管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬体チェック トールポピー
2008年01月10日 (木) | 編集 |

予告通り、本日はトールポピーの馬体チェックをしていきたいと思います。
それでは早速見て参りましょう。

トールポピー2

個人的に目を惹かれるのは、まず前脚のラインです。
ここが綺麗な平行線になっている馬はなかなかいません。
僕の経験上、この条件を満たしている馬は相当な確率で走ってくれます。
さらに、トールポピーの繋ぎは芝馬として理想的とも言える45度。
後ろの繋ぎが若干寝過ぎの感もありますが、まぁ許容範囲でしょう。

背中はかなり背タレ気味に見えますが、これはジャングルポケット産駒の特徴みたいです。
この程度なら二歳後半になれば大体解消してくるものだという事を、この馬に教えられました。

他に目がいくのはやはり後躯。
トモは本当に良い形をしていますよね。筋肉の張りや厚みも充分です。
さらに臀部の形がビシッと直線を引ける構造をしていること。
これも理論的なことは解りませんが、強い中距離馬やゴール前でもう一伸びするような馬に多く見られる特徴なんですよね。
ラインナイブス教官の言うL字筋の角度も、理想的とされているほぼ120度の形をしています。

さらに肩と胸前の筋肉も立派ですし、それを支える脚にもこれといった不安が見当たりません。これならきっと一級線で長く丈夫に走ってくれるはずです。
馬主としては本当に理想的な牝馬と言えるのではないでしょうか。
カタログにも脚元について似たような絶賛のコメントが書いてあったような気がします。
過剰なサービストークがウリのキャロットクラブですが、この馬に関しては間違ったことは言っていないと思います。

そして距離適正に関して言えば、体型や筋肉の付き方から察するに、
マイルから二千前後がベストだと予測できますが、血統を加味して考えるとクラシックディスタンス、オークスの舞台でも十分に力を発揮できるはずです。
早熟血統でもありませんし、今後さらなる成長を見込める馬だと思いますね。
ジャングルポケットと母父サンデーの相性の良さについては今更説明する必要がありませんし、おそらくキャロットでは最上級レベルの良血です。
この馬体と血統で走らないはずがありません。
僕は本当にこの馬が走らずして、05年産の誰が走るんだって思うんですよね。

(ここから先、少し長くなります)
しかし、この馬の不安材料として、全兄フサイチホウオーの早熟説を持ち出す方が少なからずいらっしゃるんですよね。だから トールポピーも三歳春までだとかなんとか……。
正直、それは全く関係ないと思いますね。

そもそも僕から言わせてもらえば、フサイチホウオーは決して早熟なんかじゃありませんよ。
確かに成績だけ見ればそう言うほかありませんが、昨年春以降、馬体の成長が止まっているようには見えません。
あの馬は体調の良さと成長力が競争成績と比例していないだけなんです。
僕はフサイチホウオーの成績不振の原因は、ほぼ確実に彼の精神面にあると思います。

元々ジャングルポケットが気性で走るタイプでしたし、実際見ていて闘争心の塊のような馬だと感じたものです。
ホウオーが成功したのもジャングルポケット譲りの闘争心に起因するものだったとしたら?
その闘争心が昨年の春で既に燃え尽きてしまったのだとしたら?

しかしそれは身体の成長力とは全く別次元の問題ですよね?

ただ、兄だけでなく、他の馬にも古馬になって急にスランプに陥るといった現象が相次いで見られるようだと、その時はジャングル産駒全体をもう一度見直さなければならないでしょうね。
これは前々から考えていたことなのですが、ジャングル産駒は先程述べた闘争心関係の理由から年齢を重ねて気性が大人になっていくことは、同時に競走馬として根本的なところが枯れてしまうことに他ならない気がするのです。
実際、荒々しくて気むずかしいタイプの方がレースでは走ってるように見えますしね。

とりあえずはフサイチホウオー以外の実力馬、例えばタスカータソルテやシグナリオ、ジャンバルジャン等の今後を見ながら、特性を見極めていきたいと思っています。
個人的にもジャンポケは好きな馬でしたし、産駒には古馬になっても頑張ってもらいたいものです。
それに本当に仮説通りだったとしても、トールポピーの場合は牝馬ですし、競走馬としての華はやっぱり今年ですよね。
それこそ桜花賞やオークス、エリザベス女王杯のどれか一つでも勝てるものなら、もうそれで十分すぎる程ではないでしょうか?

まぁなんにしてもですね、出資できた人は本当に幸せモンだよなぁーo(;△;)o

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。