管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みだそうです。
2016年06月28日 (火) | 編集 |
先日勝利を挙げたグランシルクについて少し。

二段階降級ともなれば流石に力が違いました。
昨年のオーロC以来、久し振りにまともに騎乗してもらえた事が何より。困った時のルメール様ですね。
ここまで散々やらかしてくれた事で馬自身も不器用なレースしか出来なくなっていました。
冬~春先にかけては怒りを通り越して呆れ果てていましたが一応リセット出来たのかもしれません。

さて、今回は14で強い勝ち方を見せてくれたものの、僕は単純に距離短縮が向いたとは思っておりません。

・瞬間的なギアチェンジ能力を要求されない舞台
・後半開催で持続力が問われる馬場

この二つと能力差が相まった結果ではないでしょうか。
これで東京が向くとか本質が短距離馬だとか錯覚されると非常によろしくありません。

戸田師との付き合いも長くなりますし色々見えてきましたが、あの人は『芝が好き』とか『ダービー至上主義』等という以前に馬の適性読みがあまり上手ではないのでしょう。
腕はあるんですけどね…。
裏目裏目が線で繋がって長く引きずる厩舎なんですよホントに。分かる方は分かってくれる筈(-""-;)

これで秋、懲りずに東京のマイル戦やスロー濃厚の番組を使うようなことがあれば準オープンでも普通に取りこぼす可能性が高いと見ています。
今回の内容は間違いなく強かったけれど、あまり浮かれてもいられないと思いました。

馬場や展開を言い訳にしてしまう馬なので、とにかくレースまでのプロセスと舞台選びが重要な馬です。
18や20を走るために気性をコントロール出来ないのであれば、その点を徹底するしかないでしょう。
ルメール様やノリのような折り合いつけるのが上手い騎手が乗ってくれるなら距離延長にも対応できる気もするんですけどね。
この先も折り合いを『重視』する騎手じゃなくって『上手い』騎手にお任せしたいですね。

G1で一番人気に支持された程の馬ですから、少なくとも重賞まではノンストップで行きたいと思っています。





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。