管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本家社台ランキング
2008年06月17日 (火) | 編集 |
先日、07年産の本家社台のランキング付けを行って欲しいとのリクエストをいただきましたので、要望にお応えしたいと思います。
が、判断基準はあくまで先日アップされた社台HPの公開写真のみですので、今後DVD診察等を行っていくうちに評価は変動するものとお考え下さい。
(評価や診断結果に対するクレームや暴言は一切認めておりませんのであしからず)

では早速第五位から。
(残念ながら写真を載せる許可を頂けなかったので、ご覧になりたい方は直接HPへアクセスして下さい)


5位 37・ライラアラウィの07(父ストラヴィンスキー) A

がっしりとした重厚な筋肉を纏った馬体だが、柔軟性も持ち合わせていそう。
爆発的なパワーと短距離に必要な瞬発力を兼備している。
若干弓脚気味にも見えるがこの程度なら許容範囲。
父はマイナーだが、それ故の低価格なら非常にお買い得。
将来はA級マイラーの予感。


4位 51・ムーヴオブサンデーの07(父ファルブラヴ) A

筋肉がガチムチすぎる嫌いはあるが、これで柔軟性があれば問題ない。
ファルブラヴ産駒の初年度成績が嫌われたのだろうが、牡馬でこの血統+馬体で50万なら多少リスクが付いていたとしても買い。
(血統と値段込みのA評価。馬体だけならB+)


3位 50・エメラルドアイルの07(父ファルブラヴ) A

この馬もファルブラヴ産駒。
肩、繋ぎ、トモの角度が非常に良い。質も上物。
高馬だが値段に見合うだけのものはあると見た。
今後さらなる成長に期待したい。
(中の人がハーツ命なので多少の贔屓目はあると思います)


2位 69・サトルスマイルの07(父ジャングルポケット) A+

全兄にも目を見張るものがあったが、弟はそれ以上。
トモの形、繋ぎの角度、背と腹のバランス……どれをとっても素晴らしい。
気持ちダート馬っぽい肉体をしているのは母父の影響かもしれない。
ハズレの可能性も否定できないが、大ホームランを狙うならこの馬。


1位 18・ニフティハートの07(父フレンチデピュティ) A+

シンゲンの半弟。
兄弟はみな体質に不安を持っていたが、この馬は丈夫そう。
フレンチ産駒らしい身体をしているが、繋ぎの角度や球節は良い。
短めの管と、若干くの字型の前脚にも好感が持てる。
トモも雄大で、現状ではケチのつけようがない。
これまで見たフレンチ×サンデーの中でもトップクラスの評価を与えたい一頭。
凡庸な成績で終わることはまず考えられない。
今のところ07産社台のドラ1候補。



他にAランクが付いた馬はフェスタデルドンナの07とグレースランドの07。
牝馬ではキャッチザゴールドの07とアルーリングアクトの07に目がいきました。
今回思ったのは、牡馬に良く見える馬が多かったということですね(それも高値の)。

もちろん牝馬のデキが悪いということではありません。
基本、クラブに回ってくる馬というのは必然的に牝馬に上物が集中するものですが、今年に関してはその限りではなさそうというだけのことです。

07産は評判の高い牡馬に大きな期待をかけられる世代だと思います。
あと個人的にファルブラヴ産駒が豊作のようにも感じました。


現状ではこのくらいの事しか言えないのですが如何でしょう?
少しは参考になりましたでしょうか?
そのうちサンデーレーシングの方も暇を作りながら見ていきたいと思いますので、そちらも楽しみにしていて下さいね!



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。