管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルク申込み馬
2016年10月07日 (金) | 編集 |
昨日、一次募集が締め切られました。
サーバー落ちが怖いので、申込み自体は締切前日に済ませました。

今年の申込み馬は以下の6頭。

◎モシーン
ヒカルアマランサス
アフリカンピアノ
ケイティーズベスト
カリ
ピラミマ


直前でカリってしまいました笑。
それ以外は予定通り。

運良く本命のモシーンを獲れた際は個別に紹介したいと思います。

ケイティーズベストは二次まで余裕で残ると見ていましたが、どのみち出資する事は確定しているので電話合戦での事故防止に備えて一応申込みました。

アフリカンピアノには母親優先を行使します。
ただし効果はありませんw
ピラミマは獲れたらラッキーという事で。正直、人気ほどの期待は持っていませんが、堅実に走ってくると思います。
姉やリボンフラワー位の能力は秘めているでしょう。

カリは未勝利引退でも納得できる馬です。
その一方で古馬重賞に手が届いても不思議じゃないと。
少しハートランド的な要素を感じさせる馬ですが、配合と厩舎と育成が大幅にグレードアップするので逆にこれでダメならもう仕方がありません。カリという繁殖がその程度なのだと諦めがつきます。
シアトルスルー経由以外でのボールドリーズニングを体験したかったのも大きいですね。
カリはドイツ血統馬といえど所々にアメリカン要素が含まれていてハーツに合うと思います。

ヒカルアマランサスは姉に見られた欠点が解消されて堅実に、また早い段階から走ってくるでしょう。
ジュベナイルや桜花賞を楽しむための速攻型戦力として期待してます。
現実的にはフィリーズレビューやファンタジーSのような内回りが向きそうですが。
僕としては走れば何でもOKです(・∀・)


最後に、どの馬かは伏せますが複数口で突撃しております。
それは自信の有無とは関係なく、このクラブにおける自分の立ち位置を知るためですね。

まぁ、ゲットできたらより優位に立てますし、ダメなら徐々に縮小して抽選頼りの付き合いへとシフトしていこうと思っています。



追記:なーんて言った途端にボーダー発表されるとかwww




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。