だと思います。
となると、血の力による底上げは期待できないので純粋に馬体と繁殖ポテンシャルで勝負するしかない馬、という事になります。
その辺りについては流石にラヴズと比較するのは可哀想かもしれません。

切れは感じさせませんが、足が長くて後半開催の東京や中京などは向きそうです。広いコース向きのプレミアムタイムといった印象でしょうか。
トモから飛節にかけては良い造りですが、肩周りの骨格やひじ離れは理想とは少しずれるかもしれません。先ほど脚が長いと言いましたがそれを活かしきる為に必要な肩の形ではないかと見ています。

トータルで見て決して悪い馬ではないけれどラヴズと比べちゃうと…。
配合的に…。
その割には割高じゃね?

不人気の理由は大体そんな所かと思っていましたが^^;
動画とカタログで見る限り、総合的に割高という事に目を瞑れば、特に問題などはなさそうに映るんですけどね。
大物感はともかく、明らかに嫌われるよう理由もないと思っておりますよ!
2016/06/23(木) 01:36:14 | URL | ティア #-[ 編集]
慌ただしい中でのレス、どうもありがとうございますm(_ _)m
候補Bと良いご縁があることを願いましょう^ ^

加点材料がないという表現は妙に納得してしまいます。私も何が良くてこの馬4千万円募集なんだかと、カタログ、DVDと睨めっこしながら考えていました。結果、特段いいところはなく、単に割高ですよねw

プレミアムタイムという表現も良くわかりますwレースの当面の主戦場はディープ産駒と同じ舞台なのでしょうが、その後はその舞台から少し外れたところが思い浮かびます。ノーザンダンサーのクロス持ちだと勝ち上がりが良いらしいというのをどこかで見ましたが、この価格だとそこは目的ではありませんからね。

予想通りですが今年のサンデーへの偏向が凄く、当初の第二候補がことごとく消えてしまうため、残っている中からどうにかならんものかと消極的な選択でしたが、検討してみました。どうもありがとうございました^ ^

ちなみにツアーで見たラブズオンリーミー。とても良い馬でしたが、やはりリアルスティールに比べると落ちるように思えました。リアルスティールは凄かったですからね…。
また、白老にも伺ってお話を聞きましたが、ドリームジャーニーとオルフェーブルはとにかく別物ということなので、産駒成績がどう変わってくるのか。興味津々で見守っていくつもりです。ステイのように馬が良くても走るとは限らないタイプだったらどうしようと、いまから勝手に心配していますw
2016/06/23(木) 17:33:29 | URL | ぽんた #-[ 編集]
ぽんたさんへ
ぽんたさん、ドラフトお疲れ様でした。
こちらは予想通りの落選です。仰るようにサンデーRに票が集中することは明らかでしたからこの結果は仕方ありません。
来年以降にラッキーナンバーを温存できたと考える事にします笑。

ラヴズオンリーミーは何を付けてもそこそこの出来には持ってこれる繁殖です。
ベストはやはりディープインパクトだと思いますが…。
しかしリアルスティールの活躍で募集額も跳ね上がりましたし、もう手の出しようがない存在になってしまったなと。
そうでなくとも1500万以上の実績を必要としたそうですからね。完全に別世界ですよ(^^;)

最後に話は変わりますがアロヒラニ。
結果は残念でしたが、ジャンパーとしてまだまだ上積みがあると確信できた事は収穫です。
いずれどこかの重賞に手が届くと思うので、その日を心待ちにしたいですね^^
2016/07/06(水) 23:01:14 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。