管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダービー翌日は当然休日!
2008年06月02日 (月) | 編集 |
競馬の祭典・日本ダービー。
それををじかに見たのもこれでかれこれ12回目。
サニーブライアン、アドマイヤベガ、ジャングルポケット、タニノギムレット、キングカメハメハ…。
そんな名馬達の走りは今でも鮮明に覚えています。

そして今年のディープスカイ。
ただ一頭大外を突抜けた脚は他馬と次元の違いを証明するもの。
混沌としていたこの世代にもついにヒーローが誕生しました。

毎年比較対象にされる一千万条件の青嵐賞の方がタイムが良かった事から、今年のダービーは抵レベルという見方をする人が大勢いるようです。
しかし、僕はむしろ逆に考えるべきだと思います。
青嵐賞のミレニアムウイングが相当強い馬だったのだと。
あの馬は絶対一千万クラスにいるような馬じゃないです。

仮にダービーのレース自体が抵レベル(僕も正直そう思います)だとしても、勝ち馬まで同じなのかと言えば話は別。
あの三冠馬の例を見てもわかることです。
ディープスカイと二着以下には何か決定的な差みたいなものを感じました。
ディープスカイの強さだけが際立っていた、そんな2008年のダービーでした。


PS:一緒に行った友人が超の付くような大金をゲットしました。
昨夜はそのお金で焼肉食いたい放題。お菓子取り放題。ゲームやり放題。
幸せなひとときをプレゼントして頂きました。
彼には『ミラクルおじさん』ならぬ、『スマイルお兄さん』の称号を与えたいと思います。
僕も近い将来、『ハイアー王子』とか呼ばれてみたいものです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。