管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06年産ランキング その2
2008年05月14日 (水) | 編集 |
それでは前回に引き続き、06年産のランキングを発表していきたいと思います。
今日は第四位と三位の発表です。
今年の目玉とも言えるでしょう、アノ高馬もランクインしていますよ!

ではでは、まずは牝馬の第四位から。


第四位
アンプレヴー C→B+
アンプ
                    
アンプ430

先月あたりから急激に全体の見栄えが良くなってきた一頭。
得意距離はお姉さんと同じくらいだろう。
気がかりなのは、この馬を産んだ母親が既に高齢だったこと。
今のところ体質に問題があるようには見えないが、やはり不安が残る。





第三位
ルーシエン B→B+
ルーシエン
                     
ルーシエン430

繋ぎのクッションが非常に柔らかく、胸にも深みがあり、元から目を引く存在ではあった。
しかし、最も重要視すべきトモが弱々しく、これではいくら他が良くても早く走ることはできないだろう。そう思っていた。
だが、ここにきてその考えは一転させられた。
この馬もアンプレヴー同様これからグンと良くなってきそうな気配が出てきた。
今後トモが上手く成長するようなら化けるかもしれない。

こういう馬を募集時の段階でしっかりと見極められるようになりたいものです。





牡馬 第四位
トライアンフマーチ A+→A
マーチ06
                

マーチ06 430

募集当時はA+の評価をつけていた馬。
しかし正直、以前とあまり変わってないような気がする。
もともとの評価が高かっただけにランクインしているが、もう一段階進化してくれないと案外評判倒れに終わるかも。
値段が値段だけに、最低でもオープンという馬だが、現状では期待しすぎるのもどうかと……。
身体全体に厚みが増し、トモや脛がもっと発達してくるようならその時改めてA+の評価を与えたいと思う。




第三位
ストゥレガーレ A→A

ストゥレガーレ
                    
ストゥレガーレ430

評価には若干贔屓目があるかもしれないが、馬体、血統共に申し分なし。
キャロとギムレット産駒の相性も良い。
調教が予想以上に早いペースで進んでいることからも、身体能力の高さが伺える。
これだけ小さいのは確かにマイナスだが、その分頑丈そうで長く楽しませてくれそうだ。
価格が示すとおり、兄レグルスキッドよりも力は上だろう。
一千万クラスは勝てるはず。



今日の発表はここまでです。続きはまた後日。

ここ最近思うのですが、募集時には目立っていなかった仔が、ここに来て急激に良い方向へ変わってきた印象を受けます。
特に、血統が良いのに安値……って感じの馬達です。
ルーシエンなんか値段は安くてもどんどん良い方向に変わってきていますからね。
もう出資することはできませんが、今後も目が離せない存在です。
あと大穴ではルークラッドなんかが良いかも。

明日はいよいよ第二位と一位の発表です!
牡馬の一位は当然誰だかわかってますよね笑。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。