管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大物種牡馬導入
2016年10月18日 (火) | 編集 |
なんとマクフィに続きディスクリートキャットまでもが日本で種牡馬入りするとの事。
こりゃ日本の未来も明るいですね(・∀・)

僕ならプライベートアカウントのクロスを形成して色々遊びたいのですけど、ノーザンFでその路線を行くならデイトユアドリーム辺りどうでしょうか?
繋養先がダーレーなので、そのうちパカパカの一口クラブでも産駒が募集されるかもしれません。

一方マクフィはあのドバイミレニアムの一族で、しかも日本での実績もありますから人気を集めそうですね。
現役時代の実力からしても、少なくともモンテロッソ以上には期待したくなります。
キャロットでも産駒のアールブリュットが活躍しているので馴染みのある方も多いでしょう。
日本で走るなら少し力の要る馬場で本領を発揮すると思いますが、芝でもダートでも一流馬を輩出できるだけのポテンシャルを秘めた種牡馬だと思います。

僕はドバウィ産駒のお尻が大好きなので、こちらも縁があれば是非産駒に出資してみたいですね。


話は変わりますがシルクのドラフト。
明日10時から恒例の電話合戦が行われます。
残口がある中では三頭ほど気になる子がいまして、できれば年末ぐらいまで、欲を言えば坂路動画がUPされるまで、理想は追加募集馬が公開されるまでは様子見したいところです笑。
しかし、うち一頭は既にランクインしてるので明日中には埋まってしまう見込み。
他の二頭もそこまで長くは残らないと思います。
そんなこんなで悩みに悩んでおります。

一次で運良く馬式会社モシモシーンホットラインに繋がった事もあり、ドラフト結果は非常に満足のいくものでした。
来年シルクで欲しい馬は実績ではまず手が届かないと思うし、ここで無理にモシモシーンする必要はないかなと考え始めています。

※なお、モシーン言いたいだけやろ等のツッコミは一切受け付けませんのであしからず。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。