管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05年産馬体診査:リーガルスキーム
2008年01月12日 (土) | 編集 |

今回の馬体診査は明日デビューを迎える予定のリーガルスキームを取り上げたいと思います。 この馬もトランスワープと並び、キャロ05年産私的ランキング・№2の評価をつけている馬です。

リーガルスキーム

この馬に惹かれたのは、まずなんといってもトモですね。
股間節付近の筋肉もL字筋の発達具合も共に申し分ないです。角度も良いです。
さらに繋ぎの角度ですが、これも非常に良い感じだと思います。
本来なら前脚より後脚の方が寝ているというのは決してプラスではありませんが、父サクラバクシンオーもそういう脚をしていたので、この馬に関しては気にしなくても良いでしょう。

全体の筋肉も柔軟性に富んでいそうですし、一本調子のダート馬というわけでもなさそうです。
血統や馬体から見るに、おそらく芝・ダート兼用のスプリンターだと思いますが、母父マキャベリアンの血が良い方に働けばマイルもこなせるようになるはずです。
欲を言えば、もう20キロ位あれば本当に何も言うことないんですけどね。
でも、今のままでも十分オープンまで出世できる器だと思います。


それにしてもこの馬、父サクラバクシンオーにとても良く似た体型だと思います。
先程言いました繋ぎの角度や、お尻の形までそっくりなんですよね。
06年産の同じ父を持つビワプランサー06同様、若干怖がりな性格みたいですが、そういう馬が強い逃げ馬に成長するというのはよくあることですし、プラスに捉らえたいですね。
↓(上:現在のリーガル 下:バクシンオー)

リーガル1227


バクシンオー

個人的にこの馬の血統で気になる点を挙げるとすれば、それはむしろ母系の方です。
リーガルの母ミントエンジェルは、これまで目立った馬を一頭も出していません。
もちろん馬がまだ若いですし、リーガルも9歳時に産んだ仔ですから、これが待ちに待った大物である可能性も充分にあると思います。
しかし、これまでの産駒はというと、
01ノボリハウツー牡(父・ダンスインザダーク)50戦7勝。うち障害で3勝
02テンザンエンゼル牡(父・パントルセレブル)11戦1勝。うち地方で1勝
03ミントデザイア牝(父・ダンスインザダーク)37戦4勝。うち地方で4勝

このように初子のノボリハウツーを除くと、お世辞にも良いとは言えないデキです。
ですが種牡馬のラインナップを見ると、成績不振の理由がスタミナ系種牡馬との相性がイマイチなのか、ミントエンジェル自身の質に問題があるのか、どちらかわからないんですよね。

ただ、やはりこのリーガルスキームほどの身体を持った馬が走らないとなると、ミントエンジェル自身の問題とみて間違いないでしょうね。というか、馬体で馬を選ぶという行為自体が無意味になってしまうと言っても過言ではないでしょう。
同時に、僕に馬を見る目がないということの証明にもなってしまうので、リーガルスキームにはなんとしても頑張ってもらわねばなりません笑。


さて、話は少し変わって、先ほどちらりと名前が出てきたビワプランサーの06の事なのですが、この馬もスプリンターとして相当な資質を秘めた馬だと思うんですね。
僕の予想ではリーガルスキームを一枚落とした位のレベルだと思っているのですが、もしリーガルが期待通りの活躍を見せるようであれば、この馬の追加出資を考えたいですね。
リーガルとビワプランサーが別馬なのは百も承知ですが、血統、馬体、性格、成長過程と、どれをとっても非常に似ていると思うのです。
どちらも母が9歳時の産駒という点も同じですし、誕生日も近いです。

ちなみにビワプランサーの牝系は、母父がブライアンズタイム。三代前にはあのセックスアピールがいるという血統。
配合的にはリーガルよりスタミナ色が強いです。そして、そういうタイプの牝馬とスプリンターorマイラー種牡馬の組み合わせは非常に成功例が多いです。

ただビワプランサーに関しては、初子で代表産駒のダンディズムを始め、脚や体質に不安のある仔ばかり出していますので、その点だけが気掛かりです。
06も小柄で脚に負担がかかりにくい体とはいえ、菅囲自体が細いですからね。
そもそもスプリンターで小柄というのは間違いなくマイナス要素です。
今後いくらか成長するのは違いないとしても、リーガルと比べると色々と不安要素が多いのは事実だと思います。

ですが四万五千円という値段は非常に良心的ですし、万馬券でも的中すれば、思わずポチッと一口いってしまうかもしれません。 まぁなんにせよ、リーガルスキームが絶好の資料になるんじゃないかと僕は思うんですよね。

それも含めて、明日のリーガルのレース振りに注目するとしましょう!
強敵はやはりメイショウボンハオだろうな……。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。